May 25, 2018

4年振り2度目

飲むとよく出る話題「みんなで旅行行きたいよねー」
旅先でワイワイキャッキャとやるのは楽しい。トラブルも過ぎれば酒の肴だし、何もなければそれはそれで肴になる。
初の海外旅行であったLA, fk&YAMANZEL夫妻と行ったカワネ君結婚式in大阪/京都, YAMANZEL夫妻&ユウコさんで行った台湾、YAMANZEL氏とは37Rockも一緒に静岡も行ったっけ。ショートトリップならfk氏のDJ応援しに鎌倉とか。

で、ちょっと前から台湾に行きたいよねーと話をすすめ、3月かなーと思って進めたものの高かったり都合つかずで5月に行くことになりまして。
台湾は第一回目の時飯が美味くて安いんでまた是非行きたかったのよね。
feat. aritan,よちみちゃん,YAMANZEL夫妻, タラちゃん, カツミ君,瀬田君夫妻(京都から参加)。
フジモトさんは仕事の都合で参加できず。残念。


1日目:
5時に起きてバスで成田へ。前回羽田だったから面倒。
タラちゃんが集合時間1時間勘違いしていたものの無事合流。空港で朝飯食べて(ボクはお茶だけ)午前中の便で台湾へ。機内ではちょっと前にkindleで安かったんでまとめて買っておいた近藤和久のガンダム漫画を一気読み。
入国ゲート激混みで1時間以上待ったような。タクシーでホテルへ(今回桃園空港だったんでちょっと遠かった)。さてチェックインすべと思ったらなんとなく見たことあるオッサンのシルエット。フジモトさんでした。結局仕事の都合ついて合流することにしたもののサプライズ狙いで黙っていたとか。
YAMANZEL氏とは内通してたらしく。さすが口がお硬い>YAMANZEL氏
中国語イケるフジモトさんがいると俄然心強いものがありますな。

小籠包(杭州小籠湯包)焼売(杭州小籠湯包)ちょっと休憩して早速夕飯。今回第一食目は「杭州小籠湯包」の本店の方。名前通り小籠包よね(〜湯包はスープ分多めとかなんとか)。
小菜(茹でピーナッツ美味し)とビールをいくつかセルフでとってきて、あとはひたすら小籠包を(プレーン、蟹味噌、ヘチマ入)。皮気持ち薄めで美味い。
プレーンが美味いのは勿論のこと、蟹味噌の小籠包が美味かった。海老と蟹のシュウマイも好評(海老子が上に乗ってた)。個人的にはココは蟹味噌の小籠包をオススメしておきたい。
空港での朝飯を食べず、さらに昼抜きで食べる小籠包とビールは格別(朝飯食べなかったのボクだけだけど)。これでビールがもっと冷えていたら…。
ひたすらがっついて飲んでで正味30分程で食事終了。それくらい皆一心不乱に食べた。


邊筝伝疚邵重剉冰続いてデザートにかき氷食べたいという話になり、「邊筝伝疚邵重剉冰」へ。
皆マンゴーかき氷を。黒砂糖を混ぜ込んだ(のかな?)氷で香ばしさと甘さがある。マンゴーの味も濃い。練乳も濃い。ボクはお腹一杯(老人なので。あと練乳苦手)だったのでかき氷は味見程度にちょっともらい、紅茶頼んだらこっちも黒糖入で甘い。黒糖独特の濃い甘さ。

ガチョウ肉(阿城鵝肉)マッサージ組の女性陣とブラブラしたい男性陣に別れ、男性陣は行天宮ちょっと覗いたりしてブラリ。お参りすべきだったかもしれないけどやり方がわかんなかった。
(満腹だけどそれでも)なんか食おうぜ!となり電車で行こうとするも駅までが激蒸し暑くて断念ん。すると近所にガチョウの店があるとわかり「阿城鵝肉」へ。
賑やかな店。ガチョウは半身、1/4(脚or胸)、部位は選べないけど更に少なめって感じだったか。
セルフのビールとってきて、ガチョウは一番小さいヤツ。あとは血を固めて辛いスープに入れたヤツ(麻辣鴨血って名前らしい)と腸詰め、ガチョウ油のかかったご飯なんぞを。
ガチョウは思ってたより全体的にしっとり目(皮パリパリなのかと思ってた)。ジューシーで適度な噛みごたえもあって肉の味わいも濃くて美味い。鶏よりは鴨寄り。燻製してあって香ばしさもあり(非燻製版もあったらしいけど品切れなのかヤメちゃったのかは不明)。おかずと言うより肴かなー。
血のヤツは見た目はレバーだけど食べるとクセも全然なく食べやすく(食感もほぼプリン)、辛さが前に出たスープが美味い。小でも量多かったけど。
腸詰めは甘めでガチョウ感は薄く。ご飯は油とニンニクでジャンクな味。ご飯と腸詰めだけ見るとウインナーで白飯食べてる気分。
肉は腹減ってる時にもっと大きいの頼んでいろんな部位食べ比べたいねえというのがみんなの見解。
また台湾行くってなったら組み込みたいなー。
期待してなかった訳じゃないけど予想以上で皆結構気に入ってた様子。
しかし台湾ってお酒の選択肢少ないのがちょっとネックだったり。ビールは軽くて飲みやすいけど、いざビール以外ってなると選択肢が無いのよね。ウーロンハイとかレモンサワー、ハイボールなんかが台湾でも普及して欲しい(日本料理出す店結構あるからもうちょっと普及してるかと思ったけど全然だった)

ホテル近くの寧夏夜市に行ってブラり。この夜市と言えばの「方家鶏肉飯 」で鶏肉飯 を(一口もらっただけだけど)。魯肉飯も美味かったです。以前来た時に食べて美味かったモツのスープは無くなってた。残念。
そして相変わらず臭豆腐は臭かった(今回は食べず。ちなみにボクはそんなに嫌いじゃないです。味は)。

