ミチコとハッチン最終話
やはりヒロシはロクデナシ。それは想定の範囲内でしたが、それでもヒロシ自体のキャラが薄いせいか、女を作ってまたまたハッチンの元を去っても、特になんの感情もわかず。2人の友情にヒロシという人物は無粋な存在なので、居なくなった方が綺麗にしまると思うし望むところなんですけど、元々空気のような存在だったので、イマイチラストが栄えないというのかなあ・・・・・・やはりハッチンにはミチコしかいない! そういう感覚が薄いんですよ。
だから何かラストが物足りない・・・・・・久しぶりの2人の再会でも感動しないんですよね。2人の再会なんて分かりきっていたことじゃないですか。そのうえで、どれだけの感動を与えるかが問題なわけで。ヒロシにこだわり過ぎたんじゃないのかなあ。

ど うせ空気なんだから、何かあきらめさせる切っ掛けをミチコに与えて、心の中からフェードアウトしてもらったほうがよかったのでは。それか、ヒロシとの出会 いのシーン。ロクデナシと悟ったミチコが、思いっきりぶん殴って去っていくとかw 人柄もあるけどあの程度のキャラ立ちならば、最後の最後の1番盛り上が るシーンで、登場させない方がよかったと思いますね。何の感情も湧かないんだから。

とまあラストは正直満足いくものでは無かったですけ ど、総じて見れば悪く無い出来だったと思います。他のアニメにはない世界観に雰囲気、どこか切れたキャラが醸し出す独特なノリで進行するストーリー。人間描写も、もっと深く描けるのでは、なんて思いもなきにしもあらずですが、すぐれていたと思いますよ。感情移入出来るか出来ないかの基本ですからね。

まあそれだ けに、もう少し2人のエピソードを見たかったかもしれませんがね・・・・・・要らない、またはもう少しシェイプ出来るエピソードがチラホラと頭に過ぎるの で。細かな不満を言うときりがないというか、グダグダになるから言わないですがw エンターテイメントととしては、非常に優れた可能性を秘めていたアニメ なだけに、ミチコとハッチンを中心とした、シニカルでユーモアあふれるもっと弾けたエピソードがあってもよかったかなと、思わなくもないです。

最後に、このアニメは声優でかなり損をしている・・・・・・やっぱりそう思いますね。


ブログランキングバナーまた尖ったアニメをマングローブに期待しときますw てかミチコとハッチンはエルゴと比べれば全然見やすかったですよね。