0102

真とあずさの最後の会話を何故持ってこないんだー・・・
てな不満を前回言ったわけだけど、今回に持ってくるとはね。
感傷的で良いシーンだとは思うのだけど、イマイチ内容が薄いと言うか
真とあずさ2人の歴史の総決算のはずなのに、刺激的に来る物が無いのがねぇ。
一言で言うなら別れが刺激的だったわりには、あっさりしすぎている?
一時期2人で話しを盛り上げたわけだから、もうチョイ濃いほうが良いと思うけどね。

真はモンデンキントに戻るのかな?
出て行った時の病み具合かは、ただではすみそうもない
いわゆる死亡フラグがチラリと見え隠れしていたのだけど、無事に戻りそうですね。
でもどうなんでしょうか、真のやって来た事は
ネーブラのパンチ程度ですむような問題ではないと思うし、罪の清算無くして
モンデンキントに戻り以前と同じ立場で活動をするのは、都合がよすぎるし
話しを軽くする要因にもなると思うのだけど・・・その辺りどう見せてくれるのかな。

でもまぁあまり深く考えてもしょうがないのかな・・・御都合主義は今更だし。
今回もグランドロッジの猫が呆気なくエピメテウスにやられてたし・・・w

0304

今回は特別印象に残る話しでもなかったんだけど、雪歩の豹変振りにはちょっとビックリw
千早と言う狂信的なヤンデレキャラが居なくなったと思ったら
こんどは雪歩に乗り移ってるのだから、歪んだ愛の形は2人とも救いようが無いと言うのかなぁw
あの表情は、吹っ切れたと言うよりは開き直っていると言ったほうが良いかもね。
迷いを感じないよう余計な事は考えず、ただひたすら千早の為にやるべき事をやる。
拠り所を失って崖っぷちに追い込まれた雪歩の唯一取れる道・・・
その道しか見えて無かっただけなんだろうけど
分かっているはずなのに大事な事を見ようとしない雪歩の姿は、哀れだよなと思いますね。
インベルの為に全てを捧げた千早と、その千早に全てを捧げた雪歩。
その結果何も実らずほしかった物は全て失い、1つの事に夢中で周りがみえなかったためにか
2人を見守っていた者に気づかなかったのだから皮肉としか言いようがないです。

次回は最終回どんな終り方になるのか、最近の展開からはちょっと予想が出来ないけど
とりあえずは横文字が多いアニメは辛いなとwま、いいですけどwなわけで次回w





ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします