雲谷ト森山農園

固定種や在来種の作物を栽培しています。化学肥料・農薬は使用していません。

ホームページは、www.moya-moriyama.comです。
お問合せは、mail@moya-moriyama.com(@要半角変換)まで。
もしくはFacebookページよりメッセージにて。

FA47668F-EE90-43F9-BDA4-7EFDA85B5FCC
ただただ空がキレイでした。
追われまくって顔は引きつりながら。
0150CBE1-2E09-40A8-9933-F36685AB5EBD
紫キャベツもこれまでになく順調ですが、ひと畝風にまかれて半壊です。
過酷な虫捕り、そろそろかな。
E67C74D6-EF72-40CB-A34D-002CCC4FEAA2
非結球のレタスは収穫が見えてきました。
野菜セット宅配は、ポケットマルシェで6月より。
BF45505F-0A18-4E74-80C9-E57EE08C2F46
ヒマワリ、初めて見る発芽。
採種するぞ。 

9748084A-CDC8-4861-B7DF-67E6A7016D4F
昨日、スナップえんどうの花が咲きました。
27899FE4-FCA1-45DA-947E-41942EB3BC1D
こちらは黄色サヤえんどうの花。
92B62CC4-AA82-4721-83C6-0AC3B656A04F
明日からまたネギの定植です。
果菜類は今週カボチャ、露地トマトを大地に下ろします。
唐辛子は来週かな。
枝豆ピークもやってきます。

FBAF22D4-4156-490A-AB38-67B5C19242E2
3番手、4番手の枝豆の播種。
左が庄内三号改め庄三津軽三年。
収穫は9月前半。
右が津軽在来の毛豆。
収穫は9月下旬から10月初旬。

一昨日はなかなかの強風が吹き荒れ、昨日はたいそうな雨に見舞われ、今日まで寒気と気が抜けない。
それでも、繁茂する畔の草。
作物と共にスパークするぞ!

あ。2番手まではチェーンポットで、3番手からはペーパーポットを主に使用します。

A5CE4603-528D-42A1-AE44-7F750E33BE60
パープルプラムラディッシュ、初めて根菜をやった畑が良かったのか、虫食い痕は少ない。
葉っぱの状態もまあまあ。
しかし、ス入りがある。
スが入っても水分が飛んでなければ、まあおいしい。
手にとって軽ければ間違いなくスが入っているが、判断は簡単ではない。
食べものの恨みはこわい。
許してくれない人もいるだろう。
スが入ったラディッシュでは元気になれない?
飛びきり元気になるような野菜を届けたいと願う。
道のりは険しいだろうか、長いだろうか。
ツルがからみまくったアピオス、ようやく植えました。
来年はポットで芽出しだな。
F63544AD-297E-48C1-A13F-064B4E85D4A5
 

92B3B9C3-1CAD-4F8E-BF81-1B908E7064AD
収穫がネギだけの十日間でした。
今時期のネギはじっくり火を入れて食べるのがおいしいと思います。
ツボミなんか、よりじっくりと炒めるとご馳走に変わります。
よその姿形が見事に揃ったネギが同じかどうかは分かりません。
本日最終の収穫となった十和田根深ネギは記録的な細さですが、それすら魅力。

32938011-26EF-4517-9F3D-0D61D714039D
ピーマン定植前。
漏れなく付いたモモアカアブラムシ。
全株見て、取り払ってから植えるんです。
指じゃ触れれない小さな新芽が大好きで、ピンセットで御用です。
223A56CF-7A8C-4979-963D-7B808C0BF025
とても天気が良いので、間に除草を挟みます。
厄介な草も枯れて肥やしになります。
抜いた草を積んで数ヶ月経過した場所が、最高の土壌となるんです。
17F85BFA-0C78-4BB1-A6C7-15A3531897B0
明日はナスを植えます。

