ブログネタ
モンスターハンター ポータブル 3rd に参加中!
こんばんは。
Sasamingです。

長きに渡った正月休みが終了し仕事がはじまってどうしようかと考えておりましたが
その正月休み期間に京都へ旅行にいった際溜め短縮+5攻撃+9のお守りをゲットする
ことに成功いたしました。
移動中読む本もなくなってしまったので電車でお守りを掘っていたらポロッと出てくる
という状況で、できたらSSの一つも取りたかったんですが電車の中ではそれは無理
というものですよこんちくしょう。

というわけでぼつぼつ装備構成を見直していってます。
攻撃関連スキルの最大クラスの構成を組めるようになるこの神お守りの取得は大変
うれしくて(・∀・)ニヤニヤしながらマイセットを組んでいるのですが、逆にもうスキルで
これ以上攻撃力を高めるのは無理なので今後は技術を磨いていかなければならない
でしょうね。
ままその辺のマイセットはまた時期が来たら記事にしたいと思います。

それでは本日は「極天より来たる、崩せし神」ことウカムルバスとの戦いの模様を
お送りしたいと思います。

ウカムルバスvs弓



MHP2Gのラスボス的存在であったウカムルバスですが、弱点属性は火で全く
変わっていません。
しかも肉質を見ると弱点は頭でしかも65%も通るようになっています。
(ちなみにMHP2Gの時は頭が30%しか通りませんでした。弱点の後足も35%)

そもそも頭が大きい相手ですし、火が通るとなったら取り出す武器は火属性
拡散弓の「月穿ちセレーネ」一択でしょう。
スキルもそれにあわせて拡散強化・集中・回避性能+1・ST急速回復という
構成にしております。

生息場所が雪山深奥から極圏というフィールドに変わっていますが基本的な
フィールドはMHP2Gの時と変わっていません。
楕円形のフィールドの中央にクレバスがあって移動がわりと面倒なフィールドでしたが
本作はクレバスをまたぐことができる高台が配置されていますので、従来よりも動き
やすくなったように思います。



さてウカムルバスですが、これまたアカムと同様ほとんど変わっていません。
もっとも注意すべき地中潜り突進ですが、これは前作とは違い潜ってから結構
余裕がある感じなので、潜ったのをみてから武器を収納してダッシュすればそれほど
怖い攻撃ではないように思います。
またウカムダイブも攻撃判定が弱くなっているみたいですし、対応は難しくないでしょう。

唯一?の新モーションといえばアカム似た感じのものすごい振り向き。
顎をシャベルのように使って攻撃判定のある氷塊をばら撒きつつ振り向いてきます。
氷塊の落下地点には影がでるとはいえ、やや対応がしにくいです。
ただこれ以外の攻撃は正直避けやすいので前作に比べると大分戦いやすくなった
相手だと思います。
とりあえず首尾よく討伐できてよかったよかったというお話でした。

------------------------------------------------------

さてさくっとウカムを討伐したところで報酬に「崩竜の宝玉」が来ました。
前作で言うところの崩天玉にあたるアイテムですかね。
ちょこっと連戦したところでアゴアローこと崩弓アイカムルバルスが作成可能になりました
ので作成してみました。

ざっとスペックを見てみると、前作のようにデフォルトでタメ4が解禁されているものの
タメ4以外は使い物にならないというものではなく、 上から拡散2・連射3・貫通4で
攻撃力はクソ高いものの(ブースト込みで285)会心が-30%ついている貫通弓に
なっております。
ゲイルホーンのように強撃ビンを使えないということはないので、見切りでマイナス会心を
消しつつ貫通強化で物理面を強化するのがよいのですかねぇ。

まぁ運用方法はぼちぼち考えて行きたいと思います。
それでは今日はこの辺で。