ご訪問ありがとうございます。
登録していただくと、更新のお知らせをお送りできます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前のキーボードお手入れ記事でキムワイプというものを使いました。
IMG_6028

僕はよく使うのですが、なかなか日常生活では見かけないと思うので皆さんに紹介したいと思います。

キムワイプとは、特に理系の研究室で使うティッシュのようなもので、理系の方はお世話になっていることが多いと思います。
一箱200枚で200円くらいで、

ネット通販やプラモデルショップ等で手に入れることができます。
通常のティッシュと比べるとちょっと高級ですね(笑)

キムワイプは、実験器具や試験管、材料などを拭くときに使います。
なぜティッシュではないかというと、キムワイプは
・特殊な繊維でできていて、拭いても繊維が残らない。けば立たない。
・水を吸っても、水に溶けない。
という性質を持っているので、紙の繊維が残っては困るような用途に使います。
手触りは硬めなので、鼻をかんだりすると痛いと思います。鼻セレブとは真逆です。

ちなみに鼻セレブより高いです。

実験で寝泊まりすることが多い学生の中には、キムワイプで鼻をかんだり、メガネを拭いたりする人もいるようです…。けば立たないので眼鏡ふきには向くかもしれませんね。

IMG_6029

ご家庭でも、鏡をちょっと拭いたり、窓をちょっと拭いたり、油拭きに使ったり、表面に繊維を残したくないような場所を拭くときに使えますね。

キムワイプは、アルコールを付けて使うことが多いです。
アルコールは殺菌作用が強く、油を溶かす作用もあるので、テーブルのしつこい汚れなどはアルコールを使うとよいかもしれません。アルコールは揮発性が高く、すぐ乾くので乾拭きもいりません。

ところでキムワイプは、その箱が人気で、箱を使った「キムワイプ卓球」なるものが、理系大学院生の間で行われることもあるようです。僕もやってました。ラケットと違って全然飛ばないのと、箱をラケットにして大学院生が卓球をする姿がなかなかおもしろいです。

それくらい、理系大学院生は研究室で生活をすることが多いということですね…。よくわかります。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

IMG_6027

一家に一箱、キムワイプでした。


↓ブログ村のランキング参加しています。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 男子大学院生へ
にほんブログ村