雲谷ト森山農園

固定種や在来種の作物を栽培しています。化学肥料・農薬は使用していません。

ホームページは、www.moya-moriyama.comです。
お問合せは、mail@moya-moriyama.com(@要半角変換)まで。
もしくはFacebookページよりメッセージにて。

知らなかった。
枝豆の根なのか双葉なのか、いいニオイ。
IMG_0765
その多くが山鳩のエサとなり、慌てて豪快に苗床作って播いたら密植で徒長。
根拠はないが大丈夫そう。
大丈夫じゃないと困る。
今年は在来の枝豆以外に茶豆系統を4種類チョイス。
同畑で3度採種された在来の種は圧倒的に元気。
ついでに近況報告。
IMG_0760
カーボロネロも元気。
防虫ネット内の虫も元気なのが難。
IMG_0761
 ビート(ビーツ?)が今はホット。
生でも蒸してもうまい!
素材が良ければオリーブオイルと塩だけで十分。
IMG_0762
ジャガイモはいいんだか悪いんだか分かりませんが、いい花咲かせてました。
土寄せは一回、もう一回やりたくてうずうずしちゃうけど一回。
IMG_0767
よ〜く見なきゃ分からない空芯菜。
ベビーリーフはサラダに生で食べれるとのこと。
心にいつも枯山水を、そんな感じ。

IMG_0759
真ん中のビニールハウス辺りの護岸工事が始まっています。
 IMG_0758
去年の洪水なんですが、画像からはまだ分かりませんね。

つい先日、青森県は五戸町のはる農園へお邪魔してきました。
作付け面積もさることながら、頂いたお土産?の玉葱にただただ圧倒。
透明感が半端じゃない!
見習おう、せめてテイストを。
春さんはスーパースター。
さぁがんばろー。
がんばってカレーでも作ろー。
もはやカレーしか作れないけど、ワジャカレーやンボカレーは消えてもどうだろうかと思っています。

IMG_0751
強い雨の予報が出ていた本日、雨上がりのニンジンの種まきを狙って朝から耕起。
8月に種をまく大根やカブの予定地も耕起。
IMG_0753
草地が畑っぽくなりました。
そんなこんなしてると、弘前で随分と綺麗な有機野菜を出している青森県有機農研及び青森県在作研ご一緒の前田くん参上。
IMG_0754
雨降る前は忙しいのでうっかり来たら手伝ってもらいます。
在来作物研究会の記事が載った朝日新聞を持って来てくれただけでも十分感謝していますが、手伝ってもらいます。
IMG_0755
直播きの在来枝豆が壊滅状態なので、育苗したのは種とり用にうっとり土寄せ。
すでに明けて日が短くなり始める今日の午後は、その枝豆を超植え替えしますのでご参加をお待ちしております。

IMG_0749
野菜も丸く、自分も丸く。
イビツなのはメッセージか?
小さくても大丈夫。
丸くいこう。 

IMG_0747
2年間抜か(け?)ずに畑を耕してもらった山の畑のギシギシ。
障がい者就労モデル実証で手伝っていただけた夢の里さんのお陰で抜ききりました。
今後も双方に良い関係を築いていけたらと思っています。
ひとまずありがとうございました。
キャベツの虫捕りも、ニンジン畝の除草も、唐辛子の植え付けもありがとうございました。
お礼足らずですが川の畑の見学を兼ねて、蕪を抜いて焼いて皆で食べました。
皆で「蕪うめぇ」言いながら。
蕪ですよ?
あのカブがですよ??
世界にはおいしい蕪がまだまだ有るんだろうな。
IMG_0745

IMG_0744
ビーツを食べた。
生まれて初めて。
少々のオイルと酢と塩こしょうにレタス。
いいんじゃないでしょうか?
今年は春に起こして種をまき発芽後に米ぬか。
相変わらず秀品率は低いでしょう。
ちなみに米ぬかは次作の施肥のつもり。
少量多品目農家ですから、まずは色々作付けしてみようと思います。
遠慮なく食べて、食べることに感謝して楽しみます。
昨日、山鳩のご馳走となった直播きの大半の枝豆に見切りをつけました。
双葉なく、その次の子葉で懸命に育とうとしているんですけど。
まずは、空心菜に黒えごま。
そして枝豆移植します。
くじけている暇はない。 

