昭和なつかし奇譚クラブ分譲写真 - Japanese Bondage Photos presented by "The KITAN CLUB" in 1951-'75

 昭和のよき時代、奇譚クラブという雑誌がありました。記事に使う目的で撮影した緊縛写真を分譲してくれました。今では滅多にお目にかかれない貴重な品なのですよ。そのオリジナルの緊縛写真のみをアップいたします。 皆様の秘蔵品もよろしければいかがでしょうか・・・。

 偶々手元に置くことになりました約2,000枚に及ぶ、50年代から75年の奇譚クラブの分譲写真を掲載します。

June 2010

111) Room of Al-HASSAN - I /111)HASSAN様の部屋 - I 安井喜久子、笠井奈保子

Presented by Al-HASSAN. Japanese Bondage Photographs in 1963-'72
HASSAN様から、取り敢えずとのことで、奇譚クラブ分譲写真の画像を50枚お送り頂きました。連続で取れるかどうかは分かりませんが、以後数頁をHASSAN様のコレクションのページとさせて頂きます。
HASSAN様に感謝致しつつ・・・。

kk01・深田菊子e111-1) miss K.FUKADA / 深田菊子嬢








kk02・安井喜久子<おふ>d111-2a) Mrs. K.YASUI-1 / (おふ)安井喜久子夫人の1
安井夫人ってこんなに美人だったでしょうか? (新管理画面になってサムネイルが小さくなってしまいました、ご不自由なら大きくしますのでコメント下さい)
HASSAN様から略号(おふ)との情報を得ております。








kk03・安井喜久子<おふ>d111-2b) Mrs.K.YASUI-2 / (おふ)安井喜久子夫人の2
略号(おふ)なら68年1月号の『猿轡の裸身を晒す』大手札4枚組。解説は、「猿轡の布片以外は一糸もまとわぬ裸身に肌もくびれるばかり厳しく掛った縄は流石にM夫人だけあって素晴しい喰い込みをする。」









kk04・安井喜久子<おふ>d111-2c) Mrs.K.YASUI-3 / (おふ)安井喜久子夫人の3











kk05・安井喜久子<おふ>d111-2d) Mrs.K.YASUI-4 / (おふ)安井喜久子夫人の4
(おふ)はこの4枚です。







kk06・笠井奈保子<るへ>d111-3a) miss N.KASAI-1 / (るへ)笠井奈保子の1
(るへ)は72年7月にアナウンスされた3枚組で、題名は『エビ縛りのグラマー』。この月の5組には解説が付いておりません。そして、笠井奈保子の黒白では最後の組になります。









kk07・笠井奈保子<るへ>d111-3b) miss N.KASAI-2 / (るへ)笠井奈保子の2








kk08・笠井奈保子<るへ>d111-3c) miss N.KASAI-3 / (るへ)笠井奈保子の3
(るへ)3枚組全てをご提供頂きました。







kk26・笠井奈保子d111-4) miss N.KASAI-4 / 笠井奈保子の4枚目
この4枚目は多分次の写真と対をなすものと思います。










kk27・笠井奈保子d111-5) miss N.KASAI-5 / 笠井奈保子の5枚目











kk28・笠井奈保子d.jpg111-6) miss N.KASAI-6 / 笠井奈保子の6枚目
ここらの組名は判りませんが、何かラブホテルのようなたたずまいのお部屋ですね。










kk29・笠井奈保子d111-7) miss N.KASAI-7 / 笠井奈保子の7枚目











kk45・笠井奈保子d111-8) miss N.KASAI-8 / 笠井奈保子の8枚目











kk46・笠井奈保子d111-9) miss N.KASAI-9 /笠井奈保子の9枚目
ほぼ真上からの撮影ですので、向きはどちらでも逆さでも良いと思います。111-7)と同じ組なんでしょうか? 完全に揃っていると想像しやすいのですが・・・。






110) Miss Y.Tanaka, Miss H.Kumoi /110) 田中芳代と雲井久子

随分迷ったんですよ。この二人を一緒に乗せるべきかどうか。107頁のように佐々木真弓嬢とMs.金原奈加子ですと、まだ時代が近いですが、田中嬢と雲井嬢ではまるで共通点がない。
そもそもは、雲井嬢のセーラー服写真を田中嬢かなと疑ったのが最初でした。これから写真の残りとなって、ますます特定が難しくなりますので、これも致し方なしと存じております。


110-0)  カラースキャン無修正分
110−0a しん60田中芳代110−0b ねや0田中芳代

例によって、変色の参考に150dpi.のカラースキャン分をお見せします。上記2枚は田中嬢らしき写真。58年の発売ですのでかなり変色が来ています。
下は雲井嬢としては新しい分譲で、56年5月と思われるもの。雲井嬢に間違いなければ54年以前に撮影した原板から手札型にプリントし直して分譲されたものと思います。
110−0c CS03雲井久子0001

110−1a しん6田中芳代1c110-1a)  しん6 田中芳代1
略号(しん6)は、58年3月号で「新人モデル嬢新作緊縛姿態集」として、愛川悦子、大塚啓子、田中芳代の3モデルで2集ずつ、即ち(しん1)から(しん6)までが発表されました。




110−1b しん6田中芳代2c110-1b)  しん6 田中芳代2
発売されたのは大手札4枚組、題名『股間しぱリ』 解説「ここに又、新しいモデル嬢の股間しばりをアルバムにお加え下さい。」と至ってシンプル。
手持ちは3枚のみです。













110−1c しん6田中芳代3c110-1c)  しん6 田中芳代3
この写真を99頁にアップして、GT5500様、たおやめ様、随心院様その他の皆様からご意見を戴いたのでした。






110−2 田中芳代2b110-2a)  R82? 田中芳代
58年1月号グラビヤに『ニューガールの緊縛模様』として2頁4葉の写真が掲載されています。その中の1枚がこれです。多分R組の82、『後手高手小手』と思われます。59年10月初出。













110−3a ねや田中芳代1c110-3a)  (ねや)の1 田中芳代
58年12月発売の略号(ねや) 大手札5枚組。題名『妖艶閨の縛しめ』 解説「寝床の上にて腰巻もはがれた全裸の姿を皆さまの前に展覧する美しさ。」 に間違いないと思います。
袖珍Y組の10が、『全裸ねやの縛り』で30頁に、R組の72『落花狼藉閨の緊縛』が2頁にありますが、全て同日の撮影と思われます。











110−3b ねや田中芳代2c110-3b)  (ねや)の2 田中芳代
2枚目です。
















110−3c ねや田中芳代3c110-3c)  (ねや)の3 田中芳代








110−3d ねや田中芳代4c110-3d)  (ねや)の4 田中芳代
現在見つかっているのはこの4枚です。







110−4a CS03雲井久子1c110-4a)  CS03組の1 雲井久子
最初はこの5枚が(しん5)『セーラー服縛り』だと思ったんです。でもあまりにも印画が古いので、調べ直すと、どうやらCS03組らしい。
雲井嬢は53年9月号の『縛られた女ばかりの座談会』で、縛りのモデルは52年10月からと語ってらっしゃる程昔のモデルさんです。当時はモデル名は公表されていませんでした。
この写真は、ずいぶん後、56年の5月号でリリースされた、CS03、手札型6枚組からの5枚と思われます。手札型といっても、大手札に比較してほんの3ミリほど幅が狭いだけです。








110−4b CS03雲井久子2c110-4b)  CS03の2 雲井久子
CS03の組名は『セーラー服の見世物』 解説は「変転滑脱、柔軟きわまりない久子嬢の長身を、高手小手に縛りあげて鏡の前でポーズをとらした五つのポーズ、猿ぐつわしたもの三ポーズ、しないものニポーズ、床柱に後手に括ったもの一態、苦痛にゆがむ顔の表情は、演出したものにあらず、たくまずして出てきた嗜虐の表情である。」 と大変に詳しく記述されています。
上の写真は床柱でしょうか? するとこれが猿ぐつわのうちの一つ?
敗戦から10年も経たない時期で、服の生地など何となく貧乏くさいのですが、この数年前に比べると、きちんとした家で、あばらやといった感はありません。美人かどうかはこのポーズでは・・・・。







110−4c CS03雲井久子3c110-4c)  CS03の3 雲井久子
「鏡の前」は間違いありません。猿ぐつわはみんなしているんじゃないでしょうか? 「苦痛にゆがむ顔の表情」は見えません。

















110−4d CS03雲井久子4c110-4d)  CS03の4 雲井久子
上着を着たまま下半身をむき出しにすると、なかなかエロチックなものですね。
















110−4e CS03雲井久子5c110-4e)  CS03の5 雲井久子
以上5枚が雲井嬢の『セーラー服の見せ物』で見つかっているものです。
ところで、livedoorさん、管理画面を「新管理画面」に全面移行されるそうですが、現行の「旧管理画面」のほうが圧倒的に使いやすいんですが・・・・・。





お役立ちリンク

1.昭和なつかし緊縛写真
 http://blog.livedoor.jp/mrkinbakusyashin/ 
2.昭和なつかし生理帯・月経帯
 http://blog.livedoor.jp/dannamurakami/ 
3.懐かしき奇譚クラブ
 http://nawa-art.com/index.html 
4.SMペディア
 http://smpedia.com/ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
Recent Comments
QRコード
QRコード