ガンダム00_19

マリナ姫様が銃口に晒されたシーンで終わった前回。そして今回、ドラマティックな事が起きるわけでもなく、なんだか普通に呆気なく助かってしまいましたね。正直拍子抜けです。

いや、助かったのは嬉しいですよ。もっとも、死ぬとは思ってもいませんでしたがw でも掴みであるオープニングであるし、あそこまで思わせぶりな引きで終わったのですから、どう展開するのか期待していた視聴者に応えるくらい劇的な演出でも良かったと思うんですよね。
それにしてもマリナ姫様は相変わらずのマイペース。急事だと言うのに、ここにきてまでまだ戦いを拒むのかと。子供を守る為に銃を持つのか、自分の意志を貫くのか、天秤にかければどちらが重いかは考えるまでもなく。もしや、お得意の歌声でピンチを切り抜けようと!?w 

このシーンは、シーリンとの温度差が2人の溝を感じさせる・・・・・・と言うか、ん〜、なんと言ったらいいのか・・・・・・シーリンも、理想だけを追い求める世間知らずなお嬢様の子守は大変だよなぁとw それでも見捨てないのだから、いい人ですよw 好きなキャラなので死なないでほしいよなぁ。

今回はストーリーが殆ど進みませんでしたね。なのであまり語ることもないのですが・・・・・・てか、もう語ったような気もしますがw どうしようかと。バトルシーンばかりで、その上ドラマ性もあまり感じなかったので・・・・・・あ〜、肝心なシーンを忘れてましたw

サジとルイスが対峙したシーンは何なんですかね?w 2人の心象世界を描いているのかと思ってたら、ルイスが銃で脅す奇妙な行動をとらせているし。心象世界で脅すって意味が全く無いですから。それとも、サジに反論できなくなったルイスの動揺をひた隠すため、その心の弱さを銃にして表現をしたと言うことですかね? なんにしても2人だけの世界を作ってしまうのは悪くないけど、あのシーンではどうなのかなぁ・・・・・・。

何をしたのか未だ不明なネーナ。そのネーナに殺されそうな、セカンドシーズンになって魅力激減の王留美w まぁ生きているのは間違いないでしょうね。セカンドシーズンでは見せ場どころか噛ませ犬にもなっていないわけですし、これで死んでだら、スタッフはどれだけキャラクターに愛がないんだと言う話ですよw 

でもなあ、ギアスでもそうでしたが、このアニメも重要なキャラでもわりと使い捨て感覚で動かしている感はするので、不安な気持ちもありますね。でも重要なキャラだからこそ、ここで呆気なく殺して後の展開の糧にするとも考えられなくもないか? いやでも、ストーリーはアレな出来なんですから、せめてキャラクターは大切にしましょうよw

なわけで、語りつきたので次回へw


ブログランキングバナー結局何が見せたかったのかよくわからないエピソードでしたね