オープニングムービー

これから、どのような展開になっていくのでしょうか?紅蓮のアマゾネス。

このシリーズの記念すべきEPISODE01に使用されていますオープニングの部分をこちらで公開させていただきます。

[高画質で再生]

紅蓮のアマゾネス 哭き喚きながら逝かされる男たち オープニングムービー [アダルトライブチャット] [アダルト動画]

コンセプト

世界観 〜序文〜

時は現在…、昔と変わらず、街は人で溢れかえっている。
いつもと変わらぬ街…。
その瞳の奥に哀しみを隠す少女たち、そして自らの存在意義を未だ知らず、ウソの自信で塗り固めたワケ知り顔の少年たちが佇んでいる。
そして夜空には、いつしか希望を失った母たちのすすり泣きがこだます…。
街は、男と女で溢れかえる。
時代は男女平等である…。そう誰もが言う。
しかして今、薄っぺらな“価値観”と言う言葉が迷走する哲学なき時代において男女平等なるその言葉さえも、いつしか人間の、そして男の弱さを正当化する為のものとなっていった。
いつの世も、泣くのは女たち…?
時は現在…、ある意味で歴史上一番根深い、男尊女卑の考え方が罷り通り、結果として人間の尊厳が脅かされつつある昨今…。
そんな中、何処より来たりしか女傑軍団ありき。
それは、あたかもあの伝説のアマゾネスが、現代に蘇ったかのごとく。
彼女たちは、その美しきかんばせに少し涼しげな凛々しき瞳。
それでいて溢れんばかりの笑みをたたえつつ…、静かに、そして恐ろしき手段で男を狩り、非道なまでに嬲っていくという犯罪行為を開始した。
彼女たちは、ただの異常者なのか?それとも悪を破るための使者なのか?
とにかく彼女たちは、“男魂快楽地獄責め”という恐ろしき武器を携え、男たちの傲慢へ鉄槌を下し始めた。
それは、彼女たちの持って生まれた性癖なのか…? 時代が呼び覚ました悪魔の所業か?
時は現在…、男たちの受難が始まった。

AV作品としての概要

  • “アマゾネス(残酷ドS、性的欲求者)”の計り知れぬエロさをクローズアップしつつ、併せて快楽によって殺されるかもしれないという男側の恐怖を描く。
  • 一つのテーマは“追い詰められる男のパニック”を通して自らのM性と共に出演男性に感情移入してもらいたい。しかしその裏にはエロの権化と化した痴女たちが匂いたつほど画面いっぱいに踊る。そして、この実験的映像において最終的に男女どちらサイドにフォーカスするかは鑑賞者に任せる事になる。
  • 女性が男性を徹底的に快楽拷問によって追いつめる描写を、お仕置きする側とされる側、つまり善と悪の構図で映画仕立てに仕上げる。言うなれば女体拷問研究所の逆フォーマット
  • 快楽拷問の描写は、女研と同じくリアルなものに仕上げる。しかも、ある意味で男性が快楽拷問を受けた時の方がキツいことを、恐ろしいまでの快楽拷問メソッドを用いた地獄絵図で証明する。
  •  鑑賞者たち(男)の新たな心の部分を開く「俺、やられてみたいかも…」的な、ぶっ飛びかつ屈辱的な性感地獄責め各種が毎回オリジナリティー豊かに展開されていく。 
  • ここで編み出される性感快楽地獄責めは、風俗店、痴女AVなどで真似をされ、そして後世へと語り継がれていく。
  • 何のジャンルか?と言えば表向きは“痴女”“M男”ではあるが、本来の狙いはベイビーエンターテイメントが歩んできた通りの“新ジャンルの確立”なのである。


ディテール 〜美しき淫獣アマゾネス軍団〜

  • アマゾネス伝説とは?
古代ギリシャの神話には謎の女戦士の話が出てくる。伝説によると、その女戦士の集団は孤島に住み、女だけの独自な社会をつくっていた。彼女らは、仲間を増やす必要に迫られると、近くの部族に出かけて行って、適当な男と交わったと言われている。そして、生まれた子供が男であれば、川に投げ込んで殺すか、男のもとに返し、女の子であれば、種族の後継者として大事に育てたという。とにもかくにも男を押さえ込み、世界を制覇しようとしていたのだろうか?

