昭和なつかし奇譚クラブ分譲写真 - Japanese Bondage Photos presented by "The KITAN CLUB" in 1951-'75

 昭和のよき時代、奇譚クラブという雑誌がありました。記事に使う目的で撮影した緊縛写真を分譲してくれました。今では滅多にお目にかかれない貴重な品なのですよ。そのオリジナルの緊縛写真のみをアップいたします。 皆様の秘蔵品もよろしければいかがでしょうか・・・。

 偶々手元に置くことになりました約2,000枚に及ぶ、50年代から75年の奇譚クラブの分譲写真を掲載します。

桜井葉子

182) 褌供憤川悦子・ 田中芳代 桜井葉子 大塚啓子 関谷冨佐子 東浦ひかる)

 黒白写真に戻りまして、関谷夫人と思っておりましたが、中にふんどし姿の写真があり、1頁を構成するに足る枚数でしたので、それを集めてみました。なお褌写真の特集?は11年前に80頁でしており、今回は2回目になります。
 35丱優カラーを修整し、6×6のB&Wに戻りますと、その画像の美しさにほっとします。まあ、これらの保存状態が特別に良いこともあるのですが、当時のフィルムや機材の完成度が、白黒とカラーでは段違いなんですね。ここではピン出しやノイズ消しはほとんど不要でした。

182-01a~l) (らし)「裸女争闘場面」愛川悦子・田中芳代
 本来は次の女斗美写真に掲載する予定の写真でしたが枚数の関係でここに入れます。合計12枚組という大量の組。枚数が多いのは40枚組の「裸女レスリング」など女斗美とM写真関係の組ですね。
 1962年11月号で発売されました。解説は「褌一本の若々しい張りのあるピチピチとした身体の裸女が互いに相手を押え込もうとして根かぎりの力を尽して争う場面。胴絞め、ヘッドロック、腕とり、押え込みなどの手を使って、やがては自分の尻の下に相手の顔面を敷いてしまおうとする。結局は一回宛、誇り高き自分の顔を相手の巨大な臀部の下に押しひしがれて、息もたえだえになるという争斗の各シーンを連続三十数枚撮影の中から、十二枚を選び出した。 メトミファン、女斗ファン並に女性のサドマゾに興味をお持ちの方、女相撲ファンなど、どうぞ。」とこれまた長い。12枚あると掲載順序など、もう少し考えると良かったのですが・・・。
01a                          01b
182-01a らし01 愛川・田中c182-01b らし02 愛川・田中c
01c                          01d
182-01c らし03 愛川・田中c182-01d らし04 愛川・田中c
01e                          01f
182-01e らし05 愛川・田中c182-01f らし06 愛川・田中c
01g                          01h
182-01g らし07 愛川・田中c182-01h らし08 愛川・田中c

01i                          01j
182-01i らし09 愛川・田中c182-01j らし10 愛川・田中c
01k                          01l
182-01k らし11 愛川・田中c182-01l らし12 愛川・田中c


182-02a,b,c) (ふし)「褌美と褌縛り」桜井葉子
 昭和20年代後半に一世を風靡したストリッパー「おっぱい小僧」のお妹様という触れ込みで、1960年8月号で分譲デビューなさいました桜井葉子嬢。その最初の作品がこれです。
 大手札3枚組で、解説は「豊満な全裸の若き女性が六尺褌をあられもなく着している正面と背面の写真に褌を着けながら縛られている写真を配して一組としたもので特に褌美マニヤの要望に応えた提供品−−。」 なお、桜井嬢のグラビア掲載は60年6月号。色表紙復活第一号でした。

182-02a ふし1 桜井葉子c182-02c ふし2 桜井葉子001182-02c ふし3 桜井葉子c

 さて「おっぱい小僧」さんは、1950年デビューされた川口初子さん。というのが定説ですが、浅草の犬丸弓子という方もおられたようで、カタカナのオッパイなのか、日劇ミュージックホールなのかフランス座だったのか、にわか勉強ではよくわかりません。時代は3Sからエロ・グロ・ナンセンスへ・・・奇譚クラブもA5サイズになって変態誌に大きく舵を切った時代でした。
 ちょうどこのころ伊藤整訳の「チャタレイ夫人の恋人(D.H.ロレンス)」裁判が、憲法21条の解釈をめぐって争われました。伊藤もロレンスも日本語・英語ということばの美を追い続けた第一人者であっただけに判決が注目されました。
 最近「表現の自由」が、再度注目されているようですが、憲法という国と民の約束を、民と民の関係に野放図に適用するのが正しいのか、という点に疑問を感じます。
 私自身40年近く前、初めて外国で講演しましたが、その下打ち合わせで現地の通訳さんから忠告を受けたことがあります。その表現では聞く人が不快に思うと。誤解を招きそうな表現を改めて無事話を終えましたが、その時私は「表現とは不自由なモノ」と心に刻みました。良い勉強をさせていただきました。
 人としての優しさと良識があれば、自制心が働いて民・民間の表現は不自由になるし、それでいいんだと私は思います。相手がどんな気持ちになるかを忖度し、身の丈に合った表現を心がける事は、とても大切なことだと思います。特に近隣の国々とは得てして難しい交渉事を抱えることが多いものですが、そんなときに民衆同士は互いに相手を尊重し、親切に心を通わせ、互いに良き友人をたくさん得たいものだと思います。その方が国も交渉がしやすい。安物のマスコミやSNSに踊らされてヘイトスピーチをしたり、来日された外国の一般旅行者を毛嫌いする人達こそ、国やその交渉担当者を困らせているんじゃないでしょうか。
 良識ある人は女性を縛るときにも、こころやさしく縛るんじゃないかと、私は思います。


182-03a~e) (ろく)「女性の六尺褌」大塚啓子
 前項、だらだらと下らないことを書きまして申し訳ございません。62年7月号でアナウンスされた縛りなしのモデルさんにやさしい5枚組です。
 解説は「女性の六尺褌姿を愛する方は、そう沢山いないと思いますが、その限られた人たちの要望に応えて、ここに全裸に晒の六尺一本という若い女性のポーズ五態を作成しました。正面、背面、横臥、側面、とフンドシ着用の女体を各角度から狙いをつけて、あたかも眼前に手にとるように見て頂けるように構成しました。」
 このプリント、調子はいいのですが、少し伸ばしボケがあるようです。特に03b,cあたりは撮影時に後ピンであったこともあり、デジタルでピン出ししても効果が出ません。

182-03a ろく1 大塚啓子d182-03b ろく2 大塚啓子c182-03c ろく3 大塚啓子d

182-03d ろく4 大塚啓子d182-03e ろく5 大塚啓子c




182-04a~d) (くろ)「六尺褌の女性像」関谷冨佐子
 63年1月号初出の4枚組。解説は「恥しさに顔を赤らめた関谷夫人が、そのボリウムのある堂々たる体格の裸身に、白晒の六尺褌をきりりと締めて、前後左右から、その見事な姿態を十二分に見て頂くため、皎々たる電光下に立つ。(縛りなし)」

182-04a くろ1 関谷冨佐子d182-04b くろ2 関谷冨佐子d

182-04c くろ3 関谷冨佐子d182-04d くろ4 関谷冨佐子d

 この写真も女性ポートレートとして柔らかなコントラストで美しい調子が出ています。ピントは前項の(ろく)よりもきれいで、ほとんど無修整でアップできる状態でした。
 この一連の写真は発売よりかなり後にまとめて注文されたもののように思います。04b,cなどの関谷夫人はギリシャ彫刻のようにお美しいです。
 膝をついたポーズは足が短く見えますので避けるべきなのですが、多分撮影の引きが取れなかったんでしょう。この当時マミヤC3の標準レンズは105mm。広角が65mmと長い側に偏っていたのです。私が使っていたC33の頃は80mmと55mmになっていましたから、少しはマシだったと思います。


182-05a~c) (ろは)「六尺褌縛」東浦ひかる
 この頁最後の組です。1963年2月号で発売の3枚組。解説は「六尺褌を前の垂れもなくしてぎゅっと締めつけ、恥しさにともすれば両手を前にやろうとするのを制して、両手首を背後で括りつけて、殊更大きなお復をつき出させるようにしたフンドシのしばりフォト。」
 大きなお腹は余計だと思うんですが、可哀そうに。若干ネガの汚れがあり、ブラックスポットを消しました。

182-05a ろは1 東浦ひかるc182-05b ろは2 東浦ひかるc182-05c ろは3 東浦ひかるc

 これでこの頁は終了します。次は女斗美でいこうかなと思っています。



151) miss Yoko Sakurai & Bondage Photos with GAG / 151) 桜井葉子とさるぐつわ写真

 長く更新しませんと、全ての勘が鈍ってくるようです。桜井葉子嬢なんてとっくにUPし終わってると思ってました。まだだったんですね。
 猿轡写真が多いので、同時期の猿轡モノをいっしょに・・・と思ったのですが、149ページの木村洋子のところで、別に6枚ほどの猿轡写真がモデル不明で残っていますので、このページではそちらをお見せします。

151-01) 桜井葉子 1 
 桜井葉子嬢の分譲写真は60〜61年に4組12枚が発売されました。(かさ)3枚組を77ページに掲載しています。
 英字組は63〜64年のZ組とA組計5枚と、あれだけグラビアを賑わせたモデルさんにしては少量です。
 フィルムはパンクロといっても、オルソに近い時代。人物を撮るときはY2フィルターが必須でした。引き伸ばし機もうまく調整しないと周辺光量が不足した時代です。
 写真の題名は、ちょっと特定できません。
151-01 桜井葉子1d151-01 桜井葉子1E
 写真01bを追加します。原板は黒バックの人工光にしてはたいへんコントラストの低い写真でした。同時に、私のディスプレイは写真修正専用にチューニングしてありません。以前(100ページあたり)はそうしていたんですが、プリント用に調整するとWebに表示したときコントラストがつきすぎるんです。遊びで他のサイトを見ても面白くありません。
 それで、デフォルトに戻して、写真修正はやや柔らかめを心がけていたんですが、実際にプリントしてみるとコントラストが弱すぎたように思います。そこで前ページあたりから、もう少し硬めにしてみましたが、未だばらつきが出ています。01bですと黒つぶれ白飛びがおこっているのですが、あまり複雑な処理も出来ず、まあ自然に見える範囲でお目に掛けようと思っています。
 猿轡で顔が隠れている写真7枚を追加します。誰でしょうね? 

151-02 桜井葉子2c151-02) 桜井葉子 2
 Z-17 『くの字の足指苦悶』でしょうか?











151-03 桜井葉子3c151-03) 桜井葉子 3
 A-50 『立木縛竹棒責め』 と思われます。












151-04 桜井葉子4c151-04) 桜井葉子 4
 A-22 『 両手吊り股間吊り』 と思われます。












151-05 桜井葉子5c151-05) 桜井葉子 5
 Z-39 『尻立て縛りポーズ』 と思われます。






151-06,07) 誰でしょう? 1,2
 わからなくなると見境無く人に訊こうとする。私の悪い癖ですが、よろしくお願い致します。
151 誰でしょう1c151 誰でしょう2c


151-07,08) 誰でしょう? 3,4
 文化堂様より、関屋富佐子夫人とご教示いただきました。
112-11,12)でHASSAN様より頂戴したものを掲載しております。お二人に御礼申し上げます。 
151 誰でしょう3c151 誰でしょう4c


151-09,10) 誰でしょう? 5,6
 この左乳房の上に薄いアザのあるモデルさんはどなただっけナー。ああ、ひょっとしたら竹野ひろ子かもしれません。122ページに何枚かアップしています。
 
151 誰でしょう5c151 誰でしょう6c


151-11) 誰でしょう? 7
 文化堂様から金原奈加子とのご指摘です。ありがとうございました。107-28)や142-2-3) あたりと同時撮影分ですね。  
151 誰でしょう7c





 


 

77) 浣腸フォト 愛川悦子 大塚啓子 桜井葉子

下部に追加情報があります(12/25)


 ここらで少し企画モノを出してみようと思います。大塚啓子や絹川文代が出てくると、数が膨大ですので、女斗美・浣腸・おむつ・月経帯・切腹などを別にしておくと便利と思ったのです。でも、私の持っているのは至ってノーマルな緊縛写真?が多く、あまりご期待頂いても落胆させるだけかも知れません。

愛川悦子浣腸写真

77-01) 玉田美佐子
 コメントにより出所が知れました。64年11月号初出のG組11『浣腸器に脅える女』または12の『全裸縛りと浣腸器』のいずれかです。多分G組の12かと・・・。
 最初は、愛川悦子かと思ったのですが、皆様のご指摘通りでした。












ちよ1愛川悦子浣腸写真77-02a) (ちよ)の1 愛川悦子
 多分間違いないと思います。58年4月に発売された(ちよ)大手札12枚組の「浣腸連続フォト」です。






ちよ2愛川悦子浣腸写真77-02b) (ちよ)の2 愛川悦子
 (ちよ)には長い解説が付いています。
『長らく浣腸フォトの作成を中止しておりましたが、同好者有志の御希望により、ここに久方ぶりに十二枚連続フォトを完成、分譲することになりました。マニア垂涎の硝子製浣腸器、エネマシリンジ、イルリガートル、いちじく浣腸等を駆使して女体浣腸の雰囲気を十二分に醸し出しました。何卒絶版にならぬうち御申込のほどを。』


ちよ3愛川悦子浣腸写真77-02c) (ちよ)の3 愛川悦子
 最近の尻穴丸出し、つっこみ放題の浣腸フォトに比べると、なんと可愛げのある写真でしょう。臭ってきそうにないところに昇華された美があるのでしょうか。





ちよ4愛川悦子浣腸写真77-02d) (ちよ)の4 愛川悦子
 それにしても可愛い浣腸器。子供用でしょうか?

