ToLOVEる158_01

リトとヤミちゃんがデートをしている驚きのシーンから始まる今回のToLOVEる。何時もクールなヤミちゃんなだけに、リトに向ける恥じらいの表情にはぎこちなさを感じたりもするけれど、それが初々しさを醸し出していて実に愛らしく頬が緩みますw
ToLOVEる158_02

ヤミちゃんがこうなってしまったのは、セリーヌの花粉を浴びてしまったから。それでリトが好きで好きで堪らない、恋する乙女になってしまったようですが、その影響を受けている目印でもある頭に生えてしまった花。普段凛としてるだけにかなりシュールな姿。ぽてまよならば可愛らしいと感じるんだけど、ヤミちゃんでは・・・・・・やっぱり可愛らしいw でも頭に花を生やしながら真面目な表情で佇むヤミちゃんは、少し滑稽で思わず笑ってしまいますw

ToLOVEる158_03

馴染みの露店でたい焼きを買い、その店のオッチャンに「彼氏と仲良く食べなよ!」と言われ「ポッ」と頬を赤らめ俯くヤミちゃん。彼氏と言われ否定しないんだから、ツンが完全に抜け、逆に普段あまり感じないデレ成分を強く感じますw もう一々可愛いですw

ToLOVEる158_04

とあるカップルの彼女が彼氏にたい焼きを食べさせている様子をみたヤミちゃん。それを真似て自分もチャレンジするのだが・・・・・・緊張からなのか気合いが入りすぎたのか、トランス能力をも使い、ありったけのたい焼きをリトの口の中に押し込む暴挙を! 

そんな酷い事をやりながら「美味しいですか?」とヤミちゃん。もしかして恋に関してはかなり天然なのかな?w 凄く不器用なんだけど必死さと言うか頑張りが滲み出ていて、実に愛くるしく感じるヤミちゃんですw

ToLOVEる158_05

リトが食べきれないたい焼きを処分している間に、ヤミちゃんは衣装チェンジ。これは可愛らしいワンピース姿。またツインテールが凄く似合ってる・・・・・・てか普段もツインテールかw 

リトに感想を聞いている時、髪で片目が隠れてしまってる素顔が何気にツボで惹かれてしまったりもw これは少し上目遣いで聞いてるのでしょうね。可愛いですw リトも可愛さの余り見取れてるけど、その気持ちは凄くわかりますw

何時もの事だけど、トラブルは突然やってくる。ヤミちゃんに見取れてたリトが力士?wとぶつかり、ヤミちゃんの小さい胸を鷲づかみ。何時もなら死亡確定な展開だけど今回は違った。

ToLOVEる158_06

「えっちいのはキライなはずなのに・・・身を委ねてもいいと思う私がいる・・・」

まさかの受け入れ宣言! なおもドキドキの真相を知りたく、リトにキスも迫る。公衆の面前で実に大胆な事をするなと思うけど、素直な気持ちでいるあいだに、この高鳴る心の内の真相を知りたいと言うことなのでしょうね。

ToLOVEる158_08

それにしても、あそこまで迫ってるヤミちゃんのキスを、思いっ切り拒否するリトは何なんでしょうか?w ヤミちゃんの勢いに乗ってやってしまえばよかったのに。どこまで真面目で純粋なのでしょうかw

正気に戻ったヤミちゃんは、照れ隠しなのか強烈なピンタ一発! その後、何故キスをしなかったのか、真相を聞いて思う所があった様子。

ToLOVEる158_07

「バカなヒトは・・・キライじゃないです・・・」

リトに惚れちゃったのかヤミちゃん? てかリトに笑みを向けたのは初めて? 記憶に無いんですが・・・・・・これは何かのフラグだろうかw それは自分を思ってくれている人がいる、その心地よさに気づいたヤミちゃん。気づかせてくれたリトへの感謝の気持ちも込められている笑みなのでしょうね。

リトとヤミちゃんの関係が新しい段階へと進む予感をさせてくれるラスト。それは恋人関係というよりも、向かうとすれば友情関係の類ではないのかなと。とか書きながら、全く変わらないのかもしれませんが。むしろ、これまでの展開からしてその可能性の方が大きいかw

何はともあれ、意外といい締め方で終わった今回のToLOVEるでした。

あねどきっ 第4話「振ってHold on Mii!」 週刊少年ジャンプ 2009年35号の感想 Part1
めだかボックス 第12箱「お金より好き」週刊少年ジャンプ 2009年35号の感想でも Part3

ブログランキングバナー面白かったけどデレ過ぎかもねw でもそういう話だから別にいいんだけどw