24061201

というわけで
知内町にある
『民宿 ムラカミヤ』さんです。

お店のTwitterはコチラ
お店のInstagramコチラ
お店の場所はコチラ

初めての訪問はコチラ(知内牡蠣ニラ御膳)。
2度目の訪問はコチラ(生うに丼)。
3度目の訪問はコチラ(生うに丼&ザンギ)。

営業時間は
11:00〜14:00、
定休日は不定休、
駐車場は建物の裏の空き地に
10台分くらいあります。

24061202

2017年6月12日の℃-ute解散から
今日で7年ですよ。

2017年6月12日の夜9時10分に解散。
きゅーと(910)だけに。

7年前の今頃の自分
解散コンサートが終わり
さいたまスーパーアリーナを出て
近くの居酒屋で打ち上げしてる頃かな?

この日限定の℃-uteカクテル
全部飲んでやった記憶。

限られたこの人生(みち)を
楽しまずして何を知るのか
      (℃-uteism)。

24061203

それはともかく
北島サブちゃんの故郷・知内町にある
『民宿 ムラカミヤ』さんへイキました。

知内町の海沿いの道を
不安になるまで進み
行き止まりまで行くと
登場する民宿です。

24061204

基本、民宿ですが
雪の無い季節には
ランチ営業もしており
今が真っ盛りとなっています。

詳しくは上に貼った
お店のSNSでご確認ください。

24061205

テラス席もあるため
ペットとの同伴出勤も
OKとのこと。

ペットOKのお店に
犬を連れてくる人はいても
猫を連れてくる人っていないのかな?

24061206

そういえば
函館からちょうど1時間で
ここまで来れるんですよね。

「函館・江差自動車道」が
2年前に開通してからは
函館から知内まで1時間ですよ。

それでもイクのが遠い松前町。

松前町は遠いわ。

24061207
24061208 24061209

今年のメニュー表。

毎年、値上がりしていますが
今年のウニ丼セットは4200円。

ウニは大部分が手間賃ですからね。
殻を剥いてくれた人の手間賃。

先日、青森でのイベントで
参加者がウニの殻を剥いて
自ら食べるというニュースを
テレビで見たのですが
ウニの殻を剥いて食べることに
悪戦苦闘しており
「ウニが高い理由がわかった」と
インタビューで答えていたのを見て
自分も理解しました。

海からウニを獲ってきて、
ウニを割って中身を取り出し、
さらに中身からゴミを取り除いて、
やっと完成ですからね。

そりゃこの値段にもなりますよ。

むしろ安いと不安っていうか。

24061210

『民宿 ムラカミヤ』
■無添加生うに丼 4200円
■エゾシカロースト丼(ハーフ) 1200円

無添加の生うに丼。
小鉢、みそ汁、香物付き。

メニュー表には載っていませんでしたが
無理を言ってエゾシカロースト丼の
ハーフサイズも合わせて発注です。

24061211

上の画像とその上の画像、
どちらが良いか迷い
決めれなかったので
2枚とも載せてみました。

やっぱり斜めに撮った方が
ムードありますかねぇ?

まっすぐ撮るのが好きなんだけど
動きが無いのが気になるんだよなぁ。

24061212

目の前の海で獲れた
無添加の生ウニを
100g使ったウニ丼。

去年のウニ丼は
溶けた感じのものが多かったですが
今年のものはしっかり形が残っております。

ウニはやっぱり
形がしっかりしてる方が美味しい。

24061213

先月、ゴールデンウィークにイッた
青森でウニ丼を3杯食べてるんですよね。

つまりこれで今年は4杯目です。

いや、『なか卯』のウニ丼も入れて
今年は5杯目か。

親の仇かというくらいの勢いで
今年はウニ丼を食べていますが
今年はこれが最後かと思います。

半年間で5杯は食べ過ぎ。

マジで痛風になるから。

24061214

エゾシカロースト丼。

去年、初登場したんだったかな?

去年の時点で食べたかったんだけど
去年はウニ丼のみでスルーしました。

しかし今年は逃げません。

群れない、逃げない、The only one!産経新聞(蝶野正洋ism)。

24061215

スーパー美味い。

メチャクチャ美味いじゃん、
エゾシカロースト丼。

エゾシカ肉だって言われなければ
普通にローストビーフだと思って
美味しく頂いちゃってますよ。

自家製のタレがまた美味い。

このタレをかければ
何でも食べれる。

古タイヤでも食べれると思う。

食糧難に希望の光。

24061216

今年はウニ丼の他に
エゾシカ丼もイケると
知ることが出来て良かったです。

来年はエゾシカ丼をフルサイズ、
ウニ丼をハーフサイズかなぁ。

様々なバリエーションを考えながら
また訪問させて頂きたいと思います。

ごちそうさまでした!