 







ちよ5愛川悦子浣腸写真77-02e) (ちよ)の5 愛川悦子
 「長らく・・・」と言いますが、56年4月に(K1)「エネマシリンジ」という4枚組が出ています。モデルの記載はありません。
 その前は55年11月(復刊第2号)の(かか)ですか。





ちふ1大塚啓子浣腸77-03a) (ちふ)の1 大塚啓子浣腸
 この写真には裏に(ちふ)と書き込みがあります。58年7月に12枚組で出たものの1枚です。
 表題は「女体浣腸風景十二態」 解説は『さきに発表した浣腸連続フォト(ちよ)の好評に刺戟され更に変った趣向をとり入れ、新しいモデル嬢によって新作を試みました。』となっています。大塚嬢はこの年の3月に新人デビューしたのでした。

 

 










ちふ2大塚啓子浣腸018b77-03b) (ちふ)の2 大塚啓子 (追加分)
 こちらには書き込みはありませんし、プリント状態保管状態とも上記とは別ですが、間違いないでしょう。
 それにしても、今からちょうど50年前の写真ですか。

 

 

 

 








 


ちか1大塚啓子浣腸77-04a) (ちか)の1 大塚啓子
 これには書き込みはありませんが、60年8月に「新浣腸写真案内」として出された3組中の(ちか)4枚組に間違いないでしょう。
 題名は「硝子製三〇CCシリンダによる浣腸」となっていますが細すぎませんか? 30cc入りますでしょうか? 内筒を一杯引き抜いてやっとの大きさに思えます。
 解説は『白い硝子冷たい感触は乙女の手の中でにぶい光を放って浣腸液を吸い上げた。ふくらみを帯びたシリンダの先からはフツフツと白い液が玉になってころがり出る。』とあります。

 







 


ちか2大塚啓子浣腸77-04b) (ちか)の2 大塚啓子
 デビューした当時そのまま、ロングヘアで幼さの残る大塚嬢です。

 

 

 

 

 












ちか3大塚啓子浣腸77-04c) (ちか)の3 大塚啓子


 

 

 

 

 











ちえ1大塚啓子浣腸77-05a) (ちえ)の1 大塚啓子
 同じシリーズの(ちえ)4枚組から2枚です。
 表題は「エネマシリンジの嘴管による浣腸」
 解説は『ゴム球を握るたびに一端から浣腸液は絶え間なく送り続けられる。啓子嬢の手の中にあるエネマは妖しい曲線を見せてマニヤの心をゆさぶる。』とあります。

 

 

 









ちえ2大塚啓子浣腸77-05b) (ちえ)の2 大塚啓子

 

 

 

 

 












ちい1大塚啓子浣腸77-06a) (ちい)の1 大塚啓子
 これも同月の同シリーズ4枚組。3枚が見つかりました。
 「イルリガートルの嘴管による浣腸」
 『黒蛇のようにウネウネとうねってゴムの管は恐怖の浣腸液を運んでくる。その黒い管の先には液に濡れた嘴管がマニヤの心をひきつけるように目の前で光っている。』

 

 







 


 


ちい2大塚啓子浣腸77-06b) (ちい)の2 大塚啓子


 

 

 

 

 











ちい3大塚啓子浣腸77-06c) (ちい)の3 大塚啓子


 

 

 

 

 












かさ桜井葉子1 ここより追加です(12/25)
77-07a) (かさ)の1 桜井葉子
 ちょうどクリスマスプレゼントになりました。こんな写真が出て参りました。61年8月初出の(かさ)3枚組です。モデルは桜井葉子。





かさ桜井葉子277-07b) (かさ)の2 桜井葉子
 題名は「浣腸責め」とシンプル。
 解説は『台上に四つ這いにさせられて手と足をそれぞれ、四方に固定し、或は椅子上に後手縛りのまま尻を高く揚げさせられ、身動き出来ない身に、襲いくるあらゆる恐怖の浣腸器。身もだえする葉子さんの苦痛の表情。』




かさ桜井葉子377-07c) (かさ)の3 桜井葉子
 同月に(はへ)「排便強制」も出ているのですが、これは間違いなく(かさ)でしょう。



 

お役立ちリンク

1.昭和なつかし緊縛写真
 http://blog.livedoor.jp/mrkinbakusyashin/ 
2.昭和なつかし生理帯・月経帯
 http://blog.livedoor.jp/dannamurakami/ 
3.懐かしき奇譚クラブ
 http://nawa-art.com/index.html 
4.SMペディア
 http://smpedia.com/ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
Recent Comments
QRコード
QRコード