企業の未来をデザインする|株式会社ミスターブレーン

ミスターブレーンは、南大阪・泉州地域の中小・零細企業を専門とした堺市発のデザイン会社です。コミュニケーションデザインを企画しブランディング、SDGsビジネス、チラシ・ パンフレット・会社案内・ホームページ・リクルートサイト・看板の企画デザイン・展示ブースの施工まで対応します。

企業の魅力を最大限に引き出し中長期的な経営につなげることを目的とした堺市発のデザイン会社
株式会社ミスターブレーン
http://www.mrbrain.jp

S__104931332

兵庫県三木市にある、三木商工会議所様にて
ブランディングセミナーを開催させていただきました。
三木市は、金物と酒米路、そしてゴルフが盛んなみどり豊かな街です。 
 
セミナーでは、ブランド作りからマーケティング方法などをお話し、グループワークを行いました。
そしてグループワークでは皆さんに三木市のブランディング方法について真剣に考えていただき
発表していただきました。

三木市は西日本でゴルフ場が一番多い都市。
この特徴を活かして今後ブランディングを行われます。

「三木市×ゴルフ」
実現できるよう心から応援しています。
ありがとうございました。

代表取締役 福田 仁
S__18604053
 
S__104931330

S__105947138


当社がデザインした古墳Tシャツは、現在、ふるさと納税返礼品サイトのみでの販売をしております。インターネット上のECサイトなので販売されていますが、すべて偽サイトですのでご注意ください。
偽サイトには当社名まで記載されておりますが、一切関係ありません。古墳Tシャツは納税返礼品サイト、もしくは当社ホームページのお問い合わせからご注文ください。ご迷惑おかけしておりますが、よろしくお願いいたします。
nise
株式会社 ミスターブレーン
http://www.mrbrain.jp
 

大阪府堺市でデザイン事務所を営む株式会社ミスターブレーン(所在地:大阪府堺市西区浜寺船尾町西5-50/代表取締役 福田仁 フクダヒトシ)が、SDGs推進を目的に堺市の事業者に向けて企業オリジナルのSDGs Tシャツの制作を2021年4月1日(木)から開始します。
tsyatu


堺市で事業をおこなう企業に向けて、企業オリジナルのSDGsTシャツ作成し、SDGsに取り組むきっかけを作ります。SDGsの目標を達成するためには国や行政だけでは達成できません。街に根付いた企業の一人ひとりの協力が必要です。また当社で運営する取材サイト「堺商人インタビュー」のデータから、ほとんどの方がSDGsを知らない、もしくは知っているが取り組んでいない。また何から取り組んで良いのか分からない。という回答がほとんどです。しかしSDGsについては皆さん関心があります。そういったデータを踏まえて、誰でも簡単にSDGsに取り組める方法として、企業の皆さんにSDGsのTシャツやポロシャツをユニフォームとして着ていただき、SDGsへの認知と関心そして取り組みにつなげます。
また堺市はSDGs未来都市に認定されており、古墳のマークになったSDGsマークを使用していますので、このマークをTシャツに使用し、SDGs推進と世界遺産である百舌鳥古市古墳群の認知にもつながり堺市の豊かな街づくりに貢献できると考えています。

logo-1

制作の流れ
1.まず企業に対してSDGsについて説明
2.その企業にあったSDGsをいっしょに考え社内で共有
3.当社からデザイン案を提案
4.デザイン案を、企業から堺市環境都市推進部に提出し承認を受ける
4.承認を受けたデザインをTシャツにする

SDGsについて
2015年9月の国連サミットで世界が合意した2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され「地球上の誰一人として取り残さない」を基本理念に構成されています。

当社について
当社は地方創生に貢献することを目的に、大阪府堺市をはじめ泉州地域の中小・零細企業の潜在能力を最大限に引出し、中長期的な経営につなげるためのサポートを事業として、泉州地域の街づくりに取り組むデザイン事務所です。
代表の福田は、一般社団法人堺高石青年会議所に所属していた頃にSDGsのさまざまな事業に携わりその経験を通じて現在もSDGs推進に取り組んでいます。

堺商人インタビューページ http://www.mrbrain.jp/sakai 「堺商人インタビュー」で検索
SDGsTシャツページ http://mrbrain.jp/lp/t-shirt

堺市の優良ホームページ制作会社7社として紹介されました。
ホームページの制作をどこに頼んでいいのか分からない。そんな方のためのポータルサイトです。
ホームページ制作をお考えの方は、ご覧になって役立ててください。
webkanji_goodthings

スクリーンショット 2021-01-18 16.39.38

WEB幹事

https://web-kanji.com/posts/sakai-city
 

10th_omote
株式会社ミスターブレーンは、2020年10月22日をもちまして創業10周年を迎えることができました。 この節目を迎えることができたのは、皆さまからの多大なるご支援の賜物であり、改めまして深く感謝と御礼申し上げます。

