ぶっといビームで戦局を強引に変える展開が好きなアニメだなあ、なんて思ってたら、そんな事はどうでもよくなるくらい、今回の内容は酷く大味でドラマ性皆無の面白味が全く感じられない内容でした。結局物量戦ですからね。戦略も何も無いだろうと。

でもある意味面白かったのも事実ですけどね。冷笑嘲笑苦笑の類ですが。
トランザムのバーゲンセールは傑作でしたね。「トランザムトランザムトランザム・・・・・・・」の掛け声の時点で可笑しかったんですが、あれだけトランザ ムを使えるモビルスーツがいたら、絶望的な気持ちに陥るのが普通だと思うんです。でもそのトランザムを使ったはずのモビルスーツがビックリするくらい弱いので、いったい何の為のトランザムシステム搭載モビルスーツなんだよと。どうせ盛り上がらないんだから、無理をしてラストバトルの雰囲気を作らなくてもいいのに・・・・・・非常に滑稽で妙な面白さがそこにありましたねw

てかさ、誰もがスーパーサイヤ人になれたら、それはスーパーでもなんでもなく、ただ見た目の変わったオシャレさんなわけで・・・・・・オシャレではないかw まあいいたいことは、トランザムを発動しても雑魚は雑魚だったのだから、自らトランザムの価値を下げるような展開にわざわざしなくてもいいのではないのでしょうかと。

あと面白かったのは、コーラサワーの爆死ですね。ゴキブリ並の生命力だと思ってたら、これまでの戦死者同様、呆気ない人生の幕切れ。ネタキャラのままで戦死とは哀れで仕方ない。もう苦笑ですよ苦笑。

ほんとうに何て言うのか・・・・・・キャラの使い捨てが好きなアニメですよね。キャラを魅力的に描く実力もないのに、多くのキャラクターを登場させて、特に存在意義を与えるわけでもなく退場させるのですから。出番を与えるならば、せめてそのキャラクターのドラマくらいは確り描いて欲しい物です。感情移入も出来ないこんな状態で死なれても、どう反応したらいいのだと・・・・・・笑うしかないでしょうw

スメラギさんも勝手にラストミッションなんて言ってるし・・・・・・なんでラストになるか意味が分からないしw 当初の目的を忘れてるんじゃないの?w イノベイターの支配から解放されたって、根本的な解決には繋がらないと思うんだけどね。結局初めの状態、ソレスタルビーイングの初登場直前辺りの状況に戻るだけじゃないの?w よくわからないけど。

紛争を武力でもって根絶などという絵空事をテーマにするなんて、この監督の下では初めから無茶な事だったんですよ。説得力あるラストは迎えられそうもないのでラストは「人は学ばない生き物」「時代は繰り返す」それでいいんじゃないの? あーでも、秘密兵器の電波ソングが残ってたか・・・・・・どうでるのだろうかw



ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします