コードギアス19

結局シャーリーはロロの噛ませ犬ですか。殺されて以降空気にされていたシャーリーですけど、なるほど、ロロをとことん憎まれ役にして今回の意外な感動を誘うための、まさに捨て駒だったですね。
というのも、今回のロロの死をあそこまで感動を誘う?綺麗な死にしてしまったら、ではそのロロに殺されたシャーリー、あの時の沈痛な思いとロロへの憤りはなんだったのだろうかと。何処へ向けたらいいのかと。

でも今回の展開ならなとなく納得。人気キャラクターだけにロロへの風当たりもさらに強くなるだろうし、あそこまでの事をして殺されず、まさか命を掛けてルルーシュを助ける展開になるとは思わないだろうしね。ミスリードにもなっていたし、ラストのシーンだけはちょっと意外で不覚にも少し感動しましたよ。

でもだったら空気にしないで、もう少しシャーリーの姿を思い起こすような描写はあったほうがよかったですけどね。その方が効果も大きかっただろうし、シャーリーの死の意味も強くなると思うので。

ただ振り返ってみれば、ロロはキャラクターとして意外とよく描けていた数少ないキャラクターだったのかもね。こういう死に方ならキャラとしても本望でしょう。

でもまぁどう思うかは色々ありそうなロロの死ですけどw 自分はシャーリーに特別な思い入れも無いので思う所も少ないし、こういう演出や展開もキャラを立たせるためならば悪くないと思っているので、今回はラストだけは普通によかったかなと思いました。

ロロはよく描けていたけどニーナが全く駄目。どれだけ被害がおきるかわかっていなかったってあり得ないでしょう。必死になってフレイアの制作に取りかかってい姿、あの気違いっぷりは威力がわかるからこその描写でしょう。ゼロへの憎しみが強いからこその一点だけしか頭になく、周りを考える余裕が無かったと言う見方もできるかもしれないけど、それにしても説得力は限りなく低く、そもそもシャーリーの死に涙していた時点で余裕がないなんて事はあり得ないわけで・・・・・・じゃなくともだけど。

で結局泣いて後悔とか、これで何も問われることなくニーナが描かれるのならば、人の命をどれだけ軽んじているのだと。あれだけに非人道的な事をやっておきながらの今回の扱いの低さに、どう考えてもおかしいニーナの言動は、このアニメの心理描写に人物描写の稚拙さが顕著にあらわれたシーンでもありました。


ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします