遠い隣室

オープニングで早くも糸を引くシーンが!
早いなと思ったのですが、ラストにあのような展開が待ってるとは。
なわけで、タイトルの後の展開というのは……

糸を引く志津子キクリと今日子猫の写真の部屋

今回の依頼者は、最近某アパートに引っ越してきた子、天城志津子。
近くにいた野良猫を拾ってしまったがために、それから痛ましい事態に。
猫を拾ってからというもの、頻繁に嫌がらせが。
実は隣に住んでいる立花今日子の仕業なのですが
最後まで見ればわかりますが、この人は可哀想な人だったんですよね。

知り合いもいなく孤独な人。
ただ一匹、猫とのふれあいが唯一の楽しみ。
それが、たまたま引っ越してきた志津子に猫を取られたと思い
今回の嫌がらせ行為に及んだのです。

禿げピザお代を

あいちゃんの「おだいを……」には萌えましたが、まぁ置いといてw

でも立花今日子の気持ちもわからなくもないですね。
孤独な人にとって、ペットはどれだけ癒されるか。
まぁそうじゃなくても、自分もネコを飼ってるけど
不快な気持ちのときもネコを見ると癒されますからねw
なので、この人にとっての癒しを取られたがため
自分の心が不安定になってしまい、あのような行動を取ってしまったのでしょうかねぇ……
もうすこし違ったやり方なら
もしかしたら、またネコとすごす事ができたかもしれないのに……

現代社会に潜む悲しい実態。
今回は隣人とのコミュニケーション不足が生んだ悲劇ですかね?
話し合っていれば同じ猫好き同士、こんな事にはならなかったのではないのかな。
最後立花今日子の部屋の猫の写真が一杯貼ってあるシーン
そして、猫が去っていくシーンは
バックで流れている曲と相まって、見ててジーンときました。

ちなみに今回の話は、二期の中ではベスト3に入るくらいよかったかもしれないです。


ブログランキングバナー迷い込んだ方もクリックお願いします