ハルヒ13

見覚えのある場面から始まり妙な既視感を感じながら視聴。「これはもしかして再放送?」なんて冗談抜きで思ったりもしましたが、どうやら既視感、その原因がテーマのエピソードの様子。
まぁつまり今回はアレですか「消されるな、この想い 忘れるな、我が痛み」てやつですか。自分が感じた既視感の根源はそれのようですw てか長門がまさにセレブラントな立場なわけでw 

でも思いますよ。リセットされずに途方もない時間ループしながら生き続けていたのかと思うと、それはもう寂しかっただろうなと。ある意味孤独を生きてきたわけですから。

今回何度もアンニュイな雰囲気を纏った長門の姿が多々見受けられましたが、それはまさに寂しさや辛さが表に滲み出ていたからこそ感じた感覚なのではないのかなと。普段が普段だけに判断が難しいですがw そう思います。

でも本当、好きなキャラだけに見てて何か切なくなりましたが、ここら辺で弱音を吐く長門を見たい気がしますw 人に甘えるという行為をしない子ですから、たまには・・・・・・と言うには膨大な時間が過ぎてしまってますが、いいのではないのでしょうか。そして長門の為にキョンが立ち上がる! 理想ですねw

なわけで、どういう解決のしかたをするのか気になっていたのですが・・・・・・これで終わり? 「明日のオレに任せればいい」が結末なんですか?w ん〜・・・・・・投げっぱなしで終わらない事をとりあえず願っときます。

ブログランキングバナーこのエピソードが本当にこれで終わりならば、実に酷い結末ですよw