22112101

とある日に
何となくLunchを欲してしまいまして
函館市中道方面におりまして
Carで走行中に
『旬暦 ひだか』さんのSignboardが目に入りまして
秒で右にWinkerを付けて左折をキメまして
『旬暦 ひだか』さんへの訪問を
おキメキメましたてきました。

お店のホームページはコチラ
お店のTwitterはコチラ
お店のFacebookはコチラ
お店の場所はコチラ

初めての訪問はコチラ(海鮮づくしランチ)。
2度目の訪問はコチラ(海鮮づくしランチ)。
3度目の訪問はコチラ(うな重)。
4度目の訪問はコチラ(海鮮生ちらしセット)。

営業時間は
11:30〜14:30、
17:00〜21:00、
定休日は毎週水曜日、
​駐車場はお店の裏に多数。

22112102

通販組織の『夢グループ』が
先日、青森で行われた
音楽とお笑いのイベントに
演者として参加する、と。

ベールに包まれた伝説の軍団が
ついに地上へ降臨するということに
自分は俄然、注目していたワケです。

自分の中では
バーリ・トゥードへ出陣してきた
『喧嘩芸・骨法』と同じくらいの
期待感とワクワク感なわけです。

そんなイベントの模様がオンエアされて
『夢グループ』ことドリームチームは
何をやるのかと思っていたところ、
ヅラの社長が前口上をして
愛人の歌手が歌を歌うっていう
ステージ構成なのね。

「それでは歌って頂きましょう、〇〇で××」
みたいなことをヅラ社長が言って
愛人の女性歌手が歌うステージ。

しかも女性歌手は
「愛人じゃありませんよ〜」
って言いながら登場して
会場がドカンと盛り上がるっていう
パッケージとして完成されてるの。

スゲェなぁと思って。

映像が短かったから
ステージの模様までは放送されなかったけど
ヅラと愛人の後ろには
『ビー・バップ・ハイスクール』の
仲村トオルばりな前チョロリーゼントの
スーパールーキーがニコニコしてるし
期待を裏切らないどころか
期待以上の空気感だったからね。

あれは海を越えて函館から
観にイクべきだったかもしれない。

あのイベント、地味に毎年ヤバいんだよな。

22112103

そんな話はともかく
五稜郭公園の裏手にある
『旬暦 ひだか』さんです。

約5年3ヵ月ぶり5度目の訪問。

申し訳ないけれど
まったく記憶に無いです。
過去に4度来た記憶が
まったく無い。

メン・イン・ブラックに
『ひだか』さんに来たときの記憶だけ
消されたのかと思うくらい記憶に無いです。

でも一応、ブログは4度書いてるから不思議。

22112104 22112105
22112106 22112107
22112108 22112109
22112110 22112111
22112112 22112113

4度も来てるけど記憶が無いので
ほぼ初訪問といった気持ち。

初訪問と考えたら
財布のヒモも少し硬くなるというか
メニュー選びには慎重になりがちです。

4度も来てるから
本来なら信用しても良いんだろうけど、
冗談抜きでまったく記憶に無いから
信頼関係はゼロなのです。

そうなると
また1からやり直しなので
あまり高いものに手は出せません。

22112114

『旬暦 ひだか』
■ライトランチ 990円

1650円の「ライト会席膳」から
■海鮮カルパッチョ
■茶碗蒸し
の2品を省いた
「ライトランチ」を発注。

今まで何度も書いてるけど
茶碗蒸しが好きじゃないので
茶碗蒸しが無くて安いなら
そっちの方が良いと思っていた結果
意外に悪くない内容となりました。

22112115

内容は以下。
■豚肉のサルタード(ペルー風炒めもの)
■白身魚のマスタードソース
■南瓜とクリームチーズのサラダ
■本日のスープ
■ライス

サルタードと白身魚が
美味しいのは当然としても
南瓜とクリームチーズのサラダが
思いがけずスゲー美味しかったです。

自分がヘイスタック・カルホーンなら
あとバケツ3杯は食べたでしょう。

22112116

鶏肉ともやしの入った
フォーみたいなスープの
パクチーなのかな?
オイニーがツーキーで。

気になったのはそれくらいです。

通常ならば
どちらか一方がメインを張っている
サルタードと白身魚が2品並びますし
これだけでも1000円を切る990円は
悪くないメニューだと思います。

5度目の訪問なのに
料理は丁寧なことが今さらわかったので
また1から関係性を築き上げたいと
思った次第でございます。