ギルバート指揮のマーラー:交響曲第1番 ニ長調 《巨人》(1893年ハンブルク稿/「花の章」付き)

●7月16日(月曜日)14:00より、サントリーホールにて、アラン・ギルバート首席指揮者就任披露演奏会●

①シューベルト:交響曲第2番 ニ長調 変ロ長調
②マーラー:交響曲第1番 ニ長調 《巨人》(1893年ハンブルク稿/「花の章」付き、クービク新校訂全集版/2014)

2011年アラン・ギルバートと都響の初共演のブラ1は、重低音がかなり響く名演で強く印象に残った。
その後の共演は期待のしすぎか?、それほどでもなし。今回は久しぶりの快演。

①シューベルトは、ピアノ・ソナタ(後期やとりわけ最後の)など琴線に触れる作品も多いが、交響曲すべてを聴き慣れているわけではない。(第5、7、8番以外はそれほど実演で出会う機会もない。また、初期の交響曲は演奏されてもプログラムの前半が多いので聴いても記憶に残りにくい)
ということで、交響曲第2番と言っても第5番のように旋律が自然に頭で響くはずもないので、ブリュッヘン指揮の交響曲全集CDがあるので聴いてみると、乱暴ですが、「ハイドン風シューベルト」でわかりやすい。冊子解説によると18歳頃の作品なのでモーツァルトに匹敵するとまでは言いませんが、音楽史上に名を残すだけのことはある。
今回の実演は小編成のオケで小気味よく、曲想も明るく、楽しい。

②「クービク新校訂全集版/2014」。冊子解説によると「ハンブルク第1稿とも決定稿とも違う点が無数にある」とのこと。
実演で小生が聴いた限りでは第1楽章は普段聴き慣れた曲とは違いが顕著。
演奏は完成度も高く、見事。

◆第1楽章:序奏付きのソナタ形式
序奏は比較的遅めのテンポかと感じましたが、それほどでもなし。提示部の繰り返しはなし(のはず)
提示部主要主題は普段聴き慣れているのとは多少異なるような???・
◆第2楽章:「花の章」
「花の章」はむかし単独で聴いた記憶がありますが、交響曲の一部として連続して演奏されるのは実演ではおそらく初めて。終楽章の提示部にも再度登場するので、あったほうが良いような????
◆第3楽章:ABAの構成
Aは分厚く鳴る。ホルン・ソロでトリオ(B)に入るがここも多少聴き慣れない楽句が?
◆第4楽章:
手堅くバランス良好。
◆第5楽章:
終楽章は、曲想なりの迫力があるもののかなり手堅く冷静沈着な演奏。
したがってバランス良好。

珍しくフルートは高木綾子が客演していた。マーラーの第1番では「カッコウ」ぐらいでそれほどの聴かせどころもなし(のはず)。
モーツァルト:フルート協奏曲集
高木綾子
avex CLASSICS
2014-11-26

モーツァルト:フルート四重奏曲集
高木綾子
avex CLASSICS
2014-11-26



★フルシャが首席客演指揮者を降りたので残念至極でしたが、ギルバートがその穴埋めをしてくれそうで今後が楽しみ。


★CDの聴き比べは、こちら




ジャパン・ビルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ
アルファレコード
1996-02-21


カール・ニルセン:交響曲 第4番&第1番[SACD-Hybrid]
ニューヨーク・フィルハーモニック
DACAPO
2014-10-22



都響スペシャル

Alan_Gilbert

ノット指揮のエルガー:オラトリオ「ゲロンティアスの夢」 op.38

●7月14日(土曜日)18:00より、サントリーホールにて、東京交響楽団定期演奏会●

テノール:マクシミリアン・シュミット
メゾ・ソプラノ:サーシャ・クック
バリトン:クリストファー・モルトマン

合唱:東響コーラス
合唱指揮:冨平恭平

曲名を見たことがある程度で実演は初めて。東京交響楽団は同曲を大友直人指揮で13年前にも演奏しているらしいが。

正味100分の大曲。
カトリックの枢機卿ジョン・ヘンリー・ニューマンの長編詩に曲をつけたらしいが、作曲時にカトリック色を和らげたらしい。

曲は良くも悪くも大英帝国を表象?しており、伝統的な「保守本流」か?。マーラーのような「新奇さ」もないが「佳作」と言えましょう。
ある意味多くの人が安心して聞ける。

第1部や第2部の冒頭はワーグナーの『パルジファル』とかなり似ている。
最後はなんとなく『トリスタンとイゾルデ』風。

歌手は音量も十分でみんなうまい。

「ゲロンティアス」とは「年老いた」という英語(gerontic)をラテン語風に人名化したものらしい。
1900年頃に作曲されたので、1900年に死んだニーチェやちょうど英国留学中だった夏目漱石のことが思い浮かんだ。














指揮:ジョナサン・ノット

テノール:マクシミリアン・シュミット

メゾ・ソプラノ:サーシャ・クック
バリトン:クリストファー・モルトマン

シモーネ・ヤング指揮のブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 WAB 104 (1874年初稿・ノヴァーク版)

●7月13日、金曜日、14時より、すみだトリフォニーホールにて、新日本フィルアフタヌーン・コンサート●

①ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲  ★ヴァイオリン:木嶋真優
②ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 WAB 104 (1874年初稿・ノヴァーク版)


①初めて聴くヴァイオリニスト、かと思いましたら、10年ほど前、ロストロポーヴィチ指揮の演奏会(ショスタコーヴィチの協奏曲第1番のはず、新日本フィル)で聴いたことがあるが、もはや聴いたという程度の記憶のみ。ブログも書いていない時代。
現代の若者には珍しく、豊穣な響き。たっぷりと鳴る。
第1楽章、ヴァイオリン・ソロが一段落ついた後のオケの響きが力強くすごい。「なんで?」
★アンコールは、なし。


②ブル4初稿版は、実演では初めて。インバル指揮のCD録音があり、何度か聴いた記憶があるはずですが、第2稿とこれほど大きく異なるとは!!!!!!!!
きちんと録音を聴いていなかったことが判明。
冊子解説にもあったように第3楽章は別物。以前解説書などで、読んだ記憶があり、初稿版は長く、演奏時間は70分ほど。

◆第1楽章:
ソナタ形式で、第2稿以降の楽譜と似ているところも多いが違うところも多い。
◆第2楽章:
この楽章もだいぶ異なる点が多い。
◆第3楽章:
この楽章は先にも述べたように別物。だいぶ繰り返しが多い。どこかで聴いた楽句が時折登場する。
CD録音の記憶が残っていたか??????
◆第4楽章:
冒頭穏やかに第1楽章の第1主題登場?その後第2稿以降のような、印象的な楽句も多め。


初稿版は全体的には第2稿以降のような流麗さが少なく、あまり「ロマンチック」ではなく、なにやら「ゴツゴツ」感あり。
よく言えば、第5交響曲や第9交響曲の先取りをしているような「独創的」作品で、同時代にはなかなか受け入れてもらえそうにないのでは????

初共演のオケでよくもこんな曲を選んだものだ、とある意味、関心。
ヤングは在京オケへの客演も多いので、自信もあったのでしょう。録音もしているし。
2016年東京交響楽団に客演、ブラームスの交響曲第4番は速めのテンポで印象に残っている。



ラヴェル:管弦楽作品集
ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)NHK交響楽団、木嶋真優(Vn)
オクタヴィア・レコード
2005-11-16

Rise /フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番、他
木嶋真優(Vn)江口玲(Pf)
オクタヴィア・レコード
2012-12-19







ブルックナー:交響曲全集
シモーネ・ヤング指揮
OEHMS
2016-09-21



記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
Amazonライブリンク
J-CASTニュース
人気ブログランキング
プロフィール

mp1922

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