35224E50-EE50-4A75-BC48-D96433BD4FE1
ネギ定植はあと2品種。
自家採種した十和田ネギが元気。
E9E26776-B8A8-466D-A010-3E96D36F5EB1
今年唯一購入している肥料の袋で鯵ヶ沢キュウリを行灯仕立て。
採種1年目、はたして成果は!?
254274D5-65A7-4BE4-8BF7-373DBE8CB2A5
なんとも長閑な雲。
隣接する田んぼに水が張られ、今年の田植えは5/20頃だそう。
 

D83DAD8B-B42C-40BA-847A-677F6211405B
コンパニオンプランツなんて呼ばれていたりもします。
合わせて栽培することで相乗効果があるとかないとか。
トマトとチャイブ、そしてキノコ。
ビニールハウスの通路に、落ち葉を埋めた冬。
今のところは抜群に調子が良いです。
もちろん手間をかけなかったハウスに比べて。
昔、余った苗を放出した時に、受け取ってくれた八戸市の南郷ゆめファームさんが採種して送ってくれたのも調子の原因かもしれませんよね。
今日は里芋と枝豆とビーツとネギを植えました。
明日はセロリとピーマンでも植えようかね。
風変わりなミニトマト「アーティサン・ブラッシュ・タイガー」の苗有ります。
販売、種苗交換いたします。 

43FDA62A-D9DB-472E-8A68-1353C433AE3F
パースニップとゴボウの種をまきました。
いわゆる直播です。
キュウリとミニパプリカを植えました。
いわゆる定植です。
露地栽培は、雨を利用して仕事を減らすことができます。
よそはどうか知りませんが、こちらは降雨前にとことん作業を詰め込みます。
予報が外れるなんてことがないように、暇さえあれば天気予報をにらみます。
しかし、今年も見るたびに予報が変わりますね。
予報改め。お天気占いです。
明日は雨前に枝豆、ビーツ、ネギの定植です。
作業場は史上最大散らかっています。
雨降り前に無愛想だとしたらそういうことかもしれません。 

B46195E3-8B77-4326-B259-C3F45478B31D
朝から堰さらいでした。
水路掃除のことです。
元は田んぼの畑なので、年イチのこの行事は参加必須です。
とっくに畑は始まってるけど、今年もよろしくお願いします的に。
今時コンクリートで固められていない価値ある水路。
景色も大好きなんですが、畑に関わる重大な問題を発見し写真の1枚も撮れず終了。
午後は、播種期を間違えたオクラをひたすら植えたりして、仕上げに昨日の足りない雨を補う。
両手に10ℓのジョウロを持って灌水する作業を当農園では少林寺と呼んでいます。
昨日は計700ℓくらい。
今日もまあまあ。
来年は12ℓのジョウロを新調しようかな。 

4E0B8CD0-C85C-4AC9-916B-ECCA6D540FC2
天気が良くて人が集まった。
明日は少なからずの雨予報。
播種機を用いれない特殊な形状のサルシファイの種をまいてみた。
川沿いの畑で初めてパースニップの種もまいてみた。
挑戦と失敗には価値がある。
「野菜はまずい 」は簡単に覆せる。
こんな時代にまだまだ知らない野菜が在るなんてね。 

F95F20C2-2CDA-4561-8ADC-9C3167850060
ようやく写真で確認できる大きさに。
こちらの畑にしては順調の部類かと。 

EBFA9E00-96F6-4FB4-81C1-0C3A3EF3474F
画像の左端に小さな人影。
パヤパヤに見えますが、もう除草し放題。
たっぷり抜いても大丈夫。
すぐにドサっと生えてくるからね。
農家とは、あらゆる種がまき放題。
登録品種には気をつけろ。 
登録品種じゃないのは一般品種だってさ。
一般品種が品種登録できない文言が必要だね。 
心配ないって言うなら、条件を明記するのも簡単だ。
少しは信頼されるかもよ。 

17B6114F-8DE8-4D73-97BC-508B43ABB8E3
社会は単純ではない。
分からないことだらけだ。

だからといって分からないまま生きるのか?
考えないだけではないか?
感じようとしないだけではないか?

