☆rosette意味編はこちら

[rosette作り方編]
近々、と言っておきながら随分経ってしまいましたがrosette作り方編です。

色々と考えた結果、簡単に作れる作り方について書くことにしました。
という訳であくまでロゼット風です。

写真が多いのでいつもより写真のサイズは小さめです。
そして相変わらず説明が下手なため長くなってしまいました。すみません。
個人的な覚書として、布に絵を描く場合のTipsが少しあります。


☆材料(直径約7cmのロゼット1個分)
zairyoujpg

(左上から)
・ 直径7cmの布
ロゼットの中心部分になります。お好みのものを。
今回は絵を描くので白のシーチングを使用しました。
あまり厚手のものだと扱いにくいかと思います。

・ 直径4.5cmのボール紙
中心部分の芯として使用します。

・ 直径3.5cmの革
ブローチの裏側に使用します。革でなくてもいいと思いますが、
フェルトなどほつれないものである程度の厚みがあるものがお勧めです。
サイズはもう少し大きくてもいいと思います。

・ 手芸用わた

・ ブローチピン
今回は30mmのものを使用。

・ リボン
ロゼット飾りの部分になります。24mm幅のものを使用。

・針と糸、接着剤


☆作り方
0. 中心部分の布を準備します。今回は絵を描きました。
布用のインクではんこを押したり、プリント布を使ってもいいと思います。
刺繍をしたり、ビーズを付けたりする場合もここで。
出来上がりのサイズ(今回は4.5cm)を考慮して準備してください。

今回の絵はこんな感じ。
0

布に絵を描くにあたってこちらを参考にシグノを使用しました。
服に柄を描くならゲルインクボールペン

黄色はポスカで塗っています。
薄い布だと裏に染み出してしまうので不要な紙などを敷くのをお勧めします。


1. 0.で準備した布の端から3mm位のところを5mm位の針目で一周縫い、
軽く引絞ってから手芸用わたを少量入れます。
1


2. 芯となるボール紙を入れ込み、糸を強く引絞ってとめます。
表に返すとこのような感じ。これで中心部分の出来上がりです。
この状態のものに裏を付けてブローチにしてもいいかと思います。
2


3. ロゼット飾りの部分となるリボンを準備します。

このリボン、下の写真の左側のような畳んで作る形のものにしたいところなのですが
私自身がこの形を練習中で、簡単に作れる方法が見つかっていないため
右側のかなり単純化した方を説明します。

3-1

今回は24mm幅のリボンを40cm使用。端はほつれないように接着剤を薄く塗ります。

まずリボンを中表に合わせて端を縫い、輪にします。
輪にしたリボンの端から3mm位のところを1cm位の針目で一周縫います。
3-2

糸を引き、直径7cm位の円状にします。(3-1の写真参照)

4. ブローチの裏用に準備した布にブローチピンを縫いつけておきます。
中心部分のパーツの裏に外周に沿って接着剤を付け、3.で作成したリボンの上に載せます。
4

これでほぼ完成。
後は裏側にブローチピンのついた布を接着剤で貼りつけてできあがり。
今回リボンは40cm使用しましたが、もっと多めに使う方がそれらしくなるかもです。


最後は若干駆け足になってしまいましたが。
もし何かご質問などありましたらお気軽にどうぞ。

いずれ畳んで作るタイプのものについても記事を書きたいなと思っています。
随分時間がかかった割にしょぼい記事ですみません。