紅08

にしても紫は可愛いなぁ……ロリコンの気持ちがわかりますよw 今回改めて、てなわけではないけどその仕草や言動には、大いに惹き付けられるものがあります。

紫だけではないけど、このアニメは人間味あふれるキャラクター描写がとにかく秀逸。何気ない出来事でもそのキャラクター達が演じることにより、実に味わい深いシーンになるのだから、どれだけ優れているのかがわかりますね。特に紫に関しては本当に感心させられるくらい、細やかに気を配り描いているのがよく分かります。

普通の同年代の女の子とは少しズレタ感覚の持ち主ではあるけど、その本質は変わらない等身大の女の子。子供らしい感性で困らせたり喜ばせたり、いつの間にか自分の魅力で真九郎だけではなく、環や闇絵との繋がりを強くしていくのだから、それはもうカリスマか。その影響は視聴者も同じで見事に虜にしてしまうのだから、ラストで真九郎が紫を強く抱きしめたシーンは、どちらの気持ちも分かるし複雑な思いが伝わってくるので、少し感動させられたシーンでもありました。

今回は七五三のエピソードで特に大きな動きもないのかと思ってたら、ラストで大きく動いてきました。次回からは物語の核心へと迫るのか……てか、もう迫っているのか? 安を煽るようなシーンもチラホラとありましたが、なにはともあれ次回も楽しみです。


ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします