セルゲイの死でマリーが普通にソーマ・ピーリスに戻ってましたが、あまりにも普通すぎて面白味がありませんね。憎しみの連鎖などはこれまで散々描いてきた事だと思うんですが、違いますか? マリーを戦いへと向かわせないと言う使命をアレルヤに与えたのだから、そういう展開へと持って行くべきではなかったのかなと。これではアレルヤの存在意義ってのが感じられない。現状はマリーに戻す役目を担っているのだろうけど、ここまできたアレルヤ自身の死と引き換えくらいしか頭に浮かばないんですけどね・・・・・・他に何かあるのあかな? 
復讐心が押さえきれず戦いへ赴く展開へとするのならば、せめてマリーのままならば、これまでとは違った戦いも期待出来まだ惹かれる展開でしたが、普通にソーマに戻って復讐ですから芸がないですよ。

あと、前回あれほど無茶苦茶な事をしておきながら、何故アロウズを中心に纏まってるの?w 虐殺と言う暴挙を、アロウズの兵士を含めてどれだけ目撃しているんだって話ですよ。それでいて普通に纏まるわけがない・・・・・・マネキンのような人物はごく一部なわけですかね? 経緯などがスッポリと抜けているので、オバマの演説も全く説得力が無く、非常に強い違和感を感じますよ。上っ面だけではなく内面も描いてほしいものですね。

他にも、色ボケしている奴らが多すぎだとうとか、利己主義アンドレイの説得力ゼロの説教など不満が色々あったわけですが、面倒なのでもう止めときますw

内容にかなり不満があった今回ですが、意外や意外、ラストで爆笑させてもらいました。おそらく各キャラクターの思い人の名前を呟いていたのでしょうが、ラストの2人、特に刹那の「ガンダム」が何度聞いても笑ってしまうw 上手い具合にオチが付きましたよw 

でもこれ、狙って笑いを誘ったのなら、とんでもなく空気の読めない脚本家・・・・・・違うだろうけどw てか、気づかずオチを「ガンダム」にしたのなら、それはそれでセンスを疑いますけどねw

ダブルオーの後釜が何か気になってたんですが「鋼の錬金術師」なんですね。実はたまたま放送していた数話しか視聴していないんですが、どうなんだろう・・・・・・楽しめるのだろうか?w 実は興味はそれほど無いんですけど折角なので見ておきたいとは思うので、ほぼ知らない状態なのが気になると言えば気になるかな。


ブログランキングバナーサブタイトルの「交差する想い」って交差しすぎだろう・・・・・・いったい何の為にこいつらは戦ってるの? 結局殆どのキャラが「愛」とか「情」とかに左右されているんだら陳腐なストーリー極まりない。これではギアスと同じじゃないか・・・・・・。