IMG_0741
当農園の参謀ヨーさま作。
自宅の庭から持ってきてくれる花と畑の野菜で彩られています。
この素晴らしい感性と彼の運動量に今年は救われています。
ジーンバンクより種子を取り寄せた青森在来キュウリ。
順調そうに育っています。
IMG_0743
 

IMG_0732
一時雨で絶好の定植日和。
スタッフ3名にVILLAGE OF DREAMSの4名も駆けつけてくれて7人で黄金唐辛子250株定植。
IMG_0735
種をまいたのが3/14で3ヶ月ほど前。
ついに地球と合体したわけです。
IMG_0737
思えば長い道のりでした。
定植は30分で終わりました。

IMG_0727
日本のいい仕事を減らしているのは自分たちではなかろうか。

皆さんの周りの低所得十傑に入るだろう我輩ですが、この度百グラム二千円を超えるバターを手にしました。安いバターに比べたら高価でしょ?けれど価値ある二、三千円。しょーもない二、三千円の出費しなければ買えなくはないでしょう。そして、食べて価値を感じなければ、しょーもないバターに戻ればいいだけ。そもそも、乳製品に懐疑的だった我輩は、まずは家畜の飼育に納得していないと再認識。自分が嫌な事は、他人や他の生き物にしないに限る。さて、当農園の野菜セットも三千円以内ですね。そろそろ食べてみてください。トマトが穫れ始めたら必ず食べてみてください。いつか、いい仕事しますから。
 

IMG_0725
本日は小学生以来の田植えとなりました。
誰も何もほぼ分からないのは昨年と変わらず。
ちなみに昨年は育苗せずに種植えしました。
試行錯誤しながら不安と闘いながら終わる頃には、皆なんともたくましい。 
人力で代かき、縄文時代から続く古代米。
雨で始まり終わりは晴れる。
IMG_0726
 

IMG_0721
お隣の田んぼ。肥料も農薬も使わない。周りはもう田植えを終えているけどこれから。なぜか?恐らくは温度。気温や水温を考えてのもの。農家に捨てるものはない。就農前に最も響いた言葉の1つ。モノを大切に工夫して使う。そんな真意を感じさせる。今日は新たに大きな目標ができました。これまでは100人に野菜を届けたい、そんな規模でしたが、千人に響く作物を届けたいなと。まだ100人に届けていませんが目標は自由。目標さえ持ち続けていればなんだっていい。あなたのmy農家へ精進あるのみ。

IMG_0711
こちら出来たてホヤホヤのモミ殻くん炭。
肉眼では真っ黒なのに画像はそうは捉えない。
原料のモミ殻はお米屋さんが無料配給。
以前は1回の仕込みに朝から晩までかかったけど、今は5時間ほど。 
7時に開始すると昼飯前。
純度はどんどん高くなる。 
しかも、あれやこれや定植しまくって、来年の肥料を株もとにおいて、支柱立てて誘引してモミ殻をかき混ぜる憧れのチームプレイ。
山鳩の総攻撃を受けた枝豆のリカバリーに走り、林道の刈払いまでやっちゃって雨の前日はやる事いっぱい。
ようやく定植作業も終わりが見えてきて、そろそろ秋のキャベツから種まきが始まります〜
6月10日は田植えです〜
今年も経験者ゼロ〜〜 

IMG_0705
本日、NPO法人 夢の里さんご一行が、障がい者就労支援活動の一環で農作業に参加。3年目にして初めて掘り出している根深いギシギシの除草、箸休めにニンジン畝の除草と体験してもらいました。食を作る農というテーマを持てば色んな人達とつながりが持てるだろうし、農の魅力を伝えることは地域貢献につながるだろう、との思惑で臨みましたがもうバッチリ…。

バッチリ農作業に多大な貢献をしてもらいました。

おいしくて笑っちゃう、そのための知恵、それこそが…。眠くて頭が回りません。眠くなくても回りません。おやすみなさい。

 

IMG_0704
本日抜いた草。
食べれます。
ビートともビーツとも言われております。
しばらくは我が家の貴重な栄養源となるでしょう。
さて、ずいぶん草がボーボー言いだす時期となりました。
しかし、いったい何のために草を抜いたり刈ったりするのでしょうか?
ヨソは知りませんがウチはズバリ景観のためでしょう。
生きとし生けるものすべてが心地よく、です。
刈られた草は気持ち良くない?
それは、刈り方が悪いんじゃないでしょうかね。
機械は使っても刈り払いは功夫ですよ。
大地を草を己を感じながらするもの。
たぶんですけど、我々多くの日本民族は目先や細かな調和をとるのは得意です。
苦手なのは大きな調和。
だって街並みを見れば酷いでしょ?
会話をすれば当たり障りないでしょ?
そういうのを理解したつもりで草を刈る。
この星も生き物も基本美しいんだから。
まずは自分の庭をキレイに。
みんなが庭をキレイに。
そうやって世界は作られていく。 

IMG_0697
春の葉物がどんどん蕾を付けている最中、ようやくラディッシュが穫れ始めズッキーニが成り始めました。ビニールハウスのトマトの定植がようやく終わり、ナスとピーマンはやっと半分終わり、これからオクラやツルムラサキに露地トマトと続き、フィナーレは唐辛子の定植かな。今日は雨だったのでニンジンの種をまいたり。早朝の種まきは気持ちがいいものです。斜面の畑でも。ニンジンは、雨に合わせてあと3回ほど種まき。ところで、当農園が超参考にしている青森県五戸町のはる農園ブログはもう見ましたか?なかなかチカラがみなぎる内容で余計に働いています。ありがとうございます。お互いに青森県の有機農業研究会に、在来作物研究会の会員です。本来そういった集まりに興味を持てなかったけれど、地域に根差す…その意味を伺い知れた気がする春さんとの出会い。誰かに委ねず自ずと考え動く地域活性…につながる。大変な影響を受けているとしみじみ。それが勘違いでもいいやあ、と更にしみじみ。ついでですが、有機農業は有機農産物よりその考え方が大事だし、在来作物は作物という生命のリレーや食文化が大事なはずです。
IMG_0690
 

IMG_0689
収穫も定植作業も全く追いつかないので助っ人をお願いしました。とある山の麓の由緒ある農場に半年ほどいた経験を持つ彼はオールマイティ。そして仕事が早い!新規就農希望なので、いつまで来てくれるか分かりませんが、一緒にぐりぐりぐるぐる働こうと思います。少しでも大きい仕事ができるように。今日は9月下旬に収穫予定の枝豆とキュウリを植えました。手で10cmほど土を掘ると、笑っちゃうくらい温かくて、生きてるなあと感じたものでした。
 

IMG_0685
昨日は晴れ、今日は雨。
雨でも収穫に定植、晴耕雨読はまだ夢の世界。
ポケットマルシェ再開しました。 
今より食事が豊かになったらどうなると思いますか?
そもそも豊かな食事とは。
食べるものに困らない、広く世界を見渡せば豊かと思えるかもしれない。
では日本の豊かな食事の逆、日本の貧しい食事とは…。

ある日突然、原因も分からず具合いが悪くなったらイヤですよね?
そういう意味で、自分が食べるものに責任を持たなければいけないと思うんですよ。
ご丁寧なパッケージの裏側に書かれた原材料、 よく分からないの並んだ食べ物たくさんアリマース。
それはいったい何のためか?
大手企業が安全のために用いているけど、人体のための安全ではないんじゃなかろうか。
知りたくても裏側を知れない、いちいち知ってられない、さらには知ったら食べたくない食べ物が溢れていたら未来は豊かか?
今の、これからの食事の何が豊かで、食事が豊かになったらどうなるか…。

例えば、自分の子どもに本日の食事の説明をする。
その時間、自分も子どもも楽しければきっと豊かでしょう?
さらにその先が存在する、それがポケットマルシェと思い参加しております。
うちは子どもいないけど、大人よりは子どもの素直さが正しいと思っていたりします。
今いるこの星は本来きっともっとずっと豊かですよ。
僕ら丸い星に暮らしているんです。
笑えない時も多いけど笑っていこう。
IMG_0687
黒キャベツ始まっています。
 

昨日、トマトの定植をしました。
百株ほどですが、六品種ある内の一品種目。
ようやく一番手の極早生枝豆も定植しました。
五番手の最晩生の枝豆定植もよろしいようで。
ネギも三品種目の定植完了。
あいかわらず己のようなヒョロッヒョロ〜ですが、こちらは各千本ほど。
残り一品種ですが、正直もう十分かな、と。
ホームページを少し更新しました。
野菜セット十回分を新メニューに加えました。
これはケタ違い。
色んな意味で必要に迫られていると感じております。
昨夜の雨、明日明後日の雨予報。
葉物は一気にわっさわさかなあ。
目が回る以上に己が回れ、です。 

IMG_0673
さて、これはなんでしょうか?
こんな感じで5〜6回の搬出。
稲わら、落ち葉、米ぬか、水で発酵させて育苗に発酵熱を利用していた有機物。
これの仕込みと解体がもしや1年で1番つらいかも。
ニオイとかね。
特に解体始めは、空気に触れず嫌気性発酵だから、もうクサイ!
しばらくすると好気性発酵に変わり至福のひと時になるんですけども。
そんな中、抜き打ち気味に昨日訪れてくれた五戸はる農園御一行さま。
苗早く大きくならんかな、ってタイミングで来てもらったんですが、一夜明けまさかまさかの…
定植ラッシュ始まりです。
まずはカボチャに枝豆第1弾。
トマトの準備も急がねば。
先日、南風農園の水野さんが畑まで来てくれた時は、さやえんどうの花咲かんかねってタイミングで翌日に咲きましたかね。
何よりどちらも自分の気力が充たされたりしてるんですけど、まあ不思議。
IMG_0675
トマトの定植は、第1花房を目安にするんですが、今年は人間サマの都合で早々に定植しちゃおうかと豪語した途端に蕾つけたり…。
そもそも、なぜ定植の目安が蕾や花なのか考えないのは論外でしたね。
と、そんな中、山か墓か積み上げられた有機物。
これを意味のある土に変えれないなら踏み込み温床の意味は薄い。
我ながら目に余る雑な仕事。
やる気がないなら電気を起こせ。
雑なほど失敗の原因って分かりづらいから、せめて下手なりにも仕事は丁寧にするべき。
学べ自分。
楽しみ笑え自分。
IMG_0676

IMG_0672
しばらくしゃがんで作業してもつらくない足腰。
つらい思い何度かすればつらくなくなり楽しくもなる。
それが人間のいいところ。
今日はスーさんが手伝いに来てくれたので、初トラクター後に枝豆の種まきをしてもらいました。
春のスティック春菊まつり始まっています。
今年も見事に曲がりくねっています。
農薬を使わない春菊は曲がるらしいです。
日持ちするオヤツよりフレッシュなもの食べてください。
本日はイオン青森店とマックスバリュ浜田店に入れています。
もう少し品数揃ったら宅配便始まりますので、どうぞヨロシク! 

IMG_0667
周りの田んぼに水が入り始めています。
そして3棟目のビニールハウスが完成しました。
4分の3くらいは頂き物のハウス。
決して重くは見えないけど、確かに重いビニールハウス。
授かった重みを忘れず、 手伝いへの感謝を忘れずあしたのために楽しみ踏ん張ろう。
IMG_0664
前までの2棟は、発電機と高速切断機をホームセンターで借りていましたが、今回は故障中のため充電式のレシプロソーなるコンパクトな電動ノコギリを用いました。
得意でも上手でもないが何とかなるもの。
何よりたぶん総坪数をクリアして農業共済に入れるはず。
あしたのために… 

IMG_0653
きゅうり支柱に防虫ネット、そんな中でジワジワ育っています。
育ってるよね?くらいのスピードで。
先日畑に訪れた方が、2条いけるんじゃ無い?と。
確かに…来年試そう。
すっかり風通しばっかり考えるようになっていました。
虫や病を防ぐ手段として本当に風って大事。
IMG_0654
刈払って米ヌカ、米ヌカは葉っぱを食べる虫の好物だったりする。
好物なのに食べると昇天する虫もいるんですってよ。
播種から2ヶ月ちょっとのヒョロヒョロで、昨日から定植を始めたネギの株周りにも米ヌカ。
食べるなら、どうぞこちらの米ヌカをって感じなんです。
ちなみに株下にはモミ殻クン炭。
一昨年酷かった症状の赤サビに効果を得た気がしたので。
ところでネギと言えば、うちのネギがスーパーで売れません。
食料自給率の高い青森県でも、今はネギが高値。
立派なネギが1本100円とか3本200円ぐらいとか。 
うちのは3〜5本で150円。
しかし売れない。
理由は明白、全体的に細い上に軟白部が短い。
更には軟白部が赤いし蕾まで付いている。
説明も無く大手スーパーじゃ厳しいんですね。
炒めたネギの蕾は最高においしいのに。
蕾を切って店頭に並べました。
蕾はもちろん我が家でいただきます。
最後に晩生の枝豆の発芽。
昨日、別の枝豆と小豆の種まきを始めたらカッコーが鳴きました。
IMG_0652
 

↑このページのトップヘ