ToLOVEる

ToLOVEる5202

今回は御門先生にまつわるエピソード。
そういえば先生の背景に迫るエピソードは、今までなかったかもね。
謎の多い女性なのでどのような素性なのか興味があるし面白そうですが、はたして。

初っ端からきな臭い雰囲気だがケイズとかいう男、どこから見ても良い人には見えないw
さらにシルエットのキャラも気になるところだがとりあえず伏線として頭に入れておこう。

なわけでページをめくると・・・いいねぇw
御門先生のセクシーな扉絵、そしてララ達には無い素晴らしい大人のボディーw
乳首修正が今から楽しみではあるが、ん〜本当に凄いよなぁ・・・w

八百屋のおばちゃんにも挨拶をされると言うことは、案外地球に馴染んでいるようで。
宇宙人といったらあまり人とは関わらず秘密裏に如何わしい事をしているそんな印象?w
今回の御門先生なんて、どこか影を感じられミステリアスな雰囲気をまとっている、
そんなイメージがあるので、学校外でもわりと社交的な部分が感じられたのは意外かも。
まぁこのマンガの宇宙人は、人間に好意的なキャラクターばかりですから・・・
マンガのアシスタントまでしている宇宙人もいるしw
とらぶるに限っては一般が持っているイメージは当てはまらないのかもね、てか今更w

ララとリトお馴染みのじゃれ合いw御門先生もその姿を微笑ましく見ているけど、
ララの「どうして地球に来たの?」何気ない一言に「風が吹いたから・・・かな・・・」
何とも意味深な返答・・・何かを思って感慨にひたっている、そんな印象を受けるが。
で、それを聞いたケイズは「その気まぐれな風にふりまわされた」と・・・。
謎の宇宙人から御門先生は逃げて地球へと辿り着いた、そんなところだろうか。
重大な秘密を握っているのか、裏切って来たのか、それともララと似たような事なのかw
何にしろ今までのパターンを考えるとシリアスな話になるのだろうかという疑問もw

0304

この後に唯と春菜がさらわれるわけだけど、春菜はかなり前にもさらわれてましたよね。
あの時は触手プレイまではよかったけど、結局ただの雑魚というオチになってしまっい、
リトの男気と春菜の好感度が上がる結果で終わる、一言で言えばかませ犬でしたけどw
今回はどうなんるんだろうね・・・シリアスな話はどうなるのか見たい気もするが、
御門先生の態度を見ると、以前のおちゃらけた雰囲気だけで終わりそうも無く、
これまでには見られなかったクールで冷徹な先生が見れそうで楽しみですね。

でも1番気になるのは、唯と春菜に詰め寄るスライム状の液体?
ToLOVEるですから、これはいやがうえにも期待せずにはいられないわけですよww
そんなわけで、卑猥な妄想をしつつ次回をまちましょうww

初恋限定。

初恋限定52

扉絵がいいなぁ・・・実にコケティッシュな雰囲気。
下は水着だろうけど、ワイシャツにブレザーを羽織っただけで、
あそこまで官能的な印象になるとは・・・巧いものです・・・何が?w

扉絵の女の子ムネがデカイなと思ってたら、そのムネにコンプレックスのある子の話。
実際コンプレックスを持っている子はいるのかね?無いよりあった方が良いと思うけど。
貧乳で悩んでいる人もいれば巨乳で悩んでいる人もいるということかな?w

でも実際あそこまで大きいとつい見てしまうからwエロイ視線が不快極まりないのかな。
水泳部の連中なんてさ、ただの変態だしwめぐるが見せたくないのも分かる気がしたw
常に胸に集中する視線の中、水泳に集中できないだろうし、そりゃ恥かしいだろうしねw

0203

だからあの部長、傍からみたらストーカーの変態だけどある意味凄い感性の持ち主か?w
どうやらただの水泳馬鹿で、その純粋な気持ちからめぐるを入部させたい気持ちの様子。
熱意は凄いのだけど気持ちが一方通行で、相手の思いを感じる事が出来ない、
色々な意味で鈍感な所は少し痛くもあり、そんな痛さがキャラ的に面白い所ではあるねw

あそこまで見事なものを見せておいて、女ではなく一選手でしか見られないめぐる。
これは険しい道のりになりそうだし、武井先輩の鈍感さは手ごわそうですw

サムライうさぎ

女口説きの稽古なんて真面目にやるものではないと思うが、そんな下らない事を
真面目に平気でやろうとするのが、伍助の良いところでもあり融通の利かない所か。
非常に頭が固いというのかな、姿からも分かる通りズレているのが感じられるけど、
ビシッときめて頭はだれかさんの真似・・・非常に滑稽だし、気張りすぎなんだよねw
まぁ馬鹿馬鹿しい事を真面目にやるのは、伍助らしいとも言えるのかな?w
じゅんじゅんすぎるのも問題だな・・・w

意外だったのは穂波が女性に対して奥手だったということ。
さぞかしもてるだろうし、そのため慣れているのかと思ったら、伍助にまけずおとらず、
むしろ伍助以上に女性に対しては免疫が無く恥かしがりやのようです。
伍助からも「根性なし!」なんて言われるくらいだから、本当に苦手なんだろうねw
何だか照れているシーンが妙に可愛く面白く思えますw

てか、サムライどもみんなして口説き稽古をやっているのだから、
このマンガのサムライさんの考える事はよくわかりませんね・・・前も書いたようなw

ラストに摂津が登場。
うさぎ道場卒業のケジメに口説き対決に出場!ケジメが女の口説きってのもあれだけどw
でも本当にこの対決って何のためにやるのでしょうかね。
下らない意味しか出てこない、そんな不安を感じるけど、さて実際はどうなるのかな?

P2!

あらら、打ち切りですか・・・前回ではそんな雰囲気は感じなかったのにね。
川末を破った子のエピソードをいずれどうのこうのと書いてあったはずだけど、
だから今回の打ち切りは意外だったし、同時に来るべき時が来たのかという思いも。
好きだったので残念ですねぇ・・・。

ただ魔球のような物が出た時点で、ちょっとどうなのかなという感じは受けましたが。
テコ入れのつもりだったのかな・・・個人的には普通に卓球をやってほしかったですね。
焦点がずれて某テニスマンガのような混沌とした状態になるのは、
スポーツマンガとしてはどうかと思うしそうなる前に終わったのはまぁよかったのかな。

でもやっぱりどうなのかなぁ・・・人気が無いからって打ち切るのは。
辛抱強く見守るのも重要だと思うけど、辛抱強く見守った結果がこれなのかな。
思うんだけど、気に入らないからって打ち切っていたら購買層が偏りませんか?
いい面よりも弊害の方が大きいような気もしますがね・・・。





ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします