2008年07月23日

080723 八王子通り魔事件

八王子殺傷、容疑者「犯行直前に包丁購入」…動機追及へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
八王子殺傷、容疑者「犯行直前に包丁購入」…動機追及へ

 東京都八王子市の京王八王子駅ビル9階の「啓文堂書店京王八王子店」で22日夜、店内に入ってきた男に女性2人が包丁で襲われ、1人が死亡、1人が負傷した事件で、警視庁に殺人未遂容疑で逮捕された会社員菅野(かんの)昭一容疑者(33)が今年5月、同市内の金属部品製造会社で正社員への採用を前提に働き始めた直後、機械で指を骨折し、長期間の休職を余儀なくされていたことがわかった。
Click here to find out more!

 菅野容疑者は「仕事がうまくいかず、ムシャクシャしてやった」などと供述していることから、同庁は容疑を殺人に切り替え、動機との関連を調べている。

 勤務先の金属部品製造会社によると、菅野容疑者は5月8日から約1か月後に正社員となる約束で「社員試用」として働き出したが、同15日に工作機械に右手の指3本を挟まれて骨折。同月末まで入院した後は自宅で療養し、9月に職場復帰の予定だった。採用時の面接では「これまで派遣社員として部品の組み立て作業などをやってきた。モノ作りが好き」などと話し、同社専務(30)は「仕事を巡るトラブルはなく、不満も聞いていない」としている。

 同庁幹部によると、菅野容疑者は22日午後9時30分ごろ、書店の本棚を整理していたアルバイト店員で、中央大学文学部4年の斉木愛(まな)さん(22)に無言で近づいて包丁で左胸を一突きして殺害し、近くにいた女子大生(21)の右胸も包丁で切りつけたという。読売新聞より


またしても凶悪な通り魔事件。何の罪もない女子大生が、将来の夢を奪われた。容疑者は、誰でもよかったと身勝手なことを言っているが、殺された方はたまったものではない。なんで、こう短絡的に殺人事件になっていくのだろうか?昔からこうした事件はあったと主張する人たちもいるが、背景に社会状況や時代としての特徴があるように思えてならない。

一方でメディアに登場する精神分析医や犯罪心理学者の言葉には、土浦、秋葉原と、こうした事件がいろいろ続くなかで、なるほどという実感を持てたものは少ない。発生直後の状況がよくわからない中ではコメントも難しいのだろうが、ここは、きっちりと聞きたい気がする。

mrboohama at 23:02│Comments(0)TrackBack(0)主なニュース | 事件

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字