函館市若松町 函館朝市にあるチャーハンの美味い店「かもめ」函館 今月末で閉館する函館駅前ビル2階「Cafe NISHIMURA(にしむら)」

2022年01月10日

青森市堤町 餃子の聖地「王味(わんみ)」でニンニクにまみれろ!

22010908

とある日に
何となくGarlicを欲してしまいまして
青森の新町通り方面におりまして
Carで走行中に
『王味(わんみ)』さんの看板が目に入りまして
秒で右にウィンカーを付けて左折をキメまして
『ラーメンぎょうざ 王味(わんみ)』さんへ
1年ぶりの訪問をキメましたてきました。

お店の場所はコチラ
前回の訪問はコチラ

営業時間は
17:00〜22:45、
定休日は日・月曜日、
駐車場はお店の向かいに
あるそうです。

22010909

前回の訪問から
ちょうど1年ぶりに行ってきました
餃子の聖地『王味(わんみ)』さん。

年末年始の休みで難しいかな?
とは思いつつ、函館から電話すると
2021年は30日まで営業するとのことで
2021年の最終営業日に滑り込み成功。

ただ、店は奥に広いんだけど
前回は奥の小上がり席でしたが
今回は手前のカウンター席で
本当に落ち着かなかったです。

ただでさえ狭いのに
入口に近く
さらにレジの横で
ひっきりなしに人が通る
最悪な席がカウンター席。

前回の訪問時に
ここのカウンター席は
嫌だなと思っていたので
だからこそ予約したのに
思いくそカウンター席にさせられ
次回ももしこの席に案内されるなら
卒業するしか無いなと考えております。

22010910

メニューに変更は無し。

っていうか基本的には
ラーメン店なんですよね。

周りの客をよく見てると
ラーメンだけ食べて帰る客も
チラホラいたりして。

ただ、予約が無ければ
まず入店できないお店ですし
自分を含めたほとんどの方が
居酒屋感覚でここを訪れ
名物の餃子をアテに飲んでいます。

22010911

スターティング・メンバー。

男は黙って瓶ビール!

合言葉は「633(ロクサンサン)」。

633は男の義務教育!(玉袋筋太郎ism)

気道確保!(玉袋筋太郎ism)

22010912

餃子の注文と同時に登場したのが
田子町産のニンニクが山ほど浮かぶ
強烈な餃子のタレ。

これが『王味(わんみ)』さんの
最大の特長であり名物です。

卓上調味料には
ニンニクの小瓶があり
中にはすりおろしではなく
粗みじん切りの
ニンニクが入っているので
追いニンニクで
さらに強烈なタレも作れるという
まさにここはニンニクパラダイス。

スゲェぜ、王味。

22010913

食べログなどでは
1人で2皿は余裕で食べれるなどと
書かれている餃子でしたが
なるほど、一般的な餃子より
一回り小さな餃子です。

自分好みの薄皮ぎょうざ。
パリッとした焼け目も最高。

22010914

餃子のあん自体にも
ニンニクがたっぷり入っているのに
追いニンニクとばかりに
ニンニクだらけのタレをつけて食べると
ガツンとした衝撃が口の中から頭へ抜けます。

美味い!
スーパー美味い。

これはもう
ニンニクの効いた餃子じゃなく、
餃子風味のニンニクだ。

自分は餃子ではなく
ニンニクを食べてる。

22010915

前回の訪問時
餃子の他に「タン炒め」を食べ
それも美味しかったですが
今回は「モツ炒め」を発注。

想像通りのものではありましたが
モツ炒めも美味しかったなぁ。

これが570円だからね。
焼酎が330円だから
合わせて900円だよ。

合わせる必要は
どこにも無いけど。

22010916

餃子を2皿にモツ炒め、
ビールを4本で
3500円くらいだったかな?

基本、ラーメン店だから
明朗会計で安いんだけど
とにかく混むので
席運が悪いときは
サッと食べて
パッと帰るのが正解です。

moya_sic at 12:00│食 / その他地域 
函館市若松町 函館朝市にあるチャーハンの美味い店「かもめ」函館 今月末で閉館する函館駅前ビル2階「Cafe NISHIMURA(にしむら)」