雲谷ト森山農園

固定種や在来種の作物を栽培しています。化学肥料・農薬は使用していません。

ホームページは、www.moya-moriyama.comです。
お問合せは、mail@moya-moriyama.com(@要半角変換)まで。
もしくはFacebookページよりメッセージにて。

AD26F440-D65F-4CF4-AD72-86E926C52793
ビーツVo.2畝。
癒される。 

ところで、エゴマを栽培していつか油を作りたいとかアブラムシは勘弁とか思っていますが、毎年しかも通年現れるのはアブラムシ。

水で流そうが、払い落とそうが数時間後には元通り。
現在、犯されているのは露地のパプリカと唐辛子、ハウスのミニトマトです。
今日なんて、唐辛子にまとわりついたのを潰そうとしたら、察知して落下するんです。
それで、しばらくしたら又登って、まるで見つからないように葉の裏に潜んでいるんです。
そんなでも露地の作物は、地道に絶対数を減らせば、色んな生物が集まって落ち着く気がします。
問題はビニールハウスの中、テントウムシを拉致したり、ついには購入したり…。
どれだけの時間を彼らた費やしただろうか。
アブラムシって、油作れないよね。
明日はアブラムシWS開催です。
437ACC1F-7D45-4581-9F0E-EF9218166711
 こちら本日の「野菜セット・ライト」どえす!

848FB15F-EB84-40BA-9B9A-2A3B0E084493
おとといはニンジン畝の除草
380DDF07-67E4-4BDD-B117-2738471B1780
昨日はタマネギ畝の除草と、援農されまくってます。

援農とは、栽培に関わりながら食べることかもしれません。
いや、食べるために農作業に関わることかもしれないな。
それより、ありがとうございます。 

FFABCD8B-DC55-43E9-89F9-DD056B8D1EA1
先日まいたタイガーナッツは発芽ゼロでした。
新たに受け取り又まきました。
画像の枝豆(移植)の奥、赤子を連れた方が突如お手伝いに来てくれました。
あれは、畑に来る女性が続々とご懐妊した年のこと。
ナスの苗を 授けた方が、又来てくれました。
野菜を取り扱ってもらっている堤町のハンドクラップさんのご縁に他ならない。
たくさん野菜を食べてもらえるようにがんばReます! 

DD1C3416-0883-49A5-BAEA-F38908AD7444
初期生育がゆったりなニンジン栽培は、除草のタイミングがつくづく大事。
早すぎると、他の葉との判別がつきにくかったり小さくて抜きづらかったり。
遅れると、ニンジンの生育に影響出たり色んな根がからんだり。
今日は100m除草走に2時間ほど、3人で…。
天気のいい日曜日に、朝から地面に這いつくばってニンジンのこと考えて、筋トレもしてます。
ニンジン好きだなと思ったら、ぜひ除草体験にお越しください。
雨の前後には種まきですよ。
畑が足りない気がするのは錯覚だろうか。
午後は、妻の愛が降り注ぐビーツの定植。
夫への愛は定かではない。
5D6CED24-08D9-4313-8638-624E4B3A3B52

明日、田植えしようかな

ゴールデンウィークに畑に遊びに来てくれた人々がまいてくれた種籾。

田んぼは、いわゆる不耕起で草だけ刈りました。

水も入れてません。

明日の夜には雨が降ります。

午前中は、川の畑でお待ちしております。 

午後は、山の畑でお待ちしております。 

489F485C-9CF2-4DDA-B5E2-E2837A18184C
野菜セット再び。
ホームページ、もしくはポケットマルシェにて販売します!
FA3B8113-8DBD-41A2-ADBC-7339094CFBDA

8B22915B-B3AE-4EED-A180-B857DF313880
こちら一番手の枝豆。
種まきは5月13日だったか、20日だったか。
新たに作付けする田んぼに川向かいの根粒菌を持ち込もうとわざわざ移植しようと考えましたが、根粒菌さんは皆目見当たりませんでした。
だがしかし、タマネギに引き続き枝豆にも救いの手。
どちらも「あっ」という間に 終えることができました。
この昔からの?やり方、気持ちいい会話が生まれる不思議。
だがしかし、午後は新しいやり方で、四番手の枝豆をせっせと移植したり。
ホームページのオンラインショップにて、野菜セット「ライト」の販売を開始しました。
品目が増えたら順次レギュラーやヘビーを、写真を撮ったらポケマルでも。
どうぞ宜しくお願いします。
67833B04-0E67-428A-8E0C-3594D6A4D8B5
左上の雲、なんでしょーね。
枝豆は8月前半からの予定です〜✴︎ 

EA8F86EE-E5CD-4FEB-BE44-E592391C12A0
6月ですね。
救いの手が集まり、タマネギの定植がはかどりました。
B7C42288-4470-4C5D-B58E-F0FF5AE72B65
明日は枝豆の移植予定です。
収穫体験と合わせての参加をお待ちしております。

8ux9fQTQS%mqTiGjG+phTg
こちら昨日の作業中の山の畑のジャガイモ畝。
去年、米ぬかまいてダイコンやりました。
今年は無施肥。
溝を掘りイモを並べて土をかけ、発芽したらこれ以上かけれませんってくらいに土をかける。
ジャガイモの葉が生い茂る頃に、刈り払い除草を1回だけで済ませたい。
大変なのは、頑張るべきは収穫…とつくづく思う。
0apLtHPmTj+XpgZn1z9x3w
午後は川の畑。
画像中央でミステリーハンターが紫キャベツの虫取り中です。
さて、久しぶりにホームページをいじりました。
なんたって雨降りましたから。
「野菜セットのこと」と「栽培履歴」を更新しています。
畑の肥料は、土壌微生物と酸性雨を意識しています。
育苗は、かつてないほど健やかに育った気がしますが、作物を肥料で大きくしようとは考えていません。
極めれば別かもしれませんが、肥料で作物はそうそうおいしくならないんじゃないでしょうか。
時間と策が足りないだけですけども。
それでも、おいしさを決めるのは品種・鮮度・栽培や収穫の適期・人柄でしょう。
だいぶ更生してます!
来週あたりから野菜の宅配が再開できそうです!!

A49CB4BF-1AF3-4B89-97BD-40908E25F286
こちら幻日。
一昨日、となり町で行われたイベント「カレーを1から作る」 上映会&マーケット,etc…の帰り道。
我々、実は幸も不幸も作ることができます。
もちろん作らないことも。
0700CC7F-AA21-4BB9-A625-2EDBA5506149
 カレーを1から作れたら、たぶん世の中だって作れます。
 政治に関われない気にさせられているだけで、政治だって。
しかし、大勢の前で話すって何でこんな緊張するんでしょう?
自意識過剰も大概にしたいんですけども。
1D8D94CA-4535-4F5B-AF66-71EA0AEF4C5B
紫の花の多分ガーリックチャイブ。
これまで色んな仕事をして、大変じゃない仕事は無かったけど、思った以上に相当大変な農業。
農薬を使わないなら尚更、だから普及しない。
だけどね、想像を遥かに超える楽しさなんですよ。 

fullsizeoutput_c4
明日5月27日は、Country Film Screenings −田舎の映画上映会− 「カレーライスを一から作る」のマーケットに出店します。

開催時間11時〜17時の内、14〜16時は映画上映で鑑賞に徹します。
会場は、青森県野辺地町「柴崎地区健康レクリエーション施設(旧柴崎牧場)」で、Google Mapの場合は「野辺地町 森林総合センター」を目的地に設定してください。

最近ニュースに疎くなり、これがもしや農繁期か!?といった具合ですが、「何か」を1から作るテーマに惹かれ、会場のある地域でこれから始まる「何か」に惹かれ参加します。

例えば、自分が暮らす地域や社会に対して…頼れる誰か知人がいるのは素晴らしいことなんですが、生涯頼りっぱなしでその地域や社会は良くなるでしょうか?

少なくとも誰かに頼りっぱなし、任せっぱなしじゃ世の中変わったっとしても自分が変わらない。日本は全然ダメじゃないけれど、ダメな国のダメな人間気分になるような。そして慣れる。そんなニュースのチョイスが間違っているか、もしくは意図的か。ちゃんと動いていますよ。

47B9EA18-BBA2-4C65-860F-7F5383BECCEB
昨日は引っぱって、今日は押して、お疲れ様でございます。
予定よりハードでスミマセン。
それもこれも今日の天気予報が原因です。
普段は頼りにしている天気予報。
今日はその予報が定まらず、空見て湿度の上昇を感じてヤッパリネって具合い。
自然とは分からないもの。
自然とは美しいもの。
分かっているのは未だにそれくらいだ。
ナス科の定植、粗方終了です。

6675C544-ABB8-41D4-9829-917B1E2EB251
角度で川は見えませんが、対岸では第2回チェーンポットで枝豆定植中。
茶豆系統の3品種で各750株ほど。
高価な山鳩の餌となった去年と違い、今年はまだ餌なしです。
次回の雨天に合わせて直播きと、畑を苗床にした移植栽培と、枝豆の仕込みはまだ続きます。
普段はかたい財布のヒモも、おいしい枝豆はたぶん例外のここ青森。
枝豆栽培を制するものは青森の晩酌を制す…。
明日は、最晩生の在来枝豆の種まきに、トマトの芽かき、ナスの定植、サヤエンドウの誘引、トラクター耕起に畦畔刈り払いを予定しています。

