2007年03月31日

初ワンマン御礼!

2007年3月30日金曜日、この日はスミスに取って一つの記念日になる事でしょう。
阪急六甲Maiden Voyageにて、初となるワンマンライブを行いました!

たくさんの人に来て頂きまして、こんな幸せはありませんでした!

前座を務めてくれた、大好きなババロワテンダー、共演者の黒いピアノ弾き、イケメンでキャーのケンケン、お世話になってるお馴染みメイデンのスタッフさん、そして、スミスを通じてつながった多くのお客さん、本当に有り難うございました!
一人一人に挨拶して感謝の気持ちを述べたかったんですが、あまり時間もなく…。
でも長い時間本当に有り難うございました。


皆さんのお陰で、Mr.Smithは幸せです。


19時を少し過ぎた頃、オープニングアクトのババロワテンダーが素晴らしいステージを魅せてくれました!また好きになりました。
07.3Mr. SmithMaiden ワンマンライブ







そして、スペシャルオープニングDJのイントロダクションに導かれて登場した、スミス。
1曲目は、スミスオリジナル第1号「ベッドにて」。
この曲からスミスが始まり、この日のライブも始まりました。

開演前のスミス、大きなワクワク感、少しの不安感、今までにないような緊張感がありました。平静を装ってみるものの、ワクワクは抑えきれませんでした。

曲は、今までの集大成、懐かしいカバー曲から、最新アルバムからのオリジナル曲。途中には、レコにも参加してもらったパーカッションのケンケン、ピアノの藤井をゲストに迎え、ステージにいつもと違う色を加えてくれました!
練習時間は短かったけど、一緒に曲をできて、本当に嬉しかった!
ステージ上で繰り広げられる目と音のコンタクト。あれは至高の瞬間!皆さんも、ミュージシャンの暗黙のかけひき、感じて頂けましたか?
藤井、ケンケン、有り難うございました!
07.3Mr. SmithMaiden ワンマンライブ
       







07.3Mr. SmithMaiden ワンマンライブ









第1ステージ最後には予定を変更、「言葉にできない」を演奏。

曲目
1.In the bed
2.What's going on (Marvin Gaye)
3.Love love love (Dreams come true)
4.It's good (ODE)
5.Back to the middle (India Arie) w/ ケンケン
6.Backstage w/ ケンケン
7.
8.Smile
9.10/29 w/ 藤井 崇洋
10.Good night, good bye w/ 藤井 崇洋
11.言葉にできない (小田 和正)


第2ステージは、黒いピアノ弾き、藤井のソロコーナーから。その指から繰り出される音は、唯一無二の彼の音世界!全てのジャンルを弾きこなす天才は、やはり魅せました。
07.3Mr. SmithMaiden ワンマンライブ








そこに、佐藤氏が加わり、彼が愛してやまないDonny Hathawayがカバーした名曲を歌いあげました。
そして、次は徳永氏の弾き語りソロ。
彼のどこか素朴で、どこか独創的な詞が、素敵なメロディーでギターに乗り、人々の心に届く。皆さんにもきっと伝わったはずですよね。スミスの曲もここから生まれます。

07.3Mr. SmithMaiden ワンマンライブ

07.3Mr. SmithMaiden ワンマンライブ









ソロコーナー以降は、前ステージのスーツ系フォーマル衣装から、いつもの服装になり、圧巻のステージを披露していきます。

いつの間にか、少しの不安感は消え、会場の空気が一つになっているような気さえしました。


今でも鮮明に覚えています。隣に居る相方の目を、あの場所に居て、スミスを聞いてくれたみんなの顔を。

この気持ちはいつまでも忘れてはいけないのでしょう。忘れません。

そして、22時過ぎてしまったにも関わらず、アンコールまでやらせてもらって、最高でした!


曲目
1.Black Pianist 藤井 崇洋ピアノソロ
2.For all we know 佐藤大輔+藤井 崇洋
3.徳永良太弾き語り
4.夜空ノムコウ(SMAP)
5.Sweet dreams
6.Layla (Eric Clapton)
7.She's in Afghan
8.Backsage
9.見上げた空で
10.Just don't understand
〜encore
Good night, good bye w/ ケンケン & 藤井 崇洋

07.3Mr. SmithMaiden ワンマンライブ
07.3Mr. SmithMaiden ワンマンライブ









演奏中の拍手、演奏後の励みになる言葉、笑顔、視線。リハ中にも、サポーター一同様からの花籠や、電報等が届き、その嬉しさにジーンときました。
支えられている事の喜び、感謝。有り難いって言葉だけじゃ、足りないようです。
足りない分は、音楽でお返ししていきます。


だって、Mr.Smithですから。


最大の感謝と、愛を込めて

Mr.Smith


mr_smith3 at 22:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