『山形交響楽団特別演奏会』 さくらんぼコンサート2017 東京公演

●2017年6月22日(木) 19:00 より、東京オペラシティコンサートホールにて、飯森範親指揮●

①サリエリ:歌劇《ファルスタッフ》序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番変ホ長調 (ピアノ:横山幸雄)
③モーツァルト:交響曲第40番 ト短調

例年通り飯森範親によるプレトークあり。風邪気味のようで、声が多少出にくいようでした。
何年か前のプレトークで、山形県は、21世紀以降、年間1万人ずつ人口減少していると言っていたことが衝撃的でした。小生が高卒後上京して何十年。大きな自治体一つがなくなったのと同じ。地方はどこも似たり寄ったりか??????

①映画《アマデウス》の悪役で有名なサリエリ。この映画以来リバイバル。ずいぶんと曲も演奏されるようになったような気もしますがおそらく初めて聴く。5分ほどの序曲。時代の「フルイ」にかけられてなくなるような作品でもなさそう。それなりの佳作か????

②横山幸雄のソロは、思い出せないので、自分のブログを検索すると、2015年の夏以来
その前がデビュー20周年記念演奏会の2012年
この曲は4月にもかなり個性的な演奏を聴いたばかりですが、横山幸雄は個性丸出しの演奏でもなく、端正な正攻法。
どちらかと言えば、中庸か、速めのテンポ。弱音から高音まで、クリア。
オケも小編成のせいもあり、ピアノの音量が不足することもなし。特に言うこともなし。
★ソリストのアンコールは無し。

③古楽器も使用で、小編成のオケなので、速めのテンポながら、ソナタ形式の楽章(第3楽章以外全て)の提示部の繰り返し以外にも繰り返しがあったようで、だいぶ長い演奏時間。
CD録音している曲のせいもあり???バランスもキレも良好で完成度が高い。
第1楽章の提示部の小結尾に多少アゴーギクがあったような印象。


★アンコールは、モーツァルトの交響曲第31番「パリ」から第3楽章。

★全然進んでいませんが、CDの聴き比べは、こちら









冊子のよると、飯森範親プロデュース作品まであるらしい。

 

大野和士指揮のベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 op.68《田園》

●6月21日(水曜日)14:00より、東京芸術劇場にて、都響定期演奏会Cシリーズ演奏会●

①ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
②ダンディ:フランスの山人の歌による交響曲   ★ピアノ:ロジェ・ムラロ
③ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調 《田園》

①冒頭、遅めのテンポで印象的。バランスも良好で「アンニュイ」さ?たっぷり。

②協奏曲ではありませんが、ロジェ・ムラロのソロは、2011年4月以来、久しぶり。
フランクの交響曲のCDの余白?に収録されていることが多いので、聴いたことがあるはずですが、不思議な事に実演は今回が初めて(のはず)。
冊子の解説によると、冨田勲の《イーハトーブ交響曲》に用いられたから、有名になった、とは初耳。
羊飼いの民謡を使用しているようなので、たしかに親しみやすい。循環主題もフランク同様。

田園交響曲は、名曲過ぎて、定期演奏会がメインの小生は実演機会が少ない。
比較的メリハリはあるものの、テンポも中庸で、どちらかと言えば、穏やかなで、端正な演奏。
あまり無理もしないようなので、木管群の響きも素晴らしい。
BGM風に聴いてきたので、第1楽章の展開部の主題労作は意識して聴いてきませんでしたが、今回始めて、展開部もよくできた作品であるとわかりました。マル。





Berlioz/Liszt: Symphonie Fantastique
Roger Muraro
Universal France
2010-01-17

Messiaen-Integrale Piano Seul
Roger Muraro
Musidisc
2005-05-11




Chopin: 8 Polonaises
Chopin
Musidisc
1999-10-11

Regard Sur Le Xxeme Siecle
Roger Muraro
Accord
2008-11-17




聴き比べ:ベートーヴェンの交響曲第3番 《エロイカ》 (その8)

4月のアラン・ギルバート指揮の実演前に聴いておいたものです。

㉚アンセルメ指揮:スイス・ロマンド管弦楽団  ★1960年4月録音
ベートーヴェン : 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」
アンセルメ(エルネスト)
ユニバーサル ミュージック クラシック
2001-01-25

①14:30②15:15③05:55④12:15
★新即物主義。モダンで「小トスカニーニ」風。テンポも速めで切れ味良好。録音も良好で聴き応え十分。あまり話題になっていないようですが(小生が知らないだけか?)「隠れた」?名盤。
①提示部の繰り返しなし。展開部の終わり作曲上の意図的なフライング・ホルン後は、オケが激烈に鳴り、再現入り。
コーダでは、トランペットが力強く鳴る。
②ABACAの構成。
トリオ(B)の後半はアッチェレランド風にテンポアップ。その後のトランペットも強烈。
③トリオのホルンは、まろやかな響きで見事。
④冒頭は速めのテンポ。その後バランス良好で木管群も魅力的。
コーダの冒頭はびっくりするほど遅めのテンポ。「プレスト」も比較的落ち着いた演奏ながら、ティンパニは力強く鳴る。。

