千葉の柏で美味しいスイーツ餃子をいただいた後、また東京に戻りJRから京成線に乗り換えてお花茶屋駅へと進む。

ちなみにこの日は、発達した低気圧の影響による強風でダイアが遅れて乱れていた、急いでいるのに・・・。

自然にはかなわん(涙)

お花茶屋駅で降りて携帯ナビの先導で住宅地の中歩く事5分ぐらい(ようやくGPSが作動した)、目的地に到着。

コーヒーラーメン亜呂摩 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亜呂磨という喫茶店で、夜に撮った写真なので見えにくいですがお食事 カラオケと続いてコーヒーラーメンと書かれてます。

店内に入ると、近所のおばちゃん達と思われる3人組がどうやらコーヒーラーメンを食べ終えて談笑していました。

コーヒーラーメン亜呂摩 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピエロとおたふく、その笑い顔をやめろ・・・w

(店内の撮影は店主さんに許可を取ってあります)

店内は入り口付近にショーケースが置いてあり、ケースの中にはコーヒー麺(乾麺)が入っていて、上にはトロフィーが置かれていました。

コーヒーラーメン亜呂摩 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内に張られていたコーヒーラーメンのポスター、コーヒーラーメンは亜呂磨の特許製法及び商標です。

昭和に作られたようなレトロなポスター、コーヒー麺を作ろうと思ってから結構月日をかけて完成したようです。

コーヒーラーメン 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒー麺はありませんが、コーヒーうどんなら食べた事が・・・w

おばちゃん達の横のテーブルに座り、メニューを見てみると。

コーヒーラーメン亜呂摩 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和食と洋食が入り混じったのメニューの中にコーヒー麺のメニューが、コーヒーラーメンは冬限定で(だから今の時期に来たんです)

夏の限定として、コーヒー麺の盛り蕎麦、冷やし中華、サラダ麺が出ています。

ちなみに店主さんはこの中ではサラダ麺をおすすめしてました、自信作のようでお客さんにも好評だそうですが本当かなあ〜。

コーヒーラーメン(正しくはコーヒー味ラーメンですが)をさっそく注文することに

 

自分「じゃあ、このコーヒーラーメンください」

店主「そのコーヒーラーメンなんだけど、一般の人向けに作った冷たい状態

   のもあるんだけど

自分「そういうのも出来たんですか(今は冬だけどw)」

店主「熱い状態のコーヒーラーメンだと香りと味が強くて、癖のある味でお客さん 

   が敬遠しちゃうから食べやすい冷たいのを作ったの」

 

まあ・・・食べた人の感想を見た限りでは、あまり食べたいとは・・・w

さらに話しは続いて

 

店主「それはスープが冷たくて、

   真ん中にアイスが一個乗っているの」

 

まさか菊や以外でラーメンの上にアイスクリームを乗せたラーメンが食べれるとは思いもしなかったです(笑)

湧き上がる興奮を抑えつつ、もちろん注文はそれにしてしばし待つことに

席に座って店内の写真を撮り終えた後、店主さんがサービスといって

コーヒーのサービス(^^;)

コーヒーラーメン亜呂摩 6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーラーメンの前にコーヒーは無いでしょう・・・(笑)

といいつつもサービスで入れてくれたコーヒー、喜んでいただきました。

(コーヒー好きのマスターだけにコーヒーは美味しかったです)

それから待つこと15分ぐらい、ついにコーヒーラーメン(冷)が登場

コーヒーラーメン亜呂摩 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか・・・温かいのよりも

奇食化が進んでいる・・・

バナナを切ったのが3切れに中央にアイスクリームにハムが2枚

それにゆで卵、かかっている白い液は練乳か?ミルクか?

 

おい、これは本当に一般の人向けに食べやすくしたんじゃないのか・・・(笑)

バナナ入りラーメンなんで初めてやぞ

そもそもコーヒーラーメン自体がキワモノなのに・・・

 

見た目のインパクトではアイスクリームラーメンといい勝負してる

バナナが入るまでは予想外だったですが、食べない事には始まらないのでまずコーヒー麺から食べてみるとこに。

コーヒーラーメン亜呂摩 8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺にコーヒーが練りこんである麺、太さとしてはごく標準。

麺の方は四国で食べたコーヒーうどんよりもコーヒーの香りは強め、コシもあって麺をすすると香るコーヒーの香り。

この香りが悪くなくて結構食べれます。

 

スープは甘くないカフェオレにそばつゆをブレンドしたような味

そばつゆにコーヒーを入れて、ミルクで味を整えたをかけ汁という感じ。

 

ぶっちゃけて言うと・・・これラーメンのスープじゃないなあ(笑

でもこれはコーヒーラーメンなんですが

その分スープはさっぱりしていて食べやすいので一般向けなんでしょうか?

 

箸の方は麺に進まず、なぜかアイスクリームだけを残して具を先に食べてしまった

自分の脳がこの麺を食べるのを拒否してるようだ・・・

残ったコーヒー麺とアイスクリームを絡めて

コーヒーラーメン亜呂摩 9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ううむ、アイスクリームの濃厚な甘さでコーヒーの苦味がマイルドになる

コーヒーの香りのする麺に、コーヒーの香りがする微妙な蕎麦のかけ汁

それに甘いアイスクリーム

 

食える事は食えますが・・・、なんともいえない複雑な味です。

いいかえるならばコーヒーとそばつゆは相性がいいということですけど知っても役にたたないし、コーヒー蕎麦なんて酔狂なメニューを始める蕎麦屋はまず無いでしょう。

これからも現れないと思う、多分。

とここでコーヒーラーメンを運んできてくれた時に同時に運ばれてきた

コーヒーラーメン亜呂摩 10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーシロップを入れてみる

温かいのとは逆にミルクでは無く、コーヒーシロップが付いてきます。

マスターの話しではあまり入れない方が言いという事ですが

コーヒーラーメン亜呂摩 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真が暗くてすいませんが、とりあえず全部入れてみましたw

入れてもさほど変化は無くて、コーヒーの苦味と香りが増したが日頃コーヒーをブラックで飲む自分にはこれでちょうどいいぐらい。

さすがにお腹が膨れてましたが全部いただきました。

 

最後にお土産としてコーヒー麺を3個買いましたが店主さんはなぜかカルシウム入りを強調していました(笑)

後、NOODLEがNUDELになっていたスペルの違いの方は気がついてました。

このコーヒーラーメン(冷)は今後コーヒーヌードルとして売り出す予定で、店主さんによると季節関係なく出すそうです。

 

ちなみに隣にいたおばちゃん達はこれを食べた後で

食べた感想を聞いてみたら好評でした。

 

また今度は温かいコーヒーラーメンを食べに行きたいですね。

今回はレポートを書く際にリムさんのコーヒーラーメンのレポートを参考にさせていただきました。

こちらの方は温かいコーヒーラーメンのレポートになっています。