01

1話を見た印象ではこれは期待できると、そんな好印象を受けたんだけど
2話の時点であ〜これは駄目かもしれないと早くも落胆モードへとw
で、まさか最後までこんな状態が続くとは・・・何となく感じてたけどw残念ですw

正直な所最終回は今までの出来を考えれば悪くも無かったと思うんですよ。
思うところは多々あるけど、結構頑張っていたと思います・・・ラストまでは。
最終回・・・本当に酷い終わり方だったねぇ・・・。
あのギャグエンドのせいで、7万の軍勢への特攻のシーンも台無しになりましたと。

もう、いったい何なのと?何故スタッフはここまで空気が読めないのだろうか。
物凄く不満だけど1000歩譲って才人が普通に復活していたのを受け入れるとして
ラストはルイズの豪泣きエンドで終わらせておいても良いじゃないの?
てか、そこで何で終わらせないのかな・・・ツンデレなんてあくまでも魅力の1つなわけで
むしろ強情なルイズだからこそ、素直に感情を表すラストの泣き顔に価値が出てくるわけであり
スタッフからしたら、ギャグっぽく終わらせたほうがこのアニメらしいと思ったのかな。
本当に最後まで酷い脚本に構成だったよなぁ・・・萎えました!

それにしてもゼロの使い魔第2期は、最後まで中身の無いアニメでしたね。

このアニメってラストの空気の読めない馬鹿騒ぎを見てもわかるけど
間違いなくストーリーは二の次の、キャラ主体で作られているアニメだと思うんですよ。
とはいっても、そのキャラクターも活かしきれているとは思えないけど。
それなのに、ある程度説得力の必要な戦争と言う重いテーマを前面に押し出して来たから
そのため戦争事態もこのアニメでは中途半端な軽い出来事になっているんですよね。
始めから戦争なんて言う堅苦しいエピソードなんて脇においといて
ルイズと才人の関係を前面に押し出していれば、少なくてもこのような
グダグダで中途半端な内容にはならなかったと思うのだけど・・・どうなのかね?

ラストの7万の軍勢に突っ込むあのシーンも、才人は国の為ではなく
ルイズの為に命を張っているわけだから、全編通して国の事情を強く押し出さなくても
普通に締まると思うし、ルイズとの絆が強調できてよかったとおもうのだけどねぇ。
戦争はどうでも良いとはいわないけど、こんな事なら拘る必要もなかったとおもう。
そもそも、1クールでオリジナルエピソードを含めどちらも描こう何て無理だったんですよ。

3期はあるのかな・・・どうとでも何とでもできる終り方だけど。
あったとしても才人が復活してたからね、自分の好きな話しは端折られそうだけどww
ティファニアが3期への伏線だと思ってたのに
あんな下らない終り方の為だけの登場でキャラの価値をわざわざ落とすとはね。
余計なことをしますよ。
あとキュルケが才人の事をダーリンと言ってたけど、それ以前いあそこに居たと言うことは・・・まぁいいやw

とりあえずスタッフさんお疲れさま!2度と関わらないで下さい!なわけで終りw



ブログランキングバナー原作云々以前の問題ですから