 2010年10月、お客様にとって欠かせないブレーンとなる(mr brain)を社名の由来として、堺市で創業いたしました。 創業当初は、経営の事が分からず諸先輩方にいろいろと教わり試行錯誤して歩んでまいりました。  そしてこの10年間、沢山のお客様と出会うことで、いろいろと経験し学ぶことで当社の目的が明確になりました。

当社の目的は、南大阪・泉州地域の中小・零細企業の潜在能力を最大限に引出し、中長期的な経営につなげることを目的としたデザイン会社です。 魅力や特徴など自分では分からない、そういった潜在能力を引き出し、その能力を消費者に伝えることが長期的な経営につながります。  

現在、新型コロナウィルスの影響により世界経済は未曽有の危機に突入しております。 弊社においては、影響を受けている企業のサポートにも積極的に力を入れ、この世界的危機を乗り越えて行けるよう、 お客様と共に成長していきたいと考えております。  これからも1年1年を大切に積み上げながら次の5年、10年につなげていけるよう誠心誠意努力を重ねて参ります。 今後も格別のご愛顧ならびにご支援賜りますよう心よりお願い申し上げます。
 
株式会社ミスターブレーン 代表取締役 福田 仁

Tシャツ_返礼品
堺市のふるさと納税返礼品に、当社でデザインした古墳Tシャツが選定されました。
仁徳天皇陵古墳をモチーフにし、古墳本来の形を知ってもらえるデザインになっています。 

2020年6月から販売が開始されています。また秋ごろには楽天でも販売される予定です。
堺市の古墳にPRにつながると嬉しいですね。
よかったらご覧になってください。

ふるさとチョイス

design
topページの写真は、当社の目的をイメージした写真です。 (すべてロイヤリティーフリーです)

当社の目的:
企業の未来をデザインする。
大阪泉州地域の中小・零細企業の潜在能力を最大限に引出し、 中長期的な経営につなげることを目的とした、未来のためのデザイン会社。


そして、この目的を追求することで 街の企業が成長し地域経済全体の活性化につながり、そして「人」と「仕事」の好循環を生み出すことで、住み続けられるまちづくりに貢献できると考えています。


泉州エリアの中小・零細企業専門|堺市発のデザイン会社

株式会社ミスターブレーン

http://www.mrbrain.jp       

大阪府堺市でコミュニケーションデザインを行う、株式会社ミスターブレーン(所在地:大阪府堺市西区浜寺船尾町西5-50 1/代表取締役 福田仁 フクダヒトシ)が、大阪の泉州地域でこれから店を開業する方に向けて、廃業しないための店づくりサポート「商売繁盛キャット」サービスを2020年4月からスタートしました。

スクリーンショット 2020-04-03 18.34.06

「背景」

店舗の廃業率は非常に高く、経済産業省によると飲食店の場合、1年未満で閉店した割合は34.5%2年以内で閉店した割合は15.2%。合計すると49.7%となり、約半数の飲食店が2年以内に閉店しているというデータもあります。さらに開業3年では約7割が廃業し、10年後も営業している飲食店はわずか1割程度と言われています。

 

「目的」

この負の連鎖をただちに食い止め、沢山のお店でにぎわう活気あふれる街を取り戻し、泉州をはじめ日本中の街が活気づくことを目的とする。そしてこの緊急事態宣言期間を開業の準備期間としてポジティブに考えていただきたい。

 

「原因」

廃業となる大きな原因の一つは、競合店の存在です。近年、インターネットで人気のお店を簡単に探せますし、スーパーマーケットやデリバリーなどの充実したサービスによって、同業者以外にも競合が沢山いるので、お店の経営はますます難しくなっています。また、お店を開業される多くの方が、自分の腕前と「立地とオシャレなお店」があれば流行ると自信をもっています。しかし、腕前があって「立地とオシャレなお店」は世の中にたくさんあるので、それだけでは、ほとんどの店が廃業に追い込まれてしまいます。

 

「解決方法」

必要なのは、ここでしか味わえない独自の価値を作り、お店のファンを作り長期的な経営につなげるための店舗ブランディングが必要になってきます。世の中には、容姿が美人はたくさんいますが、内面まで美人は少ないと思います。また美人は3日で飽きると言うように、人も店も末永く付き合うには、やはり内面も大事になってくるのではないのでしょうか。その考えから、お店の内面にあたるモノが「店舗ブランディング」になります。


「立地とオシャレなお店」→外見

 

「店舗ブランディング」→内面

sikumi


当社では外見と内面の両方を
美人にすることを目指す。




全体の流れ

オーナー様とともにブランド構築した上で、お店を作っていきます。 

 
ooo

「商売繁盛キャット」で検索 https://s-cat.net
 

↑このページのトップヘ