2018年01月03日

Embed from Getty Images

2018年の年初に寄せて、ひとことご挨拶申し上げます。

HAPPY NEW YEAR !

半年ぶりのブログアップが新年のご挨拶で、恐縮です(汗)

なにがそんなに忙しいのか、という理由はおいおい触れるとして・・

昨年後半からまた例年の全国を巡る研修ツアーに出ております。
地方を津々浦々回ることが多いのですが、こんな地方でも、と驚かされること
が沢山あります。

お出かけよりも、ひとり遊びを好む若い世代とか。
とんと見なくなった公衆電話とか。はるか人里離れたところでもやっぱりスマホを
使おうとしているおじいちゃん、おばあちゃんいっぱいいました。
はたまた、どうやってたどり着いたんだ、と思うようなインバウンドの団体。

そして・・
女性たちをめぐる課題は濃淡はありつつも、全国似たような景色だなあ、と
思うことしきりなのであります。

「安倍さんは、女性をもっと昇進させろっていいますけどね」

ある地方の研修先でお目にかかった某男性課長の方がため息交じりに
打ち明けたのはモモノリの質問がきっかけでした。

「中央政府はもっと女性の管理職を、って圧力かけてますよね」

「いやあ、私たちもそう思ってめぼしい女性たちに個人面談などで持ちかける
わけですよ。どうだろうか、昇進は、って」

「まず一回目の返事でYESとなったことがない。よくて『考えさせてください』
ですよ」

「時間をかけてしぶしぶ受けてくれるのが半分いるかどうか。そもそも基本的
な母数がすくないうえに、半分は断れるんですから。困ったものです」

もっと気楽に仕事を続けたい、という女性たちが実はどんどん増えてきて、
むしろ、人事構成上ゆがみも出るのだそうで。

ふむ。

もちろん、多層な背景があるのは十分承知のうえです。
長時間勤務、転勤の可能性、責任の増加、家族の理解・・

それでも、これまで積極的に語られることがなかった

「上にたってみて良かったこと」

をまっすぐ届けることが今もとめられているかな、という思いをだきました。

あまりに、上を目指すことにポジティブなイメージを持てない女性が多すぎる
のでは、と感じたので。

Girls, be ambitious ! がモットーのモモノリですもの。

気になる続きはまた次回エントリから
(へたれず、しっかりアップしていきたいと思います)

===============================
ことしも続けます。

通訳、ツアーコンダクター、海外コーディネータ、バイリンガル司会・ナレーター、
企業研修・セミナー講師、と様々な経験を経て現在はランゲージスペシャリストの
コーディネーション(零細)会社を経営するモモノリが今年も日本の女性を元気に、
とメッセージを今年もお届けします。

読者の方からのご相談にお答えするエントリも絶好調。
ご相談はこちらからどうぞ




モモノリmpinet at 08:00│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字