一つ出たホイのヨサホイノホイ
一人娘とするときにゃホイ 親の承諾 得にゃならぬ

二つ出たホイのヨサホイノホイ
二人娘とするときにゃホイ 姉のほうから せにゃならぬ

三つ出たホイのヨサホイノホイ
醜い娘とするときにゃホイ ハンカチかぶせて せにゃならぬ

四つ出たホイのヨサホイノホイ
余所の二階でするときにゃホイ 音のせぬよに せにゃならぬ

五つ出たホイのヨサホイノホイ
いつもの娘とするときにゃホイ 手練手管で せにゃならぬ

六つ出たホイのヨサホイノホイ
昔馴染みとするときにゃホイ 思い出し出し せにゃならぬ


七つ出たホイのヨサホイノホイ
質屋の娘とするときにゃホイ 入れたり出したり 流したり

八つ出たホイのヨサホイノホイ
八百屋の娘とするときにゃホイ かぼちゃ枕に せにゃならぬ

九つ出たホイのヨサホイノホイ
校長の娘とするときにゃホイ 退学覚悟でせにゃならぬ

十と出たホイのヨサホイノホイ
尊い御方とするときにゃホイ 羽織袴でせにゃならぬ

十一と出たホイのヨサホイノホイ
士(さむらい)の娘とするときにゃホイ 切腹覚悟で せにゃならぬ

十二と出たホイのヨサホイノホイ
十二単とするときにゃホイ かきわけかきわけ せにゃならぬ

十三と出たホイのヨサホイノホイ
巡査の娘とするときにゃホイ 手錠覚悟で せにゃならぬ

十四と出たホイのヨサホイノホイ
年増女とするときにゃホイ 口説き覚悟で せにゃならぬ

十五と出たホイのヨサホイノホイ
十五夜お月さんとするときにゃホイ ぴょんと跳ね跳ね せにゃならぬ

十六と出たホイのヨサホイノホイ
十六夜清心とするときにゃホイ 心中覚悟で せにゃならぬ

十七と出たホイのヨサホイノホイ
隣の娘とするときにゃホイ 垣根越え越え せにゃならぬ

十八と出たホイのヨサホイノホイ
十八娘とするときにゃホイ 処女か見分けて せにゃならぬ

十九と出たホイのヨサホイノホイ
特急列車でするときにゃホイ 車掌の来ぬまに せにゃならぬ

二十と出たホイのヨサホイノホイ
二重結婚するときにゃホイ 戸籍かくして せにゃならぬ



ヨサホイ京都篇 
でたワイのヨサホイのホイ
1ひとり淋しく残るのは 私ゃ死ぬよりなおつらい

2ふたりは遠くへだつとも 深く契りし仲じゃもの

3みんな前世の約束か ほんに浮世はいやなもの

4よもや京都にいたとても ずいぶんお体大切に

5いつものお言葉末永く 忘れてくれるな願います

6むりな願いかしらねども 足ふみしゃんすな花の街

7ながめしゃんすな迷うても 賀茂の育ちの京おんな

8やはりかわらぬその心 勉強しゃんせよ末のため

9こよい別れのこの野辺に 私ゃいつでも迷いきて

10とおい京都の空の雲 一人淋しく眺めます

オマケ
百前出たホイのヨサホイのホイ 
吉永小◎合とするときにゃ ♪北風吹きぬく~寒い朝も~
(『寒い朝』のここだけを歌う)
パンツ一丁でせにゃならぬ
(パンツ脱がしてせにゃならぬ)
(パンツ脱がねばできやせぬ)

百出たホイのヨサホイのホイ
山口◎恵とするときにゃ
♪プレイバック プレイバック
(『プレイバック Part 2』の該当箇所を真似る)
・・・でせにゃならぬ


ひとつ出たほいのよさほいのほーい
  一人娘とやるときにゃ   親の許しを得にゃならぬ

ふたつ出たほいのよさほいのほーい
二人娘とやるときにゃ 姉の方からせにゃならぬ

みっつ出たほいのよさほいのほーい
 みにくい娘とやるときにゃ 顔を見ぬようにせにゃならぬ

よっつ出たほいのよさほいのほーい
 よその二階でやるときにゃ 音のせぬよにせにゃならぬ

いつつ出たほいのよさほいのほーい
 いつもの娘とやるときにゃ あの手この手でせにゃならぬ

むっつ出たほいのよさほいのほーい
 昔の娘とやるときにゃ 思い出しだしせにゃならぬ

ななつ出たほいのよさほいのほーい
 質屋の娘とやるときにゃ 入れたり出したりせにゃならぬ

やっつ出たほいのよさほいのほーい
八百屋の娘とやるときにゃ 皮を剥き剥きせにゃならぬ

ここのつ出たほいのよさほいのほーい
 皇后陛下とやるときにゃ 直立不動でせにゃならぬ


一つ、一人するのは、一人するのは、
一人お○そと申します。お手々疲れます。

二つ、風呂でするのは、銭湯お○そと申します。後で流せます。

三つ、道でするのは、道端お○そと申します。蟻が集(たか)ります

四つ、呼んでするのは、芸者お○そと申します。金が掛かります。

五つ、磯でするのは、海岸お○そと申します。砂が混じります。

六つ 無理矢理するのは、狼お○そと申します。お手々まわります。

七つ 泣き泣きするのは、心中お○そと申します。これが最後です。

八つ 山でするのは、キャンプオソソと申します。猿が真似します。

九つ 肥えたお方は、土手が高いと申します。中は千畳敷(せんじょじき)

十(とお) 飛んでするのはジャンプオソソと申します。竿がしなります。







胸もふくらみ毛も生えて
 お尻も大きくなりました
青いパンティを膝まで下げて
はやくして はやくしないと ママがくる

ママがきましたママがきた
 わたしも仲間にいれてよね
青いズロース膝まで下げて
はやくして はやくしないと パパがくる


★『芸者のうた』
♪げいしゃげいしゃ しゅぽしゅぽ しゅぽしゅぽしゅぽぽ
♪ぼくらをのせて しゅぽしゅぽしゅぽぽ
♪はやいぞ はやいぞ 穴のなか つばきもとぶとぶ しおもとぶ
♪はしれはしれはしれ 絶頂だ絶頂だ 楽しいな  

 ★『女一人』
♪きょおおと いっぱつ さんぜんえん