昭和なつかし奇譚クラブ分譲写真 − Japanese Bondage Photos presented by "The KITAN CLUB" in 1951-'75

 昭和のよき時代、奇譚クラブという雑誌がありました。記事に使う目的で撮影した緊縛写真を分譲してくれました。今では滅多にお目にかかれない貴重な品なのですよ。そのオリジナルの緊縛写真のみをアップいたします。 皆様の秘蔵品もよろしければいかがでしょうか・・・。

 偶々手元に置くことになりました約2,000枚に及ぶ、50年代から75年の奇譚クラブの分譲写真を掲載します。
 奇譚クラブ以外の写真は、http://blog.livedoor.jp/mrkinbakusyashin/ http://minomurakoh.doorblog.jp/ 生理帯写真は http://blog.livedoor.jp/dannamurakami/ を御覧下さい。

158) 1954年の切腹写真

 ご縁というものは不思議なもので、V組、SM組ほぼ全数という貴重な資料を頂戴しましたのを契機に、ネットオークションなどでたて続けに新資料を入手出来ました。過去の重複を含めて、あっという間に500枚近くの写真が増えた計算になります。
 あれもスキャンしたい、これもアップしたい、川端嬢もまだ残っていると、あれこれ手を付けておりますと、写真がバラけて参ります。それで、空ページのみ作っておいて、中味は少しずつ埋めていこうと考えました。

 ここでは、1954年(昭和29年)に発売されたと思われる、切腹写真を、無修正カラースキャンの分よりお目にかけます。B&W修整分は追い追い追加致します。



158-0) 奇クの紹介ページ
158-奇ク1959/10c 奇譚クラブ 1954年10月号のオフセットページに「女性切腹画2題」として、靱和仁古の名で絵画と「切腹擬態写真」一葉が掲載されています。
 一方、同年1月号では「女性切腹姿態 第一集」 手札6枚組が発売、解説は「熱烈な要望により、川合伊都子さんから送られた写真を参考にして新に撮映したものを加えてこゝに第一集を発表した。切腹マニアの一見を希望する。」となっております。切腹マニアから、絵や写真の提供を受け、それを元に写真撮影したという意味でしょうか? 真実そうなのか、悪書に眼を光らせている官憲への方便なのか、私には判りません。
 左側の絵は、村田嬢や萩嬢に似ていますね。



158-01〜03) モデル不明 前項写真の同時撮影分
 B&Wの修整したものをアップ致します。'16 10/23
   

158 切腹13??Mc158 切腹13??Cb


158 切腹14??Mc158 切腹14??Cb


158 切腹15??Mc158 切腹15??Cb



158-04〜09) 伊吹真佐子嬢 
 手札サイズの切腹写真は、冒頭のものを除き次のように発売されました。
  5月号 「女性切腹姿態 第二集」(6枚組)
  8月号 「血紅使用の切腹擬態寫眞 第一集/第二集」(各6枚組)
       「真刀を用いた切腹擬態寫眞」(6枚組)
  11月号 「切腹写真立腹 光沢面薄手印画紙焼付」(3枚組)
 その後は白表紙時代、55年10月号で「女性切腹『立腹』(たち)」2枚組となっております。
 この伊吹嬢の6枚が、上記のどれに当たるのかは全く判りません。広告にはモデル名が全く出ていないからです。皆様のご意見をお聞かせいただければ幸いです。

158 切腹01伊吹Mc158 切腹01伊吹Cb


158 切腹02伊吹Mc158 切腹02伊吹Cb


158 切腹03伊吹Mc158 切腹03伊吹Cb


 3枚アップしたところで、ちょっと一服です。
 姿勢が崩れているので、上品さも気品もありません。正統的切腹マニアのかたからは嫌われそうな写真ですね。 (09 の修整分を追加しました 10/23)
 カラースキャン分をご覧いただくとお分かりでしょうが、画像の劣化激しく、数多くのホコリが付着しておりました。とりあえず2枚は黒白での修整分をご覧いただきますが、一枚の修整に一時間以上かかっております。そんなわけで作業遅々として進んでおりません。
 でも、こうして改めてみますと伊吹嬢ってお肌がなめらかで美しいかたです。「化粧をすればするほど変になる」モデルさんらしいのですが、化粧しなければ美人です。
    
 
158 切腹04伊吹Cb

158 切腹05伊吹Cb

158 切腹06伊吹Cb


158-10〜12) 村田那美子嬢   
 多分、村田嬢で間違いないと思っていますが、私の見違えかも知れません。何しろこの当時この髪型が流行ったのか、村田嬢、萩嬢その他何人かのモデルさんが、角度によって同じに見えてしまうのです。 
 
158 切腹07村田Cb

158 切腹08村田Cb

158 切腹09村田Cb


158-10〜12) 坂口利子嬢
 最後は、これまた推量ながら、坂口利子嬢だと思います。

158 切腹10坂口Cb

158 切腹11坂口Cb

158 切腹12坂口Cb
   


 

157) 一宮百合子 美木乃々子 刑部典子 アルバム

 一宮百合子嬢の写真について表題だけでコメントをいただきましたので、早急に揚げねばなるまいと思い、とりあえずあるものをご覧いただきます。
 1966年8月号でアナウンスされた(るり)5枚組「股間縛苦悶表情集」全てと、(るれ)4枚組「逆エビ強烈縛り」中2枚です。
 その後、美木乃々子の(ぬへ)5枚組と続きます。
 そうそう、これらの写真ですが、フエルアルバムに貼り易くするために、周辺をカットしてあります。そのため縁なしになっていますので、こちらも縁無し写真としてスキャンしております。変形写真も出て参りますがご容赦下さい。
11/27に13〜16をアップしました。   


157-01〜05) 一宮百合子(るり)5枚組「股間縛苦悶表情集」
 「股間縛りの裸身を動かされることによって起る縄目の苦痛を、その全身と顔面の表情に現した美しい悦虐の模様。今や彼女はこぽれんばかりの色気を全身に湛える。」 と解説されています。  

157 一宮百合子 るり001c157 一宮百合子 るり002c






157 一宮百合子 るり003c157 一宮百合子 るり004c

157 一宮百合子 るり005c157 一宮百合子 るり005d

 この05だけちょっと柔らかく細工してみました。印画が硬くて女性の顔の滑らかさ、柔らかさが出てなかったからです。ブラの刺繍模様が再現できていないのも気になりました。しかし、ほぼ純白で元の印画でも見分けが付かない模様なんて、後でどんなにいじっても出てきませんでした。右左、どちらがいいでしょうか?

157-06・07) 一宮百合子(るれ)4枚組「逆エビ強烈縛り」中の2枚
 「両手を後手に高手小手に縛りあげられた縄尻を背中から足首に連結されて引絞られると、身体の前面が全く無防備にさらけ出されて縄もちぎれよともがき抜く。」 のうちの2枚です。

 解説文そのままの写真が抜けているようです。  
157 一宮百合子 るれ006c157 一宮百合子 るれ007c


157-08〜12) 美木乃々子(ぬへ)5枚組「猿ぐつわ全裸縛り」
 65年11月号で発表された(ぬへ)5枚組。解説は「豆絞りの猿ぐつわの他は、一糸纒わぬ全裸に剥れた女体を厳重な高手小手胴縛りにされて、さまざまなポーズを強制されている八等身の美女の哀れな姿態。」とされています。
 このブログ114頁の、HASSAN様から頂戴したものと同じでございます。スキャンの都合で組内の順は異なっておりますがご容赦下さい。白枠がカットして貼り付けてありましたので、スキャンも縁無しで処理しています。
 また、特に12はアルバムに貼る都合でしょうか、上下がかなり大きくカットされておりました。イヤHASSAN様のも同じですね縦横比は。とすると、元々のプリントが6×6ネガなんで、余白を残して焼き付けられていたんですね、きっと。
 随心院様から「美木乃々子」三木→美木 とのご指摘をいただきましたので訂正致します。 
157 三木乃々子 ぬへ008c157 三木乃々子 ぬへ009c

157 三木乃々子 ぬへ010c157 三木乃々子 ぬへ011c

157 三木乃々子 ぬへ012c


157-08〜12) 刑部典子(けた)5枚組「黒褌猿ぐつわ縛り」
 66年7月号で発表された(けた)5枚組です。解説は「黒フンドシ一本の裸身をぎゅうぎゅう縛りあげられ、息もつがせぬ猿ぐつわが大きく口を掩うと、パチリと澄んだ瞳が、一層哀婉味溢れる表情で流し目を送るのだ。」。
 本サイト、80Pの08a〜gでお目にかけたものと同じですが、80頁では7枚の内どれが(けた)5枚かは判りませんでした。今回は全ての写真の裏に「けた」と鉛筆書きしてあります。 
 
157 刑部典子けた001d157 刑部典子けた002c

157 刑部典子けた003c157 刑部典子けた004c

157 刑部典子けた005c


157-13〜16) 東浦ひかる(むく)4枚組「オムツの股間しぱり」
 1963年3月号で発表された、(むく)4枚組です。裏面に「むく」と鉛筆書きしてあります。
 解説は「口には頬もくびれよと厳しい猿ぐつわ、ゴムのオシメカバーの半ばはずれかけたボタンの間から浴衣地のオシメがむざんにものぞいている。胸から腹、そしてカバーの上からの股間縛り。荒々しい男の足で踏みつけられて喘ぐひかるの豊かな裸身。」となっています。
 それにしても、このアルバムはバラエティーに富んでいるというか、何でもアリというか・・・。奇ク以外にも風奇・裏窓関連、吉田氏・濡木氏の関係と思われる写真も入っておりました。  
157 東浦 むく012c157 東浦 むく013c

157 東浦 むく014c157 東浦 むく015c


157-17〜19) 山原清子(ろす)3枚組「股間縛正面表情」
 1965年12月号で発表された、(ろす)3枚組です。  
 解説は「豊胸をくびれる程縛った麻縄が身体をタテに割り裂く微細の縄目の行方を正面と背面から大写しによって鮮鋭なレンズの眼を通していきいきと描写しました。」
 このころのマミヤCシリーズは、105个鯢現燹65个広角の頃だったでしょうか? わたしが使っていたのは、80个55个任靴燭。妙に構図か窮屈なのは毛を隠すためではなく、顔でもなく、縄の表情を撮りたかったんだと思います。マニアックとはこのことを言うのでしょうか。多分元の印画紙には上か下に大きな空白があったと思います。
157 山原清子ろす001c157 山原清子ろす002c

157 山原清子ろす003c
  











156) V組百態 (供

Under Construction.

155) V組百態 (機

V組 入手状態 私が持っております奇ク分譲写真ですが、最初はひょっとしたご縁から、大量の写真を手に入れたものでした。一部は整理してアルバムに貼ってありましたが、多くはバラバラで段ボールに入っており、モデルや組名の特定に相当の時間を食いました。
 その後、新たに幾ばくかを買い求めて参りましたが、古書店が少なくなり、出物もなく、ここ4〜5年は新規に求めることが出来ませんでした。
 それがこのたび、新たなご縁がありまして二百数十点の写真を入手できました。中味はV組とSM組ほぼ全数。しかも左の写真のように、奇ク分譲時の元封筒入りという、価値の高い資料で、保存状態も最高のものでした。
 お譲りいただいたかたも、このブログをご存じだったようですが、良きご縁に感謝しつつ掲載して参ります。
 私自身奇クの写真を直接買ったことはございません。すごく欲しかったんですよ。でも中学か高校生のころで、家に送って来られると親にバレるし・・・・。
 ですから今回の品を見るまでは、1960年代から出た英字組(多くは各組100枚で1枚100円程度でバラ売りされていた)が、1枚1枚番号入りの封筒に入っていた事を知らなかったのです。

