雲谷ト森山農園

固定種や在来種の作物を栽培しています。化学肥料・農薬は使用していません。

ホームページは、www.moya-moriyama.comです。
お問合せは、mail@moya-moriyama.com(@要半角変換)まで。
もしくはFacebookページよりメッセージにて。

7mSMiED2QJ6vGTG0qW9YrA
学習講演会「種子法廃止とこれからの日本の農業について」に行ってきました。
改めましてや新たにましてを。
この国は、遺伝子組み換え作物数の使用認可が世界一です。
輸入量もだっけ。
とにかく、その辺の国よりも使われて紛れ込んでいます。
日常摂る食用油やしょうゆは、表示義務がありませんのでやり放題でしょう。
ジュースの原料である、ぶどう糖果糖液糖も随分でしょう。
さて、そんな遺伝子組み換え作物の何が問題か。
これは、ズバリ除草剤なんです。
ラウンドアップ、グリホサート、忘れてはならないこの響き。
遺伝子を組み替えることで除草剤耐性を備えています。
もちろん、除草剤は人体に影響ありませんとうたっていますよ。
国内じゃ割と皆信じるから。
信じるものが救われる時代じゃないですよ。
この除草剤は、ありとあらゆる植物を枯らしますから。
動物に植物性の腸内細菌がいたらどうでしょうか?
ガンの発症で裁判敗訴になった除草剤です。
食べ物も除草剤も無関心に買って使って摂取して、企業はどんどん大きくなって。
世界有数の遺伝子組み換え消化国は、無関心が原因に他ならない。
これ以上、我が子の食べ物に除草剤成分を入れますか?
いやいやいや、となって立ち上がって立ち向かった国もあります。
この方向は違いますから、引き返しましょう。
そして、ついでに種子の話。
当農園では用いない一代交配種(F1種)は近年海外採種が増え続けています。
広大な圃場環境が背景にあると思いきや、海外資本それも超巨大な影がチラつく委託生産、委託販売。
高騰する種子の利益は海の外か??
TPPで水に水道管に水道工事までグローバル化???
色々と怪しい立直かけられそうであります。
しょうもない自国への対策は、地域自治体の条例だそうです。
動いてみよう。
 

B96A20E5-4FF4-4BA7-A3B7-DAB06A63FF1C
ニンジン除草は9月10日までの踏ん張りが肝心、とは少し南の風に乗ってる先輩農園さんのお言葉。
川の畑の面積が増えたことで、なかなか来れなかった山の畑で、2度目の除草が本日行われました。
44C95B3A-60D2-44FA-82F5-276534062D78
去年までと比べると、明らかにセイタカアワダチソウが脅威となりました。
初期除草に人手が集まったことで、遅れながらもなんとかニンジン収穫が見えてきた気がします。
24341587-8EF3-45B9-9294-E66430274268
突如現れる救いの手に生かされているとしみじみ思いながら、初のナイト間引きへと突入します。
そして、葉付きニンジン🥕は早朝に収穫されるのです。

9/16〜17は、あおもりマルシェです! 

dZK3vzpmRvmCVSEQklNsZQ

HP内の収穫中の作物を久しぶりに更新しました。
短くも長い夏の主役だったトマトに陰りが見え始めています。
それもそのはず、明日明後日は最高気温が20℃未満の予報です。
寂しく切ないですが、この時期の枝豆はもう十分主力。
枝豆から始める晩食も良いですが、食事の最後に枝豆もやってみてください。
そんな枝豆、大豆になり豆腐にもなるし醤油にもなり味噌にもなる。
なんて贅沢な星に生まれたのだろうか。
豆と共に生きよう! 

38E5C7B2-85D9-4ECE-B2D4-42166B132F97
深夜に鳴り響いた風の音にやたら怯えました。
完全に予報を見誤った、と。
色んな事態を想定しながら向かった畑は、ほとんどの作物が傾く程度でした。
台風が日本海を北上したことで南風が強く入り、東西畝の枝豆は倒伏が目立ち、若葉やネギは折れたりしましたが、予定通り納品・発送できました。
同業被害に激しく心痛みますが、食をしっかり支えるのが仕事。
まだ、この上なく非力ですがそれでも。
このままでは自然の驚異はきっと増す一方ですね。
暮らしたい環境に、良い働きができないなら、悪い働きをやめるしかない。
何が悪いか、テレビのタレ流しはそれすら気づかなくしている…かもしれない。
80601687-152C-42E4-A4B8-82EB24F896BF

 

FFC247FE-5D06-4C89-BE1C-750E5A5FE6D8
一昨日9月1日の出店風景。
お越しいただいた方、
行きたいと思ってくれた方、
行けないけど気にしてくれた方、
ありがとうございました。
かなり先駆的な1日だったと思います。 
4945ABC6-EE32-4515-8905-BBD31A6A7965
この日のメインはおネギ。
1本まんま丸焼きで食べてくれた方々、感謝です。
そして、昨日も今日も援農いただき多謝多謝。
512C4C84-24E1-4ECF-81DF-994FE6C9C78E
 

85778C7A-FCCA-4C00-B04F-67C2D3B31D23
日本が今より良くなるとしたらこの価値観と思います。
経済社会と同等くらいで同時に進行しているもの、照らしましょう。
何かが変わっても失わない、それがアナタでワタシ。
実は変わると得られるものだらけ。
ほんのひと晩、車中で寝たっていいじゃない。
良い未来のために、もう少し皆で働きましょうよ。
まずは気づいていこうじゃない。
フワッと、もう一つの世界に飛び込んでみてください。
7E0ACB4A-E337-4A8B-B501-636DDA9DBA58
調達した野菜なんかを、その場で焼いたりして食べれるんです。
ペーペーの農家冥利に尽きるイベント。
己のキャンプ力を知り、他人のキャンプ力を学べる日でもある。
今まさに食べてほしい野菜を持っていきます。
こんな楽しい屋台のマーケット、そうそうないですよ!
883C4DEC-0A8C-491B-9DDF-3CACC98B360C
 

8092020F-2143-4F63-8E42-5E354C445AC5
台風は来そうだわ
たぶんそれで暑いのなんの
汗だくだわい
カプの種まきだわい
山の畑が満席だわい
トマトのお祭りだわい
仕事が終わらんわい
トマトソース作ってねい
2C7E1441-03B6-4DD4-8229-D8B682FCF85A
 

QztV%L%RT2yW9G89%uTneA
本日8/19のあおもりマルシェは、かつてないほど沢山の人にお越しいただきました。ありがとうございます!こうあってほしいと思う農作物を、できるだけ多くの人に届けたいと改めて感じました。あおもりマルシェは、地域に試されている気がして毎回異常に緊張しますが、再会や新たな出会いに心和らぎます。種をまき、苗を育てて植え付けし、管理して収穫する今回の主役の夏野菜は、苦労もヒトシオ。スタッフ3人で、毎朝虫捕りに励んで良かったー。お疲れ様でした〜。さて明日は…。収穫・種まき・定植・間引きに除草、台風養生まで!?適期作業でいきましょうー。

BB71168D-18C6-4B85-BBD7-DE342123D95F

明日8/19は、あおもりマルシェ〜
https://www.facebook.com/events/362705767563073/?ti=icl
え〜、明日は枝豆屋です!
それと昨年に引き続きトマト詰め放題、先月に引き続きビーツ詰め放題やります。
目の前の人が楽しそうじゃないと楽しくないことに気づいちゃいました。
トマトは、ミニトマトはもちろん、加熱用トマトも。
定番のサンマルツァーノに加え、秘蔵?のタイガーライクなる品種も。
量り売りもしたいけど頭が追いつかないでしょう。
レジ袋不要なら1割引き!…とかやりたいです。
イベント出店続きます〜

8/25 クリーニングデイ津軽
https://www.facebook.com/events/1110623865743649/?ti=icl

9/1 キャンプ&ナイトマーケット
https://www.facebook.com/events/2068960533143501/?ti=icl

9/16-17 あおもりマルシェ
https://www.facebook.com/events/390223351439616/?ti=icl

9/23 べじまつり

63918293-9C41-4343-B801-473E5E351B5B
朝食を食べなくなって半月ほど過ぎただろうか。
晩飯後、その場で潰える日々。
写真を頼りに昨日更新しようとしていたブログ更新に着手する。
145057F4-8555-4DBE-909A-2B807DEBA125
見えにくいと思うが双葉ちゃん🌱がいっぱい。
6071542E-A3F7-44AA-9918-84FB1238400A
かたや反対側からの景色は草の海。
FDD34065-5F5B-4FDE-98A1-3A11A3F9F003
まさか、ここがジャガイモ畑とは気づくまい。
1029A954-2B8F-4326-8B23-0027FC6B0915
 刈り払ってもご覧のありさまで、もはや収穫は恐怖でしかない。
これで豊作なら、いかにジャガイモ畝に草を生やすかが課題となる。
6F4E1EB4-373C-4C2B-8BED-E1F5D71C6BE1
変わってコチラ、本日の川の畑。
枝豆は好調で切れることなく2番手へ。
080EB4B7-5862-4594-B420-1A21351F018B
これも別の枝豆畑で、もう一丁枝豆畑はあるのです。
チェーンポット育苗畑と、苗床からの移植畑と直播き畑となってます。
滞在時間の長さから、もはや横内川ト森山農園に屋号を変えるべきか…。
しかし、山があるから川となるのだ。 

6024F94B-9307-4925-BFEC-F2E52CD571AA
ふと顔を上げるとまぶしい景色が広がっています。
この畑は最高のロケーションだ。
だけど忙しいと忘れがち。
作物はもちろん、草木にも見惚れる…遠目には。
それで、よーく見ると色んな草が種を持とうとしている。
来年の草の相は、今のがんはりで決まりそう。
ファイトするしかない!

C1ADE8AE-3E75-4DFF-84CF-45D086EAC67A
虫は光に集まる。
人も花火に夜景に集まる。

青森市雲谷地区は8月10日までにダイコンの種をまけ
そう聞いたのは昨年、無事まき終えています。
紅心大根は、川の畑も合わせて、既に昨年の倍量をまきました。
お盆前後で計3倍量を種まきする予定 です。
花ズッキーニ、バジル、枝豆1品種目、 失敗もアリアリアリますがマズマズマズ。
青森、ここ数日極寒です。
装い冬間近な…。 

1567F891-C99D-434A-9ADA-1C7958292BAF
裸の野菜にはかなわない。
夏の野菜は裸がにあう。
さあ我々も脱ぎ捨てよ。
裸になって解き放て。
公の場はダメよ。

ビニール包装を軽減しようと畑で直売します。
事前にご注文やご予算でゴゴゴご用意しときます。
連絡先はその辺に転がっとります。
暑い熱い言わないで、にわかに温暖化にアプローチしてみる。
だって一時より日差しはもう柔らかいよ。
D56A8653-7581-486C-9CD0-651197C7C751
 

5A2AC2C2-F1E2-44B7-A6F1-65621EBFB148
これまで畑で汗を流してくれた皆々を思い出す。
今日も色々重なり大勢の手を借りれた。
ニンジンの収穫が一気に楽しみになってきた。
毎日野外にいない方には北国といえど酷な暑さ。
ありがとうございます! 

99F10410-4C79-4746-BFD7-1389EEDBA2D2
日光浴と除草はセットです。
ある意味、へとへとになるまで遊んで毎日楽しい。
書類の〆切さえなければ…。
E407CF07-A7CE-46B7-A034-EF52CBDDD7F3
 

9561A963-AC60-4A13-98CA-C70E3D6F90D2
今年になって気づいた事がある。
なぜ気づけたかというと、去年より心に時間に余裕が生まれたからに他ならない。
己の畑時間を増やしたいだけ増やし、良き相棒と仕事する。
完璧だ。
そりゃあ気づくべきことに気づくだろう。
さて、何に気づいたかというと、収穫と世話の関係だ。
例えば、暑さにも負けず収穫が長く続く不断草はどうだろうか。

