2017年09月19日

ここ数週間、企画書、提案書、見積書、営業経歴書、プロポーザル等々、
とにかくこれでもか、というくらい書き物と打合せで、へろへろ続きのモモノリ
であります。
ごきげんよう。


みなさん、台風の影響はありませんでしたか。
ご無事でありましたように。


スーパーキャリアと承認欲求


ピンクのブルドーザー社長、ときに、世に輝くあまたの働く女性たち
ウォッチャーと自認するモモノリ。

この問題が出た時からず~っと世間とはちょっと違った視点で見ていた
この方。

BlogPaint

以前の拙ブログ(悲しいスーパーウーマン~パワハラ議員と言われて)
も取り上げました。

一昨日のフジテレビ「Mr.サンデー」の独占告白との題した取材で
上記モモノリの分析通りのことをご本人が吐露していました。

豊田真由子会見


「ものすごく自分に自信がないんですね、ちっちゃいころから。
すごく自己肯定感が低くて、まだダメだ、まだダメだ ってずっと
思っていて」

この発言を受けて、インタビュアーの宮根氏は

「こちらからみたらエリート中のエリートなんだけど・・」

とその周囲から認められたい気持ちを理解できないと返す、というやり取りがありました。
                        
そうなんだよなあ。

いやいや、わかって欲しいなあ。

世の中に(数少ないけれど)いる、スーパーキャリアウーマンみたいな
女性、輝かしい学歴、立派なキャリア、幸せそうな家庭、頑張る母親像。
すべてを手にしている女性たち。

でも、何割かはこんなパターンなんだよなあ。

そして、モモノリが問題視するのは、頑張る母親像をなんとか遂行してしま
おうと、してしまう女性たち。連日深夜帰宅で、翌朝は家族の誰より早く5時には
起きて、家族たちのために朝食およびお弁当つくる、どことか省庁の女性局長
とか。

美談だけどね。

いまの若い女性たちは「そんなことできな~い」といってキャリアを登る
階段をおりちゃうわけですよ。

でもね、真相は彼女が吐露するように追い詰められて、あれもこれも手にしよう
とする強烈な自己承認欲求なわけなんです。


「このハゲ~!」と承認欲求


同じ番組中、元シンクロ五輪メダリストのウルヴェ京子氏のコメントが彼女の
いまだに抱えている問題をズバリ指摘。

「認められたい、という相手が、なぜ秘書たちではなかったのか。まだ内省が
足りていないようですね」

そう、そう。。。

いるんです。

とても優秀で周囲から一目置かれる女性なんだけれど、明らかに自分より
下だ、と思える人物は「認められなくてもいい対象」かのような言動をとる
ハイパフォーマー。

あんな有名な女性起業家。
あんな高名な女性政治家。
あんな著名な学者・・

承認欲求自体は決して否定されない自然な人間の動機になるんですけどね。

こういう風に歪んでしまう女性たち。
いたいです。

おっと、モモノリ自身も気をつけねばなりません。

===============================



通訳、ツアーコンダクター、海外コーディネータ、バイリンガル司会・ナレーター、
企業研修・セミナー講師、と様々な経験を経て現在はランゲージスペシャリストの
コーディネーション(零細)会社を経営するモモノリが今年も日本の女性を元気に、
とメッセージを今年もお届けします。

読者の方からのご相談にお答えするエントリも絶好調。
ご相談はこちらからどうぞ








モモノリmpinet at 08:00│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年09月11日

相変わらずのスローなエントリの挙げっぷりで、すみません。
相変わらずの忙しさ、のモモノリです。
ごきげんよう。


Embed from Getty Images

先日のある夜のこと。。。


某プロジェクトの打ち上げにモモノリ参加。

もともとモモノリが支援しているクライアントのそのまた上のクライアントの
主催した打ち上げゆえ、いつもと少しばかり調子が違っておりました。
早い話が「借りてきた猫」状態で・・。

え?
珍しい?

いやあ、さすがに、モモノリもクライアントの顔を潰すわけにいかず、
借り猫状態だったわけですわ。

しかし、これが問題の伏線でありました。。。

参加者は10人超。
男性のほうがやや多め。

女子はモモノリ以外には美目麗しい妙齢の女性と同じく美魔女のモモノリ
のクライアント、そしてまだ社会人になりたての若葉マークの新人さん。

大いに盛り上がったのはこの妙齢の美しい女性の結婚話になったとき。

「恋愛したいんですぅ」「子どもも欲しいですぅ」

と恰好の話題を提供した彼女のこの言葉、実はすでにたくさんのガソリン
を背負っていたんですねえ。

実はこの女性は以前この飲み会に参加している男性メンバーの紹介で
40歳も年上の大金持ちの有名人とお見合い?をしたらしい。

「子どもが欲しいんです」という女性に対し、
「俺は介護が欲しい」

という返事があって、女性の方はすっかり引いてしまったらしい。
ただ、はっきりNOをまだ言っていないため、いまだに連絡は来るとの話。

とにかく、その場にいた男性たちは強力にこの40歳年上の超お金持ちの
「介護妻募集中」有名人をプッシュするのでありました。

「介護なんて、お金でなんとかなるじゃん」
「数十億だよ、一生遊んで暮らせるよ」
「押し倒してもらえればよかったりしてねえ~」
「70代でもクスリがあるし、出来るんじゃないの」

とにかく最後のころは頭がくらくらしそうな品のない会話で大笑い
する会に・・・。

そのあと一人で帰宅するときも、ずっとその会話の毒気にあてられて
もやもやが一杯で心がはれず帰宅。。

家にたどり着いてはっと気づきました。

ああ、これはセクハラだったんだ、と。

普通、モモノリの周囲はモモノリの仕事や専門性のことを知っている
ひとが多いのでそういうことで盛り上がっても、どこか自粛するか、
モモノリも遠慮なく「ピピ~、そこまで。これ以上はセクハラですよ」
って発言できたんですけどね。
今回は特殊な立場でそれが出来なかったという状態。

ハラスメントに関するエントリもたくさん書きましたし、講演セミナー
をしているモモノリでも、いつの間にかこうやって条件が重なると
当事者になってしまうことを改めて自覚。

次のセミナーのネタで使おう、と転んでもただでは起きないモモノリ
でした。

===============================


通訳、ツアーコンダクター、海外コーディネータ、バイリンガル司会・ナレーター、
企業研修・セミナー講師、と様々な経験を経て現在はランゲージスペシャリストの
コーディネーション(零細)会社を経営するモモノリが今年も日本の女性を元気に、
とメッセージを今年もお届けします。

読者の方からのご相談にお答えするエントリも絶好調。
ご相談はこちらからどうぞ




モモノリmpinet at 08:00│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年08月28日

  先週末は某所で講演。
70分の持ち時間を弊社コーディネータと2名でピンクワールド全開でした。
聴衆のみなさんの何らかのお役にたてたなら良かったですが。

また暑い一週間の始まりですね。
ごきげんよう。モモノリです。


さて、以前拙ブログでも取り上げましたが、某フィットネスジムのCMって
ちょっと環境破壊じゃないの、って思っていました。
ぼよ~ん、って垂れたお腹と丸まった背中のだらしない立ち方の有名人。
それが、このジムに通ってムキムキになるっていうストーリー。
始めはね、すごいねえ、という感じだったと思いますよ。

でも、SMAPの香取くんあたりが意味なく飲み会で胸筋を見せたり、本当に
気持ち悪いなあ、と思うように。
ご本人が様々な理由からダイエットや体作りに励むのは大いに結構。
でも、そんな映像を垂れ流すのはやめてけろ~(-_-;) というところ。

だれがそんな裸を延々とみたいのじゃ、と思っていたら、いやいや、こんな
メッセージの伝え方もあるんだあ、と楽しくなる動画が。
ちょっと前向きになりたい方は是非3分少々を楽しんでください!



===============================


通訳、ツアーコンダクター、海外コーディネータ、バイリンガル司会・ナレーター、
企業研修・セミナー講師、と様々な経験を経て現在はランゲージスペシャリストの
コーディネーション(零細)会社を経営するモモノリが今年も日本の女性を元気に、
とメッセージを今年もお届けします。

読者の方からのご相談にお答えするエントリも絶好調。
ご相談はこちらからどうぞ




モモノリmpinet at 08:00│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote