マイユア最終話

いや〜爆笑苦笑いENDでしたね!
全く心にも何も思うところもない、超展開で急転直下何でもアリの駄目ENDでした。
まぁ前回から嫌な予感はしていたけど予想を上回る展開! これはねーーよと・・・。
こんな事になるなら王道ラブコメらしく、素直にベタな路線を歩めばよかったんですよ。
伏線の張り方も回収の仕方も扱い方も駄目駄目で、例えば佐菜のリストカットの件。
佐菜がそこまで追い詰められた原因を、もっと早い時期に明かすべきだったんですよ。
そのうえで、佐奈がどのような気持ちで友人達と関わり合っているのか、そして、
苦しい過去から脱却し変化してく様を、まずは視聴者に意識付けさせるのが先なのでは?
その変化が意識できてこそ佐菜がそこにいる意味が確立されるわけで、戻って来た理由が
誰も予想だにしない、このような脈絡もない流れでは、リストカットという重要な事柄も、
空気ヒロイン奈々香の為に取って付けたような感じにしか受けないわけなのです。

まぁ理由が判明し過去を振り返っても、何が変わったのかわかりませんけどね。
それにリストカットを後悔しだしたのが、同じく奈々香のリストカットが影響って・・・
なんだ、何もかわってないんだなと・・・優しく言うなら、このクサさが王道なのかな。
なににしても、リストカットが奈々香を立ち直らせる重要なキーだったのならなおの事、
佐菜の言葉に説得力を持たせる為にも、過去の話しは深く掘り下げてやるべきでしたね。

まだ突っ込みたい所はあるけどまぁいいや・・・10年後には爆笑したとでも言っとくw
ま、言いたい事は、超展開と感じさせないよう伏線は有効に張って活用しましょうよと。
正直悪くないと思うんですよ、ストーリーはね・・・ただ展開に無理があると思うし、
非常に薄っぺらく感じるものも無いので、今回のような流れは違和感があるのですよ。

ただ超展開も割り切れれば楽しめなくもないかなと思ったりも。
今回も実は、どういう意味かは不明ですがw結構楽しんでいる自分がいたりして、
まぁ言うほど悪いイメージは残らなかったわけです・・・いいイメージも無いがw
最後に残ったイメージは「超展開で凄い駆け足な終わり方」それだけで何も無しw

もったいないよなぁ・・・途中まではいい具合で進行していたと思うんだけど。
・・・あれだね、このさいキャラの立っていた双子に焦点を合わせて作ればよかったねw
自分もそっちの危ない関係の方が興味あるし面白そうだw

そんなわけで最終回終わってみれば、スタートする前の期待通りの内容だったかもw
途中から期待が大きくなり不満も増えたが、その点を考慮すればまぁまぁの出来かな。

書き忘れたので追記だ!

墨汁はやめろ墨汁は・・・なにに配慮しているの? わけがわからん。
赤を黒にしてなにがかわるの? ただ違和感を受けるだけじゃん。
そんな事を問題にするなら、リストカット自体の方が問題でしょうがw
もうこのような小細工が、自分は非常に不快だし萎えるのですよね。



ブログランキングバナー深く考えなければ楽しめる出来だったとは思いますよ 本当に