010203

しょっぱなの頭文字Dのパロは、見た事が無かったのでわからなかったのだけど
結構色々なところでパロられているので、見たことないなりに雰囲気が掴めて面白かったw
まぁある意味お約束な展開なのだけど、ゆい姉さんの見た目にそぐわぬ暴走振りが
普段とのギャップと相まって、妙な面白さを与えていたような気がしますね。

あと、始めは気付かなかったけど凄いスピード感のわりには
出しているスピードが40キロだったのは、世間に対するちょっとした配慮ですかね?w
やはりかりにも婦警さんなので、交通法規にそむく行為は不味いと判断したのでしょうか。
だったらもう少し安全運転を・・・と言いたいところだけど
それだとつまらなくなるので気にしないでおきましょうかw

040506

今回1番ツボだったのは、こなたの「てもて〜てもて〜てもて〜〜」
久しぶりに聞いたよ・・・これw
こんなネタが来るとは思って無かったので、不意打ちを食らった感じw
ふるッ!とおもったけど、こんな古いネタを知っていそうもないこなたが
必死になって、相手にリアクションを求めている姿が面白かったw
相手の世代によってのリアクションの差も、妙にツボに入ったw
それにしても、あんた何処からそんなネタを仕入れてきているんだよとw

気になったのが、最後の海水浴から帰ってきた後の話しは要らなかったような気もしますね。
海水浴のエピソードだけでまとめた方が、ストーリーに一貫性があり綺麗にうまく終ったと思うし・・・
急に雰囲気が変わって、ちょっと気分が冷めちゃったかなと。

おもったんだけど、最後の方は余計だったけど今回のような構成が良いような気がしますね。
大きな本筋に、それにかかわる小さなエピソードを付けていく、そんな感じ。
バラバラの何の脈絡も無いエピソードの詰め合わせを見せてもらっても
まとまりが無いから、なにか違和感が出てくるし
ストーリーに一貫性があったほうが、ストーリーやその流れを掴みやすく
気持ち的にも、最後までアニメの雰囲気に入り込んだまま見れると思うんですよね。

まぁ今回はチラッと、かがみとつかさの姉ちゃんが出てきたので良しとしますかw

とりあえず今回は特に主人公こなたの、ディープでシュールな部分が際立っていて
そこで思ったのは、やっぱりらき☆すたの面白さは
こなたの灰汁の強い性格で成り立っているんだよなぁ〜とw

本当らき☆すたではこなたが抜けて良いキャラしてますよ。


ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします