コードギアス14

聞いてれば慣れると思い、あえて触れなかったのだけど・・・・・・やっぱり慣れない!  VVの声を聞くたびに萎える。緊迫したシーンなのに全くそれを感じさせない口調・・・・・・今回は喋る機会が多かっただけに気になりましたよ。
にしても呆気なくやられましたね。頭にナイフが刺さっても平気だったのに、この違いはなんなんでしょうか。凄い落差ですが、重要人物に見えて案外扱いはよくないのかな・・・・・・シャルルの噛ませになる予兆でしょうか?

そのシャルルですけど、渋くて格好いいじゃないですかw なのに、なんであんなパンチの効いた髪型になったのでしょうかねw 心境の変化でしょうか・・・・・・気になりますw

シャーリーの死はロロの犯行だと知ったルルーシュ。感情にまかせて行動するのかと思いきや、流した涙はどこへやら。悲しいそぶりや怒りを見せず、冷静に次の行動へ。その切り替えの早さは端から見ると冷酷にも感じるけど、目的の為なら感情を奥底へと封じる事が出来るこのドライさが、今まで足りないなと思ってた要素で、前期でギアス熱が冷めた理由の1つだったりも。

良くも悪くもルルーシュからは、シニカルな面もシリアスな面もコミカルな面も人間味が必要以上に感じられ、それが原因なのか、緊迫感に緊張感が減ってしまっていたように思われるんです。例えばギャグなのかそうじゃないのか判断できない展開が多かったですが、感情を優先して論理的な面をおろそかにしてきた来た結果なのではないのかと・・・・・・力業の超展開ばかりでしたから。

だからこそ今回のような一面、前回の激情からの変化は、人としての怖さを感じる今までになかった一面。虐殺も今のルルーシュなら説得力のある行動だし、これからの行動だって何をしでかすのかわからない不気味さや怖さ、そして不安が感じられるわけで、前期からこういう冷酷かつドライな面を見せていてくれたら・・・・・・もしかしたら好きなままだったかもしれないのにな、なんて思ったり思わなかったり。なににしても好感がもてましたよ。

で、好感が持てないのが偽善者のスザク君。まぁもとからだけどw 

世間一般ではやっぱりロロが嫌われているのかな? でも自分は嫌いでも好きでもなく、スザクと比べれば全然大好きな方w で今回、あのリフレインをもしかしてカレンに打つとか・・・・・・底辺なんでね、これ以上どうやって嫌いになればいいのかなぁw でも打たれた後の展開には興味があったり。

あとコーネリアだよね。今一番興味のある人物。どう行動するかによってまたさらに興味がわいてくるかも。我が道を行ってほしいかもね。


ブログランキングバナーあ〜疲れた。グダグダ余計な事を書くんじゃなかった・・・・・・ジャンプの感想どうしよう