・一定の大きさ、長さに達した葉は全て穫る
・それより外葉も全て取る
・ウリハムシも同時に捕る 

そして、日陰で選別し良品をまず洗い世に出すのだ。
バジルも似てるけど、次に穫る脇芽をちょっぴり考えるし洗えない。
しかし、穫るだけより随分と健全な関係じゃない? 
ここの畑だけのはなしだとしても、世界は美しい。
90047FF9-5A34-4ADC-859E-75469410D651
 

F2BD428A-2A72-4FC1-9969-1F0F4BAF2858
自分の仕事に懸命な人、きっと自分が進歩するのを知っている。
自分の周りの凄いなって人、サラリーのためには働いてないかな。
農業を志して生きてきたわけじゃない。
作物の栽培を勉強してきたわけじゃない。
死ぬまでいたらないかもしれない。
手を抜かず、気を抜かずやるしかない。
なるべく人にやさしく、己にもやさしく厳しく。

A77B1B03-19CE-45C9-B992-3A6185B31632
やっと赤ニンニクの収穫を始めました。
4分の1くらいでやめました。
まだ太りそうなので。
ニンジンの種をまきました。
汗をかきますので、もう裸でまきました。
もちろん上半身だけ。
明日の雨、だんだん怪しい予報となっています。
昨日は、あおもりマルシェにお越しいただきありがとうの心。
来月は、8/19あおもりマルシェと8/25クリーニングデイに出店しまつ。 
ギリギリスも汗まみれ。
880EB69D-D05C-487B-91DD-ABEF0B8A2A42
 

42610BD8-AA59-4D98-971C-4D03DA02407F
こちらは先日訪れた弘前市は鬼神社のニンニク市。
明るい時間に畑を飛び出すのは久しぶり。
この日もあの日もドタバタキューです。
雨天曇天続きだった青森なのにです。

さて明日は、あおもりマルシェどえす。
畑から最も近いイベントの出店で、規模も超BIG!
去年までのイベント出店は、余裕がなくて楽しめなかったので、今年はイベント出店は楽しむことがテーマです。
自分たちが楽しむためには、出会う人が楽しくてはならない。
出会う人が楽しむために、精一杯の準備をする。
今回の目玉は、ずばりビーーーツ
畑からの輸血!?
高血圧に!??
甘く美しく!???
野菜としてのビーツはもちろん、ピクルスに乾燥粉末に、詰め放題までやっちゃいます。
ビーツのおいしさを知らないと、食事の半分くらい損してます。

西日本の豪雨に心痛みますが、一刻も早く平穏が訪れることを願います。
そして、これまでとこれからの生活について改めて考えたい…。
BDAD4DE1-DB6E-4CD5-8586-06B247F6EB3D
さて、こちら⇧は昨日発送の「野菜セット・ライト」
小さな紫キャベツを入れています。
この紫キャベツ、種まきから収穫まで4カ月かかるわ・虫に襲われるわ・収穫時期も揃わないわ・大きさはバラバラだわ・だけど美しいわ、そんな理由でとっても高価なんじゃないかと思います。
収穫始まる前に秋作の種をまき、収穫が始まるころに植え付ける。
雨続きでドロンドロンの中、除草に定植にお手伝いいただきありがとうございます。
9A0167CF-A1EA-4843-AB60-E4380811DBF3
久しぶりの1人ぽっちの朝の畑で恒例の虫捕り後にブログを更新しています。
虫捕りは主にナス科につくテントウムシダマシと、バジルをよく食べるウリハムシがメインです。
露地のアブラムシは、たくさんのテントウムシとその子たちによって激減したのもつかの間、今度はテントウムシダマシの幼虫が押し寄せてきているので、業務連絡を兼ねてしまおうって魂胆です。
隣接する畑で、毎年生い茂る地主さんのジャガイモ。
そのジャガイモの葉っぱを目当てにやってくるテントウムシのそっくりさん。
今年は、かつてない規模の幼虫が群がっています。
もうすぐジャガ葉を食べ尽くす勢いの彼ら、必要なのは火炎放射器だ!

17FAFD6D-ECEB-4F4C-A22B-375F5352853B
先日、天気を見誤って発芽が危ぶまれたニンジン畑、こんにちは!
前半終わって後半キックオフ。
そう2018年。
種まき、植え付けより、収穫、出荷が増えないと成り立たない農業とつくづく。
農業とは、農で飯を食うに他ならないですね。
ところで、お金より大切なこと何がありますか?
…思いついたらコノ先を読んでください。


では、お金より生活に欠かせないモノは?? 
これがないと、お金のために生きてるわけじゃないとは言いにくい。
つまり完全なる経済社会の一員。
正しいか誤りか、それが好きか嫌いか、はて。
農とは生活に欠かせないモノ、とします。
トマトが1個、赤くなりました。
E91FA704-2D36-430D-93A7-380FE95762E1
 

E2AA7579-AF6A-4D7C-A6FF-4C85B3C38F7D
夏色の空、今日は晴れ。
明日はくもりで明後日から雨続き、そんな予報。
やりたいことは盛りだくさん。
畑の中の草を刈ったり、畑を起こしたりで草を土に還すのは今日まで。
明日は定植が最優先かな。
今ごろビーツとラスト毛豆。
もちろん収穫は毎日、アブラ虫も毎日。
足りないとか思っても時間は平等。
ビーツの収穫始まりました。
ここは、去年まで田んぼのネギ畑。
株間狭すぎても地球は回る。
よく回る。 

851A9CEB-19D6-4929-B30E-ED63559F376D
瀬戸際農場18番目の元田んぼよりごきげんよう。
危ういぬかるみで畑転換となってから2度目の耕起。
ここが一番の難所っぽい。
他はわりと問題ない。
これは肥料も薬も使わない田んぼだからか、それとも砂っぽいからか。
結局両方か。
ところで、ミニトマトやら唐辛子やらに続いて、オクラにズッキーニまでアブラ虫の住みかになってしまいました。
今年はアブラ虫が多いと誰か言ってくれました。
露地野菜はそう、実に多種多彩なテントウムシをはじめ食物連鎖が垣間見れます。
問題はビニールハウスのミニトマト。
まさに瀬戸際で、このままではミニトマトの無い夏に。
増え続けるスピードに、一人っ子政策が追いつかない。
いちかばちか、ゴム手袋を着用し、時には素手でトマトの株全体を愛でるように撫でる。
撫でるように愛でる。
それがたどりついた答え。
「秘技 セレナーデ」だ。
自然界のバランスも凄いけど、人だって凄い。
それが「セレナーデ」。
結局、アブラ虫に侵された露地野菜も全てセレナーデ。
この1週間、これから収穫を迎える作物とそのアブラ虫と戯れっぱなし。
アブラ虫が出ないように努めるのがプロの農家なら、こっちはプロのアブラ虫バスターズだ。
もちろんミニトマトが収穫を迎え、かつおいしければ。
ダメなら中玉とか心臓型とかあるからプロの農家を目指します。
ニンニクの芽の大半がようやく穫れて、ビーツがようやく穫れそうです。 

AD26F440-D65F-4CF4-AD72-86E926C52793
ビーツVo.2畝。
癒される。 

ところで、エゴマを栽培していつか油を作りたいとかアブラムシは勘弁とか思っていますが、毎年しかも通年現れるのはアブラムシ。

水で流そうが、払い落とそうが数時間後には元通り。
現在、犯されているのは露地のパプリカと唐辛子、ハウスのミニトマトです。
今日なんて、唐辛子にまとわりついたのを潰そうとしたら、察知して落下するんです。
それで、しばらくしたら又登って、まるで見つからないように葉の裏に潜んでいるんです。
そんなでも露地の作物は、地道に絶対数を減らせば、色んな生物が集まって落ち着く気がします。
問題はビニールハウスの中、テントウムシを拉致したり、ついには購入したり…。
どれだけの時間を彼らた費やしただろうか。
アブラムシって、油作れないよね。
明日はアブラムシWS開催です。
437ACC1F-7D45-4581-9F0E-EF9218166711
 こちら本日の「野菜セット・ライト」どえす!

↑このページのトップヘ