昭和なつかし奇譚クラブ分譲写真 - Japanese Bondage Photos presented by "The KITAN CLUB" in 1951-'75

 昭和のよき時代、奇譚クラブという雑誌がありました。記事に使う目的で撮影した緊縛写真を分譲してくれました。今では滅多にお目にかかれない貴重な品なのですよ。そのオリジナルの緊縛写真のみをアップいたします。 皆様の秘蔵品もよろしければいかがでしょうか・・・。

 偶々手元に置くことになりました約2,000枚に及ぶ、50年代から75年の奇譚クラブの分譲写真を掲載します。

安井喜久子

178) 1968年ごろのモデルたち(長井葉津子嬢他)

 前2頁と同時に入手いたしました写真があります。長井葉津子嬢のが多いのですが、今回は少し後回しにします。

178-01 a〜d) (しよ) 「あぐら縛りの羞恥」 安井喜久子
 1968年3月号で発売されました4枚組。解説は「あぐら縛りというものは思ったより女性にとっては羞恥に満ちたものである。その羞恥を押してあくなき責めの手は続く。」
178-01a しよ1 安井喜久子c178-01b しよ2 安井喜久子c

178-01c しよ3 安井喜久子c178-01d しよ4 安井喜久子c


178-02 a,b,c) (もす) 「半吊りでムチ打ち」 関谷富佐子
 1967年6月号で発売されました3枚組。解説は「全体重を細いロープにかけて吊り下げればズルズルと縄は伸びて僅かに足の爪先が床に着くところを革ムチをふるって背尻脚と乱打すれば揺れながら泣声を挙げる。」
 膝に掛っている縄は、すぐにスポンと抜けそうな気がするのですが・・・
178-02a もす1 関谷富佐子c178-02b もす2 関谷富佐子c178-02c もす3 関谷富佐子c


178-03 a〜d) (たら) 「鞭と羽毛の擽り責」 ローズ秋山
 1967年8月号で発売されました4枚組。解説は「振り下される鞭の下で絶叫するローズの表情。更に羽毛で全身を擽られてのけぞる女体の動き、片足をとられて股裂きに苦しむところなど多彩な責め場面の展開。」
 関谷夫人も同じですが、左からのダイレクトストロボできれいなピントを結んでいます。このシャープさはマミヤセコール55mmF4.5の描写に違いありません。ところがどうしたことかb,cの写真の左辺のコントラストが妙に低いのです。伸ばし機の光りムラなのか、レンズ前玉に汚れでもあったのでしょうか? 修整しておきましたが銀塩写真では珍しい現象です。
 ところで、この畳ですが、炉が切ってあります。昭和42年ですか。純粋の日本家屋には見えないですね。鉄骨造でも和室にして、お点前ができるようになっていたんですね。カメラマンの後ろ左手側には茶箪笥があり、モデルの左側が床の間になっていたんでしょうか?
178-03a たら1 ローズ秋山c178-03b たら2 ローズ秋山c

178-03c たら3 ローズ秋山c178-03d たら4 ローズ秋山c

178-04 a〜d) (おれ) 「豊満女体をくびる」 愛知葉子
 珍しいモデルさんです。グラビアでは紹介されなかったと思います。それでも奇クで16組ほど発売されているんですね。67年10月から68年4月までの短い期間で、うち10組はカラーです。これは1968年1月号で発売されました4枚組。解説は「奇クサロンにその豊満な緊縛肢体を晒した彼女が最近の見事なボリュムを肌に喰い込む縄にまかして自慢の裸身を提供してくれた。」とあります。奇ク巻末に読者投稿欄のような形で出ていた「奇クサロン」に写真が掲載されたのでしょうか?
 ここらの写真はモノによってピントがはっきりしないものが多いのです。それでプロセス中に相当ピントアップしたものがございます。
178-04a おれ1 愛知葉子d178-04b おれ2 愛知葉子d178-04c おれ3 愛知葉子d

178-04d おれ4 愛知葉子c

178-05 a〜d) (ゆみ) 「強制全裸開股責め」 金原奈加子
 金原嬢は愛知嬢の入れ替わりのように68年4月号のデビュー。69年8月号までに発売されたかな組は23組で、すべてが黒白写真です。本組は1968年4月号で発売された4枚組で、解説は「二の腕の柔肌がくびれる程ロープが全裸の女体を拘束して両の太股を開かせようとすれば僅かに観葉植物の葉が前を掩っている。」誠に正直な解説でおそれいります。「完全に・・・前を覆っている」のほうが正確なのではないでしょうか?
178-05a ゆみ1 金原奈加子c178-05b ゆみ2 金原奈加子d

178-05c ゆみ3 金原奈加子c178-05d ゆみ4 金原奈加子c

178-06 a,b,c) (ゆへ) 「全裸縛りに羞らう」 金原奈加子
 同じく1968年4月号発売の3枚組で、解説は「可愛いい裸身を更に美しくするように縄は女体をくびってゆく。投げだした両脚と全裸を羞らうように塵篭が僅かに陰翳している。」観葉植物でも塵篭でも、この当時は必ず隠しておかなければいけなかったんですね。
178-06a ゆへ1 金原奈加子c178-06b ゆへ2 金原奈加子d178-06c ゆへ3 金原奈加子c


178-07 a,b,c) (よえ) 「凄絶海老責め地獄」 長井葉津子
 長井譲のデビュー月である1968年5月号発売の3枚組で、解説は「海老責めにされた全裸の女体は僅かに脚をばたつかせてもがく。」15組同時発売ですので解説も短めですね。
 なお、長井譲のかな組はこの翌月に3組発売、合計18組のみで、ここでご紹介するのは全て5月号の分です。その後英字組で長く発売されるのですが、組み物としてはごく短期間だったんですね。
178-07a よえ1 長井葉津子c178-07b よえ2 長井葉津子c

178-07c よえ3 長井葉津子c

178-08 a,b,c) (よぬ) 「女体二つ折り縛り」 長井葉津子
 解説は「白いお尻を高々と空に突き立てて二つ折りに縛られ女体は狂う。」長井譲はお顔がずいぶん荒れていますので、ピントアップが出来ません。ぼかしや修整を入れて整形して見やすくしていますが、やりすぎるとリアリティーが失われます。お身体は綺麗ですのにね。
178-08a よぬ1 長井葉津子c178-08b よぬ2 長井葉津子c

178-08c よぬ3 長井葉津子c


178-09 a,b,c) (よあ) 「あぐら縛り全裸晒」 長井葉津子
 解説は「強制されたアグラは若い彼女にとっては死よりも辛い仕置だ。」って、足には縄はかかっていませんので胡坐縛りでも強制でもないんですがね。
178-09a よあ1 長井葉津子d178-09b よあ2 長井葉津子c178-09c よあ3 長井葉津子c


178-10 a,b,c) (よた) 「イルリの浣腸責め」 長井葉津子
 解説は「イルリの嘴管から浣腸液は迫ってくるが縛られている身は……。」
178-10a よた1 長井葉津子c178-10b よた2 長井葉津子c
178-10c よた3 長井葉津子c


178-11 a,b,c) (よて) 「エネマと縛の恐怖」 長井葉津子
 解説は「可憐な臀部にエネマの管は不気味だが縛られた全裸の身が……。」
178-11a よて1 長井葉津子d178-11b よて2 長井葉津子c
178-11c よて3 長井葉津子d


178-12 a,b,c) (よか) 「強制浣腸責め序曲」 長井葉津子
 解説は「浣腸に興味があるのだと告白したのだけど、この責めには?」
 これで、この頁を終えます。
178-12a よか1 長井葉津子c178-12b よか2 長井葉津子c178-12c よか3 長井葉津子c





  

143) Other Bondage Photographs presented by Mr. H Shirakawa / 143) 白川様のページ 最終

 白川様から頂戴致しました緊縛写真。モデル不明のもの、バラでまとめられないものなどありますので、全てここに掲載致します。また過去にいただきました中にも miscellaneous で未掲載の分があるかも知れません。それらも逐次この頁に載せます。年末に際し白川様に改めてご提供の御礼申し上げます。
 いよいよ大晦日を迎えました。皆様今年はいかがでしたでしょうか? 暗い方ばかり見るのではなく、明るい話題に希望を託したいと思います。 どうぞ皆様良き新年をお迎えください。


143−1,2) 安井喜久子夫人
 左からフラッド球の照明。レフ板は使っているのかいないのか? モデルが誰かよく分かりません。あまり見かけないお顔です。

 ・・・と書きましたが、後輩様から、143−1〜5は全て安井夫人とご教示いただきました。私も異存ございません。94頁に白川様から頂戴したムチ打ちの写真もあります。111頁にはHASSAN様から頂戴したものもあります。私の識別眼は安井喜久子と木村洋子が死角のようです。
 94頁を見れば明らかですが、右腕の種痘痕が安井夫人のものでした。モデルが判明しましたので、お正月の内に頁構成を変更しておきます。
 
  
1212d
5252c

 
 



143−3〜5) 安井喜久子夫人
 随分ローキーの茶色に変色した写真のデータを頂戴しました。モデルさんはよく分からないのですが安井喜久子に似ています。もしそうなら、68年1月号の(おわ) 『逆エビ責めに喘ぐ』 4枚組の3枚ではないかと思います。
 解説は「柔軟な肢体を誇る裸身が両足首を縛った繩と高手小手の縄とを結して締め上げることによって美しい曲線を描いて苦痛に喘ぐ。」 となっております。安井夫人の写真は同年1〜3月に21組発売されています。
18安井喜久子安井18c
48安井48c
47安井47c


143−6) 絹川文代 
33絹川33絹川c


143−7) 長井葉津子 
6長井葉津子6長井葉津子c


143−8) 
1313長井c


143−9,10) 
33c

5151c

143−11,12) 
2323c
4949c

143−13,14) アップコレクションにもありましたが・・・ 
3636c124-11
3838c


143−15,16,17) さて誰だっけ? これで白川様から頂戴した写真はおしまいです。 
44c誰?
1515c誰?
4242c誰?


131) 既出モデル拾遺集 供〆原疔穃せ辧^属羇邉彁辧|羃老短

お約束通りKK通信をお目に掛けたのは良いのですが、初めてトップ頁を御覧になったかたからは、「何だ、昔の雑誌の文面じゃないか」 と思われそうなので、看板に偽りがないよう早急に写真らしい写真のページといたします。
 誰の写真にしようかと迷っていましたところ、奇ク中後期の人気モデルにちらほらと未掲載写真があることに気づきました。そこで、120頁の後編としてそれらをお目に掛けます。
 私の見間違いで、既出の写真があるかも知れませんが、その節にはご指摘の上、寛大なお心でご容赦頂きますようお願い申し上げます。
 今までIE.を使ったことがなかったのですが、以前のデザインではIE.で見ますと果てしなく横に広がってしまって、巧く表示されないことがわかりました。そこで取り敢えず横幅に制限のあるデザインに変更し、それに伴いレイアウトも改善します。変更に伴いIE.とFirefoxでは通常のディスプレイでOKですが、GoogleChromeではやや大きめに再生されますので、ワイドディスプレイが必要かも知れません。
 IE.で御覧になっていた方には、今までご迷惑を掛けていた事をお詫び致します。なお、IE.の6ではこれでもまだ画面右側の写真が隠れてしまいます。IE.9ではOKでしたので、出来るだけ新しいバージョンでおためし下さい。
  

131-1a) 左近麻里子 1c131−1a) 左近麻里子1   
 左近麻里子の(かな)組は67年9月号から68年6月号まで、カラーを含めて37組出ています。1aと1bはその最後の、(こえ)『あぐら縛りで鑑賞』のように思えます。別に68年8月号にX組、同10月号にZ組に28枚含まれていますので、そちらかも知れません。
 光、ポーズとも美しい写真です。










131-1b) 左近麻里子 2c131−1b) 左近麻里子2 
 上と同時撮影分と思われます。
 以前のページでも申し上げましたが、印画の粒状性から、原板は35丱侫ルムではないかと思われます。












131-1c) 左近麻里子 3c131−2a) 安井喜久子 1 
 随心院様に教えて頂き、モデルを安井夫人と訂正します。
 印画はキレイなのですが細かい汚れが多くありました、ネガの傷も目立ち、相当の修正を行いました。












131-1d) 左近麻里子 4c131−2b) 安井喜久子 2 















131−3a,b,c,d) 中河恵子 1〜4  
131-3a) 中河恵子1c131-3b) 中河恵子2c131-3c) 中河恵子3c131-3d) 中河恵子4c

























 サムネイルのトリミングの関係で四角い写真は大きく表示されています。ページの表示に時間がかかりすぎるようでしたら小さくしますので仰有って下さい。
 中河恵子という人は不思議なモデルさんで、最初は清楚に、次に濃い化粧で、少し爛れた生活を感じさせるようになり、やがて臨月腹で現れます。その間1年4ヶ月。
 特に乳輪の変化が大きく、一般的なミディアムロングのヘアと相俟って間違えやすいモデルです。
 この4枚は70年の臨時増刊号[女体緊縛写真集]P.64と同時に撮影されたと思われます。

131−3e,f,g,h) 中河恵子 5〜8 
131-3e) 中河恵子5c131-3f) 中河恵子6c131-3g) 中河恵子7c131-3h) 中河恵子8c e,f,gの3枚は、回転ベッドを備えたモーテルでの撮影です。
 hだけは、場所が違うように見えます。足首に痣が見えますが、fの写真nの所為では無いと思います。
 これらの写真、顔は真っ白、左手グリップストロボ1発で影は真っ黒。写真印画紙の再現能力を超える明暗差でスペクトルを見ますと最暗部と最明部の両端でスパッと切れた形になっている。柔らかくするために両端に余白が欲しいのですが、付けすぎるとネムイ写真になる。最後には勘でエイっとやっちゃいました。







131−3i,j,k,l,m) 中河恵子 9〜12  
131-3i) 中河恵子9c131-3j) 中河恵子10c131-3k) 中河恵子11c131-3l) 中河恵子12c 化粧は濃くなっていますが、iの写真なぞ乳首も小さく見えます。
 4枚ずつ掲げている事にたいした意味はありません。
 h,i,mが一つのシリーズかも知れません。














131−3i,j,k,l,m) 中河恵子 9〜12    
131-3m) 中河恵子13c131-3n) 中河恵子14c131-3o) 中河恵子15c131-3p) 中河恵子16c 一見前の写真と変わらないように見えるのですが、乳輪が大きくなっているのと、妙に下半身がどっしりしているのに気づかれませんか?
 もうご懐妊なんでしょうか? 6〜7ヶ月かな?
lとmは多分同じシリーズなんでしょう。
 ということで、中河嬢16枚でした。













131−4a,b) 川越美佐子 1,2  
131-4a) 川越美佐子1c131-4b) 川越美佐子2c このモデルさんは、中河恵子じゃ無いと思うんです。化粧も雰囲気も乳首も違う。
 ところが73年4月号の最初、『竹の部屋の憂囚』として、塚本鉄三が撮した中河嬢の写真が扉に使われています。その写真が、これと131−3の中河嬢とのちょうど中間。よく似ています。そして部屋が全く同じ竹の間。
 でも、この部屋は中河嬢専用ではないようで、同じ号のp.124に大塚嬢もこの部屋で写っている。思うに、この部屋のホテルは、塚本氏または奇ク編集部が使いやすい場所にあったんですね。きっと沢山のモデルさんが連れ込まれたホテルなんですよ。
 それにしても・・・・この人、誰でしょう?

