80年代からアニメ好きのアニメ感想ブログ

放送中アニメの感想ブログ。 80年代からアニメを見続けてきた宇宙世紀ガンダム好きが綴るアニメの感想が中心のブログです。 普通にアニメを視聴した感想と、スタッフや声優で見るアニメの鑑賞方法と解説を添えています。 ちなみにアニメの感想はネタバレを含みますのでご注意を。

ありったけの「ありがとう」に満ち溢れた“さいたまスーパーアリーナ”「けいおん!!ライブイベント〜ComeWithMe!〜」レポート後編

忙しかったり異常に疲れてしまったりで、予定の更新が出来ませんでした、スミマセン。
既に当日から5日が経過してしまいました。
余韻に浸っていたりするので、一日一日は長く感じるものの、開催当日に20日から離れていくにつれ、その寂しさが募っていっている気がします。
ああっ、ずっと2011年2月20日なら良かったのに(;´Д`)

そんなこんなで後編です。
アンコールです。
では、レポート開始!

前回レッツゴー!の時もそうでしたが、キャスト陣が退けた同時に「アンコール!」開始。
「気が早いなぁ(;´∀`)」と思いつつも乗っかります。
「ダブルアンコールがあるハズだから、今回は出てくるのも早いだろうな」と思いつつ「アンコール」継続。
既に限界に近づきつつあった喉がかすれ始めてしまったので、スポーツドリンクを飲みつつ「アンコール」を続けます。
「再登場してきた時に声が出てないなんてありえないっ!?」と思いながら頑張りました(;^ω^)
程なくして暗闇に五つの人影が!
湧き上がる会場。
準備が終わるまでザワツキつつ待つ会場。
そして掛かるイントロのメロディ。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
曲は「NO Thank You!」
会場も「おお〜!」とため息に近いどよめきが起きました。
そのまま大盛り上がりの会場。
ひよっちの凛々しい声が響き渡ります。
この曲の観客側のキモは変調後の「NO Thank You!」の部分。
思いっ切り叫びましたよ〜。

演奏が終わった所でひちょっちが「アンコールありがとうございま〜す」
もうアンコールだとステージ上でも時間の経つのが早いと感慨深気です。
「アンコール嬉しいね、ありがとうございます」との挨拶に続き「ありがとうと言えば」と愛生ちゃんがが続けます。
「皆のパワーが集まってけいおん!出来てきたと思うんです」
「応援してくれた皆がいなければ二期も無かったかもしれない」
「こうやって来てくれた皆様と出会えた事自体が奇跡みたい」
「ミラクルを起こしてくれた皆の為に、頑張って歌います」
となれ当然の……「聴いて下さい Utauyo!! MIRACLE 」

会場大興奮!!
アニメの後期OPであり、別れと感謝に満ちた歌詞に何度も泣きそうになったあの曲です。
気合を入れて「指差し!!指差し回転!」もやるぞ!!
と思っていたら‥‥‥荷物で足元狭くて回れね〜〜〜〜っっ!!
ナンテコッタ!
上着と買ったグッズと11本のサイリウムで足元に回る場所が無い!!
しまった〜、どうせコインロッカーなんて空いてないだろうと思って諦めたのが裏目に出た〜〜(ノД`)
仕方ないのでサイリウムをぐるぐる回しましたよー。
ちなみに、見たところ1/3くらいの人が回っていたように思いました。
そしてそして、この曲のキモ中のキモがやって来ます。
「大好き 大好き 大好きをありがとう〜」の部分の大合唱!!
もう音程なんか気にせず、ありったけの思いを込めて歌いました。
会場全体がそうだったように思えます。
その3万人を超える人々の大合唱は「思いよ届け!」とばかりにさいたまスーパーアリーナに響きわたっていました。
ちょっとドコロではなく感動し、HTTの五人も涙を浮かべていたように思います。
自分もやっぱり涙が溢れてました。
あ、思い出してまた涙が(ノД`)

「ありがとうございました〜っ!!」
客席からも「ありがと〜〜〜っ!!」の声が沢山送られていました。
舞台最前中央に五人が集まって揃って一礼。
再び五人が舞台袖に退けて再度アンコールの開始。
ん?「アンコール」と「もう一回」が混じってる!?
ダブルアンコールだろうとタカをくくっていたので、自分は「もう一回!」を続けていましたが……。
思ったより早く再登場した上に衣装はそのまんま。
Come with Me!!Tシャツも着ていません。
「やられた〜っ! トリプルアンコール構成だったか〜っ!?」
とうれしい誤算に苦笑してしまいましたよ(;^ω^)

「ダブルアンコールありがとうございま〜す」の挨拶に続き「ギー太今日は大活躍だね」との愛生ちゃん客席は大喜びです(;´∀`)
「第一期、第二期と私達無我夢中で駆け抜けてきて、もうすぐ(けいおん!と出会って)二年になる」とはひよっち。
芸人日笠の持ちネタ(?)「てへペロ」も飛び出し、会場は再び大喜びです(;´Д`)

「けいおん!と皆と出会ってからの二年はあっという間でとても充実していた」
「けいおん!にも最初があり、その最初をライブの前に思い出していた」
「そんな初心を忘れずに、これからも頑張っていきたい」
愛生ちゃんがそんな挨拶をしましたが、最後に「映画、応援よろしくね」と宣伝も忘れません。
ま、この会場に来ている人で行かない人なんていないけどネ(゚∀゚)b

「そんな訳で、ここでは全てが始まった‥‥‥この曲、歌いたいと思います」

「Cagayake!GIRLS !!」
ここで来たか〜〜〜っと思いましたが、ヤハリ原点とも言えるこの曲は「ふわふわ時間」と同じく格が違う感じがありますね。
会場も大盛り上がり。
「Non Non Non!」
「ワッショイ!」
「エンジョイ!」
「ひゅいごーっ!!」
のコール部分は最高の盛り上がり!
間奏では「唯! 梓! 澪! り〜つ! ム・ギ!」の5人バージョンに、4人バージョンの「せ〜の!」も組み合わせた心憎い演出に嬉しくなってしまいました。
最後の「Shining Shiner Shinyest Girls be ambitious & Shine」の繰り返し部分は大合唱。
けいおん!はこの曲から始まった!
その思いは、この曲への思い入れを一層強くしたいたように思えました。
もうサイコー!!

演奏後、ひよっちが「第一期といったらね、忘れてはいけない曲がまだ一曲残っていると思います」
そして「これが最後の曲になります!」
「え〜っ!」という客席の声も切り裂き、ひよっちが叫びます。
「いくぜ〜〜〜っ!!『Don’t say“lazy”』!!!」
最後のアンコールで歌われるのは「Come with Me!!」なので、HTTとしての曲は本当にこれが最後。
残り全ての力を出し切るつもりで盛り上げます。
一期で(1〜2期通しても?)一番売れた曲だけに、その盛り上がりはコールが無くてもハンパありません。
PPPHと裏跳びではいつもより皆高く飛んでたように感じましたよ(;´∀`)

再び舞台最前中央に整列し一礼。
大きな声援に包まれつつ、再び五人はステージから去って行きました。

今度は全員から「もう一回!」コール。
今度は長くステージに現れません。
もう喉は限界を超えてましたが、数度の水分補給を挟みつつ「もう一回!」コールは止めませんでした。

再び現れたのは「Come with Me!!」Tシャツに身を包んだオールスターキャスト。
ステージ上に作られた階段に生徒たちが勢揃いです。
そして「Come with Me!!」Tシャツの上にジャケットを着て、ピアノを前に一礼するさわちゃん先生@真田アサミ。
全員で校歌斉唱があるとは思っていましたが、このタイミングでしたか〜〜〜〜っ。
金谷ヒデユキの先生ボイスで「校歌斉唱、皆様御起立ください」(ま、ほとんどの人は立ちっぱなしなんですが(;^ω^))の流れになるかと思っていたので、またもや良い意

味で裏切られました。
つか、アサミさんピアノ弾けるんだ。やるな〜っ

スクリーンに歌詞も表示され、さいたまスーパーアリーナに三万人の桜ヶ丘女子高等学校校歌が響き渡ります。
卒業を思わせる校歌斉唱と、会場全体で歌う校歌にひよっち感極まりマジ泣きしてしまいました。
やはり、皆がひとつになって歌う歌には感動しますよね。

演奏が終わると「ハイ、皆良く出来ました。降りてきて」
階段から降りてきたキャスト陣が、ステージ前方に列びます。

「Come with Me!!」Tシャツに「Come with Me!!」タオルと、アンコール後のお約束の姿のキャスト陣。
会場でも同じ格好をした人も多く「同じだ〜」「お揃いだ〜」とキャスト陣も喜んでました。
ま、欲しくても買えなかった人も沢山いたんですがね‥‥‥(;´Д`)

そして、続いてはお約束のバンドメンバー紹介とご挨拶。
まずは校歌斉唱には参加しなかったクリスティーナこと浅川姉さんをステージに呼びます。
二期になって人数も増えたことを喜ぶHTTメンバー。
前回と同じく、自分の担当楽器のバンドメンバーを、それぞれに紹介。
この中には「けいおん!」シリーズの楽曲を作曲・編曲された人もおられるので、ただのバンドメンバー紹介よりも感慨が深いです。

また、デスデビル専用の女性メンバー、ベースとドラムのベラとジェーンが紹介されました。
巻き起こる「デスデビル!」コール。
やっぱデスデビルは人気あるな〜。

続いて挨拶が始まりました。
「生まれて初めてギターを背負いました」とのクリスティーナ@浅川姉さんから始まります。
楽しかったとのアッサリした挨拶で浅川姉さんの挨拶は終了。

デスデビルの仲間のキャサリン@さわちゃん先生@真田アサミは、楽しんでくれましたか?と自分も楽しそう。

初登場だった純@永田依子は参加できて嬉しかったと、泣きながら挨拶してました。
プレッシャーも凄かったでしょう、頑張ったね。

憂@米澤円は満員の会場に、けいおん!はこんなに沢山の方に愛されていて嬉しい、けいおん!を愛してくれてありがとう。
家族や友人に支えられてここまでこれた、いつもありがとう。
そして、けいおん!と出会って二年。「憂と米沢さんが大好きで、米沢さんが憂の声優でなかったら、こんなに好きになることは無かった。憂ちゃんの声優でいてくれてありがとう」という内容のファンレターを貰ったそうです。
それが嬉しくて感動したと、けいおん!は映画もあるので、憂ちゃんを憂ちゃんらしく演じていきたい。そう締めくくってました。

和@藤東知夏。
今回はお守りとして、和と同じ赤いアンダーリムの眼鏡を装備していたことを報告。
その眼鏡が、ものすご〜く似合っていて可愛かったです。
「今日は楽しんでいただけましたか?」「ハ〜イッ!」これを一度やってみたかったと照れるトーチカちゃんがまたカワイイ(;´∀`)
自分もけいおん!という作品が大好きで、大好きな皆さんに和として一言お礼を言わせてくださいとトーチカちゃん。
ここでチョット噛んだのはご愛嬌。
和「皆、本当に‥‥‥ありがとう」

「皆〜疲れてないですか?」から入ったのは梓@竹達彩奈。
朝からリハーサル等で疲れてしまうのではないかと不安だったけど凄く楽しかった。
けいおん!という作品にであって、梓というキャラクターに出会って幸せです。
ここであやちの涙腺決壊。
絶対に泣かないって決めていたのにと話しながら、何度も言葉を詰まらせるあやちに「がんばれ〜!」と声援が送られていました。
皆で大きな舞台に立ることは本当に幸せで嬉しい。
私にとって一生のかけがえの無い思い出になった。皆さんにとっても今日のイベントが心に残ってくれれば嬉しい。
映画になるので、これからもけいおん!を応援して下さい。
そう締めくくりました。

続く紬@寿美菜子は、やはり大物落ち着いてます。
ついにこの日がやってきたのが信じられない気持ち。
「皆さんにとって、今日という一日はステキな一日になりましたか?」そんな美奈子ちゃんの問に、会場は全力で答えてました。
けいおん!と出会ってから、私にとっても激動の人生が始まった。
けいおん!と出会ったから、今日皆様と出会うこともできた。
そんな出会いに感謝する一日になった。
涙無しに挨拶を終えた美奈子ちゃん。やっぱ大舞台に強いね〜。

部長@律@佐藤聡美は、美奈子ちゃんと対照的に直ぐに涙腺決壊。
ライブが決まってから、皆と音楽をやることが楽しいけど、辛いこともいっぱいあった。
そんな時に支えになったのは律ちゃんだった。
自分にとっては律は私の中に存在する生きている女の子。
律や皆に出会って、本当にステキな経験が出来た。
けいおん!はまだまだ終わらない。「1・2・3はけ・い・お・ん!」
グイグイ行くから、スペースを空けて待ってて下さい。
前回のレッツゴー!を思わせつつ、成長した姿を見せてくれたしゅがぁでした。

これまた対照的に笑いから入ったのは澪@日笠陽子
前回のライブでは、泣きすぎててブルーレイを見返すのが恥ずかしいと笑いから入りました。
でも、そこは泣き虫のひよっち、直ぐに涙腺決壊(;^ω^)
ライブが決まって演奏すると言われた時、果たして五人が集まれるのかと不安になった。
音楽は人と人を繋ぐもの。私も放課後ティータイムの皆にささえられてここまで来た。
音楽をするのは楽しい、だけど大きな会場で歌ったり演奏することが怖かった。
でも、皆に支えられてきたから、私も皆を支えたいと思った。
最高のメンバーに出会った。最高のスタッフに出会った。最高のバックバンドに出会った。最高の皆さんに出会えた!
「本当にどうもありがとうございました!」最後には深々と頭を下げ、心からの御礼を言葉を会場に投げていました。

最後は主役@唯@豊崎愛生
何を言おうか考えていたけど、つまるところ「ありがとう」しか無い。
私はけいおん!が大好きです。
唯ちゃんもギー太もキャストの皆さんも他のキャラクターもスタッフの皆さんも大好きです。
今日集まってくれた皆さんも大好きです!
今、私の中にある全部の感謝の気持ちを込めて、本当に今日は来てくれて、けいおん!を一緒に愛してくれて、楽しんでくれて、ありがとうございました!
そう話す愛生ちゃんの声は、少し揺れていたようにでした。


そしてオーラスです。
前回のライブと同じく、ライブの表題にもなっているあの曲がラストです。
「最後まで盛り上がっていこ〜っ!!」
大将の愛生ちゃんがステージに「準備OK?」
会場にも「OKな人?」「オーッ!」と返す会場。
「今日は本当にどうもありがとうございました」
「最後は皆で一緒に歌ってください」
「せーのっ!」

「Come with Me!!」会場全体で曲名のコールです。

「Let's Go!」以上に盛り上げれる曲になった「Come with Me!!」
前回の経験から、最後が合唱になることは分かっていたので、予習してきた人も多かったでしょう。
一緒に歌い「大丈夫さっ!」「Come on!」とコールを送り手を叩く。
(最初、「Come on!」でなく「バンバン!」だと思ってました(;´∀`))
今日、何度目か分からないさいたまスーパーアリーナが一つになったと思える瞬間。
最後の最後は「皆でいっしょにっ!」でジャンプ。

 

最後にHTTの五人が「ありがとうございました」と揃って一礼
もう一度、今度はマイク無しで「ありがとうございました」
と揃って一礼してステージを去りました。
スクリーンには、お別れと感謝のメッセージが表示されました。
思い思いに感謝の気持ちを叫ぶ観客。
そして巻き起こる三本締め。
観客の送り出しの曲はGO! GO! MANIACのオフボーカルでした。


こうして3時間半の公演が「あ」と言う間に感じたライブも終を告げました。
最高に楽しく、最高に感動した「けいおん!!ライブイベント〜ComeWithMe!〜」
前回のレッツゴー!を超える、文字通りに最高のライブでした。

予告通りに周囲を引っ張るつもりでコールを入れ警報を発しPPPHを叫び、裏跳びも真っ先に入れちゃいました。
228ゲートの5列目570番台付近で自分に合わせてくれた左隣の人、ありがとうございました。
頼もしかったです(*´∇`*)

詳細レポートはこれで終了。
また、別に感想のみ書きたいと思いますが、それはまた次の機会に。


愛生ちゃん、ひよっち、しゅがぁ、美菜子ちゃん、あやち。
アサミさん、浅川姉さん、円ちゃん、トーチカさん、依ちゃん。
バンドメンバーの皆さん。
全てのけいおん!!キャストの皆さん。
山田監督、そして全てのけいおん!スタッフの皆さん。
ライブイベントを支えてくれた全てのスタッフの方々。
そしてけいおん!を愛する全てのファンの皆々様。
けいおん!を愛する全ての人へ感謝の思いを込めて、最後はこのフレーズで締めくくりたいと思います。


ありったけの「ありがとう」

詩(歌)に乗せて届けたい

この気持は ずっとずっと 忘れないよ

思いよ 届け!

ありったけの「ありがとう」に満ち溢れた“さいたまスーパーアリーナ”「けいおん!!ライブイベント〜ComeWithMe!〜」レポート中編

「再開します、再開します」

キャラソンが終わると、スクリーンには唯達の姿が。
桜高を背景に掛け合いをする軽音部一同。
今いる場所は桜高の廊下という、突然の変化にスクリーンの中の唯が「エーッ!イキナリ設定!?」と作品とSSAが少しばかりゴッチャになっています。
どうやら、部室が工事中で練習場所を求めて流浪していた時のようですよ。
順当に行けば次はデスデビル。紫のリウムを用意してスクリーンを見守ります。
「和に相談する?」との唯に、今度は「和は歌い終わったばかりだから……」と律の方がSSAとゴッチャになってます(;^ω^)
すると、桜高の中とは思えない怪しげな場所に迷いこむ一同。
そこは何だか扉がイッパイある場所でした。
ホラーっぽい感じのBGMと、律の澪を怖がらせようとして「ココは死後の世界だ〜」と言ったりと、これは益々「デスデビルだなっ!」と確信を強め「あの扉を開くと中にはデスデビルが……」と待ち構えていました。
スクリーンの中で扉を開けるカウントダウンを行う軽音部の五人。
観客からもカウントダウンが始まり、扉を開けた途端にスクリーンがブラックアウト。
するとあらぬ方向から歓声が!!!

アリーナ東付近にスポットライトが集まっていて、そこから歓声が上がっていました。
自分の場所からは丁度死角で見えなかったのですが、何と何と!! アリーナ東の中央扉から、楽器を担いだ愛生ちゃん、ひよっち、しゅがぁ、みなちゃん、あやちが登場していたのです!!
少しすると、アリーナを歩く五人の姿がスクリーンに映しだされました。
もう、サプライズによる混乱と映像からの繋ぎの上手さにやられ、もう五人がリアルに画面から抜け出てきたとしか思えなくなってるっ!?
すげぇ! 予想もしていなかったサプライズ!
次はデスデビルだと思っていたから完全に騙されました。
アリーナ中央の「機材席」と思っていた場所が、実はステージだったとココで判明。
アリーナC、Dブロックが神席へと変貌を遂げた瞬間でした(;^ω^)

360°が客席というセンターステージに立つHTTの五人。
「お客さんが360°にいる〜」とはしゃぎ「お客さんの海に浮いてるみたい」と感想を漏らす五人がカワイイ。

そして演奏準備〜演奏開始!
曲は「いちごパフェが止まらない」
今までとは逆方向を向いての声援で少し勝手が違いますが、頑張って盛り上げるゼ!
でも、今回はスクリーンが無いので遠い〜っっ!
ファッション等の細かい所は全然分かりませんでした(ノД`)

続けてセンターステージでの二曲目。
「ときめきシュガー」ということで、後で気付いたんですがセンターステージは食べ物シリーズのステージだったようです。
と、ここでちょっとしたハプニング発生。
ひよっちが曲のテンポ(リズム?)を間違えてしまい、焦ったのか歌詞も飛んでしまったようです。
しかし、ここでアリーナセンター周辺の観客がナイスアシスト!
曲を歌い始めたようでした。
アシストに支えられて立ち直ったひちょっち。
あぁ、やっぱ「けいおん!」は良いな〜、ファンが暖かいなァと思う瞬間です。
その後は、ひよっちも問題なく歌いきりました。

ここでチョット一休み。
とは言え、観客側は全然休みにならなかったんですけど(;´∀`)
北西:チーム唯、北東:チーム澪、南東:チーム紬、南西:チーム梓、全体:チーム律
この方向のお客さん同士で声援対決〜っ!!
ま、結果が出るものでも無いんですけど、皆呼びかけに全力で答えてましたよ。
今回は、前回のように「コール&レスポンス」をやる時間の分も歌に回していたと思われるので、時間短めですが、とっても濃いふれあいの時間と感じました。

対決の後は紬ちゃんの時間です。
となれば当然曲は「Hony Sweet Tea Time」
もしかすると弾き語りで聴けるかな? と思っていたのですが、残念ながら通常モードでした。
美菜子ちゃんがとっても楽しそうに歌うのが、歌声からも伝わってきて何だか嬉しくなりました。

センターステージ最後の曲は、食べ物シリーズの最高峰。
そう「ごはんはおかず」です。
「今イチバン食べたいのはゴハンなんですけど」という愛生ちゃんの言葉に盛り上がる観客。
「盛り上がっていこう」との言葉に一斉に輝くウルトラオレンジ!
「アツアツホカホカ!」や「どないやねん!」「こらー!」等、コールが楽しいライブ向けの曲ですが、イチバンだったのは「1・2・3・4・GO・HA・N!」の部分。
ほぼ全員が飛ぶので、その衝撃と「GO・HA・N!」のコールは地鳴りレベルでしたよ〜。
本当にライブだと「ごはんはおかず」は、すっごく楽しい曲でした!


「けいおん!!ライブはまだまだ続くよ〜」と愛生ちゃんが言葉を残してセンターステージから退場。
すると、重低音と共にメインステージに動きが……。
ついに来ました!
ステージ中央が開き、中から我らが「DEATH DEVIL」の登場です!!
「スゲーッ!!今回はDEATH DEVILがバンドとして登場だ!」
というのが最初の感想。
浅川姉さんが一緒に登場するは分かってましたが、ドラムとベースもDEATH DEVIL専用の女性メンバーが担当しており、正にREAL DEATH DEVIL!!
流石に二回目ということで、真田アサミも益々キャサリンが様になってましたが……。
驚いたのは浅川姉さん!
チョット、クリスティーナまぢでカッコイイんですけど!!(;´∀`)
本当に、ビックリするほどハマりまくり超格好良かったですよ〜。

曲は何と「Maddy Candy」
「LOVE」じゃないってコトは二曲目があるってコトデスネ!!
CD売上だけではないDEATH DEVILの人気をスタッフの皆さん分かってらっしゃる!!

「Maddy Candy」で大盛り上がりを見せた後、会場を煽るキャサリンですがクリスティーナさんは観客にご不満のようです。
「あのさぁ、三万入ってるって聞いてんだけど?」
「オイお前ら、不抜けてんじゃねぇぞっ!!もっと声聞かせろよっ!!」
会場、更にヒートアップ!
「イイネェ、確かに伝わったよ、ワタシたちのハートに」
今度はご満足頂けたようです(;^ω^)

バンドメンバー紹介の後「お前等全員、愛してるぜ〜っ」
となれば当然「LOVE」
またまた異常な興奮の坩堝と化す会場でした。
「お前等、愛してるゼ」
最後は静かに去っていく、カリスマデスメタルバンドDEATH DEVILでした。


この後は、ライブの定番になりそうな寸劇「またまたある日の軽音部」
唯らしい「カワイイひらがなは何?」というネタから進んできました。
「ロック→六区」「さわ子→鎖輪固」
などのネタがありましたが、今回は「殴打後ブラッティタイム」のような名言は生まれませんでした、残念。

寸劇の後は、ついに来ました生演奏タイム!
一曲目は、なんと「ぴゅあぴゅあはーと」
新曲できましたよー。
「ぴゅあぴゅあはーと」はほぼ原曲通りのテンポに思えましたよ。
楽器の腕前もレッツゴーの時より格段に上達してました。
素晴らしい!!
皆売れっ子になって忙しいハズなのに、皆頑張ってたんだね〜(ノД`)

MCで、二期で成長した唯達に負けないように練習したと愛生ちゃんが語ってくれました。

二曲目は「U&I」
こちらは少し原曲よりもゆっくりになってました。
これは本当に大好きな曲で、この曲を生演奏は無いだろうと思っていたので、凄く嬉しい誤算でした。
サビの部分では、最初こそリウムはバラバラでしたけど、直ぐに会場中が劇中のケータイ振りの様に横振りに統一されたのにはチョット感動しました。
あ、ボクは最初から横振りでしたヨ( ̄ー ̄)
「U&I」の時に特に感じたのは「しゅがぁが律そのものだ、カッコイイ!」
ドラムを叩きながらメンバーに気を配る姿は正しく律で、しゅがぁは本当に本当に格好良かったです。


生演奏が二曲終わったところでMC。
「完璧な演奏では無かったと思うんですけど、一生懸命が皆に伝わって、また明日から頑張るぞと思ってもらえる何かに私達の演奏とか歌がなれてたら良いなと本当に思います」
「いつも応援してくれて、唯ちゃん達けいおん!という作品を愛してくれてどうもありがとうございます」
そんな愛生ちゃんの挨拶に、会場からは「(こちらこそ)ありがとう」と、沢山の声が上がっていました。

次は演奏はお休みして“歌う”ということで一旦HTT退場。
そして懐かしい映像がスクリーンに流れます。
BGMは「U&I 〜夕日の綺麗なあの丘で〜」スルイ!もう泣きそうだよ(ノД`)

それは軽音部の活動の記録。
それはHTTの歴史。
それは梓との思い出……。
となれば曲は当然の……。
涙腺崩壊必至のあの曲です。

「天使にふれたよ!」

自分はリウム無しで聴きたかった曲だったんですが、ほとんど消す人がいなかったので「梓に贈る曲なんだから」ということで緑のリウムを振りました。
しかし……この曲でウルトラオレンジは無いでしょうよ。
結構UOの人がいたんですよねぇ(´・ω・`)

歌いながら愛生ちゃん、ひよっち、しゅがぁ、美菜子ちゃん、皆泣いてました。
ひよっちとしゅがぁは号泣寸前です。
自分はというと……当然号泣。
涙は全く止まらず、鼻水まで(;´Д`)
涙のあずにゃんの姿がスクリーンに大写しになったときには、しゃくり上げそうになりましたがギリこらえました。
涙でぐちょぐちょになりながら一緒に歌いましたよ。

この曲、もしかしたらステージの最前にあやちを座らせて、四人があやちに贈るように歌うかと思ってたんですが、流石にそこまではしませんでしたね(;^ω^)
でも、後からステージに出てきたあやちも泣いてました。
ま、けいおん!が好きなら好きなほど「天使にふれたよ!」で泣かない人はいないでしょうから仕方ありませんよネ!

そして「次の曲が最後の曲になります」と残酷なお知らせが。
アンコールがあると分かっていても残酷なことに変わりはありません。
「けいおん!のアニメの関係者からライブの関係者まで、皆がけいおん!を愛してくれている」
「今日来てくれている皆さんがけいおん!を応援し愛してくれているからこんな大きなステージに立つことが出来た」
「本当に、今日は来てくれてありがとうございました」
そんな挨拶を愛生ちゃんがしてくれました。
拍手の嵐が巻き起こります。

「しんみりさせてすまないな」とも愛生ちゃん。
「次の曲もね、めっさ盛り上がる皆が大好きな曲なんだぁ」
といって準備開始。
となれば当然アレですよね。
「最後は全力で、一緒に歌ってください」
けいおん!ファンの原点とも言うべきあの曲です。
「最後はやっぱりこの曲で行きたいと思います」
「せーの!」

「ふわふわ時間!!」

レッツゴーの時と同じく少しスローテンポな「ふわふわ時間」
1コーラス目は愛生ちゃんが、2コーラス目はひよっちが歌います。
間奏ではそれぞれのソロパートを演奏。
「思い届け!」と思える五人の歌声と演奏。
それに答えるように「い〜つも頑張る!」や「ふわふわ時間」を返す観客たち。
「けいおん!大好き」「皆が大好き!」そんな思いに溢れた一曲だったと思いました。
最後は「せーの!」でジャンプして締め。

そして演奏を終えたHTTの五人は「ありがとうございました〜」
最後にステージ中央で揃って一礼し、ステージから去って行きました。

さて、次はアンコールのお時間です。
が、今日はこれにて終了。
また明日、アンコールから終了までは後編にてお届けいたします。

関連記事
ドキドキが止まんない♪ フルスロットルな脳内♪ 
「出番だよ、ギー太!」ではなく「出番だよ、みんなっ!」(;^ω^)
けいおん!!ライブイベント チケット一般発売 
MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP4の感想と「けいおん!!ライブ」2次先行抽選 
けいおん!!ライブイベント〜Come With Me!!〜 チケット当落通知
MUSICJAPAN 新世紀アニソンSP3完全版&4 そして「けいおん!! LIVEイベント」  
2011年2月20日! さいたまスーパーアリーナ!!
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート前編「けいおん!横浜に立つ!」
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート後編「横浜が震えた瞬間(とき)!」
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート番外編「もう一回!」

今回の記事が面白かったり気に入った方は、下の各ボタンと拍手のクリックをお願いします
m(_ _)m

人気ブログランキング にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

ありったけの「ありがとう」に満ち溢れた“さいたまスーパーアリーナ”「けいおん!!ライブイベント〜ComeWithMe!〜」レポート前編

行ってきました「けいおん!!ライブイベント〜ComeWithMe!〜」
完全燃焼。
燃え尽きました。
声の出しすぎで喉が痛いです。
サイリウムを全力で振っていたために肩と肘、跳びまくりでふくら脛が筋肉痛になりました。
満身創痍に近い状態です。
その所為か、寝ている途中から頭痛が始まり、起きてゴハンを食べようとすると吐き気が・・・・・・(;´Д`)
そういう訳で、今日一日使って詳細レポートをアップする予定でしたが、先ずは前編のみをアップします。
それではそれでは、「けいおん!!ライブイベント〜ComeWithMe!〜」レポートのスタートです。


自らの「けいおん!」熱を上げるために前日に視聴した前回のライブ「レッツゴー!」のDVD。
それによって高まり過ぎてしまったので、グッズも買いたい!と強く思い現地に朝の6:00に到着。
すると、すでにさいたまスーパーアリーナ(以下SSA)を一周する長蛇の列が!
結局買えたのはお昼の12:00チョット前。
6時間近くも列ぶハメになってしまいました。
しかも、これだけ早く行って6時間も列んだのに、またもや「(3)ケミカルライトホルダー」は買えませんでした(ノД`)
しかも、売り切れたのはもうすぐ買えそうな所まで来た時点。
時間にして10〜15分の差。まぢで泣けます。・゚・(ノД`)・゚・。
朝6:00到着で、「(3)ケミカルライトホルダー」「(4)ライブビジュアルTシャツ」「(5)HTT Tシャツ Come with Me!!スペシャル」が売り切れてました。
まったくもって恐ろしい限りです。
結局自分が買えたのは「(1)Come with Me!! セット」「(10)イベント公式パンフレット」の二つ。
何か悔しいので、当初は買う予定の無かった「(7)トートバッグ&缶バッジセット」を買おうかと思ってしまいましたが、チケットで予算をオーバーしていたので踏みとどまりました(;^ω^)
一応は「(1)Come with Me!! セット」と「(10)イベント公式パンフレット」が買えた事で満足感もありましたが、前回も狙っていて買えなかった「(3)ケミカルライトホルダー」のショックもあり、徒労感も大きかったです。

その徒労感・・・・・・というか疲れを癒すため「けやき広場」で友人を待ちながら時間的には昼食なんですが、朝食を食べたのが朝の4時過ぎという事を考えると“遅めの昼食”を取りながら、開場の14:00を待ちました。
やって来た友人との話も盛り上がった為、15:00過ぎ位に会場に向けて移動開始。
とにかく収容人員が多いSSAなので、入場にも時間が掛かるかと思いきや、あっさりと入場できました。
武道館や横浜アリーナと違い、各レベル・ブロック毎に大き目の入り口が用意されているからか、入場時の混乱は他の大型施設よりも緩和されているようですね。
この辺に関しては、流石比較的新しい施設です。

それなりにステージに近い席だと予想していましたが、実際に到着してみると思った以上にステージには近かったです。
ただ、そのステージも巨大だったため、近い割にはキャストは近く見えないという・・・・・・。
恐るべし、関東最大の屋内施設さいたまスーパーアリーナ(;´∀`)
座席をもっと細かく説明すると、スタンド200レベルの下手側、前から5列目。
ステージからの距離は、Aブロック最後列とほぼ同じくらい。
開場が巨大すぎて糞席だらけのSSAという事を考えると、かなりの良席だったと思えます。
しかも、アリーナ(の後方)に行った友人の話によると、余裕なくパイプ椅子が並べられていたそうで、アリーナはかなり狭かったらしいです。
そう考えると、結構余裕のあったスタンドの良席は、自分で思っていた以上に良い席だったのかもしれないです。

前半用の「K-on!」Tシャツに着替えて、サイリウム(閃ブレや閃ブレ改、閃ブレモドキ)は各キャラ用9色とHTT用擬似UOこと閃ブレ、U&I用白閃ブレモドキも用意万端。
後は開演を待つばかりです。
そして二度の肩透かしの後、15分くらい遅れてついにその時がやって来ました!!
始業チャイムと共に一気に湧き上がる場内。
サイリウムの花が咲き乱れます、
ライブパンフ表紙の公式イラストと共に、唯から一人づつキャラとキャストが紹介されていきます。
思い思いに現れるキャラ名を叫ぶ観客たち。
キャラ紹介が終わると、イントロと共に観客のHi!Hi!コールが始まります。
暗闇のステージ上に現れ、各ポジションに向かい準備を始める五人の人影。
そして・・・・・・。


ついに始まりましたっ!!!
オープニングナンバーは、当然二期の前期オープニング「GO! GO! MANIAC」
もう初っ端から会場のボルテージはMAX状態!
三万人を超える人数による「ハッ!」は壮観という感動というか、もう言葉では言い表せない程のものがありましたよ。

続いてひよっちが「続けてもう一曲行くよっ!Lisson!!」
湧き上がる大歓声。
前回がオープニングでは「Cagayake!GIRLS」一曲だった事を考えると、オープニングから二曲続けてくれることで、今回のライブでは大幅な曲数増を期待させてくれました。
可愛い愛生ちゃんの歌声に続いての、カッコイイぴかしゃの歌声。

来て良かった。
前回のライブから一年、待ってて本当に良かったと思わせてくれる瞬間でしたよ(ノД`)

二曲の演奏が終わると、HTTの五人が揃ってステージ中央の前方へ。
各キャラのイメージカラーのプリティな衣装を着た五人はとってもカワイイ。
「皆さ〜ん、こ〜んにっちわ〜っ!」
一斉に返される三万数千人の「こ〜んにっちわ〜っっ!!」
「TVアニメけいおん!!ライブイベント〜ComeWithMe!〜へようこそ〜っ!!」
とのメンバーの挨拶に、大歓声で会場も答えました。
これぞライブの醍醐味。
そして「けいおん!」が大好きな人たちだけが集まっているからこその一体感ですよ。
先ずは会場の広さに驚く五人。
遠くの客席にも「見えてるよ〜」と声を掛け、最奥の400レベル周辺がそれに答えて歓声を上げていたようです。
「今回は泣かないよ」と皆で前置きして自己紹介が始まりましたが、イヤ、むしろ泣いてください。
「一緒に泣くために来たんですから!」と、声に出さずに思ってたりしたワタクシです(;^ω^)

前回に続いてのお約束。
愛生ちゃんが「どっから来たの?」との質問に一斉に答える会場。
これ、けいおん!ライブイベントの定番になりそうだな。
最後に「超てんこ盛りで行きます」との愛生ちゃんのお言葉に会場も大興奮。
そして、一旦HTTの五人は退場。


続いては、レッツゴー!の時と同じく、キャラソンタイムの始まりです。
トップバッターは、当然主人公「唯」
ギターソロの後に始まる「Oh My ギー太!!」 
赤を基調とした衣装で現れた愛生ちゃん。
前回も比較的に余裕があった愛生ちゃんですが、今回は堂々としています。
二回目+スフィアで大舞台を何度も経験したおかげもあるんでしょう。
その分、所々に唯カラーでは無く豊崎カラーの緑のリウムを振る輩がいたのは残念なところ。
これだから、スフィアファンは嫌われちゃうんだろうなぁ・・・・・・。
と心の隅に小さく思いながら、リウムをガンガン振ってました。

続くは「澪」
うむ、この順番もいつも通りに不動ですね。
ベースソロに続いて始まる「青春Vibration 」
澪カラーの青を基調としたひよっちの衣装がカッコイイ。
曲に関しても、一期のキャラソンも非常にキャラを良く理解していた歌詞でしたが、今回は前回以上にキャラを良く分かっている上に、曲も素晴らしくて気に入ってます。
この曲は警報を入れやすい曲だったので、今日初の警報を入れました。
やはりライブ初心者が多いらしく、周囲で警報を入れていたのは自分だけだったようです。
でも、今回は全然恥ずかしくなかったゼ!(;´∀`)
間奏では「さいたまスパーアリーナも、萌え萌えキュン!」と前回に続いてサービス満点のぴかしゃでした。

この順番なら、次は当然「律」
ドラムソロに続いて「Drumming Shining My Life 」
一期のキャラソンもそうでしたが、律の曲はリズムがコロコロ変わってタイミングが取りにくく感じます。
ま、今回は曲を聴きこんできたので、合わせる自信はありましたけどね!
律カラーの黄色の衣装のしゅがぁは可愛かったですよ〜。
間奏では「部長命令だ、今日は楽しんで行くぞ!!」と会場を引っ張ります。
当然、会場も全力で答えましたよ。
でも、その前に言った言葉が、音が割れてて聞き取れなかったのが残念でした。

一期とは曲調がガラリと変わっって明るくアップテンポになった「紬」の出番です。
キャラの成長と変化を曲で表現した製作陣が見事な曲です。
キーボードソロに続いての「Diaryはフォルテシモ」は、成長した紬を少しテンポが早いながら素直なメロディーで表した曲で、二期キャラソンの中では好きな曲のひとつです。
美菜子ちゃんの紬カラーのピンクのドレス風衣装は、紬らしい清楚なイメージでとっても清潔感のある可愛らしさでした。
前回のレッツゴー!でも、ただ一人ステップを確認しながらでなく、振り付けを自分のモノにして堂々たる姿を見せてくれていた美菜子ちゃんでしたが、今回もイチバン堂々としていました。
MR01でもそうでしたが、会場を乗せるのも本当に上手で、本当にこの子は大物だと思いましたよ〜。
知ってるか? この娘、まだ19歳なんだゼ・・・・・・(;´∀`)

HTT最後を飾るのは、唯一の下級生「梓」
唯と同じながら、少々テクニカルな感じのギターソロに続いては「Over the Starlight 」
梓の曲は、律と同じくテンポの取りにくくリウムを振りづらい曲が一期から続きます。
ま、今回は聴きこ〜以下略。
「軽音部へようこそニャン!」と間奏であやちもサービスしてました。
うむ、唯と共にキャラ人気のトップを争うだけに、このサービスには喜んでる人が多かったようなきがしました(;´Д`)

HTT五人のキャラソンが終わると再びMC。
「楽しんでますか〜?」の言葉に、アリーナ、スタンドとそれぞれが答え、「私達もすっごく楽しいで〜す!」の言葉に、会場も喜んでました。
そして、HTT以外の残りのメンバーも登場し、再び挨拶。
さわちゃん先生@真田アサミ。
和@藤東知夏。
憂@米澤円。
そして、今回初登場の純@永田依子。
と続きました。
初登場の依子ちゃんは、超緊張していたようですよ。
そしてスペシャルゲストの登場。
クリスティーナ@浅川悠かと思いきや、何とアニメの監督である山田尚子でした。
実物はカワイイと噂でしたが、自分的にはカワイイというより美人に近い感じがしましたよ。
コール&レスポンスコーナーっぽい感じで「さいたまスーパーアリーナ!」と監督が言うと、開場が「ウォー!!」と答える場面もありました。
ま、これは愛生ちゃんが「気持ちいいですよ」と煽ったからなんですけどね。
「今日は京都から来たんですか?」とぴかしゃが芸人っぷりを発揮してたりもしてましたよ(;´Д`)
監督が呼ばれた理由のメインは映画に関する発表。
公式でも発表されましたが、公開日が今年の12月3日に決定しました。
皆が覚えるように、ひよっちにお鉢が回ってきました。
ひよっちが戸惑っていたら、突然沸き起こる「ひ・か・さっ!」コール。
戸惑うひよっちを尻目に、ステージ上でも何人か「ひ・か・さっ!」コールに乗っかってました(;´∀`)
立て直したひよっちが「1・2・3は、け・い・おん!と言うから、皆も一緒に言ってね〜」
すると「1・2・3はっ、け・い・お〜ん!」と会場は完全に一体化してました。
内容は総集編でも後日談でもなく、完全新作で唯達の在学中の話になるとのこと。
となると、やはり来月のきららで発表される原作けいおん!の新展開で、その後が描かれることになるのかな?
劇場版も原作の新たな動きも、共に楽しみです。

山田監督が退場した後は、再びキャラソンタイム。
次は憂ということで「皆、オレンジの用意だ!」とは愛生ちゃん。
皆、円ちゃんの検討を祈ってグータッチでステージを去っていきます。
「憂! フンス!」とエールを送る愛生ちゃんに、ちょっと笑いが起きてましたね。

担当楽器が無い憂は、直ぐにキャラソン開始。
憂のキャラソンである「ウキウキNew! My Way」は、実は二期のキャラソンではイチバン好きな曲だったりします。
素直なメロディと、憂と軽音部の明るい未来を感じさせる歌詞、それに憂のカワイイ歌声が凄く心地良い。
その曲のイメージ通りに可愛く歌う円ちゃんに、これまた警報を入れて頑張っちゃいました(;^ω^)

続いては、初登場の純@永田依子。
「純情Bomber!!」の曲調も律や梓と同じタイプに近い感じ?
でも〜以下略 
初登場の依ちゃんは、前回のレッツゴーの時のキャスト陣のようでした。
ステップを確認しながら余裕が無さそうに歌っている感じは、本当にレッツゴー!の美菜子ちゃん以外の姿を思い出しましたね。
純と同じように、ツインテール風に髪を結んだ依子ちゃんは、緊張しながらも、何とか会場を盛り上げようと頑張ってました。
それに答えて盛り上げる観客たち。
やはり、けいおん!って良いな〜(*´∇`*)

下級生に続いては、頼れる生徒会長・和の登場。
今回の「Jump」もスピーディでキャッチーな良い曲で、二期キャラソンの中でも特に好きな曲のひとつ。
一期の「Coolly Hotty Tension Hi!」もアップテンポ良い曲でしたし、和のキャラソンは、どちらも隠れた名曲だと思ってしまいます。
そして、その曲をライブでも歌唱力を落とさずに頑張って歌う藤東知夏ちゃんは、更に頑張って会場を盛り上げようとしてました。
そんなトーチカさんには「がんばれっ!!」って思わされちゃいます。
当然、会場は盛り上がってましたし、自分もしっかり頑張って盛り上げましたヨ!!
(;´∀`)

これにて、キャラソンタイムは終了致しました。

キャソンタイム全般に言えたことですが、大舞台が二回目なのでキャストの皆が少しだけ余裕が出たみたいに感じました。
振りやステップは自分のモノにした上で、ある程度自分のペースで(人によってはアレンジを入れて)歌って踊ってました。
やっぱり若いからなのかな?
凄く成長を感じましたよ。


今日の所はここまで。
また明日、中編、後編をアップしたいと思います。
それでは、更新をお楽しみに( ・ω・)ノシ

ドキドキが止まんない♪ フルスロットルな脳内♪ 
「出番だよ、ギー太!」ではなく「出番だよ、みんなっ!」(;^ω^)
けいおん!!ライブイベント チケット一般発売 
MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP4の感想と「けいおん!!ライブ」2次先行抽選 
けいおん!!ライブイベント〜Come With Me!!〜 チケット当落通知
MUSICJAPAN 新世紀アニソンSP3完全版&4 そして「けいおん!! LIVEイベント」  
2011年2月20日! さいたまスーパーアリーナ!!
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート前編「けいおん!横浜に立つ!」
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート後編「横浜が震えた瞬間(とき)!」
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート番外編「もう一回!」


今回の記事が面白かったり気に入った方は、下の各ボタンと拍手のクリックをお願いします
m(_ _)m

人気ブログランキング にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

ドキドキが止まんない♪ フルスロットルな脳内♪

さぁ、ついに明日が「けいおん!!ライブイベント〜Come With Me!!〜」の当日です。
もう「ドキドキが止まんない♪」状態で、間もなく「フルスロットルな脳内♪」です。

今日は「けいおん!ライブイベント〜Let's Go!〜」の“DVD”を見てギアがふたつ上がりました(;´∀`)
(Let's Go!のDVDを見る度に、生演奏の時に一度間違えてやり直した部分を、何故カットしてしまったのかと残念でありません。
励ましに出てきたさわちゃん先生@真田アサミも見所だったのに(ノД`))
これでギア自体は五速まで入りましたが、フルスロットルまでは踏み込まないようにしていまふ。
そう言いながら、今も「けいおん!!」を見ながら、このブログを書いていたりするんですけどね(;´∀`)
今夜は早めに寝て明日に備えるつもりですが、さて眠れるかどうか・・・・・・(;^ω^)


ところで、明日の予想される動員客数は、さいたまスーパーアリーナなの最大人数モードのスタジアムモードの上、300レベルや500レベルもフルに解放されていることから、34000〜37000人程度と予想されます。
前回の“Let's Go!”が横浜アリーナで15000〜17000人だったことを考えると、仮に“Let's Go!”に参加した人が全部来場したとしても、会場の半数が“けいおん!ライブ”初参加ということになるんですよね。
改めて「けいおん!」人気の凄まじさを実感してしまいますが「話題の作品のイベントだから行ってみた」という人もいると思います(私の知り合いでもそいう人が一組いますしね)。
ということで、前回の“Let's Go!”に参加し、かつそれが我がオタク人生の大きな転機になり、その影響で2010年には10回近くのアニソン系ライブに参加してしまった経験値を総動員して、周囲を引っ張るくらいのつもりで頑張ろうと思います!

ちなみに、もう直前になってしまいましたが、初心者の方にはコチラのHPを一度参照した上で参加されるのがよろしいかと思います。
- けいおん!!ライブイベント☆総合案内所☆ -
アニメ系ライブ初心者には役に立つ情報が書かれています。
特に「当日の注意事項」と「ライブ初心者用Q&A」は見ておいた方が良いと思いますよ。
「当日のコール表一覧」もライブで盛り上がる為には一度は見ておくと良いでしょう。
あと、結構書かれていない場合が多いモノとしては、キャストのフリマネ(振り真似)をする場合、基本的にはキャストの“鏡写し”にするコトが多いと思います。
特に左右に腕を振るような振りの場合、逆に振ってしまうとサイリウムや手がぶつかってしまう事があるので気をつけたいところです。
(あ、利き手まで逆にするって訳では無いですよ)
作法に気を取られすぎて楽しめないのは本末転倒なので、とにかく(周りに迷惑を掛けないように)自分なりに楽しむのがイチバンだと思います。
とにかく明日は楽しみましょう!!


