若手市役所マン日記

行政×地域×???

2010年08月

みやざき浴衣ビューティーコンテスト2010@まつりえれこっちゃみやざき

浴衣コンテスト2010表

浴衣コンテスト2010裏


゚+。☆。+゚★゚+。☆。+゚★゚+。゚+。☆。+゚★゚+。☆。+゚★゚+。゚+。☆。+゚★゚+。☆。+゚★゚+。
 
     みやざき浴衣ビューティーコンテスト2010
                     @まつりえれこっちゃみやざき

゚+。☆。+゚★゚+。☆。+゚★゚+。゚+。☆。+゚★゚+。☆。+゚★゚+。゚+。☆。+゚★゚+。☆。+゚★゚+。

日本の夏の風物詩、浴衣。口蹄疫を吹き飛ばすほど熱く盛り上がるまつりの日に、浴衣を着て宮崎の夏を感じてみませんか?
そこで、まつりえれこっちゃみやざきを彩る、おしゃれな着こなしの浴衣ビューティーを決定します!!浴衣ビューティーは、審査員のほか、来場者のみなさんによる投票で決まります!
たくさんのご応募、ご来場をお待ちしています!

◆決勝ステージ日時◆  
  9月12日(日)18:00〜 ※事前に書類審査あり
   ●大賞 1名  
   ●各賞 数名 (各賞、賞品を用意しています!)

◆決勝ステージ会場◆
  楠並木西ステージ

◆申し込み方法◆
  ●事前申し込み(下記メールアドレスまで。9/10必着。)
   →氏名・住所・電話番号・浴衣着こなしのポイントを記入の上、浴衣姿の写真を1枚添付してください。
  ●スカウト
   →当日、まつり会場にて素敵な着こなしの方をスカウトします。

※お申し込みは、男性、女性問いません。友達、恋人、親子のペアでの参加も可能です。

★お申し込み先&お問い合わせ★
  地域活性化塾どんげネット 代表 三浦 久知
   TEL:090-2507-2313
   Mail:miura_hisatomo@yahoo.co.jp

子供花火大会

先週の土曜日(21日)は、地元の子供花火大会があり、消防団として参加してきました。
「花火大会」といっても自治会や子供会が主催するもので、市販の打ち上げ花火を楽しむものです。
消防団はこの花火大会で、たくさん並べた打ち上げ花火に火をつける大事な(笑)役割を担っています。

夏休み中ということもあってか、思っていた以上に子供達がたくさん集まっていました。
夏休みの夜ってけっこう楽しかったりしますね(^^)
そして自分達が花火に火をつけはて花火が打ち上がると、一発ごとに子供達は歓声をあげていました。
たいしたことをした訳ではありませんが、子供達が喜んでる様子を見るとうれしいものです。

昔、自分が住んでいた地域でも公園で夏祭りが行われていました。実施主体は今回の様な自治会や子供会だったかと思います。
公園自体もそれほど広くなかったので大きなお祭りという感じではありませんでしたが、屋台が並んでいたりしてとても楽しかった記憶があります。
あのお祭りを準備してた大人達も、自分達子供の笑顔を見て喜んでいたのでしょうか。

自分も大人になり、楽しませる側にいるんだなと感じました。それだけ責任もあるわけで。
自分達消防団や自治会や子供会の大人達を見て、今の子供達が、将来、未来の子供達の笑顔のために動いてくれたらいいなと思います。

宮崎復興を目指して

今日は川南町にて、8月22日(日)に開催する第24回Mfnet(宮崎県内若手公務員自主研究グループ)の打ち合わせに行ってきました。今回の勉強会は川南町内の青年団体で組織する協議会『川南町若者連絡協議会』を始めとした川南町の方々と一緒に開催します。今日はその顔合わせの意味も込めた打ち合わせでした。

川南町若者連絡協議会はこれまで口蹄疫に対して、散水車を利用して町内の道路に消毒液をまいたり、MOVE(モーブー)バンドというリストバンドを販売して義援金にする活動をされてきました。
町内で口蹄疫被害が発生し、また協議会のメンバーの6割が畜産農家ということで、協議会でも何か行動ができないかと考えたそうです。しかし、口蹄疫の拡散を防止する観点からなるべく町から出ないようにする必要があったそうで、行動が制限された中での活動だったそうです。そういった状況の中でも諦めずに町のため県のために動かれていたのは本当にすばらしいことだと思います。

勉強会当日は、川南町若者連絡協議会や畜産農家の方達から口蹄疫被害の現状をお話いただく予定です。そしてそれを踏まえ、今後の宮崎復興のための持続的な事業を参加者全員で考えていきます。
公務員に限らず宮崎のために何か行動したい方はどなたでも参加可能です。多くの方々の参加をお待ちしております。

DVC00405
右の写真は、川南町役場に飾られていた応援メッセージです。写真に写っているものだけでなく、本当にたくさんの手紙やメッセージが飾られていました。








■□■――――――――――――――――――――――――――――――――
ピンチをチャンスに変える〜口蹄疫からの宮崎復興に向けて〜
――――――――――――――――――――――――――――――――■□■