 不詳の者様からご教示頂きました。114頁にHASSAN様から頂戴致しました写真と同じものです。モデルは川越美佐子さん。撮影は67年の春ごろと思われます。もう一枚全身像がありますがこちらは114頁にもありません。このページの最後にお目に掛けます。  

 ということで、不詳の者様のお知恵により川越美佐子の2枚を持って、このページを閉じたいと思います。


111) Room of Al-HASSAN - I /111)HASSAN様の部屋 - I 安井喜久子、笠井奈保子

Presented by Al-HASSAN. Japanese Bondage Photographs in 1963-'72
HASSAN様から、取り敢えずとのことで、奇譚クラブ分譲写真の画像を50枚お送り頂きました。連続で取れるかどうかは分かりませんが、以後数頁をHASSAN様のコレクションのページとさせて頂きます。
HASSAN様に感謝致しつつ・・・。

kk01・深田菊子e111-1) miss K.FUKADA / 深田菊子嬢








kk02・安井喜久子<おふ>d111-2a) Mrs. K.YASUI-1 / (おふ)安井喜久子夫人の1
安井夫人ってこんなに美人だったでしょうか? (新管理画面になってサムネイルが小さくなってしまいました、ご不自由なら大きくしますのでコメント下さい)
HASSAN様から略号(おふ)との情報を得ております。








kk03・安井喜久子<おふ>d111-2b) Mrs.K.YASUI-2 / (おふ)安井喜久子夫人の2
略号(おふ)なら68年1月号の『猿轡の裸身を晒す』大手札4枚組。解説は、「猿轡の布片以外は一糸もまとわぬ裸身に肌もくびれるばかり厳しく掛った縄は流石にM夫人だけあって素晴しい喰い込みをする。」









kk04・安井喜久子<おふ>d111-2c) Mrs.K.YASUI-3 / (おふ)安井喜久子夫人の3











kk05・安井喜久子<おふ>d111-2d) Mrs.K.YASUI-4 / (おふ)安井喜久子夫人の4
(おふ)はこの4枚です。







kk06・笠井奈保子<るへ>d111-3a) miss N.KASAI-1 / (るへ)笠井奈保子の1
(るへ)は72年7月にアナウンスされた3枚組で、題名は『エビ縛りのグラマー』。この月の5組には解説が付いておりません。そして、笠井奈保子の黒白では最後の組になります。









kk07・笠井奈保子<るへ>d111-3b) miss N.KASAI-2 / (るへ)笠井奈保子の2








kk08・笠井奈保子<るへ>d111-3c) miss N.KASAI-3 / (るへ)笠井奈保子の3
(るへ)3枚組全てをご提供頂きました。







kk26・笠井奈保子d111-4) miss N.KASAI-4 / 笠井奈保子の4枚目
この4枚目は多分次の写真と対をなすものと思います。










kk27・笠井奈保子d111-5) miss N.KASAI-5 / 笠井奈保子の5枚目











kk28・笠井奈保子d.jpg111-6) miss N.KASAI-6 / 笠井奈保子の6枚目
ここらの組名は判りませんが、何かラブホテルのようなたたずまいのお部屋ですね。










kk29・笠井奈保子d111-7) miss N.KASAI-7 / 笠井奈保子の7枚目











kk45・笠井奈保子d111-8) miss N.KASAI-8 / 笠井奈保子の8枚目











kk46・笠井奈保子d111-9) miss N.KASAI-9 /笠井奈保子の9枚目
ほぼ真上からの撮影ですので、向きはどちらでも逆さでも良いと思います。111-7)と同じ組なんでしょうか? 完全に揃っていると想像しやすいのですが・・・。






お役立ちリンク

1.昭和なつかし緊縛写真
 http://blog.livedoor.jp/mrkinbakusyashin/ 
2.昭和なつかし生理帯・月経帯
 http://blog.livedoor.jp/dannamurakami/ 
3.懐かしき奇譚クラブ
 http://nawa-art.com/index.html 
4.SMペディア
 http://smpedia.com/ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
Recent Comments
QRコード
QRコード