函館市神山 「黒い吉野家」のチーズカルボ丼は超濃厚で美味し!「金粉入りペヤング」の金粉を集めて高く売ることは可能か

2019年09月11日

長万部 道南の清湯系つけ麺は「こだわり」くらいしかないらしい

19083115

本日のランチは
長万部にあるラーメン店
『こだわり』さんへ初訪問。
お店の場所はコチラ

営業時間は
11:00〜14:00、
定休日は土曜日、
駐車場はお店の向かい、
信号機のあるT字路の角にあります。

19083116

仕事で八雲町役場に
向かったわけです。

八雲町へは
今まで数十回は来ていますが
ほぼ1時間20分なんですよね。
函館から車で下道を使い1時間20分。

今回は八雲町役場へ
書類を取りに来るという
大事なミッションを
遂行しに来たところ
なんと担当部署から
「その書類は『渡島総合振興局』が担当です」
という恐ろしいお言葉を頂きました。

つまり、自分が欲しかった書類は
函館市内で貰えたっていう。

函館から1時間20分かけて八雲へ来て
八雲から1時間20分かけて函館へ
手ぶらで帰る仕事。

合計3時間かかると思われた仕事は
実は15分で終われたという悲しみ。

というか
これではあまりに悲しいので
八雲町からさらに車で30分北上し
長万部でランチを食べて帰ろう、と。

このモヤモヤする気持ちを収めるには
そうするより他にないので
やってきたのが
こちらの『こだわり』さんです。

19083117

“函館の山本小鉄”こと
『驚愕の函館』執筆人の
鬼軍曹・マックス山本先生に
「道南で清湯系つけ麺なら
『こだわり』くらいしかないぞ!
とりあえずスクワット1000回!」
と言われたので
このたび来てみました。

今年に入り長万部には
何度か来ていましたが
昼の3時間しか営業していないので
店へ来るチャンスがなかなか無く
やっとこさの訪問です。

19083118

驚くほど広いお店。
函館でもここまで広いラーメン店は
なかなか無いんじゃないかな?

店内には小さなフィギュアが
数え切れないほど並んでいました。

同世代か自分より下と思われる
若そうな店主さんの好みなのかな?

ってか長万部に
フィギュアを買える店なんてあるのかしら?
おもちゃ屋なんて無さそうだけど。

19083119

『こだわり』
こだわりつけ麺・醤油 700円。

自家製の細麺と
やや濃い色のつけだれが登場。

大盛りはあるのか訪ねたところ
つけ麺は通常サイズが
大盛りだと言われたので
通常サイズのままにしましたが
麺の下にはスノコがひかれていますし
そこまでクレイジーなほど多くもなかったです。

19083120

和風醤油味のざるラーメンという感じ。
やっぱり、つけ麺で細麺だとどうしても
「ざるラーメン」っぽさを感じてしまいます。

完全に麺がつけだれに負けていますし
太麺で食べてみたかったなぁ。
これが太麺であれば
また随分と印象は違うと思いますし。

っていうか
やたらとバリエーション豊富な
カレーにこそ“こだわり”を感じます。
「インド風スープカレー」とかなんなの。

今度はカレーを食べに来ましょう。

moya_sic at 20:27│食 / 麺類 
函館市神山 「黒い吉野家」のチーズカルボ丼は超濃厚で美味し!「金粉入りペヤング」の金粉を集めて高く売ることは可能か