疲れた&満腹だったんでここで戻って就寝。
何人かはホテル近所のカルフールで食材などチェックしに行った模様。


2日目:
鼎元豆漿鼎元豆漿朝飯を皆で食べようと「鼎元豆漿 」へ。前回行って気に入り、今回もリピートするならココは外せないということで。午前中しかやってないってレア度もイイですな。
店前に結構な行列。並んでるとどうやらこちらはテイクアウトの列だったらしく、店の人に中入って待ってろと促される。総勢10人でアレやコレやと。小籠湯包と豆漿は外せなく、他もいろいろと。空いた席に座りつつ席移動してまとまりつつ頼んだヤツを食べる。やはり美味い。小籠湯包は皮ちょい厚め(洗練されてない)だけどシンプルな餡とたっぷり目なスープで飽きない味。豆漿は具の入った豆乳スープ的な。台湾の朝飯の豆乳、甘いのと甘くないの(食べたのは甘くないヤツ)があるけど、甘くないヤツしか食べたことないや。
あまり満腹にならないようにと思いつつもついつい色々と頼んでしまいますな。結果結構満腹。いつもの事か。

ここでまたいくつかのグループに別れ、ボク達は迪化街("てきががい"と読む)へ。乾物屋が多い通りですな。
ショッピングセンター的な建物の中に市場があったり、お寺もあったりと思うと(前回来た時はなかた)コジャレた雑貨屋やお茶できるところもあったりと再開発も進んでる様子。現在工事中のところも多かった。
新點子食品」へ。店のおじさんが片言の日本語でガンガン試食薦めてきて、どれも結構美味くてついついどれも買いそうになってしまう。日本人の店員さんもいたりで。ソースはパンチが効いてることもありちょっと食べるだけで美味いって反応しちゃうのよね。結果からすみソースと生姜のソースを購入。
YAMANZEL君オススメの乾物屋に寄ってナッツ類を購入したり、ちょっと高級そうな果物屋でマンゴージュース飲んだり、お土産機内持ち込み用のバッグ買ったり日本人経営の雑貨屋覗いたり。

莫名福州乾拌麺ホテルで軽く休憩後、午後の行動がてら昼飯を食べに。この後の行程を考え、オススメしてもらっていた「莫名福州乾拌麺」へ。麺2種類とスープ、本日の青菜を注文。麺はタレ版とゴマペースト版の2種。どちらも博多ラーメンの麺にタレだけかかってるようなシンプルさ。混ぜて食べてみると味もシンプル(嫌いじゃない)。本筋的には唐辛子やラー油、酢なんかでカスタマイズらしいですな。他のテーブルや持ち帰りのお客さん見てるとかなりカスタマイズしてる。で、途中からやってみるとなるほどと。
何も入れないちょっと物足りないかなとも思える味も個人的には捨てがたいです。

中古レコード見に行こうぜということで「三創鈑院廚惺圓海Δ箸垢襪移動距離もそんなに変わらないしってことで「SPECIES RECORDS」に行こうとタクシーで向かう。が、途中でまだ開店時間でないことに気づく。店近くの西門で降り、YAMANZEL君オススメの「天天利」へ。賑やかな若者向けの通り沿いになかなかの佇まいの店が。店内は激混み。で、魯肉飯をと大根餅を。魯肉飯は卵(半熟目玉焼き)ナシとアリがありますが味濃いのでマイルドに調整できる卵アリをオススメ。大根餅は表面カリカリで中はモッソリ。日本で食べるヤツとは大分食感違う。タレも独特。ココの魯肉飯は八角感薄いんで八角苦手な人にもオススメですな。
近くのデパートに「糖村」がっ出店してると言うことで軽くチェックしてヌガー購入。複数個買いは割引してくれました。

で、「三創鈑院廚悄ハンズ的な店内にあるオーディオショップ兼レコ屋。中古もあり。全体的に枚数はそんなになかったけどJAZZ棚が比較的充実していたのでサクり。PABLOやSOLID STATEなんてちょっと意外とも思えるレーベル区分けもあったり。店員さんがこの辺見た?とか座ってサクり用の椅子出してくれたりと親切。お土産代わりにPABLOから出てるOSCAR PETERSON買おうかなーと思ったけどまあ、そこまでの値段でもなかったんでヤメ。

そろそろ開店時間のSPECIES〜行こうかと思いタクシー乗るも、せっかくだしってことで方向転換しもう一軒候補にしていた「SOUL AMAZIN' MUSIC」の方へ行こうと。台北も結構東の方。マンションの一室らしく(所謂路面店ではない)建物の入り口に鍵がかかっていて、呼び鈴で呼び出すと鍵あけてくれるのかな?と呼び鈴押すも反応なし。もしかして予約制?とか思いつつもちょっと周辺ブラブラして時間を潰し(問屋街かってくらい女性モノの洋服扱う店多かった)再トライするも反応同じ。なんだよ臨時休業かよだったらどこかに書いておいてよー。断念&意気消沈。
帰り道の途中に中古屋があるってことで寄って見るも台湾(中国)POPS専門店的な。一応レコードもあったんでチラりと見るもホコリ凄くてYAMANZEL君一発で滝鼻水。