 V組百態は初出が1971年12月号。[極最新版]新人M女性羞恥責め、と表題が付いております。画面に大きな空きが出ますが、まずはV組の写真全部の表題をお目にかけます。

V001 足挙げ羞恥責め 深田菊子       V051 料理される女体 高村浩子   
V002 トイレ排泄強要 三浦純子       V052 美肌に映える縄 荒尾慶子   
V003 完全二つ折締め 三浦純子       V053 両手両足開責め 三浦純子   
V004 逆エビ凄絶苦悶 前田真知子   V054 剃毛責めの結果 荒尾慶子   
V005 超強烈エビ責め 三浦純子       V055 人の字型羞恥縛 江口淑子   
V006 荒縄柔肌いじめ 前田真知子    V056 浴室での浣腸責 江口淑子   
V007 全裸縛玄関晒し 三浦純子       V057 股間に喰込む麻 深田菊子   
V008 ネどうでもして 高村浩子       V058 浣腸責めのあと 福井桃子   
V009 蝋燭責後手縛り 富田由美子   V059 黒髪前に垂れる 福井桃子   
V010 羞恥の源を抉る 江口淑子       V060 スナックで縛る 福井桃子   
V011 妊婦縛りの圧巻 富田由美子   V061 喰込む股間縄責 江口淑子   
V012 菱縄縛正面開放 江口淑子       V062 責めに呻くM女 高村浩子   
V013 正面の妊婦縛り 富田由美子   V063 片足挙げ開股縛 江口淑子   
V014 麗しのマドンナ 荒尾慶子       V064 菱縄悲し女泣く 江口淑子   
V015 両手挙前面晒し 福井桃子       V065 M女を責め尽す 前田真知子 
V016 強烈浣腸ポーズ 高村浩子       V066 引回される全裸 江口淑子   
V017 後手吊上げ猿轡 高村浩子       V067 尻立蝋燭悦虐責 福井桃子   
V018 胡坐縛りの羞恥 江口淑子       V068 羞恥責を待つ女 深田菊子   
V019 ゴム人形の恐怖 江口淑子       V069 凌辱に捧げる体 高村浩子   
V020 菱縄股間縛前面 深田菊子       V070 剃毛の女体展開 荒尾慶子   
V021 柱縛り開股強要 福井桃子       V071 被縛者のマダム 江口淑子   
V022 鮮烈股間縛の縄 深田菊子       V072 縄の山と浣腸器 福井桃子   
V023 本格的な麻縄責 前田真知子   V073 強制足挙臀部晒 高村浩子   
V024 強烈麻縄の緊縛 前田真知子   V074 厳重菱縄緊縛責 江口淑子   
V025 正面股間縛晒し 高村浩子       V075 両手両足吊り責 江口淑子   
V026 両足吊りの苦悶 江口淑子       V076 白肌に喰込む縄 荒尾慶子   
V027 店での全裸縛り 福井桃子       V077 全裸一直線開股 福井桃子   
V028 豊満な女体開陳 福井桃子       V078 裏門を開放する 深田菊子   
V029 恍惚バイブ責め 江口淑子       V079 豆絞りの猿轡縛 深田菊子   
V030 マダム責の哀愁 江口淑子       V080 後手胴締股間縛 深田菊子   
V031 開股強制棒責め 前田真知子   V081 強烈海老責地獄 江口淑子   
V032 大の字片足挙げ 高村浩子       V082 大の字縛り正面 高村浩子   
V033 雁字細目の女体 江口淑子       V083 足挙げ強制開陳 高村浩子   
V034 足挙げ責の羞恥 江口淑子       V084 海老責の耐久度 荒尾慶子   
V035 淫虐蝋燭の挿入 福井桃子       V085 猿轡咽喉輪縛り 三浦純子   
V036 海老開脚強制責 深田菊子       V086 後手吊上げ責め 三浦純子   
V037 全裸立像後手縛 富田由美子   V087 羞恥責臀部露出 三浦純子   
V038 麻縄逆エビ惨酷 前田真知子   V088 柔肌に喰込む縄 荒尾慶子   
V039 美女の全裸縛り 荒尾慶子       V089 淫虐に晒す女体 高村浩子   
V040 マダム全裸開陳 江口淑子       V090 マダム開股の図 福井桃子   
V041 後手錠吊上げ責 江口淑子       V091 がっちり後手縛 深田菊子   
V042 女体美を晒して 深田菊子       V092 無惨白肌の縄痕 前田真知子 
V043 高々と後手緊縛 福井桃子       V093 妊婦大の字縛り 富田由美子 
V044 猿轡に悶える女 高村浩子       V094 開脚を強要せよ 富田由美子 
V045 太鼓腹全裸正面 富田由美子   V095 引回される妊婦 富田由美子 
V046 菱縄股間縛猿轡 前田真知子   V096 強烈麻菱縄掛け 前田真知子 
V047 苛酷の宴果てて 高村浩子       V097 股間縛の引回し 江口淑子   
V048 美しき緊縛女体 荒尾慶子       V098 正座する股間縛 荒尾慶子   
V049 エビ責めの序曲 江口淑子       V099 荒縄後手二つ折 前田真知子 
V050 猿轡に呻く麻縄 高村浩子       V100 椅子開股羞恥責 前田真知子 

 ごめんなさい。行数を節約したくて2列にしたら、いっそう乱れてしまいました。


V001「足挙げ羞恥責め」深田菊子
V001




V002「トイレ排泄強要」三浦純子
V002V003からV007は持っておりません。

V008「ネどうでもして」高村浩子
V008顔が陰になっており、少しでもディテールを出すために微妙な調整を繰り返しました。


V009「蝋燭責後手縛り」富田由美子
V009 富田由美子c

V010「羞恥の源を抉る」江口淑子
V010

V011「妊婦縛りの圧巻」富田由美子
V011

V012「菱縄縛正面開放」江口淑子
V012

V013「正面の妊婦縛り」富田由美子
V013

V014「麗しのマドンナ」荒尾慶子
V014 「麗しのマドンナ」ネー。もしこれが、写真だけあって番号と題名を探す作業でしたら、完全にお手上げです。良質な資料の有難いところです。
 きれいな写真ですのでピントアップはほとんどいたしておりません。



V015「両手挙前面晒し」福井桃子
V015

V016「強烈浣腸ポーズ」高村浩子
V016 9月10日にV011〜016までをアップ致しました。
 美しい写真が続いたのですが、この16だけは状態が悪く、ホワイトスポット、ブラックスポットが目立ち、極端なコントラストで顔まで真っ暗な写真でした。何とかここまでしてお目にかけます。元々の写真の味が無くなると言われそうですが、元々味なんて感じられない印画だったのですから仕方ないと思います。


V017「後手吊上げ猿轡」高村浩子
V017 高村浩子c

V018「胡坐縛りの羞恥」江口淑子
V018 江口淑子c

V019「ゴム人形の恐怖」江口淑子
V019 江口淑子c この写真、何かおかしいですね。冒頭に申し上げた通り、オリジナル袋を添えてありましたので、途中で入れ替わってなければV組19番の筈なんですが、「ゴム人形」って何でしょうね?
 写真の整理の都合上、次の156頁を作るだけは作っておきました。






















































