函館&道南

2018年06月13日

1984年のタイガーマスクと2018年のピラタ・モルガン

18061409

今日は三沢光晴の命日とのこと。

事故があったのは2009年6月13日なので
亡くなって今日で9年。
早いなぁ。

自分は三沢光晴の試合では
ジョニーエースとの三冠戦が好きでした。
自分勝手な攻撃ばかりするエースが最高だった。
最後はタイガードライバー'91で制裁する三沢も良かった。

18061408

それはともかく
プロレス写真発掘シリーズ。

1984年11月の函館市民体育館にて撮った
三沢光晴こと2代目タイガーマスク。

デビューが1984年8月26日なので
デビューしてまだ3ヶ月で函館登場。

2代目タイガーといえば
オレンジのマスクが印象的ですが
初期の頃は初代タイガーマスクと
似たマスクを被っていました。

一応、デザイン的には初代とやや違い
こちらは2代目のオリジナルマスクで、
通称「ゲジゲジ」と呼ばれるタイプ。

コメカミの辺りから鼻の横まで
ゲジゲジしたラインがあるため
そう呼ばれているモデルです。

18061410

この時の対戦相手が
ほんの少し見切れていますが
このコスチュームは当初のライバル
ピラタ・モルガンで間違いないかと。

ピラタ・モルガン好きだったなぁ。
アイパッチ付けて試合するんですよね。

プロレスなんて
ただでさえ大変なスポーツなのに
マスクを被ったり顔に絵を描いたり
全身タイツとかアイパッチとか
わざわざ自らハンデを抱えにいく
レスラーが大好きでしたねぇ。

今でもその系統が好きなため
マスク&全身タイツの獣神サンダーライガーさんは
セルフハンディキャップの最高峰として
自分の中では別格の存在です。

18061411

ピラタ・モルガンの現在の姿を
ネットで検索してみたところ
随分とアイパッチが進化していたみたい。
WWEのケインみたいになってるよ。

顔面タトゥーまで入れてるし
55歳らしいけど気合入ってるなぁ。

moya_sic at 17:11|Permalink

2018年06月12日

八雲町のミステリースポット「夜泣き石」

18060501

八雲町にあるミステリースポット
「夜泣き石」を見てきました。

国道5号線沿いにあるため
前の道路は何十回も通っていますが
いつも通り過ぎるだけだったので
この日は車を降りて
じっくり観察してきました。

現在の函館市亀田にあった
関所がこちらに移され
1801年から1861年まで
和人地と蝦夷地の境で
日本最北の関所として
機能していたのだとか。

つまり当時は
これより北がアイヌの土地、蝦夷地で
これより南がアイヌ以外の日本人、
和人の土地だったわけです。

18060502

そして、関所との関連は不明ながらも
同時代、罪人の首を切るときに
腰かけさせたという石があり
こちらが「夜泣き石」と名付けられ
現在でも残っています。

夜になるとこの石からは
斬首された罪人たちのすすり泣く声が
シクシクと聞こえるのだとか……。

オカルトが大好きな割に
霊的なことは一切信じませんが
さすがにこの石にタッチしてみたり
腰掛けてニッコリ写真を撮ることは
出来ませんでした。

なんだか妙なシミもあるしさぁ。
さすがにちょっと不気味ですよねぇ。
ダーティーキッズぶきみくんですよ。

18060503

ところで
この夜泣き石の横には
鳥居があるなぁと
ずっと不思議に思っていました。

鳥居はあっても
すぐ裏には線路がありますし
神社なんて無いんですよね。

18060504

長年、不思議に思っていたところ
今回の直接調査でわかりました。

線路の向こう側に
神社があったんですね。

しかも、線路を渡るための
専用の跨線橋までありました。

18060505

時間も遅く
もう暗くなりかけていたのと
面倒くさかったため
線路は渡りませんでしたが
色々と謎が解けスッキリしました。

それにしても
北海道って本当に歴史が浅いんですね。

今年は「北海道」と命名されてから
150年の記念イヤーらしいですが
自分たちのたった4〜5世代前まで
まだ開拓していたことに
つくづく驚きます。

moya_sic at 12:02|Permalink

2018年06月10日

「peeps hakodate Vol.55」は今日から配布開始!

18061001

函館蔦屋書店が発行している
函館ローカルのフリーマガジン
『peeps hakodate Vol.55』が
函館蔦屋書店さん他の場所にて
本日から配布開始となりました。

今月号の巻頭は
函館や道南のマニアを特集した
「函館の偏愛なる人々 Vol.3」です。

それとはまったく関係ないですが、
後半のコラムコーナーには
わたくし不肖モヤシの連載
『モヤシのTシャツデスマッチ』が
ひっそりこっそり載っておりますので
こちらも『peeps hakodate』同様
ひとつよろしくお願いします。

今月号のネタは
「ゴールデン・ハーベストTシャツ」ですよ!
ボン、ボン、ボン、ボン、パパパパァ〜♪

18061002

連載9回目にして
やっとペースが分かり始めました。
今日書いて明日提出みたいなのは
やっぱり自分には合わないみたい。

もう来月と再来月分のネタは
現時点でざっと書いてあるので
いつでもイケます。

この微調整がスゲー楽しいんだ。
誰にも理解できない気はするけど
それは良いんです。
あまり理解されないのは
体感的に薄々気づいているので。

自分の目標は今年の10月に
オープンするという『江別蔦屋書店』に
おそらくこのpeepsも置かれることになると思うので
そうなった時の反応です。

函館に仲間はいなくても
北海道という大きな枠で考えたら
少しくらいはいるんじゃないか?という。

この電波が届いたところでどうなの?
と、いう部分もありますが
とりあえず江別蔦屋書店に
賭けたい思いは強いです。

蔦屋書店はここから10年かけて
道内に10店舗を作っていくらしいですからね。
なので、なんとかして自分はpeepsに
10年しがみつかなきゃ。

そのためには連載の内容云々よりも
peeps編集部へのお中元やお歳暮を
欠かさないようにしないとです。
甘いものを贈り続けて『ゴルゴ13』ばりの
長寿連載を目指す所存です。

moya_sic at 12:29|Permalink

2018年06月03日

1988年の千代台陸上競技場と五輪コンビvsハンセン&ゴディ

18060313

ジャンボ鶴田&谷津嘉章の
五輪コンビ。

この日のメインは五輪コンビが
スタン・ハンセン&テリー・ゴディの持つ
世界タッグ王座に挑戦する試合。

試合は見事に五輪コンビが勝利し
3代目の王者となります。

確かメインの世界タッグ選手権だけ
5分程度でしたがテレビ放送されました。

これ、少し前にYouTubeで
見た記憶があるんだけど
見つからないですね。
気のせいかなぁ?

18060314

グレート小鹿さんの引退記念大会とはいえ
ド田舎の地方大会がテレビ放送されるのも異例ですし
そこで選手権試合が行われるのも異例だし
ベルトが移動するのも異例中の異例。

これはジャイアント馬場が
引退するグレート小鹿さんに
花を持たせたということなのでしょう。

全然関係ないけど
テリー・ゴディの娘さんが
どうやらツイッターをやっているらしく
昨日、なぜか自分のタイムラインに流れてきていました。
娘さん、テリー・ゴディにそっくりで
ちょっと面白かったです。

moya_sic at 17:13|Permalink

1988年の千代台陸上競技場と天龍同盟&二代目タイガーマスク

18060309

天龍源一郎、阿修羅原、
サムソン冬木の天龍同盟。

今見ると
カラーリングが良いですね。
天龍の黒、阿修羅原の青、
そして冬木の赤と
バランスがとれています。

無骨な雰囲気を出しながらも
しっかりその辺りのことを
考えているのが天龍源一郎の凄さ。

18060310

スタン・ハンセンとの試合で
ベルトを統一したり
世界タッグを奪取したりと
この時期が全盛期だった天龍同盟。

この年の暮れに阿修羅原は
全日本プロレスを解雇されます。

そういえば
ブルーザー・ブロディが
刺殺されたのは1988年7月17日だから
この大会って直後の大会なんですね。

それが関係するのか
ハンセンと天龍&原の抗争は激化し
天龍が前歯を折られたり
原が何針も縫う怪我をしたり
このシリーズの龍原砲は
ボロボロだったとか。

18060312

天龍同盟の対戦相手だった
二代目タイガーマスクこと
三沢光晴選手。

この日はメインが世界タッグ戦のため
天龍同盟はセミの6人タッグ戦。

対戦相手はタイガーマスク、
高木功、田上明の3人。
今考えると「決起軍」ですね。

「全然決起しないから」との理由で
馬場に解散させられた伝説のユニット。

それにしても天龍、原、冬木、三沢の4人のうち
天龍以外の3人がもうこの世にいないなんて
信じられないなぁ。

天龍源一郎が30年後、
バラエティタレントになり
テレビで笑われているのと同じくらい
信じられません。

moya_sic at 16:12|Permalink