■日時:2010年8月22日(日)※受付13:00〜

■タイムライン:     
     13:30〜児湯地区の現状・課題についてお話
          (児湯地域の若者連絡協議会、図師博規県議)
     14:40〜 口蹄疫復興支援策の紹介
     15:00〜 ワークショップ
          (支援の輪でできることを考えよう。)
     16:30 終了

■会場:川南町農村環境改善センター 研修室
 
■参加費:無料

■参加対象者:口蹄疫復興のために何か行動したい方。
         公務員に限らずどなたでも参加できます。
        (筆記用具、名刺等をお持ちください。)

■申込方法:miyazakifun@yahoo.co.jpまで氏名・所属等をメールしてください。

■詳細:Mfnetホームページをご覧ください。↓
    http://www.geocities.jp/miyazakifun/yotei.html

ピンチをチャンスに変える〜口蹄疫からの宮崎復興に向けて〜

第24回目のMfnet(宮崎県内の若手公務員を中心とした自主研究グループ)の案内です。

今年度に入り家畜の伝染病『口蹄疫』が宮崎県内で発生したため活動を見合わせていたMfnetですが、非常事態宣言の解除を受け、宮崎復興に向けた勉強会を開催することになりました。

公務員に限らず、「宮崎を元気にしたい!!」という方々はどなたでも参加可能となっています。
口蹄疫被害の現状を知った上で宮崎復興に向けた支援策についてみんなで話し合っていきたいと思います。

多くの方々の参加をお待ちしております。

chirashi24
(チラシをクリックすると大きくなります。)

■日時:2010年8月22日(日)※受付13:00〜

■タイムライン:     
     13:30〜児湯地区の現状・課題についてお話
          (児湯地域の若者連絡協議会、図師博規県議)
     14:40〜 口蹄疫復興支援策の紹介
     15:00〜 ワークショップ
          (支援の輪でできることを考えよう。)
     16:30 終了

■会場:川南町農村環境改善センター
 
■参加費:無料

■参加対象者:口蹄疫復興のために何か行動したい方。
         公務員に限らずどなたでも参加できます。
        (筆記用具、名刺等をお持ちください。)

■申込方法:miyazakifun@yahoo.co.jpまで氏名・所属等をメールしてください。

■詳細:Mfnetホームページをご覧ください。↓
    http://www.geocities.jp/miyazakifun/yotei.html

DOGAWA

8月5(金)〜7日(日)に県庁の同期である長尾の地元、美郷町南郷区上渡川(みさとちょう なんごうく かみどがわ)に遊びに行ってきました。
この渡川地区はMfnetで廃校を活用した地域活性に取り組もうとしている地域で、昨年度は美郷町で勉強会を開催しました。(その時の様子はMfnetのブログをご覧ください。)

今回は長尾が地元に帰省して、友達たちとキャンプをするということで一緒に行ってまいりました!

感想をひとことで言うと「いい!」

DVC00404まずは朝から山に入り、竹を切りだし、流しソーメンの準備です。
考えてみたら竹を使った本格的な流しソーメンって20年ぶりぐらい??
しかも自分も一緒に作ってますから美味しさ倍増です。
お昼ごはんとして美味しくいただきました。

続いて、昼からは地元を流れる川に入って魚獲り。
水中眼鏡をつけて潜りますが、魚がたくさん泳いでます。自然が豊富な証拠です。
魚の獲り方は2パターン。
一つ目はもりを使って魚を突く方法、二つ目は1人が投げた大きな網にかかった魚を逃げないように他の人が絞める方法です。
どちらも結構難しいですね(´−д−;`)(自分だけ?)
おかげさまで翌日、筋肉痛になりました。。。

DVC00402そして夜は長尾の友達宅で、獲れた鮎やマスを使ったバーベキュー♪
鮎が数十匹獲れましたが、小ぶりなものが多く頭からバリバリ食べれます。
こちらも美味しくいただきました!


今回のキャンプには渡川出身の長尾の同級生、その妻、その夫、その恋人、その子供、その父、その母、その兄弟など、20人くらいの人たちが来ていました。
中には「半年前からカレンダーに丸をつけて、この日を楽しみにしていた!」という人もいました。
ちなみにこの人は渡川出身ではありません。つまり、『渡川ファン』です。
そしてこれから『渡川ファン』『渡川リピーター』になる人も増やしていくことができるのではと思います。
それだけ楽しいこと、おもしろいことがあります。実体験して感じました。
長尾が「田舎はいい」と豪語していた気持ちが分かりました(笑)

今後、Mfnetでファンづくりができるように議論していけたらと思います。
gallery
  • ビールとまちに注がれる「のべおか愛」
  • ノベオカノマド
  • ノベオカノマド
  • キャリア教育2
  • キャリア教育2
  • 【第41回Mfnet】河野俊嗣×武井俊輔×崎田恭平 この夏最強の対談
Recent Comments
counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