Mrs.Kidのでいりーにゅーす

2ワンコとの日常 趣味の手作りのコト そして時々愚痴るグチログも。・・・ 共感持っていただいたら嬉しいです。

ひぇーーーーーっ Σヾ( ̄0 ̄;ノ
前回の更新は2月6日だったみたい。

2月13日から 今年も「季節労働者のバイト」が始まり
時間に余裕のない毎日が続いていたので
PCを開く時間もない・血圧の薬も切らした・縫物もできない
などなど ストレス蓄積するばかり。
フルタイムで働いている奥様方をホント尊敬します。

では ここひと月あまりの様子をかいつまんで。
2月11日 カールくん初めてのおでかけ〜。


アクアラインを通って千葉方面〜 
そんなに揺れる道じゃなかったのに うぇ〜
カールくん 車酔い。 それも2回も。
車を停めて 車内清掃2回。
チョコで経験済みだから もしやの為に準備はしていたので
冷静に汚物を片付けました。
この時 まだ生後6か月。 このまま車酔い体質になったらどうする?

月曜から金曜までの週5日のアルバイトなので
製作活動ができるのは週末のみ。
前から気になっていた 文鎮口金のお財布リベンジ。

デ・トワール・デュ・ソレイユの生地を買ってきて
そこそこお気に入りのものができました。

2月16日 カールくん2回目のトリミング。

がっつり立ち耳になっちまった。
しかし憧れの「ツートンカラーのシュナウザー」になった

「季節労働者」は毎日 お弁当持参です。
お弁当を別のバッグで持っていくのが面倒になって
お弁当ポーチも入る 大き目トートバッグ作りました。

金曜の夜から作り始めて 土・日の空き時間にミシン踏んで
なんとか月曜から持って行くことができたし。
でも・・・ やっぱりいれくちにファスナーをつけたくなって
次の週末にリフォームして ファスナーつけた。

コットンコネクションというショップの企画で
毎月一枚パッチワークのブロックを縫い
9カ月で一枚のサンプラーを作る
というのに参加していたのがついに最終回となり 
とりあえずサンプラーのトップが完成しました。

ちくちくハンドキルティングする余裕もないので
ミシンキルティングすることにしました。

3月に入って寒かったり暖かかったりの繰り返しで
日没時間は少しづつ遅くなってきて
仕事帰りからの夕方散歩にも余裕が出てきました。



そして今日は用があり休みを取ったので
ブログ更新もできる余裕があります。
春らしい日差しも届いて カールくんも無事生後7か月。
karl 7ヶ月
マロンちゃんのお尻を追っかけるやんちゃ坊主は
相変わらず 嫌がられてる気配も感じないKY男児。

去年の今頃は 娘のことでどう対処していいかわからない日々が続いていて
それをなんとか乗り越え 普通の女子大生になれるかと思われていたのに
まさか まさかここでまた躓く娘。
はぁ
バイト先の店長さんに「育ちがわかる」と言われ
モチベーションダダ下がりのやる気なしモードに突入。
詳細はわからないけど まぁ甘やかされていたことを指摘されたみたい。
甘やかされていたと自覚があるなら
もう自分でそれを是正する方向にもっていってもいい歳だぞっ!!

季節労働は来週末までだし
縫物不足のストレスが溜まっているので
ガンガン縫っていきたい。



我が家の長男坊・カールくん 5カ月。
ついに体重も5キロ越え目前。

そのカールくんよりちっちゃいのに
カールくんのレスリングごっこに付き合ってくれる子が
お友達のおうちのオリーブくん 3歳。


お散歩で会うたびに お相撲ごっこが始まり
リードが絡んでめちゃめちゃになる。
じゃ リードなしで思いっきり楽しんでもらおうということで
おうちで 時間無制限のレスリングごっこを楽しみました。

ふたりとも無言で 寝技あり投げ技ありのファイト。
3ラウンドほどやって 満足してくれたようです。

今夜は 久しぶりに「お世話係・マロンちゃん」の動画が
撮れたので見てもらいましょう。


チョコがいたころにも こんな風にペロペロと
お顔をきれいに(笑)してあげてたよねぇ。
カールに追っかけまわされて シッポに嚙みつかれたりするのに
お世話もしてあげるところは 年の功・マロンさん。
立派なおねぇさんぶりよねぇ。

このあと マロンがペロペロするのをやめたら
カールが手を出して「もうちょっと」と
おねだりするような仕草をしたので 笑えた

少しづつこんな風に距離は縮まりつつあるから
カールにもう少し落ち着きがでてきたら
マロンちゃんに平穏な日々が戻ってくるはず。

自由が丘の生地屋さん「コットンコネクション」が
昨年6月から始めたブロックチャレンジ
詳細はこちら
が 2月でいよいよ最終回。
ひと月に一枚づつ課題のブロックを縫いためて
ついに9枚のブロックが出来上がりました。



私はほとんどミシンで縫い繋ぐ方法
(ペーパーピーシング)で縫いましたけど
一枚だけ出来上がりが5ミリも大きいブロックがあったので
最後の最後に それを縫いなおして
9枚全部18cm×18cmのサイズで揃いました。

次は
    これを持ってコットンコネクションに行く
       ↓
    ラティスやボーダーの生地を選んでくる
     (この企画をコンプリートしたご褒美で
      生地が10パーセントオフで買えます)
       ↓
    キルティングする
       ↓
    バインディングして仕上げる
という段取りになります。
キルティングをミシンでするかどうか 悩み中。


さて しばらくがまぐちを作っていなかったので
芯地も買ったことだし 考えていたことをかたちにしてみました。

お気に入りのリネンの「100ネエサン」生地とフェイクレザーを合わせて
かっちりした通帳ボーチ作りました。
リネンには芯地とスライサーを貼ったので 
ビシッとかっこよく出来上がり〜。
(まだ少しスライサーの扱い方を研究する必要あり)

20170205_213757
内側は金運UPを願ってイエロー
カードポケットとファスナー付きのコインポケットを
つけました。
振込票や納付書も入るようにリサイズしたので
ちょっと大きめにはなったけど
札束もがっちり入りそうです。
(これから先も そんな予定はまったくないけど (笑))

今まで長年使ってきた通帳ポーチは軽くて重宝したけれど
マチがなかったので 収納力はなかったわけで
今度は3cmのマチを作ったけど がまぐちのくちがねで
ちと重くなった。
まぁ そのへんはできあがりのかっこよさで カバーできるけどね。
さっそく明日から使ってみましょう。
使い勝手も確かめなきゃね 



毎年恒例 年明けのイベントは
東京国際キルトフェスティバル2017。
今年も明日 水曜日までの開催ですが
ワタシは初日と週明けの2回 行ってきました。
20170119_112147


初日はパッチワークの経験者でもあるガマ友さんと。
2回目は デジイチを首からぶら下げ作品の撮影メインで。

初日に来場者が多いのはまぁ想定内ですが
週明けの月曜日も初日並みの混みようで・・・
周りを見回せば
   おばさん おばさん おばさん
     おばさん  おばはん  おばさん
  おねぃさん(スタッフさんらしい) おばさん おばちゃん
        おばあちゃん おばさん おばさんに引っ付いてきたおじさん
   おばさん  おばちゃん(大阪の) ガイコクジン
というくらい おばさん率高いのであります。

初日 まずはお目当ての cotton & Steal さんのブースへ直行。

かわいらしい飾りつけのブース。

カットクロスを買って ミニトートときのこマグネットを頂きました。

他にはスライサー(芯地)とカットクロスを1枚買っただけ。
「衝動買いしない!」という誓いは守りました。

このイベントでは インスタグラムでお知り合いになった方々の作品
(日本キルト大賞の入賞作品)を見ることができるので
それをみつけるのも楽しみです。
20170119_144958
ご本人には一度もお会いしたことがないのに
この方の作品を見るのは3回目。
毎年入賞されています。
DSC03551 (2)
この作品の前に立ったとき ワタシの目👀 が記憶の引出しを開けて
「これって なんか見たことがある!!」と叫びそうになりました。
・・・ 帰宅後調べてみたら やはり数カ月前に製作途中を
IGにUPされていて ワタシも「いいね」をした作品でした。
こういう出会いも感動ですわ〜。

毎年ながら 新しい技法やら表現に驚き・感動し
勉強させて頂くこのイベント。
気になる作品は ばっちりカメラに収めてまいりました。
じっくり見直して また「なるほど」と感心することに致します。

最後にあと数点
おきにいりの作品をUPさせて頂きます。
DSC03475

DSC03509

DSC03513

人だかりの作品の前では 写真を撮るのも一苦労で
タイミングをみたり 角度を変えたりしたので
写り方はいまひとつ(写真の腕前はおいといて)
このイベントの図録を買っても
実際の作品の色どおりではないので
素晴らしいものは やはり会場でナマで見た方がいいよ〜。
美術館に行った気持ちで ね (^_-)-☆




年末年始休のあとの三連休が終わり
やっと普通の日々が始まってから
急にやる気も起きてきて
小物づくりに精をだしました。


文鎮口がねを使ったお財布。
長財布は入らないサイズのバッグを持つ時用に
前々から作りたかったんだよねぇ。
添付の型紙とは違うのを作りたかったので
二日間ほど試作に試作を重ね 一度失敗した末に
まぁまぁ納得の物ができました。

なんとなくわかってきたような気がするので
今度は内側をもっと工夫して 長財布も作ってみたい!


「手づくり手帖web」からDRした3ポケットポーチ。
内側・外側とも坂本あかねさんの生地で。
通院するときに使うつもり。
このハデさが気分を明るくしてくれそうだし ね。


作ってみたくなる小物が たくさん掲載されている本からは
ポケットティッシュケース2点。
右側の方は 少し大きめでファスナー付きポーチにもなっているので便利かな。

そうこうしているうちに なんか腰痛が出てきて
座っているだけでも痛くなったので
「腰いたーっ」と言いながら家事をしていると
オットが「ミシンの前にばかり座ってるからだっ!」と嫌味を言ってきた。

ちょっと ムッとしたので     ( ̄‥ ̄)=3 フン
その翌日はポケットティッシュケースを 量産してやった。
でも・・・ミシン作業している間は腰痛くないんだよね。



実は ミシンキルティングする大物が保留になってるし
そちらにも手を付けないといけないのだが
小物を作ってると楽しいわぁ
来週あたりは ミシン環境を整えてぼちぼち
キルティングにかかるとしますかねぇ。


最後にサービズショット。

うちにきてもうすぐ3カ月になるカールくん。
体重も4.5キロほどになり
やんちゃぶりは相変わらず。
ぐいぐい引っ張るお散歩の相手をするのは 疲れるよぉ。

17-01-01-00-02-14-889_deco

2017年も始まって3日が終わろうとしております。

元日から穏やかな日が続き 凍えるように冷える日もなく
どこへ行くあてもなかった年末年始が そろそろ通常モードになります。
(オットは明日まで休みだけど)

お出かけと言えるようなトコには行かなかったけど
今日は 数年ぶりに箱根駅伝の復路を見に行ってみました。
駅伝コースは散歩がてらに行けるので
遅い朝ごはんの腹ごなしにはちょうどいいのです。
20170103_225759
ぶっちぎりトップで快走する青学。
20170103_225625
日本テレビの撮影隊。 
各大学ごとに監督が乗ったワンボックスカーが 
選手の後ろを走ってました。
20170103_225200
最後の国士舘大学が通過して 交通規制も解除になりました。
復路はそれぞれの選手がバラバラにやってくるので
確認しやすいよね。

こちらは 元旦から少しづつ進めている大物のキルティング。

まっすぐ縫うだけだから 甘く考えていたけど
実際に始めてみると まっすぐ縫うだけでも大変!!
ともかく ミシンのトンネルのようになっているところ
(上の画像 針より右のところ)が
3層にしてしつけをしたキルトで詰まってしまって 
ミシンが進みづらいったら (;^_^A
四苦八苦で そう長い時間続けていられないのよね〜。

年末には ワタシのメガネが壊れたり
プリンタが使えなくなったり
電磁調理器がショートしたりして
買い替えが重なり 間の悪いことばかりあったから
今年は 一年が終わったときに
「平和だったなぁ」と思えるようになるといいな。

SP。年明け カールくんは4.2圓鯆兇┐泙靴拭
   ウチに来てからひと月半くらい
   順調に体重を増やしております。
   やんちゃっぷりは 相変わらずです。


2016年師走に入って
富士山がきれいに見える日が多かったね。

夕方もこんなにきれいな色になる日が多かったなぁ。

今年一番の出来事といえば・・・
突然にチョコが逝ってしまったこと。
ホントになにがなんだかわからないうちに
10年弱の犬生を終えてしまったんだよなぁ。

次は・・・ 娘の受験。
これもかなりの「大変なこと」になってしまい
どう対処していいのやら 信頼できるお友達に話を聞き
相談したりアドバイスをもらったり。
で なんとか秋ころには平静を取り戻せ
やれやれ。

そして チョコの代わりに11月にお迎えしたのはカールくん。
今もやんちゃ坊主に振り回される日々。
やっぱ ワンコも女の子と男の子では違うね〜。
マロンやチョコがやらなかったようなこと するもの。
マロンがカールを受け入れにはまだ時間が必要そうだな。

趣味の方は 今年も充実しておりました。
mrs_kid_full
2016 インスタで「いいね」をもらった ワタシのベスト9。
一番評価をもらったのは 左上のクラッチバッグ。
どこからどうつながったのがわからないけど 
外国の方からたくさん「いいね」をもらいました。
左下の作品完成は ついに来年に持ち越しするハメに。

このブログも「でいりー」をタイトルにしているわりに
更新はどんどん滞り ついには月1回くらいになってしまったね。
タイトルは「マンスリー」に変更する必要がありそう 

ともかく 時々ここを覗いてくださるみなさん。
こんな状況でも ご訪問ありがとうございました。
来年も細々と 細々と・・・ 続けていくつもりです。
20161221_131559
2017年酉年
いい年になりますように。






新入りシュナのカールくん
順調に体重を増やして もうじき4圓鯆兇┐修Δ任后
あまりおっきすぎるのも ねぇ〜

そのカールくんの日々は・・・

寒かったらお昼寝の時に入ればいいかぁ と思って買った
ドーム型のハウスも こんなふうに間違った使い方をしております。
これは 折り畳みベッドじゃないよね。


かと思えば・・・
使い方は合ってるけど ハウスが倒壊しておりますが。

一昨日は 初トリミングにも行ってきました。

まだパピーちゃんのはずが
なんかすでに おじさんの風貌。
小顔なんですがね 黒いお鼻がちょっと大きいみたい。

12月4日。
元気であればお誕生日ケーキを
爆食いしているはずのチョコの10歳の誕生日でした。


お空の上では お散歩友達だったチッチちゃんやジェイミーちゃん
ゆめちゃん達と仲良くやっていることと思います。
今は チョコのサークルも首輪もリードも上着も
弟分のカールくんがそのまま使ってるの 見てるかな?

ワクチン注射も終わったので 今週からは一日1回ながら
お散歩も始めたカールくん。
チョコちゃんと仲良くしてくれたワンコ友達とのみんなと
ぴょんぴょん跳ねながら お散歩練習していますが
トイプーのオリーブくん(3歳)と 組み合ってお相撲するのが
一番好きみたいです。
カールにやさしく接してくれる 先輩ワンコさん達
どうもありがとう〜。





我が家の新入り カールくん。
この前の土曜に3回目のワクチン接種も終わったので
夕方のお散歩に連れて行ってみました。

 もちろんまだ本格的なお散歩はできないので
まずはカートに乗って 外の様子を偵察します。
しょっぱなから 箱乗り (;^_^A とは なかなかのやんちゃぶり。

昨日はたくさんのお散歩友達と会ったので
カールくんの紹介とお披露目もできました。
たくさんの先輩ワンコさん達は カールくんに興味津々。
生意気な坊主ですが よろしくお願いしますよ。

まぁそれにしても お散歩より大事なしつけもぼちぼちと
やらねばなりません。
トイレトレーニングと マテ・おすわり くらいはねぇ。
10年ぶりの子育ては はっきり言って「苦戦しております」。

そんな合間に 製作もぼちぼちと。
20161206_140024
お教室での課題・小さなパターンをつなげて ミニキルトできました。
サイズ:42×42cm
一辺が9cm角のパターンは小さくて 縫うのは楽しくて速いけど
生地の柄取りに頭を使うし 正確にしるしをつけないと
全部そろったサイズに縫いあがりません。
小さいからといって あなどれない難しさがあります。
その証拠に ところどころつじつまを合わせた箇所があるでしょ 

こちらは 巾着とポーチ。
20161206_135922
右の黒い生地の巾着が 先生に教えて頂いたもの。
それをベースに左側は サイズを調整して作った巾着。
後ろにあるのは 左の巾着にファスナーをつけようと思い立ち
お試ししてみたら けっこうイケてるポーチができました。
底が丸いからファスナーを開けば かばっと中味が丸見えで
便利だと思うわ。

そろそろ年末に向けての家事もあるし
仔犬のお世話としつけを優先したら
チクチクする時間はあるかなぁ〜。
・・・・・・ しかし
      たぶん・・・・
仔犬のお世話 > 縫物 > 家事 になる予感が致します。



2016年8月14日生まれ
ミニチュアシュナウザーの男の子
ブラック&シルバー
命名:Karl (カール)
11月20日に ウチの仔になりました。


ミニ・シュナのチョコが亡くなったのが今年の4月18日。
オットの散歩相手だったチョコの代わりはマロンが引き継ぎましたが
マロンはもともとお散歩はあまり好きじゃなかったので
最近は ほぼその役目をはたしていません。

そんな中 他の用事でペットショップに行ったオットが
「めちゃ かわいい仔がいた」と言って帰宅したのは
10日ほど前のこと。
その後2回 ペットショップに足を運び
この日曜日にウチにお迎えすることとなりました。

10年ぶりの子育て。
忘れていることもあるし 12月になったら
パピースクールに参加することにしました。
先住のマロンとの相性が一番心配ではありますが
カノジョはお世話好きなおばさん なのでなんとかなるかなぁ と。
それよりお世話するワタシの方が先に逝くかもね〜。

めっちゃ元気でやんちゃなカールくんと
ちょっとビビリで内弁慶なマロンちゃんが
仲良く日向ぼっこしている姿が早く見たいなぁ〜

20161116_150923
このデッドストックのハギレ入れの箱にあるハギレと
何ヶ月か前に 西荻のスィートフラップで買った帆布と
いつ買ったのか忘れた 小関先生オリジナルのオックス生地と
たぶんセール品の山から買ってきたと思われるドット柄の生地を
寄せ集めて ダダダッとミシン作業して出来上がったのが

クラッチバッグ。

裏側はこんな感じ。



ストラップは付け外しが自由なナスカン付きだから
他のバッグから流用してきましたけど。(;^_^A
ほぼぜんぶ在庫の寄せ集めでございます。

クラッチバッグだからね
20161116_150729
こんなふうに 縦長の袋状に縫ったものを 半分に折っただけ。
入れ口にファスナーをつけようかとも思ったけど
フタになる部分がこんだけあれば 中の物が落ちる心配もないでしょ。
それより 外側にさっと出し入れできるポッケが欲しい。

簡単な袋状ではあるけれど それに外ポッケをつけるとなれば
ちょこっと工夫が必要で・・・
そこいらへんは頭使ったし (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

まぁまぁ納得のいくものができたので インスタにUPしたら
なんとまぁ 結構な数の「いいね」を頂き
(普段からのおつきあいで いいねしてくれた人もいただろうけど)
なんのかかわりのないガイジンさんからも いいねされて
ちょっとびっくり。

ワタシ ちょとイケてるもの作ったのかも・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ



DSC03405

先日行った近江地方では 石田三成ゆかりの場所で
イベントが開催中でしたので 
ウチもちゃっかりそのイベントに乗っかって
三成ファンなら押さえておくべき場所を回ってきました。

DSC03377
ここ彦根城の天守閣からは
DSC03363
 三成の居城・佐和山城があった佐和山が見えます。

その佐和山城のすぐ近くにあるのが 龍潭寺。
境内には三成像がありました。
DSC03404
 佐和山城跡に行くにはこのお寺の脇から登るらしいです。

次は 大原観音寺
DSC03411
この井戸から 三成が水を汲み
DSC03407
秀吉の為に 三献の茶をたてた という 三成と秀吉の出会ったお寺。

最後はやはり関ケ原。
DSC03415
三成の陣があった山に登ってみました。
DSC03417
なるほど見晴らしがよろしい。
この案内板と照らし合わせると よくわかります。

この陣のすぐ下にあった島左近の陣あたりに・・・
416年前からずっと立っている という足軽さんがおりました。
DSC03418
観光客の男の人を「殿」と呼び 女の人を「姫」と呼んで なにかと語りたい感じの足軽さん。
持っている槍で方向を指し示し いろいろ教えてくれました。

このあたりに20万人ほどの人が集まり
合戦をしたのは416年前。
ぬけがけ 反逆 裏切り なんでもありだった合戦だから
半日ほどで終わったのかねぇ〜。
みなさん お疲れ様でした。
遠いところから歩いてこの地まで来て 半日で終わるなんて
お気の毒だわ。
・・・・・ すみません 便利で平和な時代に生きている者からは
こんな感想しかでませんで (^-^;









翌4日もいいお天気で 大阪で所用を済ませたあと
琵琶湖東側の近江八幡市に向かいました。

近江八幡といえば・・・
女子の場合 デパートで見かける和菓子の「たねや」が
おなじみかと思います。
20161104_163930

すごく風情のある たねや日牟禮乃舎
このお店でしか頂けない つぶら餅。1個80円也

形といい大きさといい どうみてもたこ焼きにしかみえないけど
ソースはかかっておりません。
中にはあんこが入っておりました。
小豆茶(初めて飲んだ)がついて このお値段はお得感あり。

この向かい側には たねやの洋菓子部門
バームクーヘンで有名なクラブ・ハリエがありました。

この日は近江八幡でお泊りして 翌日5日もいいお天気。
早朝から彦根城へ向かいました。

 国宝だけど 観光客が少なくて(ガイジンも少なくて)ゆっくり見て回れたわぁ。

この後は石田三成ゆかりのお寺などをめぐりつつ
最後に関ケ原古戦場にたどり着きました。
20161105_125005
416年前に天下分け目の決戦があった地。
416年前からずっと立っている という足軽のおにぃさんがいて((笑
このあたりの説明をしておりました。


笹尾山・三成本陣跡。
ここに上ると 関ケ原と南宮山がよぉく見えますなぁ。
今は田んぼの間に民家がちらほら。
ふもとの小学校はすでに廃校になっておりました。

「真田丸」では すでに三成は亡くなっておりますが
今も三成関連のイベントが開催されていて
歴史好きの年配者だけじゃなくて 歴女のおひとり様女子もちらほら。
こちらは「戦国無双」の影響でしょうね。

3日目はイチデジで写真を撮っていたのに
なぜだか画像がPCに取り込めない事案発生 (゚皿゚メ)
復旧できましたら またあらためて
416年前からずっと立っていると言い張る足軽さんの画像も
UPしたいと思います。( ̄ー ̄)ニヤリッ




おぉ 実に3週間ほども放置しておったのだわ Σ(・□・;)
まっ 特に記録しておくほどのこともなかった・・・
ということですけどね。

ではひさびさにあった「記録しておくこと」をUP致します。

11月3日文化の日。
ちょっと所要があって オットの田舎である淡路島に行ってきました。
今回のお泊りは こちら。
20161103_165515
 TOTOシーウインドー淡路。
建築家・安藤忠雄氏が設計したホテルでございます。

でも・・・
ここが正面玄関のはずなのに 入口がわからない (・・?
しかし あたりに人も見当たらず 聞くに聞けない状況。
建物の半分はコンクリートの壁で あと半分は大きな一枚ガラス。
どこから入ればいいのやら ???
ウロウロしても入口が見つからず そのあたりを見回しても
エントランス表記はない ε=ε=(;´Д`)

もう一度大きなガラスの窓に近づいて 右端をよぉく見ると
「ここをタッチしてください」と書いてあるのを発見したので
そのとおりやってみると
・・・・・・
おおきな一枚ガラスがゆっくり左に開口していった。
なるほどねぇ〜 さすが偉大な建築家さんが考えることは違う。

チェックインを済ませて 部屋に行くには・・・
20161104_065904
この大階段を海に向かって下りて行って 右にターンしたら一旦外に出て
20161104_065433
このエレベーターに乗って 客室階まで下りていくという
かなり通常とはちがう造りでございました。

実は一度TVでこのホテルが紹介されていたのを見たことがあったので
このホテルのロケーションやら 特徴のあるエレベーターのことは
わかってはいたけど ホント入口では迷ったわぁ (;^_^A

予約した部屋は和室だったけど 
そこはほぼ普通の洋風建築の和室とかわりのない部屋だった。
トイレを除いてはね。

TOTOだからね トイレは普通と違うワケよ。
最新システムではなさそうだけど ウォシュレットの操作盤に
スピーカーがついていて トイレでねばる時には
ゆったりと音楽を聴きながら・・・ということができるようになってた。

さぁ 晩御飯ですよ。

海風懐石 というコース。
ほとんど全部が地元産の食材。
淡路島だからね 玉ねぎも野菜もお肉も魚介類も地元で調達できる。
器もね お刺身を盛り付けてあったのは 地元産の瓦だったし。
屋根に使うアレよ。

この日は早起きしたので ごちそうを味わったらすぐ寝てしまいました。

翌日

部屋から見える日の出。
いいお天気になりそうな 日の出でした。

朝ごはんは かまど焚きごはん。
20161104_074043
ごはんだから 和食にあうお献立がたくさん並んだビッフェ形式。
パンの用意もあったものの かまどごはんが用意されていたら
そりゃ卵かけごはんにするでしょ。
宿泊客のほとんどが 和食を楽しんでおられましたよ。

ここをチェックアウトしたら 大阪方面経由近江八幡方面へ行くことになってます。
それはまた次回の更新で。











暑かったり寒かったりで なんかねぇ安定しないお天気が続く
今年の秋。
陽が落ちるのも早くなったから 夕方のお散歩時間も早まり
ミシン作業の時間も短くなりましたが
作ってますよぉ ぼちぼちとね (*^。^*)

9月の「キルト&ステッチショー」で買ってきたあと放置していた
ベンリーくちがねを使ったバッグを初めて使ってみました。

「ベンリー」という語源がよくわからない こんなくちがねが
がまぐちのくちがねコーナーにありまして
20161019_153751
これに 巾着状の物を作って ベンリーの棒を通すだけでバッグができます。
一般的には ひねりがついている部分が半円状の物が多いですが
こんな風にまっすぐなのは珍しいので ちょっと興味がわいてきたのですよ。

で こんなバッグになりました。
20161019_153908
本体は別珍がストライプ状になっている生地にキルト綿を貼って 
ミシンの模様縫でキルティングしました。
それだけで もうちょっと見た目UPですわ
しかし 別珍生地は縫いにくい。
仕立てる時に生地が逃げるので
思うように縫った端がそろわないんですよぉ。
何回縫いなおしたことか 

20161019_153821
内側はこうなってます。
実はこれを作る前に一度試作してみたんだけど
とにかく型紙もレシピもなかったので
本体のサイズも 棒を通すところの幅も ギャザーの部分の高さも
解らない状態での試作品は まぁいまひとつのできぐあいだった割には
この2作目で そこそこの物ができてよかったよかった。
かわいいのを作るのなら ひねりがついている部分が半円状の方が
ぴったりだと思うなぁ。

ついでに これまた「キルト&ステッチショー」で出会ってしまった
パッチワークボードのキットも放置してあったので やっつけた。(作った)

携帯用に小さめのが欲しいと思っていたところ
会場内をウロウロしていたら 偶然目につきお買い上げ。
作り方も簡単だったし 自分の好きな生地が使えるので
満足のいく物が出来上がり〜ぃ ♡ ♡

こんな物も作りつつ 在庫布減らしのため
ローターリーカッターで生地をカット カット カット。
肩がこるほどやっても こんだけ。(´;ω;`)

7×7センチの正方形にカットしたヤツと 6×3センチくらいにカットしたヤツの2種類。
こんだけやっても 生地のストック場所は隙間も空かず
生地にアイロンしてきれいに畳みなおして
ちゃんときれいに並べられたコト がなんとなく成果ですかね。

こんなことしていると
インスタでフォローさせてもらってる to-go さんが
9×9センチのキューブボックスを作っているのを見て
「わぁ〜 ワタシもまねっこ!」

12cmのミニバッグ作ってみた。
マチは台形にしたので キューブ型ではなくマルシェバッグ風な形です。
ドルチェ・グストのカプセル入れに使いましょ 🎶

これに使ったのが さきほどの6×3センチにカットしたスクラップ布。
こんなに小さい物でも 配色に気を配らないと満足なものはできません。
・・・・・・と いうことがわかっていたのに そこを怠った結果
やっぱり「できて うれしい」物にはならなかった。
次 作るときはちゃんとしよう。








大河ドラマの「真田丸」はもう後半になり
舞台は大阪城に移るようですが
上田市の真田の郷は まだまだ訪れる人がたくさんいるようです。

と いうことで・・・真田の郷に行ってみることにしました。
三連休最終日の10日 少しだけど陽もさすお天気でした。

国道から真田の郷方面に向かう交差点名は まさに「真田」。
20161010_111234


20161010_101829
真田氏館跡。
今はお屋敷公園となっております。

20161010_115313
信綱寺ちかくにある緑地公園にある六文銭のモニュメント。
マロンの大きさからすると どのくらいか想像できるかな。
歴代真田氏とそれぞれが仕えた君主の華押が石碑に刻まれていました。

20161010_112515
真田氏ゆかりのお寺には どうも
こういうふうに5円玉を六文銭状に並べてお参りする人が多いみたいです。

真田の郷でなん箇所かゆかりの場所をみて回ったあと
上田城跡に行ってみました。
20161010_133918
こちらは 真田の郷以上の人出。
大河ドラマイベントも開催中だからかなぁ。

上田城跡とあるように この門は再建された門です。
それもたった1枚残っていた写真をもとに再建された と
忍者の格好をした案内のおにぃさんが そう説明したいたのが
聞こえました。

ここはNHKの「ぶらタモリ」でも放送された場所だったので
その時紹介されていた場所にも行ってみて
タモリさんが解説を受けていたシーンを思い出し
なるほどね と納得して帰ってきました。

ともかく 信州上田まで日帰りの旅だったので
昼2時過ぎには 上信越自動車道に乗っておかないと渋滞が怖い。
まだ見残したところはあるけれど 予定通り帰途につきました。

そうそう 往路では横川SAで休憩して20161010_091352
B級グルメの
20161010_091025
味噌お焼きとこんにゃくで 小腹を満たしました。
20161010_085909
久しぶりのお出かけだったマロンさんもご機嫌のお顔です。

予定通りに上田を出たはずだったのに やっぱ関越道は混むのよねぇ(´;ω;`)
渋滞だらけで なんとウチまで6時間もかかってしまい
いつもおうちでチクチクしながらFMラジオで聞いている 
渋滞箇所の地名が「あぁ この辺ねぇ〜」と確認できたのでした。


昨夜は 甘くみていた台風18号崩れの温帯低気圧のせいで
ベランダの植物さん達を 急きょ避難させるハメになりました。
今朝よく見てみると ヤツデが根元から傾いているのを発見。
まぁ そこそこの強風だったワケですな。

お散歩の途中に見かけた たぶん食べられる実ではないと
思われる これや
20161006_143928
 満開で遠くからでも漂ってくる香りでそれであることがわかる金木犀も
すっかり落ちたり 散ったりしているはず。
これで 今年の台風は終わりにして頂きたいものです。

それでは・・・
最近チマチマと頑張ってる(がんばるというほどでもないか)物
何点か みてやってください。

最初の構想では こうなる予定だったDollsのキルト。
dolls

現物が完成しました。

ほぼ 予定通りかな。
20161006_143724
ボタンや山道テープで少しデコってみました。
裏地はちょっとお遊び感のある ハリネズミさん柄。
どうでしょう20161006_143523


10月ということで 何年かぶりでハロウィン物も作ってみた。

サイズ:20×20cm
これまた在庫布処理のため オレンジ色の生地は買い足さず
ベースの紫の生地だけ買いました。
10月いっぱいは これでも飾っておくかなぁ。

あとは
9月にはできなかった コットンコネクションのブロコネ企画。
「ミックスT」と


10月のお題「ボウタイ」は早々に仕上げました。
それも2種類の手法で ね (^_^)v

こちらは ペーパーピーシングで

こちらは ミシン早縫い手法で。
さすがに早縫ワザで縫うと「ほぅ」と思うほど早かった。

ここのところトップを縫い合わせるのは ほとんどミシン。
なんとなくだけど・・・ もしかして そろそろミシンキルト流行る???
視力がどんどん衰えていく身では ミシン作業もつらいけど
なんてたって早く縫えるのはうれしいわぁ



9月16日
マロンちゃんをウチにお迎えして丸10年経ちました。
20160924_103905
オットがネットでみつけて すぐペットショップに見に行って即決だったなぁ。
ワンコをお迎えするのは初めてだったから
不安もいっぱいあったけど かわいさにやられたっけ。

時々 ヨソのシュナちゃんを見かけると
「シュナ欲しい」と思うことがあるけど
マロンちゃんの笑顔を見ると 「いやいや マロンちゃんいる」と思える。
犬生も後半のマロンちゃん お医者さんのお世話になることなく
元気でいてほしいな。

17日 土曜日。
今年初めて開催されるイベント『キルト&ステッチショー』に行ってきました。


小関先生のブースは いつも押すな押すなの人だかりなのに
開場から早い時間に行ったので 先生の新刊本にサインを頂き
記念撮影までして頂けたぁ〜
ちょっと変わったかたちの ベンリーくちがねもGetしたから
早くつくらないとね。

このイベントでは いつものキルト作品だけではなく
刺繍の作品も見ることができました。
(キルト&ステッチショーだから ね)
細かい刺繍の作品に 顔を寄せて食らいつきそうなくらいの距離で
じっくり見せて頂きましたよ。

インスタでフォローさせて頂いている方々の作品も
展示されていて(入賞作品) ご本人より先に作品にお目にかかりました。
そういうつながりのある方の作品を見れるのも たのしいうれしいイベントです。

18日 日曜日
ひと目見た時から 私が「欲しい病」に侵されてしまったモノが届きました。
見るたびに「あ〜 いいなぁ」「でも もったいないよなぁ」という気持ちが
せめぎあい なかなか決断できなかったモノなんだけど
あるきっかけで話が一気にまとまり ついにウチに届いた物。

それは
ワタシの愛用マシーンがぴったり収まる ミシンテーブル

これでミシンをセットすれば昔の足踏みミシンのように
左手に広い作業スペースができました。
大きなキルトを作るときには 絶大な力を発揮してくれることでしょう。
まぁ 正直なところこれはワタシにとって『ぜいたく品』ではありますが
下手なミシンキルティングも
これでなんとか上手くできそうな気もしてきたりして・・・ 

ついでに自分の作業スペース周りもお掃除できました。
20160924_104337






私 最近はミシン出しっぱなし。
ミシンて白いからあまり目立たないけど
布埃だけじゃなく 普通の埃もたまってるんだよね。

だから・・・ ずっと前から 出しっぱなしのミシンに
さっとかけておける埃よけのカバーが作りたかったの。
ミシンに掛けるんだから ミシンのアップリケをしたカバーがいいかなと
思ってはいたけど それじゃあまりにも安易すぎるし・・・
ということで保留されていたミシンカバー
このたび 一気に仕上げました。






先週「キルトジャパン」を買ったら タイポグラフィキルトが載っていて
○△□を使った英字フォントに ビビビッときたので
それを参考にして作ってみたよ。

私の愛用マシーンは スイスのベルニナというメーカーの物だから
○△□のフォントで BERNINA の文字と スイスの国旗をアレンジ。
赤白のスイス国旗は すこしデフォルメしすぎたかなと思ったけど
直すと不格好になったので そのままにしておきました。

20160913_161823
お気に入りのF.O.Iデザインの生地のみみも目立たないように さりげなく縫い付けたぜ。
○△□のフォントのデザインは F.O.I だから ね

インスタにUPしたら けっこうたくさんの「いいね」を頂き
大満足でございます。
やっぱり好きなものって 一気に作れるしお気に入りだし。
ビビビッという感性 大事だわぁ〜。

実はこのミシンを使うためのテーブルも
昨日オーダーしてしまったのよん
それが届いて このミシンをセットしたら
益々やる気アゲアゲになるぞぉ。


最初に・・・
ウチがお引越しするのではありません。

もうかれこれ13年くらい通ったカルチャーセンターの閉鎖が決まり
今日からレッスン会場が変わりました。
お教室の先生もお仲間もそのまんま 
場所だけお引越しです。


新しいお教室の場所は 自由が丘。
自由が丘と聞くだけで 「おっしゃれー」と感じる田舎出身者の私は
これから 月一回のレッスンに出向くのが た・の・し・み

それに今度は コットンコネクションさん店内でのレッスン。
生地もたっぷりそろっているので
その場であれこれ配色もできて 作業効率もあがりそう。

20160902_224754
コトコネ企画・ブロックチャレンジ もガーランドになってました。

20160902_225112
今日 先生にアドバイス頂いてきたのはこれ。
最初は16ブロックくらいでまとめようと思っていたのが
今日思い立って ベットカバーサイズくらいになりそうです。

朝夕涼しくなってきたし ハンドキルティングするのもあるから
そっちも並行して ぼちぼち進めましょ。

このページのトップヘ