鮮定味で魚を選ぶ鮮定味の海老鮮定味のカニ夕飯はこちらも前回行った「鮮定味」へ。海鮮居酒屋ですな。
店前に陳列されてる魚や貝やら海老やらを好みの調理法で調理してもらいます。
前回以上に大人数で行ったので伊勢海老やらカンパチ、蛤などを豪勢に注文。
カンパチは刺身と蒸しもの、あとは鍋に。伊勢海老は炒めもの。蛤は酒蒸し。あと茹で蟹。
台湾ビールの生(置いてる店少ない)で乾杯。刺身はちょっと心配だったものの全然イケました(海外で生魚はちょっと腰がひけますな)。
鍋は魚のアラと身が入ってあっさりしながらも濃厚。アサリも入ってたかな?
スープ肴に酒飲める系。
蛤はニンニクたっぷりでパンチの効いた味。伊勢海老(中華風の炒め)も美味かったけど蟹が特に美味かった。シェルクラブかしら。身のつまりっぷりとプリプリな食感でした。
台湾ビアガールも健在。男性陣テンションあがります。
店のおばちゃんが日本語が以前来た時より全然通じるようになってました。
基本ビールぬるめでしたが、ビアガールの子にビール持ってきてもらう時に「超冷で」(あれ、なんて読むんだっけ?"チャオピン"だっけ?)と頼むと秘蔵の冷えたヤツ持ってきてくれます。(フジモトさんが隣席の日本人客にもレクチャーしてました)
そう言えばどの店でもそんなに冷えたビール無かったな。回転早くて冷えないと言うより、そこまで冷えたヤツは飲まないのか。
結構飲んで食べて&伊勢海老が時価だったりとちょっとおっかなびっくりな会計でしたが、全然安くて良かった(日本の居酒屋でちょっと飲んで食べて位)。
この手の店(熱炒と言うらしい)は他にもあるんで気になるわあ。

赤緑赤緑のウーロンハイ飲み足りないメンバーにて前回も行った「赤緑」へ行くことに。Memory Lane CrewであるところのDIG-IT君の友達である小野さんのお店。前回寄らせてもらったとき飲んだウーロンハイが美味くて今回も行こうということに。ここまでお酒はビールしか飲んでないしって事もあり。

店の前に到着、のタイミングでトラブル発生。申し訳なくも小野さんに相談してみると警察にかけあった方が良いとアドバイス頂く。そしてスタッフのtaro君が付き添ってくれるとの事。英語ができるaritan、中国語がいけるフジモトさん達と共に警察に行ってる間(ちなみにtaro君もバイリンガル)、残ったメンバーはひたすら飲んで待つ。残ったメンバーにできる事はそれくらいしかない。ウーロンハイ美味い。ちゃんと淹れた(台湾の)ウーロン茶で作るウーロンハイはお茶の風味が強くて(≠濃くて)美味い。肴も色々オーダー。野菜系の肴がホント美味かったです(ネギや筍等々)。飯後に来て飲むくらいでしか寄らせてもらってないのですが、次こそはちゃんと食事しに行きたいですなと。
そうこうしている間に警察から戻ってきたのであらためて乾杯。
とりあえず最善は尽くした。いや尽くしてもらった。なにより小野さん、taro君はじめ皆さんの親切な応対に感謝感激&感動。taro君にもあらためてお礼しなくちゃねえ。
と、話していたらtaro君が仕事の後DJだそうで。赤緑で台湾夜遊び情報尋ねようかと思っていたところなので渡りに船。これに行かない手はない。

taro君と、言うことでさらに飲みに&遊びに「Another Brick」へ。ついた頃には丁度taro君選曲中。ボク達の好きな塩梅のHipHop多め。色々あったうえで旅先で皆で夜中にレコードで聴くThe Roots/What They Do沁みました。
そんなこんなでイベント終わり、更に飲み、世話になったtaro君と握手をして26時頃解散。
男性陣はホテル近くの店でそんなに美味くない牛肉麺と肉まん食べながら(肉まんは美味かった)本日の反省会。これもまた一興。
夜中の飯屋にはルーディな若者が集う。それはどこの国も同じか。その中でボク達は一番おっさん。それもまた一興。
就寝27時頃。


3日目:
皆は油化街に朝飯を食べに行ってましたがボクは疲れたのと昨日の酒がちょっと残っていたのでホテルで留守番&風呂入ってリフレッシュ。
飛行機別便のフジモトさんと別れ、桃園空港で軽く昼飯を食べて飛行機搭乗で日本へ、のはずが旅行慣れしてなくて終始ダラダラ気味のボクだけ出国手続きの混雑につかまり他の皆から遅れを取る。
出発10分前になんとか手続きが終わり空港端ゲートまでダッシュ(ここ15年くらいで一番真剣に走った)で向かうとクローズ。皆の姿も見えず。
しまったこれは乗り遅れたとチケット見せて係員に「どこから乗るんだ」と尋ねる(日本語)と、とりあえず避けてろと指図される(英語)。この便に乗せてくれとお願いする(日本語)と、とりあえず椅子に座って待ってろと(英語)。係員が案内を指さして「出発遅れてるから待ってろ」(意訳)と。なんだ走って損した(そして翌日腿が筋肉痛)。
別の場所にいたと思われる皆も合流し、無事飛行機に乗って成田へ。
成田にて皆と解散。成田エクスプレス乗るも結構時間かかった。バスにすればよかった。

そんなこんなで色々あった二泊三日。過ぎてみれば全てが思い出。新しい店も前回に続きの店も結局行けなかった店も次回またってことで。
楽しゅうございました。

写真は行ったメンバーからもらったヤツです(thanks to カツミ君 皆写真撮ってるんでボクはいいかーと思ってたら都合3枚しか撮らなかった。しかもどうでもイイやつばかり)。  
Posted by mpc60 at 15:00Comments(0)

May 13, 2018

liveはじめました

かねてよりPCをメインに据えた製作環境にしたくて、studio oneやら(ableton)live導入したかったんですが、立って作業すると集中力が続かない&PC置き場がなくてとりまわしが面倒臭かったんですよ。
で、制作用の机入れたりしてようやくやりたい事に対しての機材構成がまとまってきまして。なのでいつぞやfk氏招いて教えてもらってから大分間が開いたものの、再びliveの勉強始めました。
この歳になって新しいこと覚えるのは難儀でもありますが楽しいものです。

とりあえずドラムブレイク取り込んだヤツをバラして(ドラムラック機能 便利です)あーでもないこーでもないと。
以前買ったkorg nanopadがつないだだけだと反応しないのでこれまた以前買って放ってあったakai mpc elementsをつなぐと反応…したもののアサインが滅茶苦茶なのね。まあ、mpc〜ってパッドにノート番号順番に割り振ってある訳じゃないんで仕方ないけど。
設定ファイルつくって取り込めばイイのかなー。最近のデバイスなら自動でイイ感じにやってくれるのかなー。パッドじゃなくて素直にキーボード(鍵盤)タイプ導入したほうがイイのかなー。

まだまだ自分が頭に描いてる理想の作業フローには到達してないんであーだこーだと試行錯誤中です。
あと、mpc(60 mk2)もS(950)もまだまだ全然使うつもりです。
PCってなんでもできる(できそう)だけどそこにたどり着くまでが面倒なんだよなー
(たどり着いちゃえばなんだこんな簡単だったのか、ってなりそうだけど)

しかしアレですな。live用の入力デバイス欲しいと思うけどあの辺のデバイスの発色するボタンの色がどうにも好きになれないのよね。
  
Posted by mpc60 at 18:00Comments(0)

May 06, 2018

GWとその前

GOODGOD!@KOARA:
前回はJann Be Birdプロデュース回につき超が付く程の大盛況でした。
今回は通常営業なのでまったりと。
と思ったら初めてのお客さんもチラホラ来て頂けてありがたい限り。しかも女性グループ。
馴れない状況にGOODGOD! Crew(私含む)はアタフタ。
別口で来てくれた女の子は若干二十歳ながら80's〜90's HIPHOP好きだそうで。
まあ、お決まりの「どの辺好きなんすか?(PETEROCKとかATCQとかJAY DEE辺りなんやろなあ)」と尋ねたところICE-Tが好きだそうで。初めての返答パターンにこちらが戸惑う始末。
なんか返答しようと絞り出してもNEW JACK CITYとかBODYCOUNTとか位しか出てこなかったもんなあ。
俄然興味深くなり6月のGOODGOD!でゲストDJお願いしました。楽しみ〜
FK氏、坂口君in the houseでありがとうございます。


GW前半:
制作環境周りを改善したくて作業用の机と椅子を導入。
以前は立って作業してたけど歳とったからか集中力が続かないのよね。モニタスピーカーやらミキサーやらセッティング。タンテ買って28年、初めてのタンテ1台構成。あとメインにPCを据えた環境(MPCやS950もまだ使うつもりだけど…)
何か事を起こすにはまず環境からと思ったものの、環境を整えたらそれだけで達成感も得てしまうという。
まずはliveの使い方を覚えます。


GW後半:
実家に帰る。GW帰ったの久しぶりかも。
東京駅のラーメンストリートで昼飯でもと思い早めに行くも滅茶苦茶並んでる。連休(後半)初日を舐めてました。
新幹線まで1時間近くあるのでブラブラと日本橋方面を歩き、目に止まった魚系居酒屋が昼飯やっていたのでそこで昼飯。
煮魚定食(多分カレイ)を頼むも人生で一番不味い煮魚でした。まず煮汁が薄い。で、魚がそんなに新鮮じゃないからか滅茶苦茶生臭い。煮方も甘いのかなんとなく生煮えっぽいし。
注文時、15分程待ってくれてと言われたのはできたてなのか。だったら作り置きで身がカチカチになるまで煮てあったほうがまだ救われたかも。
ちょいちょいと2,3口つまんで早々にギブアップ。ご飯は食べ放題ということでしたがジャーの底にカピカピのヤツが残ってるくらいでかき集めてやっと一膳。そのご飯をアラ汁で流し込んで食べたことにする。
その日の夕飯に出た鰹の刺身、美味しゅうございました(美味さ倍増)

実家では食べて寝るだけ。それでイイ。
姪っ子が成人式の写真を前撮り(成人式当日は何かとバタバタするので写真だけ事前に撮っておくらしい)したって事で見に行ったり。
母に親父が夢にちょいちょい出てくると話すと、母も同様だそうで。で、毎回夢の中で「あれ?アンタ死んだんじゃなかったっけ?」と確認する辺りも同じ。血は争えませんな。
土産に釜揚げシラスを持たせてもらい東京へ帰る。
沢山もらったんでYAMANZEL家におすそ分け&翌日ご飯炊いてFK氏呼んでおすそ分け。好評だった様子で良かった。
  
Posted by mpc60 at 23:00Comments(0)

April 08, 2018

静岡に行ってきました

お久しぶりです。
しげるサウンド氏に誘って頂き静岡で選曲してきました。
7inch縛りということで前々日くらいからレコード選び。
どの辺かければ?と事前に尋ねてみたものの、明確にこの辺という感じではなかったのであれやこれやと選び、10回戦(選)くらいしてなんとかレコバック1個に収める。

新幹線で一路静岡へ。
いつも泊まってるホテルもここ最近はちょっと高い。外国人観光効果なのかしら。
誤って喫煙部屋を予約していたらしく、空気清浄機を借りるもそれでも部屋がヤニ臭い。
壁も黄ばんでるしなかなか気分が落ちますな。

早めの夕食をとろうと思い、久しぶりに「泰平」に顔出すも16時過ぎですでに満席。
さすが人気店(15時過ぎから開店してるってのもある)。
なので「多可能」の口開けを狙う。あれ、もうやってるじゃん。店内は早くも賑やか。空いてる席はほぼ予約席の中、先客2人組とともにかろうじて滑り込みセーフ。
後からの飛び込み客は軒並み断られてたんで最後の席だった様子。
カウンターの大皿からいくつかとながらみ(この辺でよく食べる巻き貝)なんぞもらって一杯。店の人と常連さんの会話から刺身はあまり期待できない感じ(波が荒れて漁に出れなかった)でしたが鰹の刺身はさっぱりして美味し。
(実家の方で食べる鰹はもっと血の味が濃いんよね。〆方の違いか種類の違いなのか)
お茶割りもらって飲んだら早くもイイ感じ。正味1時間程でお暇。

