化物語03

今回から新展開。戦場ヶ原ひたぎのエピソードは一段落したので、次のヒロインへとバトンタッチ! なわけで、ひたぎちゃんの出番は極端に少なくなるのではと少し残念に思っていたんですが、殆ど出突っ張りで毒舌全開の嬉しい内容。
それに前回のラスト、毒が抜けて思いっ切り丸くなった印象を受けて、少しガッカリしていたんですがw 今回見たら腹黒さも変わりなくで、何か嬉しくなってしまいます。ネチネチ暦を攻めるひたぎちゃんが見られなくなるのは寂しいですからねw

結局ひたぎちゃんが正ヒロインなのかな。これからは、暦のサポート的な立場になるのでしょうかね? どういう立場でストーリーと関わってくるのかわからないけど、これからも深く関わってくるのならば、暦との夫婦漫才のような掛け合いが楽しめそうなので期待してしまいますw

にしても凄いですね、このアニメ。今回殆ど会話だけで、ストーリーも見た目もあまり動きの無い内容。それでいてラストまで飽きずに見せてくれるのだから、もう単純に感嘆というか何というか。会話だけの内容で飽きずに見られるのは、演出の力も大きいのだろうけど(演出で趣向を変えて見せなければ、単調でアニメーションとして成立するのか微妙w 放送事故になる恐れもw)、やはり独特でテンポのいい台詞回しの面白さが一番の要因かと思いますね。

特にひたぎの毒々しいセリフがたまらなくいいですね。静かに、それでいて高圧的で攻撃的。ジワリジワリと相手を追い詰め、皮肉たっぷりに流れるように語る物言い。言われた方はたまらないだろうけど(そうでもない?w)見てる分には実に楽しい。穏やかに、そしてもっと過激に罵って凹ませて欲しいですねw

その楽しい2人の遣り取りを見てると、原作を読みたくなります。前回も書いたような気がするけどw とりあえず、ひたぎ編でも読んでみようかなと思ってたりしますがどうしようか。

そういえば、今回の内容の殆どが暦とひたぎの会話で、新章のエピソードとは殆ど関係のない内容でしたよね。もしかしたら伏線があるのかもしれないけど、新キャラクターの小学生が中心のエピソードだと思うので、直接の繋がりは無いと思うんですが、どうなんでしょう。本当に必要なシーンは、大人げない喧嘩辺りからのラストの10分くらいじゃないのかなと。

そんな内容なので、プロローグと言うには微妙・・・・・・だけど見せ方に圧倒された内容でもあったのかなと。まぁ色々な意味で凄くて斜め上な侮れないアニメだなと思いましたw

ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします