こんばんは。
Sasamingです。
目標と定めていた☆3緊急ジエン・モーランのソロ突破の動画が取れましたので
記事にしたいと思います。

【クエスト】
峯山龍 ジエン・モーランの討伐もしくは撃退(☆3緊急)

HR31、いわゆる上位に上がるための緊急クエストです。
このクエストのソロ突破を目指します。

【装備】
武器:トゥースランス改
防具:ボロス一式
お守り:底力+5 水流-10

に研磨珠*5にて、火事場+2、攻撃力UP小、高速砥石、ランナー、見切り-1
が発動しています。
今まではお守りパワーを使って、火事場+2と攻撃力UP小、そして高速採取を
使っておりましたが、後半戦で大砲は一切使わず直接攻撃する戦術を
取りましたので高速採取ははずしました。

【動画】


【内容】
戦術はいたってシンプルで、火事場をジエンモーランの岩石降らしで
発動させて、前半戦は背中のヒビを破壊し、かつ背中と思しきポイントを
直接攻撃していきます。
3回目の背乗りでつついている箇所は3回目の背乗りのあのタイミングでしか
攻撃できませんでした。

色々試行錯誤したのですが大剣やハンマーでも同じような状態でした。
スラッシュアックスの剣モード時は攻撃が可能でしたが、あまり安定せず。
結局一番使い勝手が良く、ヒビ破壊の時間がブレス・コアと大差のなかった
ランスをチョイスしました。
防具から察するに氷属性も有効そうですしね。

【前半戦(船上での行動)】
前半戦は突発型ののしかかりおよび、3回目の背乗り時の攻撃方法以外は
全てパターン化が可能です。
最初の大銅鑼は岩を降らせてから大銅鑼を使用することで火事場のための
体力減らしと、よろけモーションのおかげでその後2回大砲が撃てます。
それゆえわざとあのタイミングで大銅鑼を使っています。

最初の大体のパターンは、

・浮上中に大砲
・岩を降らせつつ大銅鑼(わざと被弾)
・2回大砲
・岩降らしを避ける
・2回大砲
・岩降らしをわざと被弾
・大砲1発撃って小タルで体力調整
・体当たり大が来るので拘束バリスタ
・2回大砲
・怪力の種
・背乗り

このような流れになっています。
1回目の背のりの後は本来ならば華麗に船上に着地して大砲を撃ちたかったのですが
華麗にミスして無念。
ジエン・モーランダイブ(1回目)後は突発のしかかりが来る可能性があるので
銅鑼の前で待機します。
普通は左舷の大砲のさらに左側から突っ込んできますが、突発のしかかり時は
左舷のバリスタ付近から飛んできますのでそれを目安に見切ります。

ちなみに突発型ののしかかりは、

1 1回目の右から左へダイブ後
2 2回目の背乗りチャンス最後の振り落としをして、砂に潜ったあと
3 決戦ステージ移行前の右から左へダイブ後

このいずれかに行ってきます。
今回は2のタイミングで突発のしかかりをしてきたので大銅鑼で
それを防いでいます。

背乗り中の岩降らしは2回目の背乗り中あの位置だとどうがんばっても
ダメージを食らってしまいますが、火事場発動ギリギリラインだと
1発は耐えれますし、回復薬でもギリギリ火事場発動ラインの体力を
維持することができます。

3回目の背乗り中の行動は体当たりか岩降らしのどちらかになっています。
3回目の背のりの前の浮上の際に、大砲やバリスタを当てて怪力の種を
使おうとすると1回目の攻撃に間に合わず船から降ろされる可能性があるので
注意します。
背乗り中の岩降らしはモーションを見てできればガード。
1回なら火事場中であっても食らっても死にません。

【後半戦(決戦ステージ)】
大砲を連発しても撃退が叶わなかったという経験を踏まえまして
決戦ステージでは大砲は一切使わず、火事場状態でひたすら腹と顎下を突きます。
決戦ステージ前半に多い前進ですが、腹や顎は前進中攻撃判定が発生するため
バリスタで攻撃を行いジエンをひきつけます。
(後ずさりには腹・顎に攻撃判定はでません)
船目前まで来るとほとんど前進はしてきませんが、それでもたまに前進してくる
ことがあるため側面をきっちり取る位置取りが重要になってきます。

のしかかり大を迎撃兵器で止めさえすれば船を破壊される心配はありませんが
気をつけたいのはのしかかり小と岩石降らしです。
のしかかり小は大に比べて発生が早いのでガードで凌ぐのですが、攻撃後に
岩石が降ってくるので注意が必要です。
岩石降らしは顔が地面付近に近づく前兆モーションがあるので、それを確認
したらガードを固めましょう。

位置取りのしやすさ、攻撃が高いところに届く点を加味してランスを使いましたが
他の武器でも位置取りがしっかりできるならばランスにこだわる必要は
無いと思います。
ただ最後の最後に拘束バリスタが間に合わず1乙でしまらねぇw

【目標達成して】
本当に何度折れそうになったか…
実は挑戦中にパーマンさんからメッセをいただきまして、今の現状を色々伝え
動画1回撮って無理だったら諦めますという話をしていたんですよね。
そのときは手伝いますよーなんてありがたいメッセを頂いて、動画を撮影。
無論失敗で(笑)あーもう澄爾辰討覆辰謄僉璽泪鵑気鵑鬚呼びしようと
したんですよ。
ただパーマンさんがクエスト中でメッセが届かずw

結構夜更けだったこともあり、その時は落ちたんですけれども
もしそのときパーマンさんがクエストに行っていなくてメッセが届いていたら…
間違いなく手伝ってもらって上位に上がっていたと思います。

神様ってのはいるかいないのか分かりませんが、狩の神様ってのは
いると思うんですよw
きっとそのときこう言いたかったと思うんです。

「お前はベストを尽くしたのか?もうやれることは本当に無いのか?」

ってな感じで。
だからメッセージを届けなかった。
届かなかったからこそ大剣でトライしてダメで、ランスでトライして
もしかしたらいけるかもしれないという可能性を見出し、この結果になりました。

これは目標を達成した今だからこそ感じられることかもしれません。
しかしこの勝負のアヤみたいなものは尋常の理では言い尽くせないものが
あるのではないでしょうか。
百計も尽きたときに、苦悩の果てが一計を生む。
人生、いつの場合も同じである。

吉川英治「三国志」


いついかなる時もどんな状況であってもベストは尽くすべき。
そうすれば何かが変わるかもしれません。

----------------------------------------------------------------

まぁ硬てぇ話これぐらいにしておいてと。
ようやく目標を達成して上位に上がれましたからね。
感動もひとしおではありますが、まだまだMH3tri-はこれから。
今後もこんな壁が現れてくれたらいいなぁ。

それでは今日はこの辺で。