もう一軒行くには腹が満たされてたので酔い覚ましにコーヒースタンドに寄り、宿で休んでるとしげるサウンド氏から連絡。
合流し本日の会場へ。初めて行くハコでした。上下階2店舗あって行き来できるらしい。
ボク達は上階のラウンジ。早い時間ながら結構な人。もっとガラガラな中でやると思ってたんで嬉しい誤算(失礼な話でスイマセン!)。
前のDJ陣はいずれも和モノ(というかベストテン的歌謡曲)。イイ感じの盛り上がり。最近この雰囲気のイベントって全然行ってないなあ。そして持ってきたレコードとの差異にちょっと腰がひける。
ラマン氏〜しげるサウンド氏が非和モノを混ぜて選曲(場の空気を壊さず自分達の選曲ができるって流石だわあ)してくれつつボクの出番。
なんか和モノから始めなくちゃと一曲目にExciting Musics Set「みずいろの雨」から。反応良くてホッとしつつ、持っていった数少ない和モノ総出でなんとか凌ぐ。あとはHIPHOPとか。後の人でfunk系7inch 2枚使いの人もいたりしたので橋渡し的なこともできたのではないかと。

自分の1セット目が終わり、下階に行ってみると最近あまり耳にしないJAZZY系BREAK BEATSというかABSTRUCT HIPHOPぽい音の選曲で結構新鮮(雰囲気は2000年代)。全然曲わかんなかったんで(新譜なのかマイナーなヤツなのか)尋ねたかったけどPCでDJしてたんで盤覗き込むこともできず終い。

上階ではGO-GOダンサーが入ったり(この日一番の盛り上がり)、しげるサウンド氏&ラマン氏のB2Bがあったりしてボクの2回目。25時過ぎながらかなり終わりの雰囲気。この退けの早さも久しぶり。前の人が証言で終わったんで流れでHIPHOP〜FUNK系で。
自分の選曲の後2,3人の選曲聴いて一足お先に宿に戻る。とりあえず店の人には好感触だったので良かったデス(あと何人かから褒めてもらえたのですが持ち前の人見知り発揮してええ、まあ、ありがとうございます。くらいしか反応できませんでした。トホー)
就寝28時頃。あ、スマル亭寄るの忘れた(4月末で両替町店が閉店。ボクがこっちに居た頃は街中にファミレスも牛丼も24時間やってるマックもなかったんで夜中に腹を満たす=スマル亭だったのです。夜のソウルフード)


昼にチェックアウト。帰りの新幹線のチケット買ってから歩いて「松竹」まで。
静岡来たら食べずにはいられない。静岡、この20年で新しく美味いラーメン屋沢山できてるんでホントはそっちもチェックしておきたいんですがねえ。
メニューに無いチャーシューワンタン麺できるか尋ねたらやってくれるってことでそれ。
脂少な目の醤油スープにストレートな細麺で美味い。まさに中華そば。ボクの中のザ・スタンダード。
チャーシューは気持ち脂多めだったんだけどチャーシュー麺だったからなのか仕込み変えたのか。

街中に戻りCORNER SHOPに顔を出し、しげるサウンド氏に昨日のお礼がてら挨拶&レコチェック。
何枚か購入。
お店行くとネットでフォローしきれてない盤が多いことをあらためて知ることができますな。
あと、この辺好きでしょ?って教えてもらえる楽しさ。

新幹線で夕方には戻る。
風呂入って買ってきたレコード聴いて早めの就寝。
久しぶりのドが付くアウェイの場での選曲、緊張しましたが楽しかったです。
次声かけてもらえるならばもうちょっとイベントにフィットした盤持っていけるはず、はず。
また声かけて下さい〜
  
Posted by mpc60 at 20:00Comments(0)

January 09, 2018

登場メンバーはほぼ同じです

GOODGOD!忘年会:

レギュラー参加させてもらっているGOODGOD!(正確にはコレはイベント名で、グループ的にはGOODSLEEPING CREW)の忘年会へ。
まあ、忘年会はレギュラー参加以前から呼んでもらってましたが。
過去九州料理屋だったり屋形船だったりしましたが今年は池の上「光春」。
もちろん上海蟹目当て(ギリ雄のシーズン)。やはり美味い。蟹が、というより残ったソースで作ってもらうリゾット(おじや?)が。これのために上海蟹食べてるようなもの。むしろ蟹いらないとすら。
初めて食べた時は新しい味覚の扉が開く感じでした(a.k.a.今まで知らなかった美味さの類)。

毎月イベントで会う皆ではありますがこの日はそれぞれの家族も集まり和気あいあい。
10年くらい(以上?)の付き合いになりますが、皆結婚したり、子供できたり、渋谷にラグジュアリーなハコ作ったり、時の流れを感じますな。
変わらないのボクと矢野君くらい?


忘年会pt.2:

クリスマスイブ前日に「湖南菜館」で。
いつものメンバー+α(ライカ中華を食べる会メンバー)な感じで大層な賑わい。
楽しかったけど飲みすぎた。スケさんがシュっとしていて驚いた(ジム通いの成果)。
fk氏が帰りに家に寄り、black jazzのレコードを聴きながらダラダラと。


平ちん君と:

平ちん君(HF International)が渋谷でDJってことで声かけてもらい飯へ。
てっちゃん(WSFF2101)も一緒ってことで飯はてっちゃんにお任せ。で、連れってってもらったのが駒場東大前「peace oven」。ビストロですわな。一時期毎日通ってた道なのにこんな店あるとは知らなかった。
ワイン1本もらい、あとは料理を何品か。こなれた価格帯のわりにボリュームもあってお味もヨロシ。個人的には鶏のコンフィ(の詰め物のご飯)が特に。ライカ↑で出てきた上海蟹のご飯。
自家製ジンジャーエールでモスコミュール作ってもらったり、パンも自家製ってことなんでガーリックトーストにしてもらったりとワガママきいてもらいました。
広めの通りに面してるのに隠れ家感半端ないし遅くまでやってるしで知ってるとモテる店。完全に。
ハンバーガーもメニューにあったので初台在住のハンバーガー好き夫婦にもオススメしておきたく。
渋谷ROOTSで平ちん君の選曲聴いてお暇。ROOTS久しぶりに来たなあ。


JOE BATAAN:

YAMANZEL夫妻に声かけてもらってJOE BATAANのライブを見に代官山へ。
JOE BATAANのライブは浅草での初来日以来。最初に見た時はもう来ないかも(歳も歳なんで)、と思ってたけどそれからも何度か来日してる様子。元気でなにより。
ライブ前のDJは色々かけてたなあ。もっとコアなラテンも期待してたけどまあそれはボク達が行く前にかかってたのかもしれない。
超久しぶりにノリオ君と会う。最初よく似た別人かと思ってたけどノリオ君から声かけてもらいました。ありがとうございます。

ライブは日本人のバンド&嫁がコーラス。
歳を感じさせないパワフルなライブでした。初めて見た浅草の時より声出てた気も(会場の大きさがそう思わせてたのかも)。
バンドがタイトですごく良かった(個人的にはcall my nameのアルバムのバックがあまり好きじゃなかったので余計そう思うのかもしれない)。
young gifted and brownなんてかなりオリジナルに忠実なアレンジでしたし。弾き語りのordinary guyからのordinary guy(Afrofilipino収録の方)への展開にグっときました。



年末恒例:

fk、YAMANZEL両氏&ゴルゴ君,フジモト氏とワリと年末恒例の蕎麦屋呑み。
今回は大晦日前ってこともあり店が決まらない(大晦日に備えて休みor滅茶苦茶混んでる)。
仕方なく(?)中野で合流し「真希」で。
二次会どーすべと言うことで高円寺へ。どこにしようかなと思いつつ飛び込みで「隆意小吃店 」へ。
なかなか本格的な魯肉飯と麻辣湯を食べつつ。メニュー少な目&小籠包売り切れだったのが惜しいけど美味かったです。
次行こうとした店が閉まってた(貸し切り?)だったのでお開き。
fk氏が帰りに家に寄り、fk氏がトラック作ってるMCの曲を聴きながらあーだこーだと。


帰省:

普段は正月外して帰省することが多い(年末〜正月は行きも帰りも混んでいてイヤ)けど、2017年は9月に父が死んだこともありちゃんとした時期に帰省しようということで大晦日〜正月二日まで帰省。
帰省の目的の一つに、母にスマホを持たせるという事も。
母以外の兄妹、姪(孫)との連絡がすっかりラインになっているため、母にもラインを使わせようということで。
とりあえず初期設定をしたスマホを母に渡し、あれこれレクチャー。
二日目にはやりとりできるようになり、孫達から写真もらったりしていたのでとりあえずのミッションは完了ということか。

あとは寝正月。姉家族の家にお邪魔してご馳走になったり。
最初の会社の同僚と飲んで(これも毎年恒例)、新幹線の最終で帰省。


新年会:

仕事始め2日目。早めに行っておきたい店を見つけたのでfk、YAMANZEL両氏を誘い仕事終わりに荻窪へ。
で、行ったのは「焼鳥 宮屋」。武蔵小山の焼鳥の名店のなんとかかんとか(あきらかにあの店だけど、何見ても明記されてないのはなぜなのか。ckは知ってるかもしれない>なので先にアップしたインスタの方のコメントも修正)。
中華そばがある品揃えや日本酒が充実している辺りにもその片鱗が。
料理何品か+おまかせ5本+2つばかしお好みで。シメに中華そばの醤油と塩をシェアで。
焼鳥美味し。ポーション大きめだし(焼き鳥や焼肉は一切れが大きいとそれだけで評価したくなります)。ビール2本とサワー、あと日本酒を色々。満腹。
年始ってこともあるのか料理や焼鳥に品切れメニュー多かったけど、概ね満足。これから人気出るのかなあ(中華そばも焼鳥も武蔵小山の方に久しく行ってないので比較できない)。
荻窪で二軒目が思いつかなかったので吉祥寺で軽くもう一杯。


SW:

見ましたが、トイレ我慢しながらだったんで後半は内容云々以上に「早く終われ」という気持ちで一杯でした。  
Posted by mpc60 at 13:00Comments(0)

November 26, 2017

とんだ散財

先日のJANN BEE BIRD&"YOU"ichi君とのプリプロ作業を経て、我が家の(音作りの)環境を刷新しようと考える。
(12bit)ハードサンプラー&シーケンサー(MPC)にこだわり&思い入れはあるけど、やっぱりフットワークが軽くない。
(昔はこの構成でももっとサクサクと作れた気もするんですがねえ。昔々、本ページにオリジナルのトラックアップしていた事を知ってる人も今は少ないかと)

今、所謂DAWはStudio Oneを使ってるけど、マイメンfk氏のプッシュもありLive(9)に切り替えることにする。
オーディオインターフェースは前からなんとなく欲しかったApogee Duet(の古いヤツ)をヤフオクで落札。
で、オーディオ〜の落札時に本体のみって書いてあったんで一抹の不安があったんですがホントに本体だけでして。
Apogee Duetはブレイクアウトケーブル(音まわりのイン/アウト用専用ケーブル)がキモでありまして。
幸いにしてブレイクアウトケーブルはまだ販売終了でなかったのでネットで注文。
はて、Macとはどうやってつなぐのか。なるほどfirewireなのね。firewireケーブルはどれがイイんだろうなーとケーブルをネットで物色していて気づく。
ウチのMac、端子Thunderboltじゃん(初期のretina macbook proです)。
一応Thunderbolt>firewireのアダプタもあるけどこれが足元見やがってと言いたくなるような値段。
しかも古いduet、すでに今のMacのOSではサポート外でやがんの(多分使えない訳でもなさそう)
あーもうイイや。オーディオインターフェースは今使ってるヤツそのまま使うことにしよ。
こんな事なら古いduetじゃなくて現行duet(の中古)買えば良かった。
まあ、何も事前に調べずノリで買っていったボクが悪いんです。That's安物買いの銭失い。

そしてfk氏を講師に招きlive指南。
fk氏とボクのliveのver.が違っていて、微妙にやり方違ったりやりたい事ができなかったりして。
しかも一番安いver.のliveだと氏が言うところのキモの機能(ドラムラック)が使えない。
ということでアップグレード。そこそこの出費。
これで後戻りはできない。
色々あーだこーだと3時間ほど。やりたい事のやり方はなんとなくわかった(けど今思いだそうとしたら半分くらい忘れてた)。

この歳になって新しいこと覚えるのは難儀ではありますが楽しいものです。  
Posted by mpc60 at 22:00Comments(0)

November 17, 2017

中身のある話は三ヶ月ぶりとなります

10月に記録途絶えたの書いたっきり、また一ヶ月。
一度切れた緊張感を再びってのはなかなかできないものでして(月イチのハードルのどこが緊張感なのか)。

これといって書くことも思いつかないんでここ暫く行った(新規開拓の)飯屋の感想をツラりと。


みうら(下北沢):
鮮魚店と併設された居酒屋。
魚はさすがに美味かった。魚以外も一仕事してあってヨロシ。
メカジキのハーモニカと言われてる部分の焼き物と牛筋の煮込み(塩味)あと刺身のツマ食べるように出してくれたドレッシングが美味かった。
パッと見お高くとまってるかと思ったけど、値段もこなれているしカジュアル過ぎずかしこまり過ぎずという使い勝手の良さもあり、これからも行くことになりそう。


青ヶ島屋 (新宿):
青ヶ島料理ということですが大島辺りと奄美大島とかそっち方面と両方の雰囲気ありますな。
魚もそちらから送ってもらってるっぽいかな。
青酎と呼ばれる焼酎がちょっとクセありながらも美味いです(特に前割りは風味ありつつ飲みやすい)
鯵のなめろうに青唐辛子混ぜたヤツとか美味かった。魚は概ね旨し。
あとクサヤが有名らしく、苦手な人はアレかも(ボクはワリと平気です)。
新宿で店決まらなくて難民になりかけた時にもギリ入れたんで非常時にもありがたい。
値段はそこまで安くない、かな(けどびっくりするほど高くもない)。


マル保(吉祥寺):
ホルモン焼き(焼肉タイプ)。
駅からちょっと離れてるけど離れてるだけあって(?)飛び込みでも入れる。
お値段もこなれ気味。
基本塩味かな。ちょっと濃い目でお酒進みますな。
吉祥寺で飯食べる機会そんなにないけど、2回行ったってことは悪くないってことです。


芝大門 夏冬(新宿):
ホルモン焼き(焼肉タイプ)pt.2。
豚ホルモン。がっつり食べるにはイイかなと思ったけど、基本味付け無しのホルモン(つけダレと辛味噌を自分で)なので量行くには飽きるかなー。
もみだれで味の変化があればベターかも。
盛合せ(いろんな部位混ざってる)のワイルドな雰囲気はアリです。
場所柄か、お客さんも独特な感じでこれもまた新宿ならでは感ありました。


川香苑(新宿):
四川料理でしたが辛くないメニューも美味かったです。
ワリと一皿が多めなんで4人以上で行くのがよろしいかと。3人で行ったらそこまで色々頼めなかったのが惜しい。


青柳(東京):
東京駅のホテルの中。
お袋が姪っ子の学園祭に遊びに来たんで、時間もらって昼飯をご馳走しました。
姪っ子に太っ腹でカッコイイおじさんアピールしたくてお寿司。
東京で何食べる?と言われたら寿司ではないでしょうか。
喜んでもらえたんで鼻高々です。
たとえ持ち上げときゃまた奢ってくれるだろ(aka財布)、って算段だとしても。

あそこ行ったけど書いてないじゃん、ってのあったら教えてください>一緒に飯食べた人各位

と、ココまで書いてすっかり渋谷で飲まなくなったなー。
で終わろうと思ったけど、37RockとLA王子のお祝い(なんの?)にumebacheeeで食べた日本酒&せりしゃぶが美味かったのを思い出したので追記。
日本酒中心でいくと大体翌日にひびくけど、翌日大丈夫だったのはちゃんと食べたからか、選んでもらったお酒が良かったのか。


あとラーメンは色々行ってます。引っ越して行く範囲が変わったってのもあるけど。


飯の話だけ書いてもアレなんで。
先日、SOULCAMPを"YOU"ichi君と見に行って(ありがとう!!>grv一家)、その後JANN BE BIRDの二人(坂口君&カイ君)&谷口君と合流して飲んだんですが、その流れで曲を作ろうという話になってわが家でプリプロしました(jann beの二人と"YOU"ichi君とで)。
って言っても大層な話ではなく家で気になってたネタで事前に2,3個ループ組んでおいた(久しぶりにサンプラー立ち上げた)んでそれ聞いてもらってどーする?って話したくらいなのですが。
あとは家のレコ聴きながらあーだこーだと話タイム。
結果としてはネタは決まったんであとは坂口君にpass the 元ネタってことでその日はおしまい。
(すいませんまだデータに落としてないです)。
以前"YOU"ichi君&谷口君と谷口邸でやったときもこんな感じだったなあ。まあこれが楽しいんですけどね。
たったこれだけの事でも書きたくなるくらいボクは音方面は最近何もしてない。ってことです。  
Posted by mpc60 at 13:00Comments(1)