FB6ACA69-3311-489B-B6AE-7856524CCF45
本日はイエロー・スーパー・ホット・ペッパーをを定植して、去年の乾燥粉末を包装しました。空に舞ったソレで目が熱い。明日は枝豆の種まきに定植に。エネルギー補給は枝豆のピクルスだ。浄化に忙しい虫とネコの手を借りる農園。
FD14E9AB-0C20-499F-9A58-979140730B86
 

DAB67B5B-6FB7-45B6-8477-CDF91E16126C
5月も下旬に突入していますよ。
そこそこ野菜が揃うとか、宅配再開とかほのめかしていましたが、おやおやな感じです。
そんな今日はヨモギ摘み。
タイミングもここしかない注文と収穫。
野菜セットを心待ちにしている皆さま、もうしばらくお待ちください。
78CE1F01-8AAA-4118-A9A6-06775A881020
さて、ニジュウヤホシテントウ、通称テントウムシダマシがもう猛威を奮っています。
この農業、仕事は増え続けるが減ることは滅多にないな。
朝夕の畑パトロール強化しなければですが、時折増える人手が救いです。
今日も人手に救われましたので、野菜で支えれるようになりたいなあ。
結局は何のために野菜を届けるか、皆で少し良い世界を未来に託すために他ならないだろう。

2E54716F-94DB-4ACC-8938-FFFBBB5F0861
画像は昨日の紅心大根の花。
タイトルは同期就農の種八農園の最近の響いた言葉。
25D686C8-68BF-4360-BEA4-F7B4242CF9B2
こちらは昨日の川の畑。
天気は清々しいが体が思うように動かない。

今日は思い切って、がっつり昼寝しましたー。
で、午後は頭を使わず刈り払いに燃えた。
作物だけが畑じゃない。
771CEBCA-CDA5-438E-908C-3321FE36AED1
そんな今朝、何者かに高級トンネル被覆が破られたんです。
毎年、根もとを虫にかじられ臨終していたピーマンの類ですが、今年は違う。
26E053D8-C096-4179-B316-8E58FDE6B542
検証結果は、手前のトンネルが獣の仕業で、奥のトンネルは人が土を載せ過ぎた。
植物だけが畑じゃない。 

06B41721-B1C5-44AC-9B4D-91A906D823CB
こちらは昨日、どしゃ降り後の山の畑。
まるで何事も無かったように、5月頭に播種したニンジンはバチッと発芽していました。
早くも収穫が楽しみなほど。
かたや川の畑は…。
949194FB-1F49-44F9-BBFB-3179047407C7
どっぷり浸かってます。
思いつく限りの方法で排水です。
ただし人力のみ。
以前に、ハウス内の浸水をエンジンポンプで排水して壊したことがあるもので…。
溝を切ったり、バケツで汲んだり。
しかし変わらない現状、減らない水。 
そこに天使のささやき。
不織布なんかで濾過した水ならエンジンポンプが使えるんじゃないかと。
その通りでした。
使い切れていなかった大きなゴミ箱に給水ホースを入れ、バケツで運んだ20メートル先の水路まで。
ドボドボと目に見えて減るハイパワー。
それでもゴミ箱にはバケツで水を注ぎ足し、いったい何杯汲んだのか。
お疲れ様でした。
あとは回復を祈るのみ。
我を忘れて育苗や定植していたけれど、つくづく助力あってこその農業です。 

49ADE4B5-3AE3-4615-8A00-5846D45666FF
朝方の久しぶりの雨に、全ての植物は大盛り上がり。
何だか分からなくなってきたので日没時に畝間通路を管理機で中耕。
あれもこれもガソリンや軽油で動力を得ています。
もうガソリン王も軽油王も期待できませんから、R水素王を待ちわびます。
種子王はじめ、王という王は金に目がくらんで全然ダメ。
金より大事なものがない王は要らない。

DE0F5958-1B98-411A-BAD3-5A3C87FCFC84
トマト、ピーマンと怒涛の定植でだいたい完了しました。
残るはナス、キュウリ、オクラ、カボチャ、サトイモ、トウガラシとかマメとかバジルとか。
山では、3〜4品種目のニンジンとブラックサルシフィ、パースニップの種まき。
西洋ゴボウ?のサルシフィの種がイビツで、運良く集まったヒトの手でまき切ることが出来ました。
そのサルシフィもパースニップも、収穫期が年内に間に合うかどうか。
栽培期間長過ぎ、出回らないわけだ。
もちろん食べたこともない。
食べたいからやる。
好奇心は味方だ。
明日は雨予報、予報通りの大雨なら種流れます。 

