2011年03月

2011年03月29日


震災時の強い揺れで、お客様の家も様々影響が出ました。

一番多いのは棟瓦のずれ、また瓦の落下など瓦屋根に関することです。

お客様から修復の依頼があった時、すでに瓦屋さんは多くの問い合わせが
殺到しており、なかなかすぐに工事を行える状態ではありません。

まずは雨が漏らないよう、ビルドのスタッフでシートなどで養生を行いました。
その後、瓦屋さんも大変な中、お客様の屋根の状態を見に行き、応急処置をして
下さり今に至ってます。

これから順次工事を行って参りますので、もうしばらくの間お待ちください。


今日は地震で壁が崩落した現場です。

地震後、モルタルの壁の一階部分が崩落してしまいました。天気予報も雨であったため、ブルーシートで養生をしに行きました。この時はすぐに田中大工さんが動いて下さり、大変助かりました。


P1030587P1030588

崩落した部分は下地の木が腐っており、白アリに食べられていました。
どこまで安全かしっかりと把握するため外壁一面を解体することにしました。

P1030600

P1030610

ヒバの木は強い木ですが、ここまで崩壊していました。

P1030612

外壁モルタル面が撤去されました。次は貫板を取り、腐った土台は新しく交換します。
また柱、筋違なども新しく入れて補強します。

地震は怖いものですが、屋根を軽量化する、壁を増やす、筋違を入れるといったことを
すると地震に強い住まいになります。

地域の皆様の、住まいの安心、安全をご提供していくのが私達の使命です。
安心な住まいをお考えの方はミスタービルド生田へお気軽にご相談ください。




mrbuild at 21:57コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月26日

先日、パーフェクトウォールを塗りましたお客様の現場で、今回はリビング、キッチンのクロス貼り替え工事です。新しいビニールクロスに張り替えるのではなく、拭き掃除のいらない布クロス「すっぴんクロス」を張ります。

ビニールクロスと違い、布クロスは呼吸をしますので、調湿性があり、ダニやカビの発生を抑えます。静電気も発生しないため、タバコのヤニや埃を吸い寄せないため、汚れることなく味のある風合いに変化していきます。

まずは既存のビニールクロスを剥がしていきます。

P1040352

剥がし終えた後、平滑でない部分はパテで処理し平らにします。

そして化学物質が入っている接着剤は使用せず、人と環境にやさしい、昔ながらのでんぷん糊「こむぎちゃん」で布クロスを張っていきます。

P1040359
主原料が小麦、タピオカ、コーンスターチという食品です。お酢も加えていますので、カビやすいということはありません。

食べられる材料だけで作った、自然素材原料のてんぷん糊です。




P1040365P1040367

3人の内装職人が手際良く布クロスを張っていきます。

P1040375

取り外した照明、カーテンレールなどを付けて完成です。

P1040379

和室との仕切りの襖にも「すっぴんクロス」を張りました。

P1040380

P1040377

空気がおいしくなるとお客様に喜ばれているクロスです。

ビニールクロスより多少お値段は高くなりますが、化学薬品を使わないこの布クロスを皆様の住まいの壁紙にぜひお勧め致します。

健康素材 リフォーム自然素材 リフォームをお考えの方はミスタービルド生田へお気軽にご相談ください。



mrbuild at 21:17コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月24日


西三田団地リフォームは天井の下地を作っています。

前日に取付けた垂木に、石膏ボードやベニヤを張っていきます。

P1040325

古い団地なので、なかなか矩(直角)がそろっていなく、合わせるのも大変です。
真剣な表情で調整する伝統資材施工士、田畑大工。

P1040327

P1040332

こちらのお客様はキッチンが先に付いた為、石膏ボードの厚さだと吊戸棚の扉が開かないことがわかりました。その為こちらの天井下地はボードより薄い4㎜のベニヤにしました。

天井の下地が出来上がると、仕上げのクロス工事になります。


P1040344

最後は掃除をして埃を取って終了です。

西三田団地のリフォームも大工工事が終わりに近づいてまいりました。
大工工事が終わると塗装工事、クロス工事など仕上工事が始まります。

西三田団地 リフォームをお考えの方は、ぜひミスタービルド生田へご相談ください。





mrbuild at 20:10コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月22日


西三田団地のリフォーム工事も終わりに近づいてきました。

11日に地震があったときも大きな被害もなく、以降も休むことなく
毎日工事は続いてきました。

2棟同時着工なのですが、少しづつ工事内容が違いました。

こちらの写真のお客様は、天井部分はクロスの張り替えでしたが、
ご友人の現場と同様に、新しく天井を作ることにしました。

追加工事のため、一度養生をとってきれいに掃除したキッチンや家具を
再度養生します。下の写真や養生を取った状態の完成したキッチンです。

P1040281

P1040285

2月にパナソニックのショールームでお選びしたキッチンです。
レンジフードだけ団地の構造上の納まりを考慮してサンウェーブ製です。

今度は厳重に養生してます。埃が入らないようにするため、テープ付の養生シートを床から付けて覆い、また上からも二重で付けました。


P1040291

P1040295

養生はバッチリです。新しいキッチンも同様に埃が入らないようにしました。

P1040317P1040321

垂木材を使って天井の下地を作っていきます。西三田団地の天井は
廻縁に向かって少し弧を描いて納まっています。少し天井は低くなり
ますが、すっきりとした新しい天井になります。

後は石膏ボードを張って天井下地が出来上がります。


西三田団地 リフォーム をお考えの方はミスタービルド生田へお気軽にご相談ください。





mrbuild at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月20日


余震がいまだ続き、被災地や原発の状況、計画停電など、不安な日々が続いておりまして、なかなか現場日誌をお伝えしづらいところもありますが、今日から現場のことを書かせて頂きます。

パーフェクトウォールという左官材を壁と天井に塗ります。

ビニールクロスで覆われ、カビが生えてしまったお部屋を、また新しいビニールクロスで張り替えるのではなく、調湿性があり、空気の気持ちが良いお部屋となるように塗り壁にします。

ただし珪藻土の塗り壁ですと、一度下塗りを行う必要があるので価格がどうしても掛かってしまいます。

今回のこのパーフェクトウォールは、ビニールクロスの上から下塗りをせず、一発で仕上げができるので、価格が抑えらえます。

調湿性は珪藻土程ありませんが、漆喰の1.5倍程度はあります。

まずは養生です。ブルーシートで床を覆います。

P1040261

養生が終わり、天井から塗っていきます。

P1040269

P1040271

乾きが早いため施工時間は短くなりますが、職人さんは大変です。

P1040276

壁は天井と少しパターンを変えました。
真剣な表情でパーフェクトウォールを塗る森田工業の小口さん。

完成写真は、また今度アップ致します。
8畳ほど寝室で2時頃工事は完了しました。

健康で、安心、安価な建材をこれからも使って参ります。








mrbuild at 21:32コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
プロフィール

mrbuild

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