けいおん12

憂ちゃんの完璧な唯の嫁さんっぷりが明るみになったエピソード。いやまぁその完璧っぷりは以前から分かっていたんですが、それは憂の一端でしかなかったのが驚きというか何というか・・・・・・。
一卵性双生児ならまだしも、歳の違う姉妹が髪型を変えただけで、あそこまで似てしまうのか、非常に疑問なんですけど、まぁこのアニメに関しては野暮な突っ込みなのかもしれない。

憂ちゃんは重度のシスコンですからね。憧れのお姉ちゃんに少しでも近づく努力をした結果、という事でしょうか。

でも憂ちゃんのギターのテクニックが唯より上とうい事実に関してはどうなのだろうね。数回触っただけで部員が驚くほどのテクニックが身につくものだろうか。そんな簡単なものじゃないと思うんですけどね・・・・・・ギター好き音楽好きから見たら、舐めていると受け止められるんじゃないのかな。

ド素人の憂に実は教えて貰っていた唯とか、ギャグコメならそれでもいいのかもしれないけど、後半のパートのようにドラマ性を持たせたいのなら、キャラクターの描写には違和感ないよう気を遣い描いてほしかったと思います。

終盤唯が自分を語るシーンがありましたが、それってこれまで描かれてきた内容とは全く違う事じゃないですか。その辺りの配慮の無さというのかなぁ・・・・・・部活動よりも可愛いキャラクターを描く事に重視した結果、これまでの描写不足を顕著に感じたといいますか、けいおん!がどういうアニメだったのかが改めて認識できたシーンでもありました。


ブログランキングバナー言いたい事は何度も書いたので略! でも一言・・・・・・ザリガニの回想とかは要らないでしょう