この新型ウイルス禍で、隠れていたことが随分とむき出しになったのでなかろうか。
ごく一部では未知のウイルスとの戦いだろう。
しかし、日本のほとんどは不安と戦っているだけ。
他人を攻撃することが平和を壊す。
もし気づいたなら、認めて改めるだけ。

皮肉ながら経済活動の停滞で目に見えて環境が改善された。
同じ播種日で、定植が1日遅れた枝豆。
D52B94F9-E08A-497D-9909-EA90E186267D
 

86D29B7F-0389-4E93-9EC6-378E15787426
モミ殻くん炭の量産に成功したかは定かではございませんが、くん炭器6台分のモミ殻を1度に処理できました。成功と言い切れないのは灰になる量の問題。火消しの手間はあまり変わらなかった。いつも通りに作り始め、ほど良い所でくん炭器を取り除き、全てのモミ殻を合わせるだけ。今後はもうこれでいきます。
715B358B-BE20-4D37-828C-9A76E15E0505
本日は枝豆の定植日。数日後の低温が気になるところですが、チェーンポットですのでこの辺で。
909A90E0-7AC0-416E-8F33-B19510E049B2
山鳩に襲われるので育苗していますが、狙ってるツガイを見つけたので、糸張ったりポール立てたり。時間と気力が足りず不織布トンネルを諦めたのが原因です。
0F38E6E7-A543-48A9-BD27-15E891C36A52
カボチャは鉢上げ。見てると少しワープしそうになるような気がする。

9B0DD41C-4402-46C6-B8F0-80040C34C9A1
何をしても暑い日にモミ殻くん炭の量産にチャレンジ。
ゴミムシダマシが大発生しています。
横内川に癒されろ!
8A7B455A-8006-485D-A40F-1511CBB88EE3

 

7E18F793-346D-49F2-87AF-0EECBB66BF1E
頼りになる物好きが朝から集まってジャガイモの植え付けをしました。
皆々いなかったらどうなってるんだろう?な日。
言い換えるとうまくいきました。
0D318512-C7D1-49D8-9F9C-9F9F74DD2ABF
残りの冬越し根菜総収穫を昼までに終えて。
午後は、中耕除草に出荷作業と。
疲れるけど笑えるし、笑って死にたい。
436E9A1C-83D5-4856-B2EA-3608673C885D
 

4BC31A57-B3AD-488F-9721-1D48F1F1A980
場所によっては桜が散り始めている。
草花がただキレイ。
すごい勢いで生育しているなあ。
作物周りの除草もスタート。
久々の無心のような状態。
残す草を選べる贅沢。
生き方も今なら選べる 。
ツバメも蝶も蟲も舞っています。 

4E04884D-BC64-4C44-BCF7-7AB28B4BF6F2
お米農家に感謝しつつ畑を耕します。
主食にはなかなかなりませんが、もしかしたらと思いジャガイモに接するこの頃。
6年目にして、ようやく植え溝が真っ直ぐになりました。
C6625350-D9DF-49D2-BFD2-1CF3716BCED4
ネギ栽培にも畝立てにも役立ちそうな知ったかぶりの先。
野菜農家になろうと決めた時は、ジャガイモの栽培すら知らなかったな。
順番はどうでもいいんだなあと、今年のハウスのトマトは黒マルチにしました。
F2A7BB1F-1C62-4AFC-90CE-1120D376B6C6
と言ってもお米のモミ殻を炭化させたモミ殻クン炭マルチで、お米に感謝で。
苗の行き場がなくて通路に置いたら、あらあら苗マルチ。
露地トマトは高畝にして、その辺に沢山生えて枯れてる茅とかをフラワーネットで押さえてマルチにしてみたい。
53C47298-A700-4674-8A06-CF6F893E3B79
日の出は4時半で日の入りは18時半で、明るい時間は畑で働きたい。
そして今日も燃え尽きて、燃え尽きなくても事務仕事は大変長らくお待たせする体質。
それでも、それだけのためであろうと、もし老いた時に今より余裕な顔して農すんのよ。