154) miss Kaoru Nabayashi / 154) 中林カオル嬢

皆様、2016年 新年あけましておめでとうございます。
 昨日に続き、新たなページを開きたく存じます。
 このモデルさん。118頁7〜9でもお訊ね致しましたが、川端多奈子嬢と同時代か僅かに先輩として奇クに登場し、
52年8月号に「緊縛美の断片」「縛られたる女」として紹介されています。当時の事でここまで顔をお出しになっているかたは珍しいのですが、その一方で誌面ではモデル名が全く出てきません。消去法で、中林カオル嬢しかないかなと思っていますが、確証はありません。お名前ご存じのかたがいらっしゃいましたら、お教え下さい。
 なお、このページの写真は設定を間違えて 400bpi でスキャンしてしまいました。制限の2MBには収まるようなのでそのまま進めましたが、レトロな雰囲気が感じられるだけで、特に思い入れがあるわけではありません。
 5月8日、追加しました。
 118)-7,8,9で昭和27年のモデルさんとしてご紹介した方です。このモデルさんのことですが、中林嬢(中村と誤記)と思って進めてきたのですが、私が分類していた最初の記録では、「モデル立花郁子」となっております。
 と申しますのが、立花嬢なら27年8月号織り込みで、草むらの開股ポーズで写ってらっしゃいますが、その左上の切り貼り写真の床が、この頁と酷似しており、モデルも同一人物と思われるためです。当面断定は避けてすこしずつ写真を追加しながら、皆様のご意見を頂戴したく思います。
 6月3日
 その当時の希少な記事をたどりますと、立花嬢ではなく、中林カオル嬢に間違いないようです。118頁に昭和27年の雑誌スキャンをアップしておきましたが、立花嬢と確定した写真とはオッパイの形が違っており、このモデルさんは中林嬢以外にはあり得ません。
 118頁もご参照下さい。
 

154-01~06) 木床上の緊縛
 01の写真は劣化激しく、肌は白飛び、全体がセピア変色していました。
154 中村カオル01Cb154 中村カオル01Mc

154 中村カオル02Cb154 中村カオル02Mc

154 中村カオル03Cb154 中村カオル03Mc

154 中村カオル04Cb154 中村カオル04Mc

154 中村カオル05Cb154 中村カオル05Mc

154 中村カオル06Cb154 中村カオル06Mc


154-07~11)  木床上の緊縛
 5月8日、下記付け加えます。1項目当たりの写真が多すぎても困りますので、これを機会にちょっと切っておきます。
 ここらの写真、川端多奈子嬢のさらに先輩ですので、撮影は昭和27年(1952)初頭か、26年末のものと思うのですが、褪色は少ないです。
 このころになると、ぼちぼち印画紙や定着液に良いものが使えるようになったのでしょうか? あるいはモデルも写真もアトラクティブじゃないので、死蔵されていたのかも知れませんね。GT5500さんおっしゃいますように、非常に珍しいものであることは確かなのですが。
 (なお、11の写真は、間違えてカラースキャンした方も修整しちゃいました。撮影場所、ネガの保管場所共にホコリは多いですね。白飛びが多くあり、印画の階調も良くありません。)
154 中村カオル07Cb154 中村カオル07Mc

154 中村カオル08Cb154 中村カオル08Mc

154 中村カオル09Cb154 中村カオル09Mc

154 中村カオル10Cb154 中村カオル10Mc

154 中村カオル11Cb154 中村カオル11Mc


154-12~22)  木床上の緊縛
 2016年5月22日 追加します。

154 中村カオル12Cb154 中村カオル12Mc

154 中村カオル13Cb154 中村カオル13Mc

154 中村カオル14Cb154 中村カオル14Me

154 中村カオル15Cb154 中村カオル15Mc

154 中村カオル16Cb154 中村カオル16Mc

154 中村カオル17Cb154 中村カオル17Md

154 中村カオル18Cb154 中村カオル18Md

154 中村カオル19Cb154 中村カオル19Md

154 中村カオル20Cb154 中村カオル20Mc














  
お役立ちリンク

1.昭和なつかし緊縛写真
 http://blog.livedoor.jp/mrkinbakusyashin/ 
2.昭和なつかし生理帯・月経帯
 http://blog.livedoor.jp/dannamurakami/ 
3.懐かしき奇譚クラブ
 http://nawa-art.com/index.html 
4.SMペディア
 http://smpedia.com/ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