May 30, 2019

★5/30,6/6,6/13(木)夜:周防義和の映画音楽制作講座

〜ロマンティックなシーンの劇伴作曲考察!技術と感性で勝負!〜
special_seminar

        
2.17.講座中1. 【日時】 
5/30、6/6、6/13(木)※全3回 ◇Start 19:30(Open 19:00)

【場所】 大塚MPJ_OFFICE

映画等の映像に音楽をつけることは作曲家にとって魅力的な仕事であり、
作曲編曲の感性&技術を発揮することはもとより映像側とのコラボレーションという
複合的な表現形態に参加することになる。
音楽担当として映画史に刻み込まれることも光栄なことである。

また歌モノだけにとらわれないキャパシティが求められ映像を読み解き、
どう感じるかという次元の能力も試される。しかししかし怖れるなかれ!
フィルムの時代では作曲家が自宅で映像を見て作曲作業を行うことは無理だったが、
現在は機材の発達により昔より全く簡単に映画音楽へのアプローチが可能になった。
必ずしもアカデミック出身の音楽家だけが映画音楽を作曲する時代ではない。
自由な感覚で作曲して良い!歌モノから作曲に入った人でも映画音楽が可能な時代でもある。

映像音楽には映画、TV、TVCM、ネットムービー、企業や自治体の広告映像等の
音楽ジャンルのマーケットは幅広い需要があります。

毎年この分野の音楽制作講座を担当して頂いて映画「 Shall we ダンス?」「舞妓はレディ」
(2015年の映画音楽賞4つ受賞)などの音楽監督作曲編曲家周防義和氏に、とっておきの題材を提供して頂きます。

映像音楽について鋭くメスを入れその切り口や制作方法について語って頂くスペシャル講座です!
映像音楽の作曲方法を学び、あなたのフィールドを広げ音楽レベルを何ランクもアップさせましょう。
ポップミュージックにもリンクする可能性もありです。

今回は超特別な全3回(通常2回)の実践講座で、初回、第2回は講義と課題出題。
第3回は課題作品の発表と講師からのコメントになります。
講師は数々の映画・TV・CM・アニメ音楽を担当し音楽専門学校でも若手作曲家を育成、
また名古屋学芸大学では客員教授に就任、その他2つの大学でも講座をもっています。
映画音楽制作の裏側を知る、という点からは一般の方々でも興味深いと思いますし、
勿論、作曲編曲家を目指している方々にはプロフェッショナルへの技術習得に
なります。ということで、プロもアマチュアもWelcome!!

★今回は周防氏が充実した内容の講座を開講したいとの要望で3回の講座になりました。(2回受講も可)
====================================
☆☆今回はロマンティックな映画シーンの音楽の分析!

サスペンス、コメディ、映像へのタイミング合わせと追求してきましたが、
聴講者の発表もかなりレベルの高い作品が出揃いました。
そこで今回はラヴロマンス、ロマンティックなシーンへの作曲です。
映像に従属的に合わせるのか、少し距離を置いた作風、、、等、
ただロマンティックな曲想が必ずしもOKでは限りません。
映像で表現できていることを更に増幅させるのか、または客観性を含めた雰囲気にするのか、
監督の要求はどんなものか、、、単純ではないのです。
映像の読み解き方も含めた内容になります。

1回目は講師周防義和が担当した作品を分析していきます。
2回目は他の作品からの解説、聴講者がどう感じたかなども含めた相互的なやり取りも行いたいです。
また映画ドラマ音楽劇伴奏音楽ではセリフや効果音など他の音とのブレンド具合、
物語のどのシーンに音楽を入れるかというドラマを読み取る技術的な話もしなければなりません。
ドラマ制作の裏側も知ることができる内容になるでしょう。
3回目は皆さんの課題発表。(こちらで映像に音楽を貼り付けます)コメントさせていただきます。
是非多くの方の参加を期待致します。【BY 周防義和】

【ゲスト講師】
☆周防義和(作曲編曲家)  アシスタント:Jirafa(作曲編曲家)
協力:Sura:5
※講師周防氏のBLOG日誌

【ゲスト講師】
Jirafa(コンポーザー、シンガー:この講座出身で
2018年公開の映画『キスできる餃子』の音楽を手がける)

【日時】
【日時】
2019年
第1回5月30日(木) Start 19:30 (Open 19:00)
第2回6月6日(木) Start 19:30 (Open 19:00)
第3回6月13日(木) Start 19:30 (Open 19:00)
◇全3回の講座です。

◇受講締切:5月29日(水)※定員になり次第締切ります。

【場所】大塚MPJ事務局

【講義概要】
第1回「レクチャー」:5月30日(木)
◇周防義和が音楽担当した作品(ラヴロマンスシーンの音楽)の分析。 
最後に受講生への作曲課題出題。

第2回「レクチャー」の続きと聴講者との相互的なやりとり:6月6日(木)

第3回「課題発表」:6月13日(木)
◇第1回講座レクチャーの最後に「映像に音楽を作曲する」という
課題を出しますので、参加者の皆さんはそれに沿って作曲して頂きます。
MP3での課題発表となります。映像に合わせる作業の為に6月10日までに
作品をMP3音源にてMPJ事務局までお送り下さい。
各作品に対してコメントさせていただきます

