24051001

というわけで
青森県は風間浦村にある
『下風呂温泉 海峡の湯』内の
『下風呂おんせん食堂』さんです。

お店のInstagramはコチラ
お店の場所はコチラ

前回の訪問はコチラ

営業時間は
11:00〜14:00、
17:00〜20:00、
定休日は毎週火曜日、
駐車場は施設の前です。

24051002

温泉施設『下風呂温泉 海峡の湯』内にある
『下風呂おんせん食堂』さんへ行ってきました。

食堂だけの利用であれば
入場料はかかりません。

ちょうど2年ぶりの訪問でしたが
この2年間で有名になったのか
スゲー混んでましたねぇ。

2年前なんて
全然、人いなかったのに。

24051003

温泉施設に併設の
食堂とは思えないくらい
海鮮類が充実しています。

サーモン丼、平目漬け丼、
あんこう鍋など
風間浦村近郊の海の幸が
安価で楽しめる温泉食堂。

2年ぶりの訪問ですが
さすがに2年前に比べると
値上がりしていますね。

24051004 24051005

下風呂温泉郷は小さな温泉街ですが
他に気になる飲食店もチラホラ。

とりあえず今回は
食べたいものがあり再訪問しましたが
次また来ることがあれば次回は別のお店へ
攻め込んでみたいものです。

函館発のフェリーが大間に着くのが
午前11時なのでちょうど良いんですよね。

大間から下風呂温泉郷までは約20kmですし
ランチを頂くにはちょうど良い場所。

ミーハーな素人はそのまま大間で
マグロなんて食べちゃうのでしょうけど、
自分のようなプロ青森旅行者は
風間浦村でアンコウ鍋食べちゃうから。

24051006

海峡の湯『下風呂おんせん食堂』
■あんこう定食 2300円

あんこう鍋、あんこう刺身、
あんこう唐揚げ、あんこうの肝和え、
ごはん、たくあん&かっぱ漬けのセット。

前回も同じものを発注しましたが
前回は「あんこうの肝和え」が
「もずく酢」だったので
今回は全商品あんこう料理の
完全フルヴァージョンとなります。

24051007

固形燃料で
グツグツと煮立てたれる
あんこう鍋。

あんこうの肝、
これが鍋に広がると
ムチャクチャ美味いんだ。

24051008

こちらを食べるのは2度目ですが
やっぱり驚くほど美味しい。

あんこうの出汁が出まくってて
無限に飲めるあんこう汁。
これはマジでヤバイ。

白身魚っぽい部位や
コラーゲン的なゼラチン質の部分など
さまざまなあんこうを楽しめる
メチャ美味な鍋でした。

想像以上に美味しいんだよなぁ。

24051009

唐揚げも美味しかった。
これは完全に白身魚の唐揚げという感じ。

刺身は冷凍モノ感がバリバリで
前回同様イマイチでした。

肝和えは普通。
良くもあり悪くもあり。

24051010

風間浦村は大間町のお隣、
つまり津軽海峡に面しているわけで、
そんな土地の名物がアンコウってことは
対岸にある函館でもアンコウ料理を
安価で提供するお店があっても
良いと思うんですよね。

そもそも函館でだってアンコウは獲れるはずなんだから
もはや絶滅危惧種とまで言われるイカなんて止めて
函館はアンコウを売りにするべき。

アンコウを売りにしている店が
函館に全然無いというのが解せない。

だから自分は青森へイクしか無い。