  • 現代に蘇った淫獣アマゾネス
 一見美しく静かな面持ちではあるが、鬼気迫る闘争心をその身に隠し持つ。 表面的に表れている性質は、いわゆる怒級のS。しかし、そのS性は特定の(女を食い物にする)男のみに発揮される。男の性癖、性質、そして射精の仕組みなど性的な意味においての弱点を熟知している。表面上は平和主義である女性としての性質を持つので、暴力系は好まざるも、精神的、性的にいたぶる事にかけては、男のSよりも加減を知らない悪魔の権化。 とにかく彼女たちは飢えている。男のプライドや、快楽を搾り取る事に。心の中では暴れ回るほど飢えている。まるでギラギラした男の性的異常者のように。 アマゾネスには、女性の性的欲求の強さと、女性の持つ残忍さを、表現させる。 彼女たちは表面上、悪い男たちを狩っていくのだが、その反面、自分たちも明らかに異常者である。そして何故だかいつも、赤を身にまとう。

  • アマゾネスの組織
物語の始まりにおいて、すでに「男魂快楽地獄責め研究所」なる組織が発足されていて、事務所を構えている。次第にその発足の意義が明かされていくのだが、それは後述を待つ。 男の前に、一人、また一人とその姿を明らかにする神々しきアマゾネスたちであるが、その組織の中心者が誰なのか?などは当初明かされない。 この組織は常に、情報網を張り巡らせ血に飢えた狼のように獲物を探している。


ディテール 〜男魂拷問研究所〜

  • 組織概要
東京都品川区某所、アマゾネスがたむろする事務所は表向き「青少年育成及び犯罪被害者相談センター」なる公的機関を装っている。また、それとは別に男たちが連れ込まれる拷問所は、どこに存在するのか不明。ターゲットは必ず、目隠しされて、もしくは睡眠導入剤により眠らされて連れ込まれる。男の弱みを知り尽くし用意された、拷問器具の数々が所狭しと並ぶ、地下牢のようなところ。

  • 研究所の仕事手順
「青少年育成及び犯罪被害者相談センター」という公的な機関で仕事をしながら、性犯罪被害者女性などからの情報をもとに、裏の組織として動きが始まる。 公的機関ゆえの特殊アクセス権を利用して、鬼畜な男たちの私的データを抽出し、巧みな罠によって拷問所へ拉致監禁する。拉致部隊と公的機関部隊は分かれていて、決してその正体を知られる事は無い。研究所内で拷問された男は、その泣きわめく姿の映像を全て記録され、最後は知らぬうちに夜の雑踏で目が覚める事になる。男は、快楽の恐怖によってプライドをズタズタにされただけでなく、その後、人には見せられない自らの痴態をいつ全世界に公開されるのかと不安でいっぱいの日々を過ごす事になる。

  • 拷問方法
目が覚めた男は最初、目隠し、もしくは顔面拘束具によって視界を断たれている状態で雁字搦めに拘束されている。雁字搦めになっている事によって、彼は余計な希望を持てない状態でアマゾネスと対峙する事になる。 それでも、プライドを保ちたい男は一様に荒ぶるが、屈辱的な判決文のようなものを聞かされ謝罪を要求され、それを突っぱねると死刑宣告が言い渡される。 その後、男が見た事も聞いた事も無いような方法で、快楽地獄責めなるものをその身に受ける事になる。途中、アマゾネスのメンバーが開発した強烈な「男魂堕ち媚薬」をも飲まされ、最初こそ快楽を受け止めていた男に恐怖心が芽生えていく。「これを続けられたら死んでしまうのではないか?」と。 アマゾネスは、時には優しい母のように、時にはエロい痴女のように、そして時にはこの世の者とは思えないほど残虐な悪魔のように男を追いつめていく。 キーワードは「射精管理による寸止め地獄」と「強制キトウ責めによる連続潮吹き」と「終わりなきドライオーガズム」。まるで女になってしまったかのような錯覚に陥り、最後は涙とヨダレと白濁液にまみれ、意識を失い堕ちる。
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター

    MotheRs&Baby amazonでも販売中!
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