明日か明後日には、ライブの詳細レポートをアップする予定です。
特に明後日は、燃え尽きた上に余韻で仕事が手に付きそうにないので休みを取ったので、余韻に浸りながらレポートすることになると思います。

それでは皆さん!
参加される方はさいたまスーパーアリーナでお会いしましょう。
残念ながら参加できない人、参加されない人は明日か明後日のレポートをお待ちください。

では、明日に備えて寝ます。
おやすみなさい|ω・)ノシ

「出番だよ、ギー太!」ではなく「出番だよ、みんなっ!」(;^ω^)
けいおん!!ライブイベント チケット一般発売 
MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP4の感想と「けいおん!!ライブ」2次先行抽選 
けいおん!!ライブイベント〜Come With Me!!〜 チケット当落通知
MUSICJAPAN 新世紀アニソンSP3完全版&4 そして「けいおん!! LIVEイベント」  
2011年2月20日! さいたまスーパーアリーナ!!
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート前編「けいおん!横浜に立つ!」
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート後編「横浜が震えた瞬間(とき)!」
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート番外編「もう一回!」

今回の記事が面白かったり気に入った方は、下の各ボタンと拍手のクリックをお願いします
m(_ _)m

人気ブログランキング にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

「出番だよ、ギー太!」ではなく「出番だよ、みんなっ!」(;^ω^)

どうもサボり癖が出来てしまったようで、やはり更新が滞ってしまいました。
・・・・・・反省。

さて、ついに「けいおん!!ライブイベント〜Come with Me!!〜」まで後一週間になりました。
先週(4日)の公式の更新で発表されるかと思っていた物販情報は、今週(11日)の更新で発表になりました。
物販開始は午前9時から。
ライブの入場・開演時間が普通のライブと比べると早いので、物販の開始も早くなっているのかな?
それにしても午前9時とは早いですね。
放っておいてもて徹夜組は出たんでしょうけど、これで徹夜組が増えるかもしれないです。
自分は、午前7〜8時くらいに到着する予定です。
う〜む、1,3,10が欲しいので、残っていてくれると良いのですが・・・・・・(;・∀・)

グッズ自体は、デザイン的には前回の「Let's Go!」の時の方が好みでした。
「Let's Go!」の時と比べると、チョット派手すぎるかな〜と。
それでも、前回はパンフ以外に買えなかったので、今回こそはと意気込んでおります。
そうは言っても、徹夜はしませんけどね(゚ー^)b

そして、通常では手に入れられなかったチケットですが、まぁ少しばかり割高にはにりましたが手に入れたチケット。
届いたチケットの位置は・・・・・・。

この座席表で神席と良席の境目の200レベルスタンドという中々の良席でした(≧ω≦)
自分で当選してても、こんなに良い席を取れたとは思えないので、これはこれで良かった・・・・・・と思っておきます。
でないと、割高だった分を自分で納得できなくなっちゃうので(;´Д`)
ちなみに、発券後の座席が判明したヤフオクでのチケット価格は、自分で確認した最高値はコチラ
な何と ステージ真正面最前列で399,001円!!
発券直後のご祝儀相場だったとはいえ、これは頑張りすぎでしょう(;´∀`)
よくもまぁ、こんなに自由に使える金があるもんだ(;´Д`)
※一応、こちらの座席表のリンクも貼っておきます


さてさて、続いてはこのライブの為に揃えたアイテム達。
何とか無駄にならずに済みました。
K-onTシャツ
















HTT Tシャツは、ライブグッズとしてスペシャルバージョンが売られるようですが、500円の差とはいえ普通の十分。
くやしくなんか・・・・・・無いですよ(;´∀`)
前半のキャラソンタイムは黒の「K-on!」Tシャツで、中盤以降の放課後ティータイムライブは「HTT」Tシャツでハジけたいと思います。
そして、ハジける為に必須アイテムのサイリウム。
キャラ別に各色揃えました(;^ω^)
けいおんキャラカラー















パンフのキャラ位置に合わせて配置してみました。
左から
 唯(赤) 和(黄緑) 憂(橙) 純(水色) 紬(桃) 澪(青) 律(黄) 梓(緑) 死悪魔(紫)
 下左:HTT(UO)  下右:汎用(白)
けいおん!サイリウム
















下側に見えている三本の筒は、「和の黄緑」と「純の水色」はネオンスティックに色が無いので、クリアーファイルとカラーセロハン(と透明ではない買い物袋)を加工して用意した、脱着式の「色を混ぜる筒」。
公式サイリウムの色が、“梓の緑が濃く”なるのか“和の黄緑が薄く”なるのか分からないので、緑を濃い緑にする緑のセロハンと、緑を黄緑にする黄のセロハンを用意して各々着脱筒を作成。
青系統に関しては、閃と青セロハンを使用してハッキリと青が出るようにした“澪ブルー”と普通のままで薄く青が出る“純スカイブルー”、純の水色が薄い場合に備えて薄い白を被せて水色にする為の筒も用意。
これでライブは、誰のどんな曲が来てもバッチリだ!(゚∀゚)b

で、リミッター解除でノリノリになる為に、先週から超ヘビーローテーションで「けいおん!&!!」の曲達を聴きまくってます。
改めて、ライブの為にサイリウムを振るタイミングをシミュレーションしながら聴くと、また違った感じを受けますね。
後一週間ありますので、バッチリ予習をしておこうと思います。

それでは「けいおん!大好き〜っ!!」な「けいおん!ファン」の皆様。
直接声を掛けたりする事は無いと思いますが、20日にさいたまスーパーアリーナでお会いしましょう。
そして、力の限りライブを盛り上げ楽しみましょうっ!!(`・ω・´)ノシ

今回の記事が面白かったり気に入った方は、下の各ボタンと拍手のクリックをお願いします
m(_ _)m

人気ブログランキング にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
けいおん!!ライブイベント チケット一般発売 
MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP4の感想と「けいおん!!ライブ」2次先行抽選 
けいおん!!ライブイベント〜Come With Me!!〜 チケット当落通知
MUSICJAPAN 新世紀アニソンSP3完全版&4 そして「けいおん!! LIVEイベント」  
2011年2月20日! さいたまスーパーアリーナ!!
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート前編「けいおん!横浜に立つ!」
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート後編「横浜が震えた瞬間(とき)!」
「けいおん!ライブイベント〜レッツゴー!〜」のレポート番外編「もう一回!」

記事検索
livedoor プロフィール
人気ブログランキング クリックお願いします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