DA5EC30F-B513-4238-8447-0CE90C30114C
露地より暖かいビニールハウスのトマトの定植が始まりました。

作業着は、すぐにくたびれるし汚れるからどうでも良くなりそうですが、食べもの同様に生産背景が分からないものや支持しないものを買うべきではないと考えています。達成率は上げていけばいいだけ。世界は思ったほど変わらないかもしれないけれど、自分が変わるかどうかが肝心。生産背景が分からないものを買い求めることをまずはアウト・オブ・スタイル認定とした。

より分かりやすい生産背景で農を営みます。
432C657D-B140-42CD-AF7A-EF13DF99877C
今年は、かつてない立派な苗となったトマトですが、他が立派で目立ちませんがそれでいいのです。
 

09C54F62-E116-4AEE-8969-48DC8E4F8860

今まだ、政府の批判をするなと説く人がいる。

常日頃から国政の問題提起をしている人なら納得するだろう。

この機に政治に参加するつもりなら良いと思うし、社会を良くしようと考えて行動する方が良いと思う。

誰かの気分を害す批判なら、批判が下手なのかもしれない。

不安を批判に変えず、目的を持って批判したい。

ようやくジャガイモ予定地を荒耕起しました。
画像はトイレのつもり。
畑は天気に勝るニュース無し!です。

9FEF2CD9-5B39-4D21-AFC4-1CBF9D463C3A
世の中悲しいニュースばかりではない。
不安が募る出来事ばかりでもない。
そう見えるなら見方を変えてみては?

460億円位使ってマスクを配る国の事業がコケました。
マスク配るって表明した時点で既にコケたのに更に。
他国の陰謀に巻き込まれているかもしれません。
それくらいひどいですが、ただ単にその程度の人たちの仕事かもしれない。
いずれにせよ、選択されているニュースは単調ですよね。

インフルエンザ感染されても、もらい事故でも壊れない人格が、未知なるウイルスで壊れているのは絶望的ですが、最も不安な医療現場で逃げず働く人たちがいるのは希望です。
地方によっては文化が削られないよう対策が生まれています。

良いニュースは自分たちで発信しよう。
川は、雪解け水が加わって今日もタップンタップン。

E80B8EE2-B97A-46F9-9073-03EDB7588401
雪が少なかったからか雨が多い。
今年も枝豆の種まき始まりました。
その前に又ネズミが侵入してたようで、発芽してまもないカイワレ大根状の双葉が食べられました。

ところで「オンライン帰省」って知ってます?
オンライン登校、オンライン出勤、いいじゃないですか。
しかしオンライン帰省はないわ。
全世界に向けた笑いの提供か。

B917BD14-AD7D-4FB5-A1A5-AE651E97FB84
唐辛子の発芽。
6年目にしてまともな育苗しています。
葉っぱが重なってきたトマト、ソーシャル・ディスタンス拡張します。
D6669976-2F36-41CC-84E3-287CC2E1FF8F
さて、COVID19の人工ウイルス説が再燃しています。
人工でなくても今後また起こりうる事象です。
必要なのは、不安にあおられずに冷静に判断する術。
今の困難を越えながら、次なる問題を捉えたい。
 

B8B705AC-502F-46FC-9BB6-BAA28FFAF86D
この黄色い唐辛子は、まずいラーメンさえもおいしくします。
なんだか分からない原材料だらけの即席ラーメンさえも。
おいしいカレーはさらにおいしく。

そんな中身のない宣伝。
緊急事態の宣伝。
早いとか遅いとかじゃない。
国が言わずとも緊急事態でしょう?
悪化しても治せない、病院に務める人々を想い行動の自粛を心掛けましょう。
こんな時だから丁寧に暮らしましょう。
言語の美しさを損なわず。
しかし、この唐辛子は本当においしい。 

↑このページのトップヘ