12EAD189-A074-4CA7-828C-06A4192D622B
昨年聞こえた加熱用トマト「サンマルツァーノ」の声。
ピーマン栽培に用いられるフラワーネットを使ってみました。
落ちてから熟しただろう採種は、発芽率1%未満で失敗でした。
そんな採種、古より続いてきた採種が原則禁止の動きらしいです。
農水省?政府??大国や大企業のために働いても肝心の評価はされませんから将来後悔しますよ。
人がいいのか世間知らずなのか丸め込まれていますよ。
なんともお恥ずかしい。
作物との共存や先祖代々続けてきた農耕への冒涜。
この国から今後伝統野菜が誕生しない事を意味します。 

主要作物種子法廃止が自家採種を禁ずるものではないが、自家増殖を禁ずる育成者権が増加傾向にあることから、この際種子や農業の最悪の事態から想定してみようと思う。

指定の品種しか栽培が認められなくなる。
栽培するには契約が必要となる。
毎年種や苗など買わなければならない契約となる。
採種が禁じられ悠久の歴史が途絶える。
肥料や農薬も使わなければならず買わなければならない。
政治も政治に密接する企業も経済を優先し、食文化や食生活がないがしろにされる。
原材料を見てもなんだか分からない包装食品しか買えなくなる。
益々環境は汚れ誰もが不健康となる。

粗方こんな感じでしょうか。
色々現実に見え隠れしているからリーチがかけられているよう。
反対する民意だけが鳴り響いて、なのに推し進められている感じは否めない。
賛成の声や政策意図が不明瞭のままはおかしい。
下手打っても変わらない内閣は、よほど誰かに都合よく働いているからか。
のんびり静観という状況ではないだろう。
最良の事態を考えよう。
少しだけ豊かな未来にするために生まれてきたのだ。

私たちは作物を過去より受け継いでいる。
作物は生物であり、種子は生命。
例えば、全ての生物に知的財産権を与えて未来に引き継げるだろうか。 
世界中から伝来され今日に至る作物の未来を権利で守れるだろうか。 
地球上で唯一の環境負荷を与える我々人類が、他の生物をまるで支配しようなんて恥ずかしいったらありゃしない。

72A84C70-7D1E-4DD1-8D3B-3373800EF656
雪下レタス、マックスバリュ浜田店に並べました。

日曜日って交通もどこかのんびりしていて少しだけリラックス。
手抜きの覆土だったジャガイモにのんびり土のせて、発芽したてのニンジン畝をのんびり除草して、定植で散らかったポットや苗箱をのんびり整理して、ビニールハウスに最後のトマトをのんびり定植して、明日の定植のためにのんびりトラクター耕起して、レタスをのんびり収穫して、とてものんびりしました。

76832D14-8248-446D-B8EF-A322C94C297F
畑の住所は青森市四ツ石…、もしや…。
というくらいまだまだ石が埋まっています。
当農園の収量ナンバー1は、現状石でしょうね。
今日は頭が痛いほどに日差しが強かったなー。
そんな日差しのお陰で定植ラッシュのはずなんですが、なんとなんと植え付け済みのトマトがアブラムシの巣窟のように。
大人3人×2時間、戯れました。
幅広のセロハンテープでピタピタと。
ピンセットでチンチンと。
それで、発生源と考えられる種とり用のルッコラを泣く泣く撤去。
いい感じで結実してきていたのに…。
それでも、ピーマン苗が混じっていそうなパプリカ苗を植え付けて、ネギ苗の定植が完了。
冬用のネギが足りませんな。
欲しがっている人はもっといるのです。
だけれど明日のことは明日考えよう、そんな気分。
明日の夜は雨予報、うふふ。
日中降ってもよろしくってよ。
4F366488-80B0-43D6-B569-FF8675EB5BA5
 

CD3401E6-2C08-412C-8D22-C35D37FA1207
画像中央にズッキーニを定植する2人。
今年は丸いズッキーニ「ロンド・デ・ニース」改め「ロンド・デ・アオモリ」のみ。
抜群にうまかったから。
ところで、定植を2人に任せて何故に写真撮影なぞしているかというと…
E85ECCB4-7C8C-4C6E-BE76-06DCBBEE9B9A
こちらは堰さらいですわ。
畑が火の車だろうが年1回の大切な行事。
今日から流れ始める水路のために落ち枝に落ち葉に掃きまくりです。
そして、この恵まれた環境を再認識するわけです。
62A35C29-2E96-4FBA-8972-C0722B6BF6A9
パプリカ筆頭の品種「ミニ・レッドベル青森」をハウスに植えたあとは、ネギ植え付け80メートル走。
昨年まで関わる皆々に大不評だったネギ定植も、驚愕の速度でフィニッシュ。
その訳はひっぱりくん なんですが、速いなりのもどかしさも感じつつ…。
が、勢い大事だから、商売始めるって大変だから、パプリカ第2弾のネギ第3弾定植まで明日行っちゃお!!!

↑このページのトップヘ