こんばんは。
Sasamingです。
本日は弓という武器について前々から気になっていたことをちょっと真面目に
考えてみることにします。
テーマは「何故弓の弾数は無限なのか」

▼読む前の注意書き
えーと今回含めて3回に分けてこのテーマで記事をお送りしますが、ぶっちゃけた話
最後まで結論がでません
要は私なりの答えは見つかりませんでした、というのがオチです。
3回に分かれた上に結論なしってどういうことだ(#゚Д゚)ゴルァ!!と読んでくださる
方々に石やこやし玉を投げられないために布石を打っておきます。これぞ知略!

…とまぁこんな話で申し訳ないですが、それを前提に読んでくださると助かります。
それでは本編は↓からどうぞ〜

矢が…無限…?

MH2dosから新たに登場したのが弓という武器です。
他武器に比べると原始的な武器で、果たして何のために弓が狩猟武器として登場したか
疑問に思っていたのですが、こちらに関しては以前の記事にて「古龍に対抗する
ために生まれた武器」という結論に達しました。
しかしまだ弓に関して分からない点があります。
それが今回のテーマであるところの「弓の弾数は何故無限なのか」という点です。

同じ遠距離武器であるボウガンの弾は有限であり、撃てる弾数に制限があります。
それゆえ目的やボウガンの使用可能弾種なんかを加味してポーチを組まねばなりません。
それがボウガンの難しいところであり、また面白いところでもあります。
しかしこの点弓というのは至って簡単です。なぜなら弾数が無限ですから。
せいぜい敵との相性を考えて武器とスキルを選ぶ、といった程度でしょう。

ただ現実的に見ると、弓の弾数が無限というのはちょっとしっくり来ません。
射撃タイプ貫通を除くと射撃タイプ連射・拡散は共に複数本の矢を放ちます。
拡散LV4以上ともなると、一度に5本の矢を放つことになります。
「射撃する弾数」という観点で弓とボウガンを比較してみると、弓はボウガン以上に
消費する弾数が多いのです。

弓を使用すると腰に矢筒を装着しますが、それほど大きいものではありません。
あの矢筒一つでクエストに必要な矢をすべて収納しておけるかどうか甚だ疑問です。
モンスターハンターというゲーム内での1分は現実に直すと約1時間になるそうです。
1回のクエストに耐えられるだけの矢は狩場に持ち込んではいるでしょうが
手持ちの矢筒だけで全て事足りるとは到底思えません。

しかし、実際弓を使っていて弾切れになることはありませんから何らかの手段で
矢を補充していることは間違いないです。
では『どうやって矢を補充しているか』について考えてみましょう。

▼参考画像 パワーハンターボウ4と問題の矢筒


コレだけで1クエスト分の矢が収納できるとは…考えにくいですね。


矢をおいておく場所

まずクエスト1回に耐えられるだけの矢を持ち込んでいるとして、その矢はどこに
置いておくかという点から考えていくのですがこれはおそらくベースキャンプ(以下BC)
で間違いないでしょう。
BCは大小問わずモンスターが侵入することがない安全地帯ですし支給品等もここに
配られます。
各種生活用品、食料なんかもここにおいてあるといった点も加味すると、矢を
補給する場所として最適の場所だといえます。

クエストに持ち込んだ矢はBCにおいておく。
そして『何らかの手段』で置いてある矢を補給しながら戦うので、実質矢が尽きる
ことは無い。
それゆえほぼ無限に矢を射撃することが出来る…というのが私の仮説です。
ちょっと記事が分かれてしまいますが、以下はクエストを完遂するだけの矢を
狩場に持ち込んでいるという前提で進めて行きたいと思います。

(この項つづく)