◇終了後に講師を囲んでの打上げも別途予定。


【周防氏こぼれ話】
映画『カツベン!』(2019年12月公開予定)の音楽制作を終えました。
これは大正時代が舞台の作品だったので、大正期の和洋折衷音楽を取り入れたりしました。
そのエピソードなどもお話したいです。

【お申込み】 
MPJ会員・一般共共通
◇共通申込みフォームに必要事項を記入し送信してください。
PCお申込みフォーム

<MPJ会員> 
◇TEL,FAX,E-mail等でお申し込みの方は: ・会員名 ・会員番号
・メールアドレスをお知らせ下さい。
< 一般 > 
◇TEL,FAX,E-mail等でお申し込みの方は: ・お名前(フリガナ)
・TEL ・メールアドレスをお知らせください。
◇お申込みと同時に、締切日までに下記口座に受講料をお振込み下さい。
振込口座:
三井住友銀行 大塚支店 普通1887698
ミュージックポートジャパン 代表 朝生眞二
※お振込後に受講が確定します。
◇当日は、筆記用具(ペン、ノート等)と受講料をお持ち下さい。

【受講料:全3回分(税込)】 
☆MPJ会員 A:¥12,500 / B:¥10,500(課題提出なし)
☆2日:   A: ¥8,500 / B: ¥7,000(課題提出なし

☆一般 A:¥14,500 /B:¥12,000(課題提出なし)
☆2日:A:¥10,000 /B: ¥8,500(課題提出なし)

◇中高生は¥3,000 (大学生・専門学生¥2,500 )Off (3日間)
◇中高生は¥2,000 (大学生・専門学生¥1,500 )Off (2日間)
※学生証をお見せ下さい。

★遠隔地(関東近県以外)からの、受講¥1,000割引き(3日間受講者のみ)

【キャンセル料】 
締切日前々日:四千円負担して頂きます。
締切日前日:受講料の半額 
締切日・当日:受講料料を全額負担して頂きます。
※運営上のトラブルを防ぐ為、これらをご了承頂いた上で
お申込み下さい。。

【講師プロフィール】
今までに自己のアルバム、手がけたサウンドトラックアルバムは30数枚にも及ぶ。
手がけた主な作品は
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇主な映画音楽:
『Shall we ダンス?』1996年『釣りバカ日誌・イレブン』2000年
『東京マリーゴールド』2001年。『それでもボクはやってない』『アルゼンチンババア』2007年。
『鴨川ホルモー』2009年『毎日かあさん』2011年『終の信託』2012年。『舞妓はレディ』2014年。
『超高速!参勤交代』2014年。『超高速!参勤交代リターンズ』2016年。
『カツベン!』2019年12月公開予定

◇TVドラマ音楽:『奇跡の人』『学校の怪談』『丹下左膳』『おいしい殺し方』
『続・遠野物語』『向田邦子イノセントシリーズ』
◇アニメ音楽:『シャーマニックプリンセス』『プリティサミー』『天使になるもんっ!』
『カスミン』『忘却の旋律』『AIR(劇場版)』等

◇1100本を超えるCMを作曲--- 「NTTdocomoFOMA9-2005年」「サンスターGUM」
(2018)「キリンビール一番搾り’98-’00」「トヨタクラウンマジェスタ」「資生堂エリクシール」「三井のリハウス」「サントリーウイスキー山崎」(2000)「JR東海京都篇」
1992年のJAM(日本広告音楽制作社連盟)のフェスティバルで受賞。

◇NHKドキュメンタリー「にっぽん夏紀行.2004年」主題歌
NHK「にほんごであそぼ」の中の楽曲作曲提供ならびに舞台劇の劇伴奏、音楽監督も担当。
2019年5月にもレコーディング予定。
NHKドキュメンタリー「課外授業ようこそ先輩」2008年 テーマ音楽作曲
NHK朝の情報バラエティ番組「あさイチ」(2010年4月?2018年3月)のメインテーマ各コーナーのテーマ等の音楽担当。
◇ NHKドキュメンタリー「ひとモノガタリ」(2018?)のテーマ曲を手がける。
特に周防義和自ら歌う「D-PLAIN-FOLK」がエンディングテーマ曲になる。
「D-PLAIN-FOLK」は周防義和2005年のSOLO ALBUMの収録曲。

◇その一方、
ユニットtomo the tomo carpe diemでアルバム
「CARPE DIEM」《BREW-BREW》《COMA》プアルバムリリース。
Soloアルバム『空想から映像連鎖』『SLOW SLIDE SONGS・弦異抄』『遇游歌集』を発表。


名古屋学芸大学客員教授、大阪スクールオブミュージック特別講師
甲陽音楽院特別講師(2019年度より)、
東京造形大学講師、埼玉県立大学講師なども務める。

1997年日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞。
2008年日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞等。
2015年日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞。
2015年毎日映画コンクール音楽賞受賞。
2015年おおさかシネマフェスティバル音楽賞受賞。
2015年日本インターネット映画大賞音楽賞受賞。
◇2008年日外アソシエーツ刊行の「人名辞典・日本の作曲家」に選出
記載される。

◇2010年湯布院映画祭で周防義和映画音楽特集が開催される。
◇2017年アメリカアカデミー賞外国語映画賞の日本映画代表作を選定する選考委員を務める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Posted by mpj_events at 19:30│Comments(0)