㉛ベーム指揮:ウィーン・フィル  ★1972年9月録音
ベートーヴェン:交響曲第3番
ベーム(カール)
ユニバーサル ミュージック クラシック
2001-02-25

ベートーヴェン:交響曲第3番
ベーム(カール)
ユニバーサル ミュージック クラシック
2004-07-28

①14:47②16:08③06:03④12:20
★小生がクラシック・ファンになった頃には既にこの世には存在していなかったベーム。晩年の来日公演はNHKが散々放送したせいもあり、「刷り込み」され、あまり良い印象がないが、以前「聴き比べ」でも聴いた、ブラームスの交響曲第1番(ベルリン・フィル)同様、充実した見事な演奏。さすがである。(なぜ法学博士なのか?????回想録の『回想のロンド』に詳しいが)。
メリハリ十分で重厚感もありスケールも大きい。残響もオケも良好。
テンポもアンセルメよりも若干遅いとは言え、速めのテンポ。
この演奏に関しては、『諸井誠の交響曲名盤探訪』に詳しいので、小生がとりわけ書くこともなし。
「職人芸的名人芸の極致」(44ページ)らしい。
①提示部の繰り返しなし。
諸井誠は、提示部、第2主題のテンポ・ルバートに関して閉口しているようですが、たしかにテンポは遅いが小生はそれほど気にならず。
③トリオのホルンが見事なのは、言うまでもなし。
④手堅いアプローチ。木管群も響きも良好。


諸井誠の交響曲名盤探訪
諸井 誠
音楽之友社
1998-12-10


回想のロンド (白水Uブックス)
カール ベーム
白水社
1992-05



㉜ドホナーニ指揮:クリーヴランド管弦楽団  ★1983年録音
クリーヴランド管弦楽団
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
1993-10-06


①16:30②15:10③05:12④11:25
★提示部の繰り返しを考慮すると、演奏時間が45分29秒で、トスカニーニ(1949年録音)よりも14秒ほど速い。とは言え、トスカニーニほどメリハリもないので、聴きやすくもある。
とりわけ感情移入もなく、淡々と流れる演奏。「あっさり系」で好みが分かれるでしょう。
大編成のオケによる緻密さが真骨頂か????
①提示部の繰り返し有。
展開部もどちらかと言えば、起伏が少なく、穏やか。
④木管群が浮かび上がりバランスも良好。


㉝ショルティ指揮:シカゴ響  ★1989年11月録音
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&「エグモント」序曲
ショルティ(サー・ゲオルグ)
ユニバーサル ミュージック クラシック
2012-09-19


①17:55②15:19③05:32④11:16
★力強くメリハリ十分。オケの優秀さも明瞭で録音も良好なので、聴き応え十分。
①冒頭の和音からオケが分厚く鳴り、残響も十分。提示部の繰り返し有。
展開部では、木管群がバランス良く鳴る。
②ABACAの構成。
第1楽章が速めのテンポのせいか?速めテンポでもそれほど速く感じない。メリハリ十分で彫りも深い。
③切れ味良好で、「音圧」と言いますか、「威圧感」?十分。トリオのホルンも聴き応え十分。(首席奏者のクレヴァンジャーか???)
④第4変奏のフルートをはじめ木管群が浮かび上がり魅力的。
コーダの「プレスト」以降は金管群も比較的力強く鳴り、スケールが大きい。

ショルティ自伝
ゲオルグ ショルティ
草思社
1998-12-10

★この自伝はかなり面白い。

 ★その9へ続く
★その1は、こちら
★その7は、こちら



ハイドン (不滅の大作曲家)ハイドン (不滅の大作曲家) [-]
清水 たみ子
音楽之友社
1982-04

吉田秀和作曲家論集〈6〉J・S・バッハ、ハイドン
吉田秀和作曲家論集〈6〉J・S・バッハ、ハイドン [単行本]
大宮 真琴
音楽之友社
1981-07

ハイドン交響曲
ハイドン交響曲 [単行本]
中野 博詞
春秋社
1995-11

ハイドン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
ハイドン (作曲家別名曲解説ライブラリー) [単行本]ハイドン 106の交響曲を聴く [単行本]
交響曲の生涯―誕生から成熟へ、そして終焉 [単行本]
石多 正男
東京書籍
2006-04-01

★いかにベートーヴェンとは言え、「エロイカ」を作曲したころは、まだ30代前半。ハイドンの影響がいかに大きかったかは、この本に詳しい。
ベートーヴェン (作曲家・人と作品)
ベートーヴェン (作曲家・人と作品)
クチコミを見る
ベートーヴェン

ベートーヴェン
クチコミを見る
ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)

ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)
クチコミを見る
ベートーヴェンを求めて

クチコミを見る
吉田秀和全集〈1〉モーツァルト・ベートーヴェン

吉田秀和全集〈1〉モーツァルト・ベートーヴェン
クチコミを見る
ベートーヴェン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
ベートーヴェン (作曲家別名曲解説ライブラリー)
クチコミを見る
クラシックCDエッセンシャル・ガイド聴きくらべ! (交響曲編) (Gakken mook)
クラシックCDエッセンシャル・ガイド聴きくらべ! (交響曲編) (Gakken mook)
クチコミを見る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
Amazonライブリンク
J-CASTニュース
人気ブログランキング
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