October 01, 2017

記録途絶える

2017年はせめて毎月書こうと決めてたけどついに9月にポスト無し。
まあ、9月は色々ありましてGOODGOD!もお休みさせてもらい静岡ー東京間を往復しておりました。
(レギュラー参加2回目で休んで申し訳ない)。
会った人には大体話したんですが会ってない人には会った時にでも話します。

そーいや今月で引っ越して1年。早いもんです。
引っ越し作業、100%完了した訳ではないです。カーテン無いし。雑誌積んだままのヤツあるし。
とか言ってる間にテーブルとソファ新しいヤツ欲しいし。
人が呼べるくらいの状態をキープできた自分を褒めてあげたい。

そ、そ、そ、そんだけ〜!!(超久しぶり)
  
Posted by mpc60 at 18:00Comments(0)

August 29, 2017

ギリギリセーフ

月イチ更新をキープ。

GOODGOD!:
レギュラー参加一回目。悠々自適な雰囲気でやらせていただいてます。
ちょっと90'sR&B(のリエディット)かけたり。
GROUNDBEAT以降のUK歌モノ再評価中(EFUAとかかけました。Mafia & FluxyのREMIXが最近の気分です)。


牛蔵:
ゴルゴ君転勤(って言い方でイイのだろうか)で「牛蔵」へ。予約取るのが若干面倒ですがゴルゴ君のおかげで。
1年振りでしたがやっぱ安くて美味い。内臓系が充実していたらもっと最高なんだけどと思うけどそれは贅沢な話。


RAP MUSIUM:
LA王子、優香ちゃん、37Rockと共に市原湖畔美術館で開催されている「ラップ・ミュージアム展」に行ってきました。
都内から車で1時間ちょいくらい(車出してくれて&運転ありがとう!!>優香ちゃん)。
美術館前に飯でもと言うことでご当地グルメ(?)でもあるところのアリランラーメンを食べに「味覚」へ。昼時もあってかなりの人気。車がひっきりなしに来てました。
ボクと優香ちゃんがチャーシューメンマラーメン、LA王子と37Rockがアリランチャーシュー。で、件のアリランが何かと言うとラー油とニンニクがばっちり効いたスタミナラーメン的なそれ。
ニンニク嫌いじゃないけど、大量摂取すると100%腹壊すんで今回はやめときました。
ちょっとスープもらったけどパンチの塊でした。クセになる味。

ほんで美術館。
サクっとなら1時間程で見てまわれるボリューム。
展示物個々のボリュームや濃度的にはちょっと物足りない部分もありましたが、なによりこの試みに拍手を。
あれが展示してあればとかあんなコーナーやったらとか言い出したらキリがないしね(見終わった後であーだこーだ言うのもまた楽し)。
これから見に行く人もいるでしょうし細かくは語らないですが、曲の韻・フロウを視覚的に見せるコーナーがかなり面白かったです。全曲3,4周くらい見ました。
あと、臼井さんが出てる(らしい)映像発見。

併設されたピッツェリア(だよね)でビール飲みながらダラりchill。ピザも美味そうでしたが昼飯直後だったので食べられず。お腹空かせていくのもアリでしょうな。

「サウダーヂ」の上映会。見たいと思いつつずっと見逃していたので嬉しい。
2011年時点で見ていて恥ずかしくならないHIPHOPの使われ方、クオリティなのはさすが。
映画の後トークショウ。LA王子が質問。

Tシャツ買って帰る。
  
Posted by mpc60 at 18:00Comments(0)

July 26, 2017

わーお数年ぶりの月二回更新

と思ったら2016年の12月に2回更新してるじゃん。

グッゴークルーになりました:
毎月第三土曜の17時からのイベント「GOODGOD!」@KOARA(渋谷)のレギュラーの末席に加えさせて頂きました。
まあ、数年前からちょいちょいゲスト呼んでもらったりお休みするレギュラーメンバーのピンチヒッターとして呼んでもらったりで準レギュラーみたいな感じが続いてましたし、随分前から声はかけてもらってたんですがなんせ毎月ってのが年寄りにはねえ。と躊躇してまして。
なんせ毎月レギュラーやってたのがもう10年くらい前の話ですし(r.u.d.e.が毎月開催だった時期と、MemoryLaneと掛け持ちだった時期)。
けどねーこんな中部ライン(宙ぶらりんって書こうと思った)な状態だと逆にクルーの皆さんに気を使わせちゃっててなんだなーと思ったり、どっちにしろほぼ毎月顔だしてるし、なにより選曲は続けてたいですし(現場と接点を持ち続けたい、ってのはカッコつけ過ぎな言い方か)。
そんな感じでお世話になります>GOODSLEEPING CREWの皆さん
一番年上ですが一番の弟弟子なので雑巾がけから頑張ります。
土曜の夕方、遊びに行く前にでもブラりと一杯飲みにでも顔だしてもらえたら嬉しいです>皆様
お酒美味しいしネ>KOARA


年をとりました:
お陰様で歳男です。もう目出度いとか嬉しいって感情は湧きませんが。
厚労省資料によるとすでに壮年期は終わり中年です。気持ちは初老です。
先日、30代後半の頃に通勤電車に揺られながら「42,3になったら死んでもいいかなー」とぼんやりと決めた事を突然思い出しましたがその年もとっくに過ぎてました。
45になったら7inch(45rpm)作るとか色々放言してた気もしますがこの際一回忘れてください。
1曲はできてます(あれこのフレーズ誰かが言ってたな)し、機材は捨ててませんし、なんだったら増強さえしてるんですけどね。
FK氏が出したらボクも出します。とか。

そんな訳で、股旅(sampling fromテッペイ氏)
  
Posted by mpc60 at 18:00Comments(0)