けいおん!07

本当に血が繋がっているのかと疑ってしまうほど、性質の違う唯と憂。見てて微笑ましくなるくらい仲の良い姉妹。特に今回は憂ちゃんのよく出来た妹っぷりが際立っていたエピソードでした。
妹というよりは、もはや唯の嫁のような存在にも思えてきますがw とにかく、自分もよりも姉を立てる姿勢が健気で健気で・・・・・・唯はあんな性格ですからね、褒める所が少ないだけに、良いところを頑張って思い浮かべようとする姿がまた健気で、そして良い子でw 常に姉を立てる姿勢を持っている憂ちゃん、唯には勿体ないくらい出来た妹ですよ。

でも唯には勿体ないと書いてしまったけど、憂があそこまで姉思いの出来た妹になったのも、唯の影響は大きい、と言うより唯のおかげなのでしょうけどね。

小さい頃から唯の優しさに触れてきた憂。優しいお姉ちゃんを好きになるのは当たり前で、逆に唯に喜んで貰いたいと一生懸命になるのも当然の流れなのでしょうね。で喜んで貰うには姉の足りない所をフォローする形になっていくわけだけど、悲しいんですが、唯には苦手な分野が多くありすぎるw つまり今の憂があるのは、姉を慕う余りフォローしすぎた結果なのでしょう。姉が駄目な分、妹が成長したとw

でもそこまでがんばれるんだから、唯から貰った愛情というのは、それはもう感動させるくらい大きい物なのでしょうし、傍からみたら駄目なお姉ちゃんなんだけど、唯にとっては誇れるお姉ちゃんなのでしょうね。

ただちょっと過保護すぎますよねw 手伝うという唯に対して、怪我をしたら大変だからと飾り付けをお願いしたり、唯の年末年始の憂に任せっきりのだらけっぷりとかを見てると、ある意味唯が成長しないのは憂のせいなのかもしれないですねw


ブログランキングバナー唯と憂、求めている物が相手にある、確かに良いコンビですよね