2016年05月23日

こんな小さな規模であっても、法人は法人。

ひとを雇い、お願いし、その力をうまく調整して最大限のパフォーマンスを
引き出す。社内マネジメントです。

いっぽう、入るお金と出るお金の差があればあるだけ、利益になる。それはどんな
会社でも同じ理屈ですね。

でも、ひとり法人あたりと決定的に違うのは概念的に言えば責任の重さですが、
例えば、お金のことはひとり法人ではまったく違います。

でもねえ、そのあたりの具体的なところ、って誰も教えてくれないんです。

正直に言いますと、実はモモノリが起業したとき、すでに多少の蓄えがあり、結婚
もしていたこと、そして起業して初めの数年は大きなクライアントからの発注が続いた
こともあって、とにかく、おカネの心配などを経営の第一に思っていませんでした。

むしろ、社内マネジメントと、目の前の大型海外案件に追いまくられて、おり、学ぶ
機会もなかった、と思います。

それでも、なんとなれば、自分のたくわえで何とか切り盛りしていたりしていたわけです。

で、先にさらっと書きましたが、モモノリ自身が結婚していたため、お尻に火がついて
いなかったのではないか、と最近考えています。

もし、モモノリが一家の柱で、家族をひとりで養う立場だったら、もっとおカネのこと
にとことん取り組んでいたのではないか、と。そりゃあ、そうです。会社存続させて
家族が干上がっては本末転倒ですから。

例えば、地元、目黒区があっせんする融資保証制度なんてつい最近知ったばかり。
ほとんど無利子といってもいいくらい好条件なのも、まったく知らず(誰も教えて
くれません)、いま一生懸命勉強中であります。

幸運にも、地元の制度でとても優秀で、かつモモノリを応援してくださる社労士・
中小企業診断士のこの方が先生になっていただき大変助かっています。

そう考えると・・・

そういや、モモノリの周囲の起業した女性たちとそういう話をしたこと、一切なかった
なあ。とっても大事な話なのに。

会社を経営しているとキャッシュは会社の血流だ、とつくづく思います。

それなのに、まだまだ勉強すべき課題の多い18年目のオンナ社長であります。
いえ、だからまだ頑張ろうと思っております。

がんばろう!(と自分にエール)

===================================


通訳、ツアーコンダクター、海外コーディネータ、バイリンガル司会・ナレーター、
企業研修・セミナー講師、と様々な経験を経て現在はランゲージスペシャリストの
コーディネーション(零細)会社を経営するモモノリが今年も日本の女性を元気に、
とメッセージをお届けします。

読者の方からのご相談にお答えするエントリも絶好調。
ご相談は
こちらからどうぞ








モモノリmpinet at 08:00│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年05月18日

数年ぶりに、モモノリごひいき球団の千葉ロッテマリーンズが開幕以来好調
で、このところ体は疲れつつ、野球のみに励まされております、モモノリです。
ごきげんよう。

特に、千葉ロッテマリーンズは12球団でもっとも逆転勝利が多く、九回の裏の
試合終了コールを聞くまでしっかり楽しむことが出来る状態に今年はあります。

そして、本年は世界最大のスポーツイベント、リオ五輪の年ですね。

何だかんだと言っても夏の大祭典とはいいつつ、、、
あなた、なんとブラジルとは12時間の時差!

もうめちゃくちゃ徹夜の日本人が増えるんじゃないでしょうかね。

で・・・

野球でも、オリンピックでも、それまでの楽しかった気分から「はぁ?」と耳を
そばだててしまう言葉がありまして・・

Wait-What-Meme-08



よく野球のヒーローインタビューとか、レース後インタビューに選手が登場して、
これからの抱負などの言葉を訊かれた際に、

勇気を与える


多くの選手たちが、勇気を「与える」と発言します。

これ、モモノリとしてはとっても気になることば。

~へ与える、他でも「感動を」「夢を」などでも使いますが、これって変ですし、誤って
います。

早速、「デジタル・大辞泉(小学館)」で調べてみましょう。


 自分の所有物を他の人に渡して、その人の物とする。現在ではやや改まった言い方で、恩恵的な意味で目下の者に授ける場合に多く用いる。「子供におやつを―・える」「賞を―・える」



「恩恵的な意味」

そうですよね。
極めて上から目線なんです。

子どもたちへ、というならともかく、頼んでもないのに、与えられてもなあ、という
場合のほうが多いでしょ。

かつては感動を「与える」と言わず、「届けた」ものでしたけどね。

日本語に限らず、言語は時代によって変わるのですが、その代表格となるでしょうか。

今年のリオ五輪でもたくさん与えられちゃうのかなあ、とちょっと案じております。

===================================


通訳、ツアーコンダクター、海外コーディネータ、バイリンガル司会・ナレーター、
企業研修・セミナー講師、と様々な経験を経て現在はランゲージスペシャリストの
コーディネーション(零細)会社を経営するモモノリが今年も日本の女性を元気に、
とメッセージをお届けします。

読者の方からのご相談にお答えするエントリも絶好調。
ご相談は
こちらからどうぞ




モモノリmpinet at 08:00│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年05月16日

GWがゴールデンだった方もそうでなかった方もそろそろ平常モードに戻って
ますか?
ごきげんよう。すっかり夜中作業の日常に戻っているモモノリです。

でも、どんなに忙しくたって会いたい!ひとには会いに行く!!
がモットー。昨晩はこの方に会ってきました。

カイラシュ受賞式

                     asahi.com より

2014年、マララさんとともにノーベル平和賞を受賞した、インドの社会活動家の
カイラシュ・サティヤルティ氏です。

モモノリが長年交流のある、NGO法人ACE、「Action against Child Exploitation(
意味:子どもの搾取に反対する行動)
の代表、岩附由香さんからのお誘いがあって、
このカイラシュ氏の来日記念パーティへ昨晩行ってきたところです。

岩附さんは今から7年ほど前、彼女を含め、3人の女性と某講演会で知り合い、
意気投合。お互いにキャリアや社会貢献活動に関心が高く、様々なことで互いに
アドバイスしたり、支援しあう中です。

彼女たちが取り組んでいるのは特に、教育もうけられず、カカオ豆の畑で収穫を
ずっと行わねばならないアフリカの子どもたちを助ける活動です。

最近はインドの木綿畑でも同様のことがあるとのことで、こちらにも駆けつけたり、
はたまた、東日本大震災の際には宮城県山元町にいち早く入って支援拠点を設営、
長いこと町の復興活動にあたっており、その先頭に立って活動してきたのが岩附
由香さん。

岩附さん
          岩附由香さん ACE HPより

この間、彼女は二人のお子さんも出産し、なお、この分野でフロントランナーであり続ける
自慢の友人でもあります。

もちろん、カイラシュさんの話をまじかに聴ける良いチャンスでもありましたが、むしろ、
「本当は200人予定のパーティがまだ足りないんです」という彼女のSOSにこたえたい
と駆けつけたのも半分でした。

会場は東京・帝国ホテル。
18:30スタートのパーティ会場では、そこそこ着飾ったちょっと意識高めの方たちが
集う、品のある雰囲気が漂っておりました(モモノリ除く)。

カイラシュ来日パーティ会場
       さすが帝国ホテル。漂う雰囲気もノーベル賞受賞者にふさわしい。

政治家だの企業経営者だの、大学関係者だの、彼女の顔の広さがよくわかりました。

カイラシュさんとACEの活動のことについてはこちらが詳しいのでそちらをご一読くだ
さいませ。

ここではそのパーティ会場の雰囲気をお伝えしますね。

カイラシュ来日パーティ展示1

      入り口に飾られたACEの活動を紹介するパネル。

      
カイラシュ来日パーティ展示2
      
      インドでも多くの子どもたちが学校に行かせてもらえずに、木綿の収穫をしている
      のだそうです。

カイラシュ来日パーティ岩附さn
 
     開会の挨拶をする岩附さん。緊張気味。


カイラシュ来日パーティ塩崎厚労大臣

      塩崎厚生労働大臣も。今国会で子どもの権利を盛り込んだ児童福祉法改正を
      やる!と宣言していました。

カイラシュ来日パーティ

      カイラシュさんご本人と。
      右からファイナンシャルプランナーの資格を持ち、某生保勤務をしつつ、震災時に
      津波で甚大なる被害を受けた故郷・山田町の復興に奔走する武藤恵美子さん

      一番左は東京の隠れ家ホテル、「庭のホテル」代表取締役社長、木下さん
      ちなみに庭のホテルはあのミシェランにも掲載された知る人ぞ知るホテルなん   
      ですよ。
      
       
カイラシュ来日パーティショコラティエ

      ACEの支援で児童労働のない農園でとれたカカオ豆を使ったチョコレートを
      「ショコラティエ・パレ・ド・オール」のシェフがACEとのタイアップで製作した
      とのご報告。そこにカイラシュ氏乱入し、味見にトライ!

    
      
カイラシュ来日パーティクロージング

      ご機嫌に手を振って会場へ挨拶するカイラシュさん。


 とにかく、カイラシュさん、しゃべる、しゃべる、しゃべる・・・

 このエネルギーが社会までも動かす活動家となるのだわ、と感心しました。


そして、思わぬ方ともお目にかかりました。
ジャーナリストの白河桃子さん。



カイラシュ来日パーティ白河さん
      
モモノリの拙ブログでもよく取り上げる女性のキャリアの問題や少子化の問題などに
取り組み、今や政府の様々な委員会などでも発言の求められる立場にいらっしゃい
ます。

モモノリ自身何冊かご著書を購入、講演やセミナー用に勉強させていただいた方です。

期待以上にさまざまな方とお目にかかったりお話をお聴きして心だけはセレブになった
様な一晩でした。


===================================


通訳、ツアーコンダクター、海外コーディネータ、バイリンガル司会・ナレーター、
企業研修・セミナー講師、と様々な経験を経て現在はランゲージスペシャリストの
コーディネーション(零細)会社を経営するモモノリが今年も日本の女性を元気に、
とメッセージをお届けします。

読者の方からのご相談にお答えするエントリも絶好調。
ご相談は
こちらからどうぞ








モモノリmpinet at 08:00│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote