◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

M-REF ミニ講座】第27回 発電ロスの事例と対策① 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

M-REF ミニ講座】をお読みいただきありがとうございます。
今回から発電ロスの事例と対策について取り上げます。
発電ロスは事業性に直結する問題です。
日頃の業務でお役立ていただけると幸いです。

 

【事例1:温度上昇出力抑制】****************

パワーコンディショナは、内部の温度が上昇すると自動的に出力抑制して内部温度を調整することで内部回路を保護します。
この状態が度々発生すると発電ロスにつながります。
その主な要因としては次のようなものがあげられます。

 ① フィルタが目詰まりしている
 ② 冷却ファンが停止している
 ③ パワーコンディショナ自体に直射日光があたっている

日常点検や定期点検で確認して、設置場所周辺の環境整備等の対策をしましょう。

 

【事例2:電圧上昇出力抑制】****************

パワーコンディショナには、系統側電圧が上昇するとパワーコンディショナ出力もそれに合わせて上昇させる機能があります。
ところが、電圧がパワーコンディショナの整定値に達するとそれ以上は上昇させることができなくなり、パワーコンディショナ側から送電できず発電ロスが生じてしまいます。

その主な要因としては次のようなものがあります。

 ① 系統側の電力消費の低下による系統側電圧の上昇
    近隣に工場などがある場合、休日や昼休憩時間などに工場の設備等が
    休止することで電力消費が減少し、系統側の電圧が上昇することがあ
    ります。
    この場合、整定値について電力会社と協議するか、トランスタップで
    引込電圧を下げてもらう必要があります。
 ② パワーコンディショナから電力受電引込箇所までの間の電圧降下
    パワーコンディショナから引込箇所までの距離が長い場合にみられます。
    この場合、電圧降下を考慮したケーブル太さにする等の必要があります。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【発電事業のチェックにお役立てください】

 [太陽光発電事業の評価ガイド] http://m-ref.or.jp/
 発電事業のチェック、中古発電所売買のトラブル防止にご活用ください。

 [太陽光発電所簡易チェックシート] http://m-ref.or.jp/images/solarsystemcheck1.pdf
 評価ガイドの簡易版、まずはこのチェックをしてみましょう。

 

【「太陽光発電事業評価ガイド」のセミナーを出張開催します】

本財団では、社員研修やお客様向けセミナーなどにご活用いただけるよう、「太陽光発電事業の評価ガイド」の目的や影響などについて解説するセミナー「太陽光発電事業評価ガイドとは何か」を出張開催しています。
ご参考として、先週東京で開催した際の募集要項等をご覧ください。

 http://blog.livedoor.jp/mref_news/

 

【同ガイドに準拠した技術者養成講座(10月)を開催】

災害や法令違反などのトラブルが多発している今、法令から土木・発電設備までオールラウンドな技術知識が求められています。
本財団では、「太陽光発電事業の評価ガイド」に準拠し、オールラウンドな技術知識を持つ技術者を養成する講座を開催[下記参照]しています。

 

【「太陽光発電設備保全技術者養成講座」受講者募集中】

[太陽光発電設備保全技術者養成講座] http://m-ref.or.jp/course.html

*******************************************************

      「二級太陽光発電設備保全技術者養成講座」

            開催のお知らせ

 

[日程]  2日間通しの講座となります。

      【期日】 平成301018日(木)・19日(金)
      【時間】 一日目 13:2017:30  二日目 9:2017:00

[会場]  八重洲藤山ビル「ふれあいセミナールーム」
       東京都中央区八重洲1-9-8 八重洲藤山ビル3

[ご注意] 本講座を受講されるにあたっては基礎的な知識が必要です。
      次のいずれかの基礎的な知識をお持ちであれば大丈夫です。

      ・電気工事の知識経験を有する方
      ・建築工事の知識経験を有する方
      ・太陽光発電設備の知識経験を有する方

[合格者] 検定に合格されると認定技術者として登録され、
      以下の証書等が交付されます。

      ・認定証
      ・資格者証(顔写真入りプラスティックカード)

[CPD] 本講座は全建築系CPDの認定プログラムです。
      対象となる方は事前に資格者番号等を事前にご連絡いただければ、
      ご登録(10単位)いただけます。

[受講料] 54,000円(税込)(受講料・検定料・登録料)

[定員]  20

[主催]  一般財団法人再生可能エネルギー保全技術協会

[申込方法] 1.下記の当財団ホームページからお申し込みください。
          http://m-ref.or.jp/tlc.html

       2.お申込内容の確認メールが自動返信されますので、
         その内容に従って受講料をお振り込みください。

       3.受講料のお振込を確認後、受講資料一式を郵送します。
         必要事項を記載・添付の上、受講当日にご持参ください。

                         